■カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ぺんぎん娘はぁと 第1話
[私立北極学園では生徒会長選挙の真っ最中、候補に挙げられていた択捉鯨はコスプレが苦手。そんな彼女の元へ、アニメ大好きコスプレ大好きの天然大金持ち少女・南極さくらが転校してくる。いきがかりでさくらも生徒会長に立候補させられてしまい、学園は初日から大騒動。]

ネットアニメの感想をここに記すのも、ちょっとどうかな、と思ったのですが、あまりに良かったので、一応。
公開には期間制限があるみたいですが、とりあえず、いまのところここが公開もと。まんまニコニコですが。(笑)
もう第1話から長所と短所がギュッと詰まった濃密な10分アニメなんですが、原作からして短いページ数にいろんなものをつめこんだごった煮的コミックですので、むしろうまく整理されて良かったかな、という感じ。

ということで、いろいろ思ったことを記録しておきます。
・作画がきれい
まずこれ、かな。
10分という尺の短さとか、中間搾取をあまりこうむらない制作メリットが出たのか、とにかく最後まできれいなキャラ絵の連続で、ほとんどヌケやポカのない展開。
しかも、モブにどこかで見たことがあるようなキャラをそれとなくはさんだり(この辺つっこみ的なコメント指摘されているので、あまり深く言及しませんが)、いい意味でカオスしてます。

・整理されたストーリィ
これでもいいかげん濃い展開でしたけど、原作のドロドロ濃密度を思うと、かなりすっきりと整理されたように思います。
たとえてみれば、チャンピオンREDから週刊マガジンになった、って感じかなぁ。
ただ、しっとさんについては、正直チャムピオン連載より、同人で出してたプリキュア・パロの方が好きではあったんですが。(笑)
もちろん、本作も、数ある萌系少年マンガの中では格段に好きな方ではあるんですけどね。

・舞太はまだだ(^_^;
予定されてるCVの中では、門脇さんが一番期待だったんですが、第1話ではまだのもよう。

・字幕が見辛い
CVのあたりはまだしも、原画スタッフとかになると、やっぱりちょっと見づらいです。
この辺、ニコニコ公開の足かせなのかなぁ。。。

・主役が棒読み
これもかなりの予想はしてましたが、コメントでみんなつっこんでくれてるので、そんなにストレスはたまらないかなぁ。
声優ファンとかではないので、こういうのにはそれほど耐性ついてないです。(^_^;

・主役の妹も棒読み
誰かわからなかったので、調べてみると、まだ14くらいなんですね、中の人。
それじゃあ仕方ないか・・・。
南極かえでって、最初から出てなかったように思うのですが・・・。
後から小出しにいくより、一気に詰めていこう、ということですね。
でも20話以上の予定なんだよなぁ、たしか。(^_^;

・択捉鯨はそこそこ良かった
主役が棒読みすぎるので、相対的、ってわけでもないでしょうけど、鯨ちゃんの伊瀬茉莉也さんがそこそこ良かった。
林檎、うらら、桃香と、少しずつ上達してくれている感じかな。
あと、月島小恋がクリオネやってたのがなかなかよろしゅうございました。

・大物がライバル
この後、野川さくらさんが「シャー・チー」役で、門脇舞衣さんが「マリー・チュパカブラ・W・ホワイトベア」役で出られる予定。それにしてもこのお2人、なにげに濃いアニメの出演が多いですね。

・原作者、選挙に乱入
しっとさん・・・(^_^;

・OPED戦略
公式サイト告知ページみたいなのがアップされてて、皆でOP作ってくれー、という、なんかもうひっくりかえるような文面があがってたのですが・・・、ある意味、これが最強だったかも。(笑)
投稿規定がニコニコになってる、っていうことは、ニコニコにアップしろ、ってことですかね。
もう少し若かったらチャレンジしてみるんだけど、さすがにそこまで時間とれません。

とにかく面白かったし、ネットでニヤニヤしながら見るにはすばらしい素材です。
これでもし、ソフトの値段が下げられるようなら、購入してもいいかなぁ、とは思ってます。
毎回必ず見るそ。(笑)

スポンサーサイト

テーマ:ペンギン娘はぁと - ジャンル:アニメ・コミック

OVA・劇場版 | 22:21:56 | Trackback(0) | Comments(0)
くじびきアンバランス 二十五籤目
[最終決戦を目前にして、千尋達チームの心はバラバラだった。登録しめきりの月曜日を目前にして、最終戦には参加しないことを決めた。しかし、墓参りで律子と出あった千尋は、やはり参加するべく、時乃、いづみ、小牧を訪ねて、説得するのだった。]

途中の話が省略されてるので、なんで不参加に至ったのか、さっぱりわからないのですが、そういった筋の一貫性というよりも、状況ドラマという側面が際立っていたので、わからないなりに見入ってしまいました。
何より、今までのドタバタ調から、えらくしんみりとした情景だったのが印象的でした。

で、初登場・・・だと思われる保険医? ・・・しゃべらなかったからよくわからんかったのですが、会長とのやりとりから察するに、既にシリーズ中では登場していたと思しきムードでした。
KJB25-01.jpg

ただ、肌の浅黒さとかも含めて、ちょっと人間ばなれしてましたが。(^_^;
普通に宇宙人とかが出てくるので、ジンガイの可能性も高いのでしょう。

千尋の両親の墓参り・・・の前に、千尋の姉、眼鏡の着脱で人格の変わる姉・忍とのやりとりがあるのですが、結婚目前で、この墓参りの後で、プロポーズされてると思しきシーンもありました。相手・・・鏑木先生なんですね、これもちょこっとしか出てこなかったからわかんなかったですが。

そして墓参り。なぜかそこに律子・キューベル・ケッテンクラート会長兼幼なじみで結婚の約束ががが。
KJB25-02.jpg

回想の幼・律子。一籤目でも出てきましたけど、萌え。
もっとも、後に、きみきみの幼女、という最少兵器幼女みたいなのが出てきますので、ここで萌えつきてしまってはいかんのですが。

説得にまわるけど、うまくいかない千尋。
時乃の元には、これも一籤目以来の(シリーズ中では何度も出てることになってるんでしょうけど)れんこんこと、蓮子ちゃんの、ツンデレ風味涙の説得。
KJB25-03.jpg

大谷さんがうますぎるので、このルックスですが、けっこうホロリとしてしまいました。(^_^;

いづみのところへ行くも、剣もホロロ。
でも、断ってはいるんだけど、けっこう、心の中になにかしこりが残っているような表情。
ここいらへんの横手脚本、さすがです。

そして、最終兵器幼女・小雪。
KJB25-04.jpg

「お姉ちゃん、我慢してる・・・。」
「我慢なんかしてないよ」
「でも、お姉ちゃんの顔、恐い・・・。」
中の人がこやまきみこで、田村ゆかりんの小牧の妹で、この後、抱きしめシーンがあるわで、もう、たまりまへん。
省略されてるから、前後関係というか、コンテクストというか脈絡というかが、さっぱりわからないのですが、わけのわからない萌えで、またもやホロリ。
・・・今回も濃いです。

雪の中で、合流する4人。
時乃「そこから何が見えますか」
千尋「今まで見たことのなかったものが見えます」
・・・いいねぇ。こういう切り替えし、とっさにはなかなか出てこないものなんですが。
天然少女に見えた時乃が、絆を自覚した、なんかそんな感じのヒトコマでした。

そして「会長」の顔に戻った律子が、宣言して終了。
KJB25-05.jpg

・・・実は最終回だと思ってたので、少し驚きました。
まぁ、2クールなら26話、はデフォなんですが、最近2クールで25話とか24話なんてのもたまにあったりするので、勘違いしてました。
・・・もっとも、その最終回・第二十六籤目、というのは存在しないんですけどね。

前回の感想でも書きましたけど、現実にこれをシリーズ化するのは難しいでしょうけど、シリーズ化されたものを見たくなってしまう内容でした。
声優もなにげに豪華でしたしね。

OVA・劇場版 | 15:01:45 | Trackback(0) | Comments(0)
くじびきアンバランス 二十一籤目
大総集編。
KJB21-01.jpg

[第2話なんだけど、第21話な総集編仕様。千尋達はおそば屋さんで、今までの戦いを振り返るのだった。]

濃すぎ。(笑)
総集編仕様なんだけど、もちろん、本編というか、本シリーズは制作されていないので、戦いのガイダンス、という形になっているのですけど、バンクじゃないので、見所のエッセンス状態になってて、濃すぎです。
第1話でも、いいかげん情報量つまりすぎでしたのに、こういうことやると、とんでもない密度に仕上がっています。

まずそば屋での回顧、という体裁。
KJB21-02.jpg

たぶん、本当に作られてたとすると、ここいらはオリジナルだったんでしょうね。
で、第1戦がHP対決。
いつの世も、エロースが人気のパロメーターっていうことですなぁ。(^_^;

第2戦も、熱さがまんくらべ、だったので、実質同じ。
KJB21-03.jpg

ここの一部は、げんしけんでも使われてましたね。
それにしても小牧、水着になってもマフラーはしっかりしてるし、って、なんかすごいです。
たぶん、ちゃんと作られてたら、小牧のエピソードに一番萌え要素がつまってそうですね。

続いてサバゲー。
KJB21-04.jpg

これも、画面的な色気には乏しかったけど、結局色気で勝っちゃう、っていうわけなんで、くじアンの方向性が垣間見えるようでした。

ダンジョン対決。
これは本編でやるとすれば、1話ではなく、2~3話かけてほしいところですね。
これだけで十分話しとして成立してる、っていうか、見られる、っていうのもすごかったですが。
あと、ラーメンにしぼりつけるニンニクの描写が・・・。(^_^;

カラオケ対決。
おっさん声の時乃に爆笑。
KJB21-05.jpg

音波攻撃は、1回限りなら見ていて面白いんですが、たたみかけられると、破壊力が強すぎて、画面のこっち側も逃げ出したくなります。

なぞの宇宙人との水泳対決。
KJB21-06.jpg

一瞬、プールが黄色に染まるのかと思ってしまいましたが、さすがにそれはなかったようです。(爆)
・・・しかし、お下劣な戦いでした。面白かったけど。

とまぁ、いろいろあって、会長、副会長の密談(?)をもって幕。
KJB21-07.jpg

生徒会室に忍び込んだ謎の人物とか、しかけどころも多いし、ここだけ見てると、その情報量に圧倒されます。
現実化したら、この密度の維持は困難なんでしょうなぁ。

第1話でもそこそこ目立ってたんですが、この豪華すぎる声優陣も、強烈です。
今回出てこなかったなー、と思った、蓮子さん、次回予告で声だけだったんですが、大谷さん、こういうのもうまいですね。ツボどころをしっかり抑えてる、っていうか。

たぶん、実際に全シリーズ制作してしまったら、手抜きしやすいキャラと美術なんで、外注とかが来て悲惨なことになるかもしけれませんけど、「このスタッフでちゃんとやってほしいなー」と思わせるものは十分ありますね。
いや、そこまでしなくても、独立したOVA作品としても、かなり面白かったんではないでしょうか。
ゲキガンガーみたいな例もあることですし。


OVA・劇場版 | 15:59:02 | Trackback(0) | Comments(0)
くじびきアンバランス 一籤目
KJB01-01.jpg

[あらゆることがくじびきで決められる立橋院高校に進学した榎本千尋は、図書館でキノコ狂の不思議系少女・時乃と出会う。そして入学早々に行われたくじびきにより、偶然時乃と同じユニットとなり、生徒会執行部の座をかけてともに戦っていく仲間となった。第1戦は料理対決。上石神井蓮子率いるチームとの初戦。会長視察の下、キノコ素材による対決が始まった。]

発売当時、史上一番高いOVA、なんて言われてましたけど(げんしけん全巻購入特典なので、げんしけんを全巻買わないと見れない)、キッズでやってたので、感想ダラダラ残しておきます。

まず、冒頭、げんしけん本編でも映ってた、冒頭の、律子幼女時代。
KJB01-04.jpg

そしてサブタイが来て、榎本姉弟、なんですが、眼鏡の着脱で人格の変わる数学教師の姉・忍。
KJB01-02.jpg
KJB01-03.jpg

変わりすぎです。(笑)
今回、と言っても、制作されてるのは、この第1話と、21,25話だけなんですが、今回はほとんどここだけ。

そして生徒会長の登場。
KJB01-05.jpg

律子・キューベル・ケッテンクラート。ドイツ人とのハーフ、と聞いて、千尋くん、ピーンと来てしまいます。
しかし、ここではまだ律子の顔は見えません。

続いて、もう一人のヒロイン、秋山時乃。
無類のキノコ好き、というすごい設定。(^_^;
KJB01-06.jpg

そしてその他、ユニットを組む仲間達。女の子ばっかし、というのが嬉しい配慮です。(笑)
まず、女子高生・雀士、橘いづみ。
KJB01-07.jpg

貧困家庭、家事万能、成績優秀、という属性がいっぱいの謎のマフラー少女・朝霧小牧。
KJB01-08.jpg

対するは、時乃と幼稚園からの因縁がある、上石神井蓮子と、そのシモペ格・山田薫子、他男子2名。(笑)
KJB01-09.jpg
KJB01-10.jpg

たちまち始まるお料理対決。
もう設定を把握してないとナニがなんだかさっぱりこんの、怒涛の展開。
情報量つめこみすぎなんですが、そこがまた心地良かったりするわけですな。
途中、時乃がお口をアーンして、キノコを頬ばりかける、サーヴィスシーンなんだかよくわからない演出とかをはさみつつ、千尋クンのチームの判定勝ち。
そして、千尋くんは、判定を下した会長のもとへ。そこで、律子の素顔が現れて、幕。
KJB01-11.jpg

まぁ、げんしけんのファンサーヴィス・アニメという視点から作られたものですが、十分、鑑賞に耐えられる良作だと思います。
八雲剣豪氏のデザインがすごく個性的なので、これが受け入れられるかどうか、ってところもあるのですが、私は、こういう方向でデフォルメの効いた絵ってかなり好きなので、たいへん楽しく見させていただきました。
さて、次回、と、言ってももう今日ですが、第21籤目の大総集編ですね。


OVA・劇場版 | 23:52:37 | Trackback(0) | Comments(0)
Re:キューティハニーがアニマックスで
7月の番組表を見てみると、Re:キューティハニーがアニマックスでやるみたい。初回が3日の日曜から、ということなので、この日に「天の巻」なのかな? かなり楽しみだったりします。
初回のエントリなんで、ちょっとおとなしめに。

OVA・劇場版 | 23:32:05 | Trackback(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。