■カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
RM トロイメント 第9話 戒
[蒼星石は父の意思に従ってアリスをめざすことを決意する。そしてそのことに悲しむ翠星石。そんな翠星石を慰めようと、桜田家の皆で「流しそうめん」をするのだった。少しずつ元気を取り戻す翠星石だったが、突如戦いの幕は切って落とされた。水銀燈と戦う蒼星石、「戦わない」という決意を見せたために薔薇水晶の攻撃を受けてしまう真紅と雛苺。そして、翠星石の目の前で戦いの決着はついた・・・。]

衛星組・第9話。
なんか先行地域で既に感動の第10話が放映されてるようですが、こっちはまだ第9話。
でも、この回もそこそこ面白く切ない、良いエピソードでした。

ともすると作品内での位置がコミカルなものになりがちだった、翠星石の、蒼星石の決意への悲しみ。
姉の権限をもってしてもかえることの出来ない、蒼星石の心。
なにより、ふだんプライドで強権的に接しているチビニンゲンや雛苺に対する姿勢が、まったく通じない、そしてその後ろに見え隠れしていた本当の気持ちが、今回ほど悲しく見えたことはありませんでした。

翠星石の中にあった、「好き」という気持ちや「嬉しい」という気持ち。それと同じように、皆といつまでも一緒にいたい、という気持ち。
そんなことをわかってほしいと思っているからこそ、あえて体裁上では見せない、その姿。
幼稚ではあるけど、そこに翠星石の人格というか、高貴な心というか、そういうものを感じてしまうわけで、それがまったくの空回りに終ってしまうときの悲しさは、切ないですね。

今回の骨格は、水銀燈と薔薇水晶の戦いにあるわけで、その水銀燈と戦う蒼星石の悲愴な決意が表面には出て来るのですが、やはり銃後の悲しみにも、深い情緒を感じてしまいますねぇ、庶民としては。

「独りで戦う」ことを薔薇水晶に宣言しながらも、翠星石の危機には颯爽と現れてしまう、蒼星石。
RMT09-01.jpg

気持ちの上では、翠星石のことは痛いほどわかってるんだけど、それよりも優先しなくてはいけない、父の意思。
こっちの追い詰められた心も、美しく、高貴であると言えるでしょう。

結局は散華してしまいましたけど、その心は受像機のこちら側にもしっかりと伝わってきました。

次回も良い話が続くようなので、心して楽しみたいと思います。
実は、人間側では、巴が一番好き、ということもありますので。(^_^;

スポンサーサイト

テーマ:Rozen Maiden ローゼンメイデン - ジャンル:アニメ・コミック

ローゼンメイデン | 21:36:51 | Trackback(0) | Comments(0)
RM トロイメント 第8話 人形師
[水銀燈がメグの死の病を間のあたりに見ていたとき、薔薇水晶が現れ、「ミスティカがあればあの娘は治る」とつぶやいた。薔薇水晶は蒼星石の元へも現れて、ロヘゼンの姿を見せ、アリスゲームへと誘うのだった。蒼星石の様子に気づいた翠星石だったが、蒼星石の決意を変えることはできなかった。]

衛星組、第8話。
実は東京へ行った折、先行放映分を某スタジオで見てきてしまったのですが、まぁ、見てなかった、という前提で、感想を記録。

なんかモロ好みの話になってきてるんですが、どうしましょう。(^_^;

孤高のうちに生きる決意をしながら、心に傷を負った水銀燈。
そして自分と同じように、自らをジャンクと呼ぶ、死の淵に立つ少女の生への絶望を目の当たりにして心揺れる水銀燈。

人形製作を通して、完成品と、不完全品との間にある、存在意義について悩むジュン。

自らを生み出した創造者の意思、心、を見せ付けられて、愛する姉妹達との戦いを決意する蒼星石。
その双子の妹の決意に泣き崩れる姉。

もう、どこをとってもドラマの塊で、琴線にビンビンふれてくるようです。

まぁ、それでもやっぱり私は水銀燈派だったりするわけですが。(^_^;
RMT08-01.jpg

自分の悲しみ、自分の痛みを声高に叫ぶだけだった水銀燈の心に入ってきた、メグという少女の心の痛み、絶望。
そんなものに気づきはじめ、そして真紅の放ったことばにとまどう「心」を持ち始めた水銀燈。
その心に忍び寄る、薔薇水晶の囁き。
RMT08-02.jpg

後半の、蒼星石と翠星石の気遣いあう気持ちも良かったのですが、前作のヒロイン(・・・マテ)水銀燈の心の揺れがこちらにも伝わってくるようでした。

あ、でも、翠星石の「たかいたかーい」も素晴らしく良かったですが。
RMT08-04.jpg

人形師の工房、なんですが、最初の型抜きのところ、フィギアかと思ってしまいました。(^_^;
その後の工程見てると違うのははっきりしてきましたけど、「抜き」の作業ってよく似てるんですね。
まぁ、当然ちゃあ当然なんですが。

もう美少女フィギア制作からは、すっぱり足を洗ってン年、ですけど、失敗作ができてしまったときの気持ちって、かなり通じるところがありますね。
ワンフェスなんかでスケジュールのつまってるときとかは、感覚が麻痺してきてるので、ほとんど機械的に処理してましたけど、そうじゃなくて、漫然と作ってるときって、けっこう失敗作って痛いもんでした。シリコンとかの値段、とかの側面もありましたけど。

そして前シリーズ以上に出て来るローゼンの名前。
RMT08-03.jpg

あの工房の意味合いがだんだん前面に出てきた感じですね。

あと、蒼星石が鏡に消え去る直前、蒼星石にコトバを投げかけるジュン、かっこよかったですねー。
とても、しばらく前までヒッキーだった中学生のコトバとは思えません。(^_^;
でも、そのコトバに感動して、ジュンの方を振り向く翠星石も、最高に可愛かったです。
RMT08-05.jpg

だんだんデレの方が強くなってきた翠星石にも、目が離せなくなってまいりました。


テーマ:Rozen Maiden ローゼンメイデン - ジャンル:アニメ・コミック

ローゼンメイデン | 21:50:02 | Trackback(0) | Comments(0)
RM トロイメント 第6話 第7話
[第6話:水銀燈・復活。死を待つばかりの少女、メグとの契約。そして、その死さえも甘美なものに感じてしまうメグ。不安を感じた真紅は、水銀燈の復活を知る。
第7話:金糸雀の盗み撮りしてきた写真をみて大興奮のマスター、みっちゃん。それを見て金糸雀はドール達を手にいれるべく、アリスゲームでの戦いを思う。しかし、蒼星石は問うた。「本当にアリスゲームをしたいのか」と。それは誰かがいなくなってしまうことを意味している、とも。]

衛星組・・・なんですが、先週の第6話をまだ書いてなかったので、ついでに。
原則として、1週遅れたら書かないつもりではあるんですが、第6は愛しの銀様復活なのに、書かないわけにはいかないでしょう。(笑)

第6話。「天使」・・・でもさながら「死と乙女」。
水銀燈は知る。薔薇水晶との戦いの中で宿った不思議な力がメグの命をくみ上げていたものだったと。
うう、いいですなぁ、死を友とする乙女。
そのわりに、やや捨て鉢なところが、ちょっと審美性からそがれるところではありましたけど、理想のロマン的な死、とばかりはなかなか言えないので、仕方ないでしょう。
RMT06-01.jpg

それよりも、契約したミーディアムが、死を見つめる乙女だったことについて、水銀燈の中で、ある変化が感じられて面白いですね。
RMT06-02.jpg
RMT06-03.jpg

ここいらへんが、今回のアリスゲーム、あるいは薔薇水晶との関連となるのでしょうか。

孤独のなかで生きてきた水銀燈の心、そこにどんな変化をもたらすのか、このへんの展開はアニメオリジナルになりそうですので、期待がいっぱいです。
水銀燈の魂に、高貴な昇華のあらんことを。

さて、一方、第7話。
蒼星石の金糸雀へ投げかけることば、そして真紅の変化に対する疑念。
このへんのシリアスな展開も、今後重要な要素として現れていましたけど、ラストの着せ替え大会で、すべてふっとんでしまいました。

これこそ、ドールの正しい遊び方です。
みっちゃん、偉い!
なんか、初めてパペットオーナーらしいミーディアム、って感じですね。
かつての巴やエンジュにもそんなところがないこともなかったのですが、ただ「可愛い」ということだけを求めるみっちゃんの、ある種突き抜けた正義、その潔さに、ただただ頭を垂れるのみです。
さすがに全部は貼れないので、気に入ったものだけいくつか。

まず蒼星石、なんですが、この表情は破壊力ありすぎ。
RMT07-02.jpg

なんでこんなに萌えドールになっちまいやがりますか、コノヤローであります。
RMT07-01.jpg
RMT07-03.jpg

全員お揃いのポーズ。
RMT07-04.jpg

真紅も別人のように可愛い。

もちろん、本家かわいい担当も負けてません。
RMT07-05.jpg

金糸雀の属性はおでこですか・・・。
ぱにぽに都のようなビームは出さないと思いますが、芸としてはしてほしい気も少し。

・・・しかしそれにしても、今回の金糸雀、強かったですね。
頭脳派、と言いつつ、脅威の音波攻撃、さすがに自らアリスゲームを切り出してくることはあります。
第4話での翠星石といい、皆、見かけとは裏腹に戦闘力、高いです。

次回、またまた水銀燈かー、ワクワク、と思ったら、衛星も年明けまでないのですか、シクシク。


テーマ:Rozen Maiden ローゼンメイデン - ジャンル:アニメ・コミック

ローゼンメイデン | 23:38:43 | Trackback(0) | Comments(0)
RM トロイメント 第5話 手紙
[蒼星石が手紙を書くのを見て、雛苺も手紙を書いてみようとする。翠星石は、せっかくジュンと契約したのに、ジュンが真紅にばかりかまっているのを見て、つむじを曲げる。なんとかジュンを振り向かせようと、掃除をしたり料理をしたりとするが裏目に出てばかり。]

衛星組・第5話。
前シリーズの『階段』のような、本筋から少し離れたインターミッションのような回でした。
『階段』のときと同様、面白かったんですが、どうも絵が崩れるところが多かったかな。ディフォルメが多かった、というのは、まぁ、いいとしても。

話自体はかなり面白かったですね。
前回、契約によって、ものすごい力を見せてくれた翠星石の、契約後日談・・・みたいな形式だったんですが、翠星石のツンデレぶりが、わかりやすすぎというかなんというか。(笑)
あれだけあからさまに「かまってかまって」光線が出ている、っていうのは、かなり「デレ」の方に傾いている、っていうことなんでしょうか。
あの口調がスタイルであるだけに、それをぬいて考えると、もうベタベタですよね。

ツンデレぶりとあの口調、そして一直線な行動と、時にたくらむ悪巧み。
・・・人気が出るのも当然の、みごとなキャラクター。

前シリーズでは水銀燈派だったんですが、キャラが立ってる、という点では、この翠星石が群を抜いていると思います。
加えて、可愛いしね。(*^_^*)
RMT05-01.jpg

蒼星石も苦労が耐えませんなぁ。
なんとなく、翠星石の保護者的役回りになってますし。

続いて、金糸雀。
やっとマスターが映ったんですが、このメロメロの溺愛ぶり。
RMT05-02.jpg

ストーリィにどうからんでくるんでしょ。

でも、今まで出てきたマスター、元マスターの中では、巴が格段によろしいですなぁ。
今回も巴はストーリィにからんできそうですし、チビ人間の人間側の「善意」を表しているような側面もありますから、積極的な関与が期待されるところ。
RMT05-03.jpg
RMT05-04.jpg

雛苺とのスキンシップ・・・普通に萌えまふ。(^_^;
このシーン、脊髄になにかが「きゅいーん」と走りますね。
ジュン君の家に連れて行って、およばれして、みたいな展開も少しだけ期待していたんですが。(^_^;

次回、銀様。
もういまからワクワクドキドキのテカテカです。

テーマ:Rozen Maiden ローゼンメイデン - ジャンル:アニメ・コミック

ローゼンメイデン | 06:20:10 | Trackback(0) | Comments(0)
RM トロイメント 第4話 契約
[薔薇水晶、金糸雀、と全てのドールが揃い、アリスゲームの条件が整ったことを知る真紅達。その中でも、未だミーディアムを持たぬ翠星石は焦りを感じていた。媒介者を探すがなかなかうまくいかず、ジュンのもとに身を寄せようとするが、お互いプライドが遮ってうまくいかない。そんな折、翠星石と蒼星石とが家を離れた隙に薔薇水晶が、水溜りの鏡面に真紅達をさそいこんだ。]

衛星組、第4話。
木曜深夜だったのですが、風邪をひいてしまい、視聴したのはついさっき。
先行放映組からも著しく遅れてるし、ま、いっか。(^_^;

ネチズンの間で圧倒的人気を誇る最強ツンデレドール、翠星石のマスター探し。
しかし相手がおとなになりきっていない、ジュンが相手なので、なかなか本心を汲み取ってくれません。
ここいらへんのやりとり、ひたひたと迫り来る薔薇水晶とアリスゲームの不安の中で展開されているだけに、変な緊迫感があってなかなかよろしい。

その緊迫感なんですが、曇天の空の下、ということもあってか、ケースだけで外をとびかってる2人、なんか普通に危ない気持ちになりますね。強襲されないのかしらん、とか。

公衆電話でマスターを探す翠星石は、面白かったです。
「まきますか、まきませんか」・・・このセリフで都産貿のイベントを連想してしまった私は、骨の髄まで腐りきっているような気分になってしまいました。(^_^;
まあ、その腐りきったところが快感でもあるんですけどね。

水溜りの鏡面から、別の場へと転移しての戦い。
意地のはりあいだったジュンと翠星石、窮地に陥ってのジュンの「契約だ!」がなかなかカコヨカッタです。

契約完了後の翠星石の、強いんだか無茶なんだかよくわからない暴走気味の攻撃、翠星石のキャラがよく反映してますね。
悪趣味な人形さんもナイスです。
あれは、いったいどっちが操ってたんでしょうね。

薔薇水晶の世界ではない、ということ、よくわからんラプラスの魔、まだまだ手探りで物語りはすすんでいくようです。

とはいえ、先行する粗筋をついつい読んでしまったのですが、しばらくは、コメディでいくんでしょうか。
まぁ、切ないドール同士の戦いよりも、雛苺や翠星石のインケン・ツンデレアタックが堪能できるので、そっちの方がいいんですけどね。
でもそれだと、銀様や薔薇水晶に会えない、っつうのが、ちょっと痛いかも。

テーマ:ローゼンメイデントロイメント - ジャンル:アニメ・コミック

ローゼンメイデン | 04:08:11 | Trackback(1) | Comments(0)
RM トロイメント 第3話 金糸雀
[自称「ローゼンメイデン一の頭脳派」金糸雀(Kanarienvogel)が、ジュンの留守中、桜田家に忍び込む。異変に気づいた真紅達は、クンクンを真似して捜索に入り、ついに金糸雀を見つける。]

衛星組。
先行放映地域から激しく遅れてる上に、第1話の視聴記録を残せなくてズルズルきてしまいましたが、まぁ、毎回楽しみに見ているのは間違いのないところですし、前シリーズも大好きだったので、遅まきながら、視聴記録をつけていきます。

第1、2話は当然見てますが、書かなかったので、OPから。
いろんなところで言われてるようですけど、すばらしい曲と映像ですね。
今期のみならず、ここ数年を見渡しても、ちょっと匹敵する曲を探すのが困難なくらい良い曲、というか、好みです。
左のベスト5は原則的に、放映終了のものを上げていく方針なんで、放映終了後、手直ししたいところですね。

第3話は、薔薇水晶から視点を買えて、金糸雀の登場。
・・・火事にならなくてよかったです。(^_^;

なんか印象だけで言うと、雛苺の体躯に翠青石の口の悪さ、っていう感じかなぁ。
今までのドールと同様、持ち物にいろいろと個性があるので、判別しやすくていいです。
まぁ、持ち物によせなくても、衣装からルックスから、全然違ってますけどね。

今回のシリーズは、桜田家周辺の人間模様にも描写が多くさかれていて、広がりを感じます。
特に、人形屋の二人。
確実にキーパーソンですね。
どういう風にからんで来るのか楽しみです。

あ、巴タン、大好きなんで、露出の多そうな今シリーズは、そっちの意味でも楽しみです。(^_^)

前シリーズでも思ったのですが、サブタイ、なんでドイツ語なんでしょうか。
人形製作の方ですと、本場は、伊仏といったところなんで、フランス語とかイタリア語の方がぴったりくるんですけどねぇ。
ドイツの人形論て、人形芝居の方に力点が置かれているので、人形そのものの製作とか記述でしたら、フランスのほうが文献的にも多岐にわたってるように思います。
まぁ、英米語を使わない、というところが肝だったのかもしれませんが。
ただ、それならそれで、タイトルの「RozenMaiden」っていう綴りはなんとかしてほしいところなんですけどねぇ。。。

次回、『契約』で、Vereinbarungになってましたけど、普通に契約、というと、Vertragなんですが、わざわざ「協定」程度の軽い意味しかないこの語を選んだ、っていうのは、何か深い意味があるのかな?
・・・原作は、読んだり読まなかったりなので(基本的に、連載重視派なので)言及があるのかどうか、ちょっとわかりませんが。
まぁ、見てみないことには、ですね。

テーマ:ローゼンメイデントロイメント - ジャンル:アニメ・コミック

ローゼンメイデン | 22:32:03 | Trackback(1) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。