■カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ネギま!? 第26話
[アーニャから贈られた卵から孵化したチュパカブラを森に帰す明日菜。そのとき、ネギは父・サウザンドマスターの気配を感ずる。31人を全て変身させ、捜索にあたるが杳として行方がつかめない。ようやくあやかの香りをかぎわける能力で湖畔にその影を見出すのだったが・・・。]

最終回。
後日譚かな、と思ってたら、意外とつながりのある話にしてました。
ウェブ上ではいろいろ言われてたようですし、私も不満っぽいことをいくつか書いてしまいましたけど、とっても満足しています。・・・たぶん原作の方にはそれほどの愛着がないってこともあるかもしれませんが。(^_^;

作画は現状のテレビアニメを考えるとかなり優秀な方で、今回なんかも衛星の方だけでキャプ枚数4桁いってしまいましたし、作画面に関しては、十分満足しています。
やっぱりアニメって、絵がちゃんとしてないと、他がいくら良くても視聴意欲が萎えるんですよね。まぁ、私の友人には、CVさえ好みなら絵や話なんかどうでもいい、っていう、達人がいたりもしますが。(^_^;

つうことで、最終回。
好みはやっぱり最後までエヴァ。他にも好きなキャラはかなりいますど、誰か1人、っていうと、エヴァ。
NegiMa26-01.jpg
NegiMa26-02.jpg

今回も登場はほんのちょっとでしたけど、茶々丸につっこまれてたりと、すっかり立場が弱くなってたのに萌え。(笑)
NegiMa26-03.jpg

あとは、スカカード木乃香に振り回される、倒錯刹那・・・かなぁ。
こっちもダメなところが萌え。(笑)
NegiMa26-04.jpg
NegiMa26-05.jpg

スカカードは明日菜、木乃香、のどか、でした。
・・・のどか、夕映の実験台にされてました。(^_^;

まぁ、あとは記録しとかんといかんのは、まき絵の七五三と、
NegiMa26-06.jpg

谷間と、
NegiMa26-07.jpg

ちうちう魔法少女、かなぁ。
NegiMa26-08.jpg

いつもはお色気担当はいいんちょだったんですが、今回は、いいんちょとちうちうで分担でしたので、こっちの方を。

谷間より、ブリジットの方が良かったような気もしますが、まぁ、とりあえず。(^_^;

単純に絵の好みだけで言うと、『ゴーストハント』と『ネギま!?』が今期私的ベストでした。
(『Shuffle Memories』も入れてベスト3としたいところだったんですが、あれは総集編なんで、とりあえず、です)
作品としてなら、全然違ってきますけどね。(笑)

そんなわけで、途中ダレた回もありましたけど、キューテでステキな絵の数々、ありがとうございました。
ラスト3話は、かなりの高水準で、堪能させていただきました。

スポンサーサイト

テーマ:ネギま!? - ジャンル:アニメ・コミック

ネギま!? | 19:12:15 | Trackback(2) | Comments(0)
ネギま!? 第25話
[スタークリスタル事件が一段落して数日後、麻帆良学園は平和を取り戻していた。事件の責任も不問とされ、3-Aの皆に暖かく迎えられたアーニャだったが、なぜか教室を飛び出してしまった。アーニャを追うネギ、明日菜、木乃香、刹那たち。一方、4人以外はあやかを軸にして、パーティの準備に入っていた。]

ED・らぶ☆センセイション。背景絵がスカカードキャラ。
事件が平穏に終って日常描写となっても、実にいろんな仕掛けがありまして、楽しく見せていただきました。
いろいろと不満も書きましたけど、やっぱりここのスタッフは一流ですな。

大まかな筋は、まだ「闇」が残っていて、その駆除に責任を感じて飛び出してしまうアーニャと、そのアーニャを歓迎しようというパーティの準備をする面々という図式。
話自体は、初期の頃の日常をキャラのこなれた描写で見せてくれている内容でした。
よく出来た後日談っぽい作りでしたけど、個々の描写はなかなか味がありましたので、気に入った部分を適当にチョイス。

まず、パーティの統率をネギにまかせられて、欲情するいいんちょ・あやか。
NegiMa25-01.jpg

ちうがくせいとは思えぬエロさが、たまらなくステキです、いいんちょ。(^_^)

幽霊のさよちゃんはセッティングで大忙し。
NegiMa25-02.jpg

ネットアイドルちうちうは、いつのまにかデムパアイドルに。(爆)
NegiMa25-03.jpg
NegiMa25-04.jpg

BBSより。
322 電波系キター。
323 電波ちゃんキターーー!
324 いや・・・電波系っつうか、マジで電波だろ、これは・・・
325 電波受信キター!!!

328 だが断る
329 これは良い電波系ですね
330 ええい、電波はどうでもいい!おっぱいだ!おっぱいをうP汁!
331 だが断る

335 ちうタンなら、俺の横で寝ているが何か?
340 >>335 よく見ろ。それはただの腐女子だ。電波分が足りないのがわからない(のか)

いやぁ、よく雰囲気出てます。それに対して、千雨のことば。
「誰が電波系だ!せめてフシギちゃんと言え!」
そういや、そういう呼称もありましたね、ふしぎちゃん。ヲタ方面ではあんまり聞かなくなりましたけど。

ミリヲタ・明石裕奈。
NegiMa25-05.jpg

「低地に足をとられた! 魔女の呪いか?」
いままでもこんなこと言ってましたけど、最後なのでとりあげときます。
プラモマニアとは言え、女子高生が普通に源文語しゃべってる、っていうのもすごいですなぁ。(^_^;

エヴァの持ち込んだマジックポーションの効果で、お肌が赤ん坊なみのテカテカに戻るみなさん。
NegiMa25-06.jpg

・・・千雨までいるのか。
葉加瀬が冷静に成分を分析したところ、イモリにコウモリにナメクジとのこと。
あの・・・イモリはたぶん有毒なんですけど。(汗)

今回のメイン、アーニャ。ちょっと真剣モード。
NegiMa25-07.jpg

そしてお約束の、触手にとらわれる、エロい美少女2人。木乃香と刹那。
NegiMa25-08.jpg

刹那、もう少し真剣に悶えてください。(笑)

そして、コスプレカードに変身する3人。ここの絵、けっこう好き。(^_^)
NegiMa25-09.jpg
NegiMa25-10.jpg

明日菜のハリセンと、刹那の新撰組はまぁいいとして、木乃香の水芸・・・ワロタ。(^_^)

木乃香がアーニャに、「友達言うのは迷惑かけるもんなんや」って良いセリフを言ってましたけど、このときバックに「アルビノーニのアダージョ」がかかってました。
中学時代好きだった曲なので、ちょびっと嬉しかったです。

ということで、おちついた日常の中で、各キャラの見せ回しでしたので、けっこう落ち着いてみれましたし、作画もまあまあ安定してたので、良かったです。
明日菜がアーニャの頬をつねるところはやや妖怪化してましたが。(^_^;

さて、次回最終回ですが、今回が最終回でもいいような構成でしたが、どうまとめるんでしょうか。
公式見てますと、佐々木まき絵の話っぽいですけど、アテにならんからなぁ、ここのアナウンスは。(^_^;

テーマ:ネギま!? - ジャンル:アニメ・コミック

ネギま!? | 15:14:13 | Trackback(0) | Comments(0)
ネギま!? 第23話
[スタークリスタルの力を使ってエヴァに憑依したアーニャはまずタカミチとネカネを石に変え、明日奈もそのシモベとされてしまった。次々と生徒たちは石化されていく中、あやか達の数を頼みとした初心者魔法がエヴァにクリーンヒット。やってきた明日奈をヴァージョンアップした茶々丸が抑える間に、ネギはエアヴァの解放に成功する。だが、はがれおちたスタークリスタルに触れてしまったネギは、スタークリスタルの中に吸い込まれてしまうのだった。]

ウェールズなのにLondon、っつう出だしにちょっとアレ?・・・と思ってしまいましたが、まぁ、それはさておき、一連の事件はアーニャの孤独とプライドによって引き起こされたものと判明し、怒涛の展開。

うーむ、ネギま、って、ダークマジック・バトルアニメやったんかー。(^_^;
まぁ、面白いからいっこうに構わないんですけどね。

エヴァに憑依したアーニャが、ネギとの契約発動でアーマーカード化した明日菜にキスをして、契約の強制解除、そしてシモベとしてしまう流れは鮮やかでした。
エヴァ同様、すっかり別人になってしまつた明日奈さん。(^_^;
NegiMa23-01.jpg

ここでのバトルはまだよかったんですが、エヴァが初心者魔法で固定されたあと、飛び出してきた姿の方は「いったい誰?」状態でした。
NegiMa23-03.jpg

そのネギの敵にまわった2人のSD版のアイキャッチ、なんか可愛い。(^_^;
NegiMa23-02.jpg

校内をいろいろと逃げ回っているうちに、石にされたり、対策を考えてたり、改造手術をしたりと、いろいろやってましたけど、面白かったのがこの2人。
最初に逃げるときに、木乃香に当て身を食わせてしまい、なんとか謝ろうとするが、木乃香の方は全然気にしてなくて、おなかをさすってたのは体形を気にしてのことと知らされ、そこを触らされて赤面してしまう刹那。
NegiMa23-04.jpg

なんだ、この破壊力のある赤面ぶりは。
萌えてしまうぢゃないくわぁ~。(^_^)

一方漢字で級友の名前が書けないことが判明したまき絵。
真剣な会議のさ中、ひとり能天気モードで、いいんちょにもう名前も入れてもらえず、失格娘と言われて、ガーン、だったんですが、面白かったのが、このガーンが全員が集まった後も続いていたこと。
NegiMa23-05.jpg

初心者魔法が誤作動せずによかったです。(^_^;

さて、敵のシモベとなってしまった明日奈と対決するために改造されてしまった、茶々丸。
NegiMa23-06.jpg

これもムダに綺麗でしたね。(^_^;

とうわけで、サスペンス色が強かったにも関わらず、見せ場はけっこう多かった今回、どうやらこの体制で最後までいってくれそうです。

一応エヴァ派としては、最後のコンプリート契約で解放されたあとのテレテレ顔もハリコしておきまする。(^_^)
NegiMa23-07.jpg



ネギま!? | 10:50:22 | Trackback(1) | Comments(0)
ネギま!? 第22話
[闇に操られていた生徒たちが、月星座によるものだったことが千鶴によって指摘される。占星術に長けた人物が黒幕にいることを知り、ネギはある人物に思い至る。そして同様に、ネカネ=黒バラ男爵もそのことを想定して動いていたのだった。]

なんかもうまったくのオリ展開やってるので、混沌のまま終らせるのかな、って思ってたんですが、一応、筋としては収束してきそうな感じになってまいりました。
・・・エヴァをあんな風に狂言まわしにされてるのは、ちょっとおもしろくなかったりはしてますが。(^_^;

完全に背景だと思ってたネカネが麻帆良学園にやってきて、アーニャが実は黒幕でした、っていう展開(中枢かどうかはちょっとまだわかりませんけど)は、一応ストーリィはやる気があるんだ、とわかって嬉しかったところでもあります。

しかしそれにしても、千鶴・・・賢かったんですね。(笑)
今回はこの賢い千鶴と、「ちうちう言うなー」の千雨と、いつも以上に失格臭のする佐々木まき絵が良かったです。(^_^)
ちうちう。
NegiMa22-01.jpg
NegiMa22-02.jpg

失格の人。
NegiMa22-04.jpg
NegiMa22-03.jpg

賢かった人。
NegiMa22-05.jpg

そして今回の主役。・・・影がちょっと薄かったですが。(^_^;
NegiMa22-06.jpg
NegiMa22-07.jpg

アクションシーンはお尻から・・・っていうのは基本ですね。(^_^)
エヴァが狂言まわしなのが少し不満でしたが、冒頭の「たかみち、殺す」のところはギト目が可愛いくてよかったです。
NegiMa22-09.jpg

ラスト絵も絵としてはかっちょえーんですが、もう少し扱いなんとかなりませんかねぇ。
まぁ、可愛いからいいや。(笑)
NegiMa22-10.jpg



ネギま!? | 17:23:50 | Trackback(0) | Comments(0)
ネギま!? 第21話
[エヴァが前回の巨大化の中で魔力が回復せず、茶々丸が充電の途中で、タカミチが珍味ラーメンの開発に夢中になるなか、夕映はネギ先生への想いを抱いて悩んでいた。ハルナの「私たちはのどかの友達なんだからのどかの恋を応援しなくちゃ」というコトバが夕映に重くのしかかってくる。]

これも入院中の分を一気に見たのですが、第19話の「スカカードヴァージョン」が最高でしたので、ちょっとだけ振れておきます。
ちょっと見には「手抜き」っぽく見えなくもないスカカードヴァージョンでしたけど、全体をうまく再デザイン化してて、しかも普通の頭身であるエヴァや茶々丸なんかはうまく構図の中に織り込んでましたし、かなり楽しめました。
全員のスカカードヴァージョンもわかりましたしね。

加えてOPが傑作。
大好きな松岡さんがヴォーカルに入ってくれてましたし、第19話は最初の頃のエヴァ対決エピソードとともに、好きなエピソードになりました。

そして今回の第21話。
NegiMa21-01.jpg

うーむ、ゆえゆえでこんなに萌えあがらせて頂けるとは想いませんでした。
まぁ、前回の黒歴史ヴァージョンでもけっこういい役どころでしたので、意外性、ってことはないのですが、ストーリィを分散させずに、最後までゆえゆえの「想いの重さ」にしぼっていった、っていうことが良い効果を発揮してくれていたと思います。
NegiMa21-02.jpg

冒頭の、こういうテレテレな表情も可愛いかったりはするのですが、
NegiMa21-03.jpg

今回は、のどかの隣から逃げ出したり、ネカネの胸に飛び込んでないてしまうところとかがハイライトでした。
中学生とは思えない気の配りよう、そしてそれでもあふれてくる幼い想い。
こういうのが実にうまく描けてたんじゃないでしょうか。
ルックス面よりも、その行動とか感性で、女の子らしさが充溢している感じです。

まぁ、それでも私はエヴァ派なので、こういう釣り上げられたかーいーエヴァなんかも当然のように記録に残しておくわけだったりしますが。(笑)
NegiMa21-04.jpg

魔法世界に入ってからもうだいぶ経ちますが、もう最後までこれでいくんですかね。
作画がひところに比べて、ちょっと回復してきたので、ラストスパート、期待しています。

ネギま!? | 21:27:10 | Trackback(2) | Comments(0)
ネギま!? 第17話
[幻想空間の湯殿に突如やってきたネギの姉、カネカ・スプリングフィールド。突然の登場に戸惑う一同。だが、姉カネカこそが黒薔薇男爵だったのだ。]

ケガをして通院中につき、若干少なめ・・・。

まずOP、絵の方に若干色がついて、歌の方もセリフなしヴァージョン、でいいのかな、微妙な変化があって斬新な感じ。
こうなると、あの人気のなかったSD版のOPもけっこういいアクセントになるかな、と思えたところでした。
作画も不調回が続いていましたが、ここにきて復活、初期の頃、とまではいきませんが、かなり綺麗な作画だったと思います。・・・ 古菲の指が6本あったりしましたけど。(笑)

ストーリィとしては急転直下、と言いますか、なんと黒薔薇男爵が「おねーちゃん」カネカ・スプリングフィールドでした、ってことでいいのかな。
一応最後で衣装を脱いでた絵もありましたし、おねーちゃんが男爵でした、ってことで確定ですね。
モツが黒百合男爵イモ!・・・とかってのもありましたし、作画がましだったせいでこういう自虐ギャグとか、昭和時代のギャグとか、けっこう普通に楽しかったところです。

昭和ギャグ、まぁ、今回に限らず毎回無数に散りばめられてましたけど、良かったのは以下。
1.カネカの「いやーん」・・・まいっちんぐボーズです。
もっとも、マチコ先生自体は平成になってからリバイバルされてますけどね。

2.サブタイ「家族は絆のホームラン王だby千鶴」「全然わかんないよby夏美」
「ナボナはお菓子のホームラン王だ」現役時代の王選手が出ていたCMですから、もう相当前ですね。ただ「進め!パイレーツ」なんかでパロディ化されてたこともあって、そっちで知ってる人が多いかも、ってところです。
それにしても、サブタイだったのに、この2人、ほとんど活躍しなかったですなぁ。(^_^;

3.ちうちうのおどろき漂流日記・・・もはや原形はほとんど留めていませんが。(笑)

もちろん平成ネタとかもありましたし、けっこう楽しめたところなんですが、今回、個人的に良かったのが、
せつな「あ・・・シャンプーの香り」
せつな「木乃ちゃんの匂いだ」・・・ダメすぎ。(笑)
NegiMa17-02.jpg

Bパートのアイキャッチもなんかそれっぽかったですし、こういう一方通行の百合感情、っていうのはいいものりですなぁ。
NegiMa17-01.jpg

一応形式的とはいえ、主従の関係で、主たる木乃香は友情より天然、従たる刹那が百合よりの実行型、っていうのは、単純でない分、百合風味のヴァリエーションがあって、堪能できるところ。
しかしそれにしても刹那の木乃香忠誠の愛って、中世騎士のミンネのようで、ほほえましいですのぅ。

ということで、今回の私的脳内メインは刹那でありました。(^_^)


テーマ:ネギま!? - ジャンル:アニメ・コミック

ネギま!? | 23:28:09 | Trackback(3) | Comments(0)
ネギま!? 第16話
[幻想空間の麻帆良学園の中での生活を余儀なくされるにいたったネギ達。そんな中で、明日奈とあやかの対立がヒートアップしていく。]

話は面白くなってきています、っていうか、変にシリアスにせずに、こういうゆるゆるぐだぐだの方が楽しいんですけどねぇ、私としては。
ただ、作画の低下がとまらない、っていうのがなんとも悲しいところで、始まった頃がなまじ優秀だっただけに、ちょっと痛いです。

ということで、今回の見所は、幼い頃から仲が悪かったけど、実はそれは木乃香の言う「仲良しさんでした」っていう明日奈とあやかの話、および、その2人の変身シーン。

このあたりはまだそれほどくずれてなかったところでした。
つうことで、まずは可愛い可愛いロリあやか。(笑)
NegiMa16-01.jpg

おやかの髪って、ラインを濃い色で描いてくれてないので、作画が落ちるとかなり見辛くなるのですが、このあたりですとギリギリ許容範囲です。

そしてあやかの変身。
NegiMa16-02.jpg
NegiMa16-03.jpg

平均的なテレビアニメとしては十分合格点なんでしょうけど、始まった頃の、のどかあたりの変身までが、もう信じられないくらいに良かったですから、どうしてもあれを思い出してしまって「作画の良い頃だったら良かったのになぁ」と思ってしまいます。

明日奈のコスプレカードにしても、あやかにしても、懐かしの「アオリ」ポーズが出てきましたので、手間ひまかけた作画ですと、もっとエロースが充填されていたのになぁ、と残念です。

次回は夏美と千鶴の番・・・かな。
どうも最近、サブタイが必ずしもメインキャラを反映してないので、見るまではちょっとわかりませんが。
ただ、この二人のやりとりはかなり好きなので、メインだったら、嬉しいな、ってことで。

しかし、まだ声優の描くカットの方がうまい、ってとこまではいってないのが救われますなぁ。(笑)

テーマ:ネギま!? - ジャンル:アニメ・コミック

ネギま!? | 00:13:52 | Trackback(6) | Comments(0)
ネギま!? 第15話
[ネギたちが戻ってきた麻帆良学園は、現実の麻帆良学園ではなく、依然として幻想空間の中であった。そこから脱出すべく、生徒達は3班に分かれて行動を起こすのだった。]

うわっ、こっちも作画ひどっ。(ToT)

しかもこっちは半島丸投げじゃない、ってことのようでしたので、むごさはBLEACHよりこっちの方が上かも。

13話くらいから、モブになったときの不安が段々大きくなってきてたんですが、ここに来て芝居をしているときの絵にまで悪影響が出てきたような、なんかそんな感じでした。
前の黒歴史シリーズを笑ってられなくなった、ってとこですかねぇ、かなり残念。

まぁ、BLEACHと違って全編が悲惨てことはなかったので、その点はまだ良かったのかもしれませんが・・・。
でも、邦人スタッフみたいなんだよなぁ、うーむ。

私的な見所は3つ。
冒頭のさよ変身シーン、エヴァのラーメンずるずる、そして3班への編成代え。

コスプレカードをひいて、明日菜に肩や尻をパンパン叩かれて確認されてるところは、かなり良かったです。
この時点では、普段よりちょっと悪い、っていう程度だったんですけどね。

で、問題のエヴァンジェリン。ラーメンのシーンは綺麗な原画だったんですが・・・。
NegiMa15-01.jpg

その直前の明日菜との頬のひっぱりあいがむごすぎ。
前回の似たようなシーンもあんまり誉められた絵じゃなかったですけど、今回のはもっとひどかった上に、あの処理でしたからねぇ、うーむ。

まぁ、いろいろと力関係なんかが垣間見えて、そこらへんの面白さはありましたけどね。
エヴァが委員長に片付けられたり、千雨が千鶴におちょくられたり、真名とザジを木乃香がさばいたり、と。

あとは3班分割だったんですが、五月がやけに可愛いくなってたのに、逆に違和感があったり、でしたかね。

この作画の乱れ、人数が多いことから来てるんでしょうか。
ぱにぽにのときも、そんな回はありましたけど、ぱにぽにの場合、力点がはっきりしてたので、抜けるところがそんなに目だたなかったのですが、ネギまの場合、ある意味生徒全員が力点みたいなところがあるので、少し抜くと目立ってしまう、ってことがあるのかもしれません。
まぁ、少し抜く、っていうレベルではなかったですけど。(^_^;

OPが元に戻ってましたけど・・・やっぱりあの手抜きOPは批判とかあったんでしょうかね。(笑)


テーマ:ネギま!? - ジャンル:アニメ・コミック

ネギま!? | 23:43:05 | Trackback(3) | Comments(0)
ネギま!? 第14話
[幻想空間に閉じ込められたネギたちは、エアヴァの魔法で瞬間移動し、なんとか当面の危機は脱したものの、カタミチが足を負傷してしまう。カモ君の提案で、全員と仮契約すれば、ネギがもとに戻れるかもしれない、ということに望みを託すが、キスに対して躊躇する者もいた。そこへ再び襲ってくる妖精によって、3つのグループに分断されてしまった。]

科学理論も、魔法相手じゃあってないようなものです、はっきり言って・・・by 葉加瀬

ハピマテ・パート、噴きました。(^_^;
あれで一気に仮契約したことにもっていきますか、すばらしいというか、唖然としたというか・・・。
かなりムダに動画使ってたようですが、静止してみると、ちょっと崩れた絵もありましたね。でもまぁ、面白かったし、十分笑えたので、私的にはオールオッケーだったりします。
ハピマテが流れてきた瞬間、ゲラゲラ笑ってしまっている自分がいました。アレって、やっぱり全員とキスしたからなのかなぁ。。。
・・・もっとも、ああいう十羽一からげにやってしまうんじゃなくて、個々にじっくり見たかったキャラもいますね、委員長なんか特に。

そこいらへん、どのキャラが好きか、でかなり変わってきそうではありますが、一応、ちゃんとしたキスシーンで見たかったのが私の場合ですと、あやか、千雨、千鶴、さよ、それに葉加瀬聡美、ってあたりかな。
各キャラのファンの人ですと、ちょっと不満が残るかも・・・。(^_^;

私は以前にも書きましたけど、エヴァ派なんで、かなり満足できました。つうか、魔法で窮地を脱するところとか、それをタカミチにアテにされてテレるところとか、かなりの見せ場があって嬉しかったところです。(^_^)

冒頭いきなり魔法で窮地を脱したものの、明日菜と頬っぺたをムニムニひっぱりあって、こどものケンカ。
NegiMa14-01.jpg

ちょっとエヴァの方のマスクが崩れてたのがいただけませんでしたが、シチュとしては良かったです。
明日菜にかかると、同次元のおこちゃまになってしまうところなんかも、好きなところ。(^_^;
この後、キリッとしたところも見せてくれました。
NegiMa14-03.jpg
NegiMa14-02.jpg

「てへっ☆」の明日菜、今回のピンチの原因を作っておきながら「ドアがあったら開けるでしょ」という開き直りとかも、らしくてよかったです。
それと、今回、なんかやけに胸が大きかったですね、特に四股をふむところとか。デカい、つっても中学生の範囲で許容できるところではありますか。
NegiMa14-06.jpg

今回のその他大勢キャラとしては、もちろん委員長が尻の丸みをアピールしてくれた上に、そこはかとなくパンティーラまでやってくれてましたが、そのエロさについては以前書きましたので、今回は、黒さが際立つ千鶴。
「どこがオトナになったんですか~」
NegiMa14-04.jpg

となグラの初音につながりそうな、優しげな笑顔の背後に垣間見える漆黒さがたまりません。

ところで、千鶴もこのアニメ版ではなんとなくお色気担当っぽい気がしているのですが、ぜひ艶っ気のある変身シーンにしていただけることを切望する次第。

あと、生徒じゃないけど、アーヤ。
NegiMa14-05.jpg

一瞬おとぎ銃士のグレーテルに見えてしまったのは内緒です。(^_^;

一応お話としては、全員と仮契約して、なんとかネギ君復活、幻想空間からも脱出したものの、戻ってみたら学校に新たな異変が、ってところまででした。
仮契約のシーンはこれで終ってしまいましたけど、変身シーンがまだなんで、各キャラの見せ場は、そこに期待かな・・・これもいっぺんに、っていう気がしなくもないですけど。(^_^;

Cパートは雪広財団によるパカピンク・ストーリィ。
・・・これも意外と面白かったです。つうか、まき絵、かなりおいしいところ、もってきますなぁ。
そして、今回の提供絵・・・舞タンうまいぢゃん。

つうことで、新春1本目、ってことで(正確にはウィンターガーデンがありましたけど)リアルタイムで見てしまいました。
ハピマテシーン、もっかい、見よっと。(^_^;

ネギま!? | 19:37:53 | Trackback(5) | Comments(0)
ネギま!? 第13話
[チュパカブラになってしまったネギ。しかも現れた妖精によって、再び幻想空間へと、生徒たちごととばされてしまった。エヴァ、茶々丸、タカミチらの協力を得てなんとか妖精を倒すのだったが・・・。]

コミケ終了で、ちょっとヘタってますが、少し時間があったので、ネギまだけ書いて寝ます。(笑)

さて、一人一人仮契約、なんてまどろっこしいことはやめて、一気に集団劇みたいな展開になってきましたが(正確にはこういうのは集団劇ではありませんが)ネギ、仮契約した8人、エヴァ+茶々丸+タカミチ、妖精に操られる三人、その他の生徒たちと、きれいな線引きができていて、しかもその中で、相変わらず行動力はあるけど触っちゃいけないものについつい触れてしまう明日菜とか、あやかとまき絵のやりとりとか、ちゃんと浮き上がらせるべきポイントはしっかり作ってあって、そういう点は抜け目なく面白かったです。
NegiMa13-01.jpg

ただ、今回Bパートの作画がときどきかなり微妙になってるのがなんとも・・・。(^_^;
OPも新しくなりましたけど、絵が手抜きすぎるのが、ちょっといただけませんでしたし、うーん、やや中だるみですかねぇ、なんとなくそんな感じを受けてしまいます。

私的にはエヴァがしっかりと真中に居続けてくれてるので、かなりの満足度ではありましたけどね。

それに加えて、無意味な色気は健在で、これがある限り、少々話がアレでも楽しめます。
NegiMa13-02.jpg
NegiMa13-03.jpg

アレ、って言ってもまだ途中だし、うまく処理してくれそうな気もしますので、話も持ち直してくれることを期待はしていますけどね。


テーマ:ネギま!? - ジャンル:アニメ・コミック

ネギま!? | 22:38:27 | Trackback(3) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。