■カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
デルトラクエスト 第65話
[リーフの国王即位式に次々と集まる各部族の招待客。そんな中、ジャスミンはなかなかリーフと会える機会がなくて面白くない。即位式を前にして、突然リーフがいなくなり、皆で探すことになる。だがリーフはジャスミンに贈るネックレスを作っていたのだった。]

もう画面の前でニヤニヤしっぱなし。(^_^)
ジャスミン・・・可愛いすぎるぞ、こいつめこいつめ。

皆がうすうす感ずいてはいるのに、あえてそういうことは言わなかったのに、いきなりやってきたプリンが
「だってリーフが好きなのはジャスミンでしょ? ジャスミンもリーフが好きなんだし」とストレートにイってしまうくだり。
もう、頬の筋肉がゆるみっぱなしでした。
「なによそれー」と赤面しながら動揺するジャスミン・・・なんちゅう萌へシーンでございますか、まったく。(^_^)

ということで、この最終回では、ジャスミンの気持ちがかぎりなくラブラブの方向へかたむいていくのをニヤニヤしながら見ていられるという、最高のしめくくりになりました。
いやー、1年以上毎朝欠かさず見てきてよかったですよ、入院で録画三昧だったこともありましたが。(^_^)

ということで、そのジャスミンを回顧していきます。
まず、忙しくなったリーフにあえなくて、おかんむりの図。
Deltora65-03.jpg
Deltora65-02.jpg

ここでジョーカーが来て、ジャスミンに式での役割を伝えるシーンになるんですが、ここで地震テロップが。(涙)
なんで大阪局の放送で、岩手の震度3をテロップで流すでありますか、プンプン。
でもそのおかげか、一瞬、ジャスミンのわきの下が映ってるシーンから時報が消える、というすばらしいアクシデントがあったので、まぁ、良しとしておきます。(笑)
ジャスミン・・・まな板胸と、太腿にその魅力がつまっているわけですが、この二の腕からわきの下に流れる曲線も、脳が沸騰しそうなくらいすばらしいですなぁ、感激の極みですよ。
四肢のふくよかなやわらかさ、ジャスミンてば1年間、存分にその魅力を楽しませてくれました。
ありがとうでございました。

そして地下通路でのリーフ探し。
リーフのお妃の話題になり、グロッグの
「旅の途中で知り合ったっていうんならともかく」というセリフに、みんないっせいにジャスミンを見ます。
「なんで皆こっちを見るのよ」
Deltora65-01.jpg

このあたりから、見ていてにやけまくり。
ファーディープがこの期におよんでクイズかよ、とか思ったんですが、こういう演出のためだったんですね、うんうん、この展開なら納得できます。

みんななんとなくわかってはいるんですが、そこはオトナの対応で、素知らぬ風を装っていたところに、プリンが来て、前述のセリフ。
赤面してしどろもどろのジャスミン、可愛いすぎ。(笑)
「なによ、それー」
Deltora65-04.jpg

すみません、テレビの前で転がってしまいました。(^_^;
かわええなぁ、ジャスミン、たまらんちゃー。

しかも、リーフが抜け出したのは、贈り物のネックレスを作っていたからでした、と傍目にはどう見てもラブラブとしか見えない展開。
Deltora65-05.jpg

とどめの一撃。グラソンが、
「ぼくのお妃になってください、と言っちゃいな」と背中を押しました。
結局、対象層のこともあって、これ以上つっこみませんでしたけど、もうにやけまくりのジャスミン祭りでございました。
途中で、ジャスミンが、リーフに女の影と聞いて、「ネリダね!」と妄想する絵もなかなかすごかったですな。(笑)
Deltora65-06.jpg

これ、OPあけの提供絵にも使われてまして、見たとたん、ひっくりかえりました。
リーフがスケベオヤジの顔になってますし。(^_^;

可愛い女の子を見てデレデレして、と怒ってる、ということ自体がジェラシーだったんですが、いやあ、もうわかりやすすぎ。
こういうところは低年齢むけでも良いところですな。

あとは即位式でおしまい。なんつーか、あっさりしすぎでしたが。
この場面前後では、グラソンが、ドレスを手して喜んでいるシーンがなかなか秀逸でした。
Deltora65-07.jpg
Deltora65-08.jpg

前回の予告でも使われてたところでしたけど、この第5クールでは、ほとんど準ヒロインと言っていいくらいに活躍してました。
あのでっかいガマガエル倒したときには、こんなに重要な役になるとは思ってもいませんでした。

グラソンは、ドレスもよく映えたんですが、ジャスミンは、野生のままの方がいいなぁ、と思えた、ドレスアップ。
Deltora65-09.jpg

ジャスミンはニーソックスの絶対領域を出しながら、走り回っている方が良い、と再確認させてくれたシーンでした。(^_^)

ジャスミンとの関係については、深くつっこまず、あまりにあっさりと終ってしまいましたけど・・・、まぁ、地下通路とネックレスのことで、一応決着はついてるのかな。
別段くどくやらなくても、その後結ばれて、というのはかなり暗示されてましたし、これはこれでよかったんでしょう。

ということで、5クールにわたって展開してきたこの物語も終幕。
第5クールがかなりつけたしっぽかったですけど、概ね満足しています。
本郷監督、西村さん以下の作画陣、ご苦労さまでした。
次の本郷監督、西村さんのデザイン等の仕事を期待しています。
西村さん、なにげにラノベのイストの仕事でもちょくちょく拝見しますので、そっち方面も期待しているところです。

スポンサーサイト
デルトラクエスト | 22:30:55 | Trackback(0) | Comments(0)
デルトラクエスト 第64話
[デル城へ戻る途中でオルを発見したリーフ達は、途中でグロッグと合流して、とある館へオルが逃げ込むのを見つける。その館には即位式へ行く途中だった、ファーディープ達7部族の代表がやってきていた。この中にオルがいる?・・・グラソンの提示した夢の水で、オルはルーカスに化けていたことがわかる。だがその夜、今度はもう一組のリーフ達がこの館にやってきた。はたして本物はどっちだ?]

作監・西村さんで、原画には川元まり子さんが入ってたりして、とんでもない布陣。
西村さんのときは、鼻筋とか顎とかに、線の濃淡がはっきりと見て取れるので、立体的な線になって、とってもやわらかく感じます。

オルを追ってきて、エネルギー通路みたいなものを見つけて、それを封じて、一応オルはこれで退治終了・・・と、やや強引な感じもしましたけど、一応これで敵対する勢力の一掃ということで、冒険物語としては、今回で事実上最後かな。

今回のお話としては、そのオル掃討戦なんですが、グラソンが信じられんくらいにキレイに仕上がってたので、そこいらへんから。
Deltora64-01.jpg
Deltora64-02.jpg

7部族のキャラクター達、造形としては、グロッグとゼアンが非常によくできてると思うのですが、きれいさ、キュートさ、という点ではこのグラソンもなかなかのものです。
今回は、名推理を披露してくれましたし、頭の回りのよさでは、ファーディープやゼアン以上、という風でした。
実際、こういう謎ときですと、ファーディープあたりが効果的な解決策を提示しそうなんですけどね、一番最初に対策を出してきたのは彼でしたし。
ただ、それを判断するリーフも実はオルでした、というオチでしたので、秘密検証ではうまくいかなかったようですが。
それでも、しっかりとグラソンは見抜いていたわけで、さすがでした。
たしかに、あのジャスミンの肩をそっと抱いているところとか、後になってみれば不自然きわまりなかった、ということではあるんですけどね。
ただ、アニメを見ている途中では、「お、今日はサーヴィス回か?」・・・などと、下衆な方向に思索がいってしまったりしたわけなんですが。(^_^;

本物のリーフ達が現れて、オル達が正体を見せるのですが、実は館全体もオルでした、と、サイボーグ0012みたいなヤツが出てきましたけど、そこにわれらがジャスミンがとりこまれてしまい、大ピンチ。
Deltora64-03.jpg
Deltora64-04.jpg

まわりが肉襞みたいで、ちょっぴり悦痴な敵ではあったんですが、ヒロインがピンチになると萌へます。(笑)
樹間を飛び回る身軽なジャスミンも魅力的なんですが、囚われの身になってピンチに陥るジャスミンもステキでした。

最後まで名推理をはたらかせてくれた、グラソン。
「リーフとジャスミンはあんなにべたべたしない。」
Deltora64-05.jpg

よく見てます、レギュラーじゃないのに。
ジャスミンが可愛いのは当然なので、今回はこのグラソンが光ってました。
それにしてもバルダ。
「そういう関係になったら教えてくれ」って・・・・なんてストレートな。(笑)
でも、そういう関係になったジャスミンも見てみたいかなぁ、と。

次回、お妃決定!・・・・え?(^_^;
ドレスをもってくるくるまわってたグラソン、可愛いかったですな。
いよいよ最終回ですが、グラソン、準ヒロイン格にまで来るのでしょうか。楽しみです。(^_^)

デルトラクエスト | 22:50:35 | Trackback(0) | Comments(0)
デルトラクエスト 第63話
[旅する3人の前に突如現れたネリダ。だがかつての彼女からは想像もできない淑女然とした変貌ぶり。なんとか追い返そうとしていたバルダやリーフ、裏があると疑念をもっていたジャスミンも、いつしかその健気な姿にとりこまれていく。ある夜ネリダはジャスミンに告げた。「リーフのお嫁さん候補に立候補する」と。]

淑女のふりをして登場したネリダでしたけど、ルックスは以前のままでしたので、少なくともアニメ視聴的にはジャスミンの方が可愛いし純正ヒロインだったんですが、なんせ中の人が釘宮さんでしたので、声だけ聞いていると、とんでもないヒロイン声。
もちろん、役はしっかりと作ってたんですが、ときどき「ゼロのルイズ」や「りぜるまいん」が顔を出すので、変な萌えがまざってしまってました。(笑)
Deltora63-01.jpg

特に本性を出す、「あー、疲れた、肩こった」のところ、かなり釘声になってて、ちょっとうれしかったです。(^_^)

今回、ネリダもジャスミンもともに荒縄縛りがあったんですが、2人とも縛りにはむいてない体形ですね。(笑)
ジャスミンなんか、凹凸がまったくないので、縄の方がすりおちてしまいそうな感じでしたし。

ただ、みごとなまでのつるぺったんなジャスミンなんですが、全身にわたって凹凸のない直線体形か、というとそうでもなく、腕とか腿とかふくらはぎとか、しっかり女の子らしい肉のつき方はけっこうありまして、崖下にネリダを落ちかかっているときの、ふんばってる姿なんか、なかなか女の子っぽくてすてきな曲線でした。
Deltora63-02.jpg

こんなところですかね、話はわりと軽かったかな。
一応、ジャスミンが異性としてリーフを意識するきっかけ、というくらいの重さはありましたけどね。

ところで、あと2話だと思うのですが、ほんとに終るんでしょうか?
第4クールで終っていた方がきれいにしめられたんじゃないかなぁ、とか思ってるんですけど、どうなんでしょうね?

デルトラクエスト | 17:09:51 | Trackback(0) | Comments(0)
デルトラクエスト 第62話
[霧の中でファーディープと出あった3人は、目的地であるトーラ村のゼアンにある届け物を頼まれる。次の満月までに、箱を届ける約束をしてリーフ達は出かけるが、途中バルダが崖に落ちるが、バルダとジャスミンはリーフだけを先に行かせる。後ろ髪を引かれる想いでファーディープとの約束を守ろうとするリーフだったが、途中盗賊にあった幼い兄妹、荷物をひっくり返らされた荷馬車などに出会うのだが・・・。]

ちっさなお友達にもよくわかる、こなれたいい話だったんですが、おっきなお友達としては、やや教訓くささが鼻についてしまうかな。
ターゲット層ではないだろうから、そこは十分我慢できるところですけどね。(^_^;
ファーディープの観察眼と、教訓なんかは十分楽しめるものでしたし、そんなに悪いわけでもありませんでしたし。

というわけで、今回の当番は、ファーティープとゼアンという老人大会でした。
でも、注目はやっぱりジャスミン、ということで、今回も少ないながらも良いシーンがいくつかありまた。
まず冒頭、いきなり丸太にまたがって、危険な場所の木の実とり。
Deltora62-02.jpg

大好きなリーフのために、えんやとっと、どっこいしょ。
あー、あの太い枝になって、ジャスミンにしがみつかれたい、と思ったのはワタクシだけでないはず・・・。

ところがケガをしてしまったのに、いち早く気づいたのはリーフでもバルダでもなく、ファーディープでした。
激しく落ちたみたいでしたのに、二の腕が負傷、というのはよくわからなかったのですが、まぁ、ローアングルが楽しめたので良しとしておきましょう。
Deltora62-01.jpg

あの腕の線が、どうも毎回ロボットに見えてしかたないんですけどねぇ。(笑)

とにかく、ピンチになると、抜群に映えるジャスミン、良かったです。
リーフがあまりに子供なので、報われないのですが、ケガのシーンだけでなく、「王様のお召しのままに」と嫌味ったらしくポーズをとるところなんかも、野育ちとは思えない愛嬌でございました。

ガケでの窮地も可愛いかったです。
Deltora62-03.jpg

というわけで、少ないながらも、見せ場はけっこうありましたので、「デルトラ・ジャスミンをひたすら愛でる会」としては、そこそこ満足のいったエピソードでした。
ジャスミンしかキャラ萌えはなかった、とはいっても、ファーディープもゼアンもそこそこに濃いキャラですので(ゼアンは今回顔見せだけでしたが)人物群像の面白さはこんな小さなエピソードのときでも健在ですしね。

次回・・・しおらしくなった、釘宮ネリダが登場。
えーと、確か以前図鑑で、
「身軽ですばやい」
「外見はか弱くて可憐」
「実はずる賢い」
とか書かれてましたけど、どういうお話になるのやら。(^_^)
ひょっとしてジャスミンがデレちゃうのかなぁ、女の子メインの話なんで楽しみです。


デルトラクエスト | 23:30:21 | Trackback(0) | Comments(0)
デルトラクエスト 第61話
[とある村へむかう途中、馬車の御者がリーフ達に助けを求めてきた。同じ顔をした2人組に襲われた、というのだ。村へつくと、最近近郷の村々を荒らしまわっている男たちだと言う。オルではないか、と直感したリーフ達の前にその男が現れ、リーフのベルトを奪って逃げていった。]

前回の予告を見て、またまた低年齢むけの内容が続くのか、と思ってしまいましたが、撤回です。
けっこう苦いテーマを扱っていました。

村に住む少年・ピート。
村の同じ世代の子供たちに悪さばかりして、叱られても謝らない悪童。
何度かの悪さの後に、「悪いことをしたら、叱ってやらなければいけない」というバルダの言葉が出てきます。
その後、ジャスミンが「私には叱ってくれる人もいなかった」みたいなことを言って、軸が少し違う方向へブレてしまいますが、クライマックスで、オルのガイが、人間であるジンの記憶がなくなっているのをいいことに、仲間に引きずりこむ説明があって、子供のときの教育、という問題がクローズアップされます。
そして最後に、オルのたくらみを気づいていたジンによって、「身のうちからわきあがる、抑え切れない衝動」について語られ、教育の問題からもっとつっこんで、若さの中に秘められた、野生の危険性、まで示唆してくれてました。
危険性、というと、少し意味合いが変わってしまうかもしれませんので、情熱、とでも言うべきかも知れませんが、そういう衝動。
かなり人間存在の暗い、深いところまでふみこんでくれたのに、ジン自らベルトを離して落ちていったり、謝らずにリーフに水を差し出すピートでしめたりと、テーマ性のわりには、シメがかなり中途半端だったようにも見えたところです。

あの切り方ですと、教育の大切さにしても、情熱の両義性にしても、深いところまで降りていったのに、結局見ただけで引き上げてしまったような、なんか消化不良な感じが残ってしまいました。
ストーリィは決して幼年向けとはいいかねる素材を扱っていただけに、少し残念でしたが、前回のような、あからさまな低年齢むきではなかったので、そこいらへんは満足しています。

というわけで、作画品質が低かったわけではないのですが、今回に関しては、画面として回顧しておきたいものはそれほどなかったかな。

ジャスミンなんですが、どうも最近、ジャスミンの方が石動乃絵みたいなしゃべり方になってしまっているように感じるときがあるんですが・・・。(^_^;
『VVV』が平行してるときは、そんなでもなかったのになぁ・・・。

次はジャスミンに、もう少しスポットがあたるみたいですね。

デルトラクエスト | 22:29:36 | Trackback(0) | Comments(0)
デルトラクエスト 第60話
[リーフ達はトル川のほとりに出て釣りをしていた。そこへ現れた盗賊たち。かれらはある少年の財宝を追っていた。その少年・アベルを助けたリーフは、彼から祖父が昔デルトラの国王から預かったというダイヤモンドの話を聞く。既にリーフのベルトにダイヤモンドはおさまっているので、その宝石は偽物のはずだが、リーフは「これから冒険の旅に出る」というアベルのことばに心動かされる。]

またまた低年齢むけ。
しかし作画は一向に衰えないし、ゲスト・キャラ、アベルは可愛いショタに仕上がってるしで、そういう意味では鑑賞価値はけっこうありました。

まぁ話の方は退屈の一語でしたので、簡単に。
盗賊の一味・・・ボスの女盗賊しか覚えてなかったんですが、下っ端のシルバーという男が、ドジで間抜けで印象強く描かれているなぁ、と思ってたら、実はこいつがオルで、倒すべき相手でした、という流れで、けっこう起伏に富んだ話にはなっていました。
結局、残りの盗賊達を配下に従え、義賊として出発するところで幕。
しかも最後の宝の地図が本物かどうか怪しい・・・という示唆までしっかりいれてのエンディング。
物語技術としてはけっして低い水準ではないんですが、やはりおっきなお友達としては、いまひとつ、でしたかね。(^_^;

さて、そのアベルくん。
Deltora60-01.jpg

冒険少年をそのまま映像化したような、姿、行動で、中の人が、くまいもとこさん。
なんか久しぶりのような気がするんですが、『YAT』の声がいまだに耳に残ってるからでしょうかね。(^_^;

「おまえたちを完全に信用したわけじゃないけど」と、聞き分けの良いことをいったりして、いわゆる「正義感があって勇敢だけどバカ」っていう、昔の類型的な冒険少年でもなかったようで、そういう意味では健康的な子供らしさに、個性の衣もしっかりまとっていました。
尺の都合で仕方ないんでしょうけど、ベルトを見てリーフを国王と認識するくだりがやけにあっさりしていたようではありましたが・・・。

盗賊達の女ボスが、雪野五月さんで、以前の登場のときと同じだったんですが、王妃の声をかなり聞いたあとですので、けっこう耳に残ります。
個性もあるし、芸達者だし、良いですねぇ、雪野さん。
今回もいなせな姉御肌で、悪いことでも平気でやっちゃう盗賊のリーダーでありながら、最後は(脅しが入っていたとはいえ)アベルに従わざるをえない状況を受け入れてしまったりと、どこか人のいいところも覗いてますし、ルックスはあれですけど、雪野さんの演技とあいまっていいキャラに仕上がってました。

それにオルだったシルバー。
今回はこの3人を動かして見せる、という話でしたけど、珍しくジャスミンが平地戦で短剣を抜いてましたので、一応記念に。
Deltora60-02.jpg

今回のジャスミンは盗賊を木の枝でポコンとやるところとか、3段オチのシメみたいなコミカルなところもいくつかありましたので、それほど最強感はなかったですが、いつも通り、可愛いかったです。(^_^)

というところまで。
次回は、・・・少し話が動くかな?

デルトラクエスト | 22:44:26 | Trackback(0) | Comments(0)
デルトラクエスト 第59話
[恐怖の山にやってきた、リーフ、ジャスミン、バルダ。そこはグノメ族と、キン族が暮らしていた。懐かしいグラソンやプリンと再会を喜び合う一行だったが、プリンの様子がどこかよそよそしくい。グラソンによると、どうやらリーフに恋をしているというのだが・・・。]

グラールが完全に道化役になってしまってて、徹底的に幼年向け仕様になってましたけど・・・、ジャスミンの、リーフ-プリンに対する微妙な反応とかがあって、それなりには楽しかったです

プリンがリーフに惚れているかも、と聞いて、心中穏やかならざるジャスミン。
しかしあからさまに言うこともできず、心配してるんだかどうだかわかんなくなってしまうところなんか、無性に可愛いかったですな。(^_^)

デレてる、というより、必死で自分の感情を隠そうとしているところが見ててニヤけてしまうところ。
Deltora59-01.jpg

しかしまぁ、なんといっても、宿での一幕と、覗きの一幕がすばらしかったですな。
宿では、プリンの恋の相手と聞かされて、煮え切らないリーフに対して、「しっかりしなさい」とばかりにイラついてましたけど、本心は、そんなの早く断ってよ、というのがアリアリ。(^_^;
でも大切な仲間であるプリンのこともあるし、で、つらいところでしたね。

そして覗きの場面。
Deltora59-02.jpg

夢の泉を使って、コソコソとのぞきみしていたことを反省していたのもつかの間、さっそくリーフの確認作業をチェックです。
バルダ「これはこそこそとした盗み聞きじゃないのか?」
全然疑念の余地もなく、盗み聞きじゃない、と言い張ってしまうジャスミンの天然性と言いますか、野生と言いますか、そういうところもステキでした。
で、グラールがでてきても、「いいとこでじゃますんなー」とばかりに、火ぶくれ弾による紫コケで撃退。
Deltora59-03.jpg

最強ジャスミンが本気を出せば、こんなもんさ!・・・といったところ。
あんな騒ぎで気づかれないのか?・・・・というのは、おとなのお約束でスルーです。(笑)
結局、恋の相手がバルダだとわかって、とたんに心配事が軽くなってしまうジャスミン。
わかりやすくて良い性質ですなぁ。(^_^)

今回、グラソンもけっこう見せ場が多かったですね。
以前の恐怖の山のときには、ほとんど戦闘民族丸出しだったのに、今回は、単なる弓に長けた矮人族、という感じで、日常生活っぽく描かれていて、これまたキュートでしたな。
Deltora59-04.jpg

「はー、これだから戦うことしか脳のない人は」
・・・たしかに、「グラソンに言われてもねー」というところですね。

つうことで、今回は著しく低年齢むけっぽかったですが、ジャスミンさえ可愛いければ、オール・オッケーさ、というところで、やきもち寸前のジャスミンが、今回もいろいろと魅了してくれました。(^_^)

次回は・・・もうちょっと対象年齢があがりそうかな。
おっきなお友達、まではこないようですが。(^_^;

デルトラクエスト | 19:27:21 | Trackback(0) | Comments(0)
デルトラクエスト 第58話
[かつての荒野に川が流れる。影の大王を追い払ったおかげで自然がよみがえってきたのだが、川をわたれなくなったため、水くい虫を求めてリーフ達はトムの店にむかう。おりからトムは配達の仕事を抱えていたため、リーフに留守番を頼んで出て行ってしまった。やむなく留守を預かることになるリーフたち。そこへリスメア競技会で知り合ったオーエンとジョアンナが尋ねてくる。]

軽い話が続きますね。(^_^;
なんか時間帯の予定を見ると、もうそんなに続かないような感じなんですが、このまま回顧していって、最後にちょっとだけ戦いをやって終る、とかっていう図式なのかなぁ。他へ時間帯が移るとも考えにくいですし・・・。

今回の目玉は、リーフの女装ですかね。(笑)
単なる女装ではなく、その直前に、声が入れ替わるガム、というのを出してきたおかげで、リーフの声がジャスミンになっている、というすばらしさ。
すいません、高垣声のリーフ、萌え転がってしまいました。(笑)
Doltora58-01.jpg

女装属性はないんですけどねぇ、わたしゃ。(^_^;
女装をとくときに、しっかりパットを入れてました、という描写もまじえてましたし、意外とリーフ、女装がうまかったですな。

今回、アングルによっては、ジャスミンも少しだけ胸があったような描写になってて、やや驚きました。
いや、あるといっても、無乳から微乳になったくらいで、貧乳にすらなってませんでしたけどね。
・・・単に上からはおったエプロンドレスのたわみだった、という風にも見えましたが。

ともかく、今回のジャスミンは普通だったかなぁ、悪くはなかったんですが。
おっさん声になって、びっくり。
Doltora58-03.jpg

ジャスミンのおっさん声はちょとつらいものがありましたけど、マスクはジャスミンのままだったので、桶桶です。(^_^)

それ以外ですと、卓に肘をついて、リーフが説明書を読まないことを叱責するシーンとかですかね。
Doltora58-02.jpg

あとは御伽噺的なオチで終了。

次もこんな感じっぽいので、しばらくは肩の力を抜いて楽しみましょう、ということでしような。

テーマ:デルトラクエスト - ジャンル:アニメ・コミック

デルトラクエスト | 23:05:09 | Trackback(0) | Comments(0)
デルトラクエスト 第57話
[森の中を行くリーフ一行は、女性の悲鳴を聞き急ぎ駆けつける。母娘の前に立ちはだかる影の憲兵を目撃したリーフたちはすぐさま2人を逃がし、憲兵と剣を交えようとする。ところがこの憲兵、戦う意欲がまるでなく、話を聞くと、憲兵として失格で、逃げてきたのだと言う。なんとか村人と仲良くなりたい、という優しい想いを聞いて、リーフとバルダは一計を案じるのだったが・・・。]

幼女がそれほどでもなかったので、ジャスミンの可愛いらしさしか残らなかった、おバカ回。(笑)
それにしても、リーフとバルダがアホなのは知ってましたが、憲兵6号もそれに輪をかけたバカで、アホ回ではあったんですが、それなりに脱力した笑いを楽しめました。
作画が落ちてないので、こういうおバカな笑いも、たまにはいいですね。

加えて、芝居はバレたけど6号の心根がわかって皆と仲良くなれました、という日本的エンディングにしなかったのもよかったと思います。
協力しあうことも大切ですが、時に人は、一人で立ち向かっていかなくてはいけないときもありますからね。
でも、憲兵の寿命って、3年だったか6年だったか、っていう設定が以前ありましたので、仲良くなった女の子・チルとも早晩別れがあるでしょうから、悲しい未来をそれとなく暗示してくれてました。
こういう変にハッピーエンドに迎合しない姿勢というのは、大好きです。

ということで、今回の見所。
とにかくジャスミンが可愛い。(笑)
簡単に6号を信用してしまうリーフたちに、反対の姿勢を示すジャスミン。
Deltora57-01.jpg

疑い深いジャスミンでしたけど、今までの冒険で、何度だまされたのか、と言いたげでした。
はっきり言ってジャスミンの方が正しいわけでして、おぼっちゃまののリーフはまだしも、バルダが信用しすぎ、というのも・・・。(^_^;

苦労して着ぐるみを作ったのに、散々な言われようで、思わず柳眉を吊り上げるジャスミン。
Deltora57-02.jpg

涙目になってて、むちゃくちゃ可愛いです。(^_^)
反対してても、リーフのためならなんだってやっちゃうんですねー。

その着ぐるみを着て喜ぶ2人を見て、だめだこりゃ、の表情。
Deltora57-03.jpg

提供絵にも使われてましたけど、いい表情です。
ジャスミンの豊かな表情、ほんとに良いですね。(^_^)

6号にリーフとバルダはどうした、と問われ、想定問答になかったためあせるジャスミン。
Deltora57-04.jpg

この態度に不振を抱かない6号も相当で、この後「そーだったのかー」とやらかしてくれて、ひっくり返りました。(笑)
それにしても困った表情は、超絶級に可愛いジャスミン。頭から湯気が出そうでした。(^_^;

そして極めつけ、優柔不断な6号の姿勢に切れてしまうところ。かっちょええーー。
Deltora57-05.jpg

ジャスミンの足の美しさは、もう犯罪的ですらありますね。
つうことで、今回はゲストの幼女よりも、いつもにもましてジャスミンでした。

幼女も少しだけ振り返っておきます。
Deltora57-06.jpg

6号の芝居で、震えながら花束を差し出し、結局逃げてしまうシーンが悲しくてよかったんですが、めでたしめでたしの方を回顧しておきますね。
中の人は、矢作紗友里さんだったようで、なかなか可愛い声を出してくれとりました。

まぁ、リーフとバルダの頭の悪さが際立った回でしたけど、6号の純情なところとか、低年齢むけとしてはうまくできていたと思いますし、何よりジャスミンの可愛いらしさが半端じゃなかったので、今回もよいエピソードでした、ということにしておきます。(笑)

次回・・・あのメガネっ娘、リーフの女装ですか?(^_^;

デルトラクエスト | 21:33:04 | Trackback(0) | Comments(0)
デルトラクエスト 第56話
[リスメアの町にやってきたリーフ達。だがそこでポリファンに遭遇し、ジャスミンの大事な友達フィリを奪われてしまう。街中を聞きこみに走って、ようやくポリファンの飼い主を見つけ、フィリがマザー・ブライトリの手にわたったことを知る。ブライトリは、フィリをペット品評会に出して、大もうけをたくらんでいた。]

作画・・・やや落ち。
なんですが、ジャスミンのくるくる変わる表情がかなり満喫できたので、結果オーライかな。(笑)
これだけ豊かな表情が描かれていて、しかも、その表情のところはしっかりと描かれてましたから、全体としては不満はないです。

お話は・・・まぁ、つなぎの話ですね、たぶん次回も含めて。

ということで特によかったジャスミンを簡単に回顧しておきます。
・「フィリを返しなさい!」・・・ゲキドるジャスミン。
Deltora56-01.jpg

・GRRRR・・・・猛獣ジャスミン。
Deltora56-02.jpg

・ペット品評会に連れて行かれたらしい、と知って、リーフに「大丈夫だ、フィリは無事だ」といわれて「ほへ?」顔のジャスミン。
Deltora56-03.jpg

ムダに可愛いな、ここ。(笑)

・ブライトリに昔の偽名で呼ばれて「わ・・・私のこと?」と、一瞬あせるジャスミン。
Deltora56-04.jpg

ここなんか、かなり元デザインからズレてるように思うのですが、可愛いは正義なので、すべて桶。(^_^;
いやぁ、デザインがかなりイマイチだったのに、これだけツボをおさえてくれますと、ジャスミンさえ可愛いければすべて桶、というのをいまさらながらに実感してしまうところでありますなぁ。(^_^;
特に今回、あんまり見たくないブライトリのアップ顔がかなりあっただけに、このジャスミンの萌えたぎるキュートさに、心洗われる想いでございました。

次回も低年齢むけっぽいんですが、幼女が出るらしいので、そこだけはとりあえず期待。(笑)

デルトラクエスト | 17:18:58 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。