■カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
二十面相の娘 第9話 
[小糸春華の家を訪ねたチコは、春華から二十面相を探すべく、少女探偵団の設立をもちかけられる。明智の言葉を思い出し、快諾するチコ。2人は戦後行方不明となったかつての人気俳優が怪しいと睨み、その所属していた芝居座・天海座へと行くが、見事に的外れ。その帰り道、2人は二十面相の遺産を狙う暴漢に襲われる。]

関西テレビ組。
なんやかんやでとんでしまったので、まだ第9話です。先行地域は・・・第12話ですか?
ということで、簡単に。

いよいよ少女探偵団設立、ということで、言い出しっぺは小糸春華だったんですね。
トメがどんな形で参加するか、楽しみ、なんですが、今回のトメ、年相応に幼げで可愛いくなってました。
食事するチコの後ろで、悪い魔女義母のことばに一喜一憂しているところとか、可愛いかったですよん。

春華の方も、いわゆる耳年増で、いろんな情報はもっていて、探偵7つ道具、とかそろえたりはするものの、実戦経験がまるでないので、暴漢に襲われたときも、逆にチコの足を引っ張ってしまったり、てあたりが可愛いかったところ。
そこへいくと、ゲリラ戦を生活の中で叩き込まれているチコは本物と言いますか、おとなの暴漢相手に華麗な立ち回り。
なかなか少年探偵団チックで楽しかったところ。

今回特に昭和の懐かし系都市描写がいろいろとありました。路面電車、駄菓子屋、探偵7つ道具等々。
あとこれで貸し本屋があればいうことなかったんですが。
駄菓子屋については、ビー玉、メンコ、ガムみたいなの(ニッキ水?)とか、いろいろ出てきましたけどメンコのデザインをもう少しひねってほしかったかなぁ。。。
たぶん時代背景を考えれば、水原生還~栃若時代、くらいだと思うので、小鶴、大下、川上、藤村、東富士、鏡里とかそういったあたり。(笑)

探偵7つ道具。と言うと、発光弾とか、消えるメモとかも連想するんですが、そういったのは、007ヒット以降なんで、もう少し後の時代かな。
この時分なら乱歩、海外ならダシール・ハメット、チャンドラー、ってあたりでしょうし。

路面電車って、体験してなくても、なんか郷愁誘いますね、いや、乗ったこと自体はあるんですが、この時代はさすがに知りませんし。

こんなとこ、かな。
次回、白髪島。

スポンサーサイト
TVアニメ2008(上期) | 23:01:25 | Trackback(0) | Comments(0)
我が家のお稲荷さま。 第13話
[昇の高校で文化祭が行われ、透、コウ、クウもついてくることに。ところがなんとクウは学校の制服で来てしまう。クウが校内の展示を昇に肩車をさせて見ていると、美咲に見つかってしまう。昇が美咲の模擬店に行く間、クウは、コウ、透と合流する、するとそこへクウの昔なじみ、銀狐・玉耀があらわれ、近隣に金儲けをしている鬼の集団が来ている情報を提供される。]

新キャラ・シスター槐、登場。
Oinarisama13-01.jpg

しかしえんじゅ、なんて言われると、某・薔薇乙女人形に出てきた人の方を連想してしまいますが・・・。

ともかく、今回は、天狐さまの肩車、これに尽きますね。(笑)
Oinarisama13-02.jpg

しかも、この完成形態がいきなり出てくるのではなく、昇の肩に、ミニスカからのびた健康的に肉のついた太腿で、わっしわっしとよじのぼるところから描写があったので、たまりません。
Oinarisama13-04.jpg
Oinarisama13-03.jpg

なんちゅう嬉しい太腿攻め。
もう後頭部から、頬の下から、首から肩から、神経がビンビンそっちの方にいってしまうそうな、すばらしいハプニングでした。
いや、たいがいの男は嫉妬とやっかみの視線をむけますよ、そりゃあ。
ただ、外野の声が「見せつけやがって」とかでしたけど、それはちょっと違うんじゃないかなぁ。
えろーい、とか、すけべー、とか、そんな感覚になりそうなんですが。まぁ、どっちでもいいんですが。(^_^;

そしてそれを目撃した妄想少女・美咲に、またもや妄想のおかずにされてしまってましたが・・・今回のチビキャラ妄想、いつも通りの可愛いらしさで、これまた良か良か、でございました。
Oinarisama13-05.jpg
Oinarisama13-06.jpg

美咲ちゃん、想像力と感受性がすこぶる豊かなので、こういう結果になってるんだと思いますが、毎回毎回秀逸な妄想を魅せてくれます。
しかも適度に性的というか、エロッちい内容を包括しているので、たまりません。
しかしこんなのと結婚したら、浮気の疑念で、身の休まるところがなさそうですなぁ。

というわけで、今回は、空幻まの太腿肩車でした。・・・だけじゃあんまりアレなんでそれ以外も簡単に。
シスター槐・・・あ、BSアニメ劇場のおねーさんだー、ということで、中の人は、バブクリTokyoのロックシンガー・・・て古すぎですか、すみません。(^_^;
今回は顔見せだけ、でしたかね。

あとは銀狐さん。
なんか空幻・男ヴァージョンが分離したのかと思ってしまいました。
透くん、タマちゃんて・・・。
なんか広橋声で、竹刀ふりまわしそうですがな。(^_^;

そして、文化祭で熱唱する紅葉・・・だったんですが・・・。
Oinarisama13-07.jpg

あからさまに視線が昇の方を向いていて、しかも美咲ちゃんがその露骨さにビンビン反応してして、たいそうおいしゅうございました。(^_^)

ラストの「角がある人」
Oinarisama13-08.jpg

鬼娘は、虎縞ビキニでおしかけ嫁になることが、アニメの法律で決まっているので、どんな恥ずかしいかっこうをしてくれるのか期待しています、って・・・違うか。(^_^;

今回は、クールの切り替わり時期、ということもありまして、すごく充実していました。
クウちゃんの太腿、いいなぁ。。。。
コウちゃんも、大腿部をもっと露出してほしいものです。

テーマ:我が家のお稲荷さま - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 03:58:56 | Trackback(2) | Comments(0)
D.C.IIS.S. 第13話 最終回
[義之が消えて数ヶ月。初音島にもまた桜咲く春がやってきた。由夢は付属の3年になり、小恋たち義之の友達は本校の1年になる。生徒会長・音姫は全校生徒の前で新入生歓迎のスピーチを無事こなした。だが、朝倉姉妹の胸には、今も義之への想いが残っていた。桜の中からそれを見つめていたさくらは、音姫、由夢の悲しみ、義之を忘れない決意を見て、ある決断をする。]

最終回。
DC2SS13-01.jpg

なんかやりようによってはた、D.C.3・・・とかできなくもなさそうな展開でしたけど、ともかく最終回。
しかしまぁ、実質的な最終回は前回でしたかね。
前回の第12話があまりにすばらしいシメでしたので、今回のシメは、義之復活、あるいは復活せずに想いを抱いていく姉妹、どちらに転んでも納得できるくらいの凝集力でしたので、この結末については、不満は特にないです。
ということで、ありえたかもしれないもう一つのエンディングには目をつむって、このハッピーエンドでまとめたラストについて、感想を残しておきます。

まず、姉妹の下に復帰した義之くんの言動。
名前を知らされるでの、まるで新生したかの如き、他人行儀な言いまわしから、名前を教えられて、思い出したような展開。
できるだけ帰還を穏やかに語ろうとしたのか、それとも本当に新生だったのか。
どちらにもとれる演出、なかなか心憎いですね。

誰かとひっついてエンディング、というのではなく、想う力が奇跡を生む、という方向性、こういったあたりも、月並みな萌えアニメ、恋愛ものには堕していない本作の、各部に繊細な神経の行き届いた魅力を感じさせてくれるところです。

また展開上当然とは言え、さくらの魔法が及んだときの記憶の戻り方、なんかも静かなトーンで実に良い味わい。
魔法が覆う初音島、そこに舞う桜花、そしてその中で少しずつ戻ってくる記憶、渉に、ななかに、杏と茜に戻る記憶、そして小恋が口にする名前。
劇的に再生を示すのではなく、みんなの心によみがえってくる記憶、という展開で、想いの力が結実する、という流れは、静かに、そして劇的にまとめてくれたと思います。

そこにいたる、さくらの姿、感じ方も良かったですね。
はっきりと憶えている朝倉姉妹。
バンドの練習中に、記憶の痕跡を抱えている渉たち。
それを見て心痛むさくら・・・あのあたりも実に鮮やかで、ラストシーンとしては、ファーストシリーズよりも格段に良かったかな、もっとも、ファーストシリーズの経験があったればこそ、という感覚もかなりありますが。

ここにいたる流れとして、やはり前回の、想いが強いほど忘れるのが遅い、という演出が実にうまく効いていたところではないか、と思います。
つまり、物理的に、魔法によって一斉に消去されてしまうのではなく、効果がひくように、色があせるように消失していく、この演出があったればこそ、想いの力で復活する、という魔法が、世界観の中でスムーズに、かつ細やかで優しい感情とともに結実しているのだと感じます。

つうことで、簡単に今回の好きだったシーンをいくつか回顧してしめたいと思います。
まず、姉にシーツをひっぺがされる、冒頭の由夢。
DC2SS13-02.jpg
DC2SS13-03.jpg

ふだん色気のないかっこうで家の中をウロウロしている由夢ですが、こういう風に生活が付随してくると、エロカワですね。
中学生少女のからだ感覚がなかなか良かったです。(^_^)

忘れちゃった人たち。まゆきと小恋。
DC2SS13-04.jpg
DC2SS13-05.jpg

関係性が薄かったので当然とはいえ、最初に忘れてしまった薄情なまゆきさん。(笑)
小恋と渉の関係は、それほどはっきりとは描かれませんでした。
でもまぁ、ステディ確定でしょうね。

ななかと、杏、茜。
DC2SS13-06.jpg
DC2SS13-07.jpg

ななかはけっこう良かったですね、記憶のかけらを抱いていてくれましたし。

音姫と由夢の悲しい決意を見て、がんばるさくらさん。
DC2SS13-08.jpg

ただ、私の意識があるうちに、なんて言ってましたから、やっぱりシリーズはこれでしめ、ってことなのかなぁ。
残念ではあるんですが、これだけキレイに有終の美を見せてくれましたので、それはそれでいいかな、と思わなくもなかったり、です。

戻ってきた記憶に気づく友人たち。
ななか、杏、小恋。
DC2SS13-09.jpg
DC2SS13-10.jpg
DC2SS13-11.jpg

小恋は義之との関係がほぼ清算されてるから、多少の気まずさ以外は別に問題ないんでしょうけど、気になるのは杏です。
アホの子・現象は治っているのでしょうか。(笑)
義之くんだけ復帰して、杏の願いがチャラのまま、というのは、ちょっと悲しいかなぁ。
さくらさんがフィルターとなって調節、というのが生きているとしたら、悪い願いの再興というのはなさそうですが、それ以外は個々に処理していかねばならないようにも感じましたので、杏、もう一度お願いしないと、アホの子のままかも、です。(^_^;

夢を見た由夢、その夢と、夢が意味することに気づきました。
DC2SS13-12.jpg
DC2SS13-13.jpg

一方、桜の樹の前にいた音姫は気配へ感じて顔をあげると、そこに・・・。
DC2SS13-14.jpg
DC2SS13-15.jpg

手を差し出すところ、すごく良かったです。(^_^)

という方向でしめてくださいました。
うん、とっても満足の佳品だったと思います。
DC2SS13-16.jpg

今期4月期の新作、かなりの不作感があったのですが、本作はさすがに別格というか、すばらしい作品に仕上げてくれてました。
スタッフの皆さん、ありがとうございました。

テーマ:D.C.ⅡS.S. ~ダ・カーポⅡ セカンドシーズン~ - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 23:07:26 | Trackback(0) | Comments(0)
ソウルイーター 第13話
[エルカの手引きで脱獄した魔眼の男は、メデューサの依頼を受けて、職人と武器の抹殺に動く。その頃死武専では、マカとソウルがシュタイン博士の特別授業を受けていた。お互いの欠点を言い合う、という魂の波長に関わる危険な授業。2人は複雑な想いを抱えたまま、ブラックスター、椿とともにロンドンに行き、そこで魔眼の男・フリーと対決する。だが、フリーは不死の狼男だった。]

椿ちゃんがキレたーーーー。
「いいかげんにしなさいっ!」
SoulEater13-01.jpg

でも怒っても可愛いので、無問題。

先週のレイトショーが頭に残ってるせいか、どうも中の人を意識して聞いてしまうなぁ・・・。
椿ちゃん、ダメダメなルルーシュくんを、妹の立場から叱ってあげてください。(^_^;
・・・どっちも妹キャラだし。(笑)

とはいっても、お話的には、ドス黒さ満開のメデューサさまの方がえげつなくてステキでした。
エルカをパシリに使って、「中のものを取り出してほしい」と懇願するエルカに
「1パシリにつき1匹よ」と言い放つ冷酷さもさることながら、メデューサの観察下で行われる、黒血の影響実験を見る冷たい瞳に、ゾクゾクきますな。

魂の共鳴を果たして、心を一つに重ね、何と戦いあうか、と見えた瞬間、黒血の影響で、相手の魂まで飲み込もうとするソウル、そして手について血の黒さに気づくマカ。
魔女のトップを危険な目にあわせた男さえも手玉にとり、己が実験に利用しようとするメデューサの残酷さ、強さ。
やっぱり本作では一番メデューサが好きかなぁ、椿ちゃんやエロ猫も好きだけど。

シュタイン博士の魂の共鳴・強化授業。
「向き合って、相手の欠点を言い合え!」
うむむ、たしかにそれはすごい特訓ですわ。
たいてい友情は壊れるよなぁ、まして異性なんだし。
そしてそのままの状態で出撃区させる荒療治というか、ほとんど無茶というか。
まぁ、そういうところも含めて本作の魅力なんで、楽しかったところです。
狼男が、実際は手に負えないくらい強いのに、まだカラダがなまっててドジばっかりふむ、という仕掛けも、物語的には有効に効いてましたし。

マカの決意のセリフ、自身の内省、良いセリフがすごく多かったんですが・・・棒読みなのがなぁ、なんちゅーか・・・。
せっかくヒロインらしくなってきたというのに、この棒はかなりのマイナスですね。

ということで、マカが血の黒さに気づくとこまででしたけど・・次回はギャグ回?
なんかトンプソン姉妹がいろいろ動いてくれそうで、そのあたり期待かな。


テーマ:SOUL EATER -ソウルイーター- - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 04:01:31 | Trackback(7) | Comments(0)
Blassreiter 第12話
[次々と感染していくXAT第2班。だが、独房の中にいたため感染しなかったヘルマンとアマンダを「人間」とした脱出させること、それが残された隊員達の意地でもあり、希望でもあった。外で交戦していたレーネたち第3班の生き残り部隊はこの異変を知らず、融合体になってしまったウォルフの言に騙されて、生き残り2班の殲滅にむかう。だが、融合体目前のブラッドを見たレーネは、彼らの言葉を信じ、アマンダ達の脱出を支援するが、デモナイズしたウォルフの前に、パラディンを無力化されてしまった。ブラッドは人間として苦しみ、焼かれていくレーネに、悲しみの弾丸を撃ち込み、その苦痛を終らせるのだった。]

第11話・小林さん、今回・恩田さん、第13話が越智さんで、第14話にまたまた小林さん。
なんかものすごい布陣になってますね、もうそのすさまじい作画力の前に目が釘付けでした。
最初の頃、恩田さんのちょっとどぎつい絵についていけなかったんですが、こうやってこなれてくると、今期最高ランクの原画の魅力が充溢。いやぁ、良かったです。

加えて、XAT隊全滅、のものすごい展開。
いつもはアマンダのおっぱい、メイフォンのおっぱい、とか、下衆な注目をしてましたけど、男のドラマが全面に展開して、迫力ありました。
アル、ブラッド、レーネにヘルマン。
やられ要員と見えなくもないんですが、それぞれに想いを抱き、主張を持ち、その信念に殉じていくその姿。
この壊滅の前に、ブラッドとレーネの淡くはかない恋情が描かれてましたけど、悲劇ではありましたけど、帰結点としては実に鮮やかだったと思います。
加えておとな、ですね。
「見捨てていけない」「恋人を撃てない」というセンチメンタルな感情に囚われることはあっても、全体を見、託した者の想いを汲み取る、その心意気。
まぁ、アマンダだけ、ちょっと全体が見えてない幼さを感じはしたものの、全員、特に男達の殉じ方はなかなかかっこよかったです。

敵ではありましたし、かなり後付けっぽくはありましたけど、ウォルフなんかも、行動原理には筋が通ってますし、敵としてはいい立ち位置でしめてくれました。
ただ、はっきりと死んだところが描かれたはいないので、今後また敵としてアマンダの前に立ちふさがるのかな。
でもウォルフ、デモナイズした方がなんかかっちょよかったですよん。(^_^;
あの牡牛のようなマスク、古代の邪神の贄みたいなところもありましたし。

アルとブラッドに関しては、感染した段階で、捨て駒みたいなはたらきになるのやも、と予想はついていましたが、ヘルマンまで殉職とは、やや意外でした。
もっとも、ゲルトの死、マレクのデモナイズで、相当厭世的になってましたから、崩壊の予感は相当ありましたが、それでもジョセフと一緒にこの物語を最後まで見届けてくれるのかなぁ、と思っていましたので、あの展開は少し驚きでした。
そこまでしてアマンダを逃がした、言いたかったことばを送れなかった、というあたり、純で一本気で不器用で、情熱あるヘルマンらしい最後ではありましたね、悲しい最後ではありましたが。

かくして生き残ったのが、XATからアマンダ、なにかの特命を受けているらしいメイフォン、ブルー・ジョセフ、それに局長、と言ったところでしょうか。局長はまだ味方と断じていいかどうか難しいですが。

というわけで、今回はおっぱいよりも、怒涛のストーリィがメインでしたけど、ないわけではなかったので、簡単に回顧しておきます。(笑)

アマンダ、レーネ、ともにごついプロテクタースーツでボディを覆ってたので、目立ったのはメイフォンくらいでしたかね。
Blassreiter12-01.jpg
Blassreiter12-02.jpg

アマンダが酪脂っぽいコーカソイドの巨乳なのに対して、メイフォンのは、東洋系っほい丸くて柔らかげな豊乳で、こういったところの描き分けもなかなかみごとですね。
メイフォンの、本来の役割、今後キーになるかも知れず、楽しみです。

たぶん今回で最後だと思いますので、レーネも簡単に回顧。
Blassreiter12-03.jpg

アイシャドウ・キャラ、っていう認識しかないんですが、この人も顔とかボディの作りとか見てますと、東洋系の血が混ざっているような感じがしなくもないですな。

さて、次回は回想メイン、みたいですので、謎解き半分でしょうから、そんなに前へは進まないかな。
第14話からが実質第2部だと思われますが、はたしてどうなりますか。
OPEDもそこらあたりで代わるのかしらん。

TVアニメ2008(上期) | 20:19:02 | Trackback(0) | Comments(0)
ペルソナ -トリニティソウル 第25話 謂れなき喪失
[慎が自宅に戻ると、アヤネが現れて「もう一人の私に近づくな」と警告して消えた。慎を訪れてやってきた真田によって、慎の中にあるペルソナのこと、諒が抱いていた使命感のこと、マレビトとの戦いのことなどが語られる。無気力症にかかってしまった人々と同じように浜辺へやってきて座り込んだ慎は、そうなっていたかもしれない幸福な未来、諒と瑛子の結婚、死なずに成長した結祈、そして洵のことなどを思い浮かべる。バイオノイド・アヤネを移送しようとしていた中村、戌井らの前にアヤネが現れ、バイオノイドが覚醒する。]

1週遅れのMBS組。
BS11で補完しようかと思ってたら、こっちの時間帯が23時で、みごとに『ゾンビローン』とかちあっててダメ。
CS回線もう1本増やさんといかんかなぁ。。。

ということで、2週あいてしまったこともあってか、慎のペルソナと、諒が抱いていた恐れ、そして真田の前に現れた諒の意図等・・・なんかすげーわかりづらかったんですが。
繊細な問題を映像をあまり使わず、一方的な説明で語ってしまった、ということなんでしょう、一応2回見たので、わからない、ってこともなかったのですが・・・氏視聴者にかなり不親切なコンテ、シナリオでした。

まぁ、今回の見所は、生きて成長していたらこうなっていたかもしれない、という結祈でしたので、そのあたりはもうどうでもいいかな。(笑)
慎の進路がどうとかこうとか言ってましたので、たぶん1年後。
ということは、洵と双子の結祈も中3で、14か15、ってことですね。
そのわりにはずいぶん大人びて見えましたが・・・。

こういう話だったら、もっと面白かったのに。(笑)

ということですか、なんか次回が最終回だとはちょっと思えない不安定さですなぁ。。。
ラストで諒が姿を現したところまで。
先行地域はもう終っているみたいですので、この辺で。

テーマ:PERSONA -trinity soul - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 02:32:35 | Trackback(0) | Comments(0)
To LOVEる-とらぶる- 第11話 金色の闇
[空から飛来した金髪の少女。リトは買い物の途中で見かけたこの不思議な少女が、自分を見ているのに気づき、買ったばかりの鯛焼きをほしがっていると勘違いし、わけてあげる。ところがこの少女・金色の闇は、ある依頼を受けてリトを抹殺しにきた暗殺者だった。必死で逃げるリトと、追う金色の闇。助太刀にくるザスティン、ララ。だが逃げているうちに、ララもリトも、金色の闇が誤った情報で行動していることを知るようになる。]

いよいよ金色の闇登場。
ToLove_ru11-01.jpg

しかし、能力もそのまま黒猫イブのトランス能力ですし、ほとんどスピンオフ作品ですな。
雑誌連載時点で、既に相当そういう目で見られてましたが。(^_^;
で、アニメ版では、中の人が福圓美里さん、ということで、黒猫イブとまったく同じ。(笑)
うん、スピンオフ、ということでいいんでしょう、たぶん。
ただまぁ、一応お約束として、イブちゃん、ではなく、ヤミちゃん、と呼ばねばいけないもよう。
まぁ、こういうオトナの事情には素直にしたがっておきませう。(^_^)

やみちゃんが可愛い可愛い、というだけの回でしたので、ほとんど何も追加することはないので、遅行地域ということもありますので、簡単に。

まず、冒頭ちょびっとだけ出てきた春菜ちゃん。
ToLove_ru11-02.jpg

ほんまに可愛いのう・・。
次回、すんごい悦痴な目にあうらしいので、ピンチ画面はそのときまであおずけということにしておきませう。
しかしそれにしてもエロい予告でしたな。(笑)

やみちゃんは、結局誤情報だったことが原因で、ブサイクな依頼主に叛旗を翻す、という、美形は必ず裏切って仲間になる、の古典的アニメ法則を遵守して、暗殺は中断しました。
しかし鯛焼きくれたぐらいで、誤情報、っていうのもなぁ・・・。

とりあえず、やみちゃんの脇の下。
ToLove_ru11-03.jpg

意外と胸、ありますね。
どうもイブの設定を引き継いでいるような印象なので、ロリキャライメージがあるのですが、まぁ、ロリ巨乳というのは、妄想系ヲタの定番アイテムなので、桶、ということにしておきますか。

ぶっさいくな依頼主の、そのまたぶっさいくな戦闘用ガマガエル怪物の舌に囚われたり、いろんなアクションもありましたけど、これまたエロコメディの定番、衣料だけ溶かしちゃうぞ粘液で、ララ、すっぽんぽん、やみちゃんも溶けかかります。
ToLove_ru11-04.jpg

やっぱり、すっぽんぽんになってもあっけらかんとしてる女の子より、恥ずかしがる方が格段に萌えますね。(笑)

暗殺するためにこの地球にいる、とかっていう、なんかもう理屈にもなっていない理由で、今後のレギュラー定着です。
でも金色の闇、大好きだから、全然問題ありません。今後の活躍を期待しています。

次回、体育祭。
激しくエロいことになりそうです。(笑)

テーマ:To LOVEる -とらぶる- - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 01:31:28 | Trackback(0) | Comments(0)
絶対可憐チルドレン 第13話 家庭崩壊?ゴクラク大作戦!!
[薫達のクラスで、作文の宿題が出た。題目は「家族」。葵、紫穂は早々と終えてしまうが、薫はなかなか手がつかない。そこで創作を交えようとするが、皆本にたしなめられ、実家へ一度戻ってみることになった。薫の実家は、女優の母・秋江、グラビアアイドルの姉・好美、の芸能一家。そこへ押しかけた来たファンを超能力で撃退してしまう。]

例によって、S学館ものは詳細に書くと怖いことになるので、面白かった点だけ、簡単に・・・。

母・秋江、大女優で、魔性の女。
ぼんやり見てたら、美神ネタをやりだして、吹きました。
ちなみに、中の人、鶴ひろみさん。
実年齢のことを思うと、一線級の声優さんの技術ってすごいなぁ・・・、とあらためて感心した次第。
言わずもがなですが、同作者のアニメ版『GS美神』で、美神令子の中の人でもありました。

姉・好美。巨乳グラビアアイドルで、21歳。
中の人、国府田マリ子さん。もちろん、おキヌちゃんです。
巫女ネタ、幽霊ネタはさすがになかったですけど、あざといキャスティングに思わずにんまりでした。

それにしても、一緒にお風呂に入ったときの薫のセリフ。
「こりゃ金払わんと」・・・こういうオヤジくさいところ、いい感じで出てましたな。
それに対して、前かがみ、というのは、ちょっとやりすぎかと。
いや、もちろん面白かったんですけどね。(^_^;

ということで、このあたりが楽しかったです。

来週は紫穂のとーちゃん登場なんですが・・・若本さんらしいので、これまた面白いことになりそうですな。(^_^)

テーマ:絶対可憐チルドレン - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 21:35:29 | Trackback(6) | Comments(0)
ネットゴーストPIPOPA 第13話 ヒカル@ネットダイブ
[ネット世界からの帰還をひかるに見られてしまった勇太は、ひかるの家に連れてこられ、説明を求められる。やむなくネットゴーストについて説明した勇太はひかるに証明するため、ひかるもネット世界へつれていくことになってしまった。初めて見る世界に感嘆の声をあげるひかる。ところがはしゃぎすぎて、ピットのエアカーから落ちてしまう。]

よっしゃぁぁぁ、ひかるちゃん、オンステージ。
岩佐さん自ら原画に入られての今回、現実世界のひかるちゃんもすごく可愛いかったのですが、ネット世界のチビキャラひかるの可愛いらしさったら、もうねもうね。(笑)

とりあえず、現実世界から。
NetGhost13-01.jpg

一応貧血で倒れたことにして、勇太から聞き出したネット世界に興味津々。
勇太と一緒にネット世界へ突入しても、その好奇心のかたまりと、よく回転する頭で、すっかり順応してました。

そのネット世界でのチビキャラといいますか、ネットゴースト仕様。
NetGhost13-02.jpg
NetGhost13-03.jpg
NetGhost13-04.jpg

つまみ食いしたり、絵のモデルになったり、温泉につかったり、勇太やピポパ達から離れたことをいいことに好奇心の赴くまま、ネット探索。
もう今回はこのひかるのゴースト仕様をただおいかけているだけで至福の時でございました。

一応外の世界でもいろいろと進展してて、相澤が、なにやら普通の元ニートではないらしいそぶりを見せていたり、守くんが勇太のネット世界に対抗意識を燃やしていたり、ドリームフューチャー社になにやら新しい動きがあったり、その対応にママンが追われていたり、ネットヴィーナスがセイレーンと感応していたり・・・。
特に、DF社のセイレーンが目覚めて、ゴースト仕様のキャラクターを顕現させてました。
NetGhost13-05.jpg

中の人は、豊崎愛生さん。
うーむ、なんかここから大きな動きがありそうです。

ということで、筋の進行のわりに、ひかるちゃんのキュートな笑顔が満載で、それだけ眺めていれば幸せ・・・の30分でした。
これからもちょくちょく見られるのかなぁ、期待してますよん。
望むらくは、花梨ちゃんも来ていただけるととっても嬉しいのですが。
間違っても、カズシゲなんかつれてこないでね。(笑)

TVアニメ2008(上期) | 21:00:14 | Trackback(1) | Comments(0)
ペンギン娘はぁと 第11話 伝説巨人ラブ、発動編
[最後の大将対決。ペンギン対白熊。種目は女相撲!その圧倒的な乳量と乳圧で白熊を圧し続けるペンギン、だが白熊のさばおりの前に、ペンギン、思わず後退。そこでペンギンの妹・かえでの用意したラブドライブにより、友達の愛を吸収したペンギンが巨大化、対する白熊も四天王のラブパワーで(1度は失敗したものの)巨大化し、ガチンコバトルとなった。そして町は壊滅する・・・。]

第11話。
うおぉぉぉ、13分半もあるぅ、と思ったら、実写CMが入ってるじゃないですかい、たまらんなぁ。。。

まず1分30秒くらいでOPが終ってから、本編開始の4分10秒くらいまでやってますので、これは飛ばすが吉か、と。(笑)
終わりのCMは済んでから飛ばされるパターンなので、本編タイムには入りません。

今回のあおり文句。
>聞こえるか 聞こえるだろう
>祈りよ、君の元へ届け
・・・この程度だったら、引用の範囲、ということですかね?(^_^;・・・かなりグレーゾーンですけど。
てっきり本編でもイデのゲージが出てくるのかと思ってしまいました。

さて、最後の決着は女相撲。
しかし最初のさばおりのシーンで、ペンギン、すでに膝がついてるんですけど・・・そういうのは気にしちゃいかんのか。(笑)

で、巨大化するんですが・・・。
「ドラミちゃんか、おまえは」とか言ってましたけど、あの注射スタイルを見てますと、ビッグXとかっていう単語の方が脳内を渦巻いたんですが。

一方、暗黒オーラを集めて負のパワーアップをしてしまう四天王の「殺される」「なんまんだぶ」は面白かったです。
原作だと小さすぎて、インパクトうすかったですから。

すっぽんぽん対決になったのですから、もっと観客、よろこんで ほしかったんですが・・・まぁ、極力男は出さない、という方針ですから、これでもいいのかな。
鰈とかは、女装男子なので、男からははずして良い、と思われます。

被害総額100億兆円・・・はカットですか?

あと、もう少しきわどいシーンがあると嬉しかったのですが・・・。
いつもと比べると、少し作画力が落ちてたかな・・・。最後は止め絵になってましたし。

ということでカタがついて、第1部、寒・・・完。
ちょうどここまで原作の1巻分を消化した感じです。
ただ予告が、かなり気になることを言ってましたけど・・・まさか実写じゃないですよね?
実写なら、感想はキャンセルしますね。(笑)

予告絵は、まいたのマリー様で、とっても足がエロまて良かったです。(^o^)
ふとももタイムは、本編より、むしろこっちだろう、とか思ってしまったでございますよ。

えーと、第1巻分が終ったので、単純に好みの順を書いておきます。
白熊>クリオネ>鯱>鯨>ペンギン>鮪>その他・・・かな。

TVアニメ2008(上期) | 20:14:31 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。