■カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Phantom 第26話 最終回
[キャルとの戦いを制した2人の前に、襲い来るサイス・マスターの6人の暗殺者。江漣と玲二は二手に別れ、一人ずつその暗殺者を倒していく。そしてついに江漣は、サイスの前に現れ、これを倒す。自らの意思を得て。そして6ヶ月後、モンゴルに江漣の過去の足取りを求める2人の姿があった。]

なんかえらく不自然なラストでしめくくりましたけど、バットエンドにする必要性、あったんですかね?
悲劇で終わらせることにはまったく抵抗とかない口なんですが、それなりにテーマ性とか、必然性とかっていうのが欲しい方なので、いかにも強引にとってつけたようなあのラストはどうしたもんですかね。

『Noir』のラストで、銃声が聞こえ、その後の2人がどうなったのかわからない、どっちともとれる、という含みのある演出、構成を見せてくれていたのと、似てはいるのにまったく違う、といった感覚なんですが、どうなんでしょ。
それにあそこで死んだら、キャルを殺してまで選んだ選択が、かなりむなしいものになりそうで、そういった意味からも、あんまり良い結末だったなぁ、とは言いかねますね。
悲劇なら、もう少し悲劇の意味性を見せてほしかった、というのが感想です。

ラスト以外は、物語としての最終回は実質前回だったので、作画回顧して、総括します。
殺し屋の顔から、人の意思を取り戻すところまで。
Phantom26-01.jpg
Phantom26-02.jpg

取り戻す、というのは記憶が戻ってないので適切ではないかもしれません。
しかし、人としての感じ方、意思、心、といったものが生まれ、それによる苦悩、といった側面はほんのりと見せてくれていたように感じました。

そして、蒙古の大地。
Phantom26-03.jpg
Phantom26-04.jpg
Phantom26-05.jpg

しかしあの演出ですと、江漣は玲二が撃たれたことを知っていたのに、という風にも見えなくはなかったので、やや場面としては不安定でしたかね。

えー、総括としましては、ラストがあんなことになってしまいましたので、やや萎えましたが、全体としては好きな部類でした。
最初の頃に書きましたけど、ツヴァイを男にしちゃったのは失敗だなぁ、と思います。
アインが採用したとはいえ、サイス・マスターの嗜好性を考えると、女の子にするべきでした。
それやると、『Noir』と区別がつかんようになる・・・気がしなくもないんですが、まぁ、それはそれ、ということで。(^_^;

3部の構成、持たせる意味については、かなりうまく機能したと思います。
・・・ラストを除いては。(笑)
作品をひとつの意思で統括する、というのは難しいですね・・・。(^_^;

スポンサーサイト

テーマ:Phantom(ファントム) - ジャンル:アニメ・コミック

Phantom | 01:14:51 | Trackback(1) | Comments(0)
Phantom 第25話 決着
[美緒は梧桐組によって救出され、母から自分の出自についての真相を聞かされる。美緒からキャルと江漣がどこか2人にとって旧知の場所で決闘することを聞いた玲二は、二人の決闘場所へと向かう。そしてそこには志賀率いる梧桐組の武闘派たちも向かっていた。玲二は江漣を説き伏せ、キャルには自らがあたることを認めさせる。かくして外では江漣と梧桐組が、中では玲二とキャルが最後の対決をむかえつつあった。]

キャル編の幕。
こうしてみると、吸血鬼の連環が強い力で解かれたような印象でした。
アインがツヴァイを生き血をすする殺人鬼に仕立て上げる。
そしてツヴァイがドライに殺人者の牙を残して立ち去る。
そして養女に出されたドライはツヴァイを恋慕して戻ってくるが、4人目、フィアを育てることなく、ツヴァイの手によって死ぬ。
アイン→ツヴァイが完全な吸血の牙の伝承だったのに対して、
ツヴァイ→ドライが完全な継承ではなく、牙を打ち込んだだけでほおり投げてしまった、それゆえ、ドライはツヴァイの生き血を求めて、完全になるために戻ってくる、よって次の4番目を作ることにはななかった。
とまぁ、そういった吸血鬼の伝承が、ここでとまった、そしてそれは、死体である吸血鬼、既に自らが命あるものではない、どこにもいない亡霊となったファントムの吸血鬼が、命に恋い焦がれたがゆえに、命の報いでもって滅んでいく・・・なんとなくそんな風に見えてしまいました。
ただこれをつきつめると、死体から人間になりつつある江漣と玲二も、破滅によって幕を閉じなければいけないわけなんで、あくまで、今回のキャルの最後を見ての連想、ですけどね。

さて、救出された美緒・・・だったんですが、パジャマになっても強烈なフェロモンです。
Phantom25-01.jpg
Phantom25-02.jpg

色気とか艶とかではなく、フェロモン、という感じ。
しかも適度に発せられるいぢめて光線とか縛って光線とかが股間と煩悩を直撃しますな。

母親似の美少女にして美妖女、といった側面をビリビリ感じてしまうのですが、母親も、今でこそトウが立ってる感じですが、若い頃はさぞかしとびぬけた美少女だったんだろうなぁ、という感を抱かせてくれます。
Phantom25-03.jpg
ほんのちょっとの会話だったのに、志賀とはなんという風格の違い。(^_^;
中の人の風格もダンチですけど。(笑)
あ、レモンエンジェル第1週第1話以来のファンですので。

決戦に赴く江漣、玲二、志賀、そしてキャル。
Phantom25-04.jpg
乳の発育ばかりが話題になりますが、臀部の発育も半端じゃござんせんな。
まっとうな人生だったら、その安産尻でたくさん子供を埋めたのになぁ・・・。

脳裏に去来する、死人の思い出、ジュディ、リズィ・・・。
もうすぐそっちへいくよ、という暗示というか予感だったのかもしれません、それくらいに破滅的でした。

玲二と対決するキャル、しかしその外では江漣が志賀率いる梧桐組と対決、もう鬼神のごとき強さを発揮してました。
Phantom25-05.jpg
Phantom25-06.jpg

完成品の江漣は、キャルと違い、恋を知ってもブレません。

懐中時計の対決となるキャルと玲二、その玲二の脳裏にも思い出がいくつか去来するのですが、思い出だけではなく、もしかしたらこうなっていたかもしれない、という恋人・キャルの姿が現れてました。
Phantom25-07.jpg
なるほどねぇ、こんな恋人になってたんですか。
「いいじゃないか、せめて夢の中でくらい・・・」
リリックなシーンなんですが、同時に完成品と未完成品の差が出るところでもありました。

そして現在のマスク。
Phantom25-08.jpg
決着は玲二が勝ったのか、キャルがはずしたのか。
キャルのセリフからすると、意図的にはずしたわけではなかったようですが・・・まぁ、いろいろととれそうですね、無意識下になにかはたらいたのかも、とか。

もったいないエロッパイの最後。
Phantom25-09.jpg
Phantom25-10.jpg

ああ、もったいない、もったいない。
もったいないオバケが出るぞ。(・・・古スギ)

さて、最終回は、サイスマスターの量産型との対決かな?

テーマ:Phantom(ファントム) - ジャンル:アニメ・コミック

Phantom | 21:38:26 | Trackback(0) | Comments(0)
Phantom 第23話 決断
[転校してきた頃の玲二を思い出す美緒の前に、キャルが現れ、バイクに乗せて連れ去ってしまう。この町から逃げる算段をしていた玲二の元へ、美緒の携帯を使ってキャルから連絡が入る。そしてその頃、梧桐組の忘れ形見に手を出したキャルを静止しようとリズィがキャルのもとへと赴くが・・・。]

玲二に捨てられたと勘違いして、リズィの元へ来た頃のキャルの姿が回想で回顧されてて、ちょっとグッときたでございますよ。(笑)
Phantom23-01.jpg
うむむ、こういうのを見てしまうと、現在のばいんばいんのキャルよりも、ロリ殺し屋のキャルが玲二と対決する方が見てみたかったなぁ、という気がかなりします。
成熟した女が冷酷な殺人鬼になっている、というのよりも、幼さを残す小柄な少女が銃を握って、という方が異常な感覚が出ますからね。
海外ですと、華奢な美少女がでっかい刀剣を振り回したり、重そうな銃器を持って走り回る、っていうのに、とんでもなく不自然さを感じるため、受け入れられる要素が少ないらしいですが、日本では、そういうアンバランスなものを組み合わせることに、独特の美や萌えを見出してきましたからね。
現状のストーリィ進行ですと、第1部、第2部のおっぱい担当だったクロウディアが退場してしまってるし、リズィは担当と言えるほどの美貌じゃないし、ということで、アイン-ツヴァイの対立軸として巨乳担当が必要だった、ということもあるんでしょうけど、この絵、この表情を見てしまうと、ロリキャラだったキャルが冷酷な復讐の殺人鬼になる、という方が見てみたかったなぁ・・・。
おっぱい担当は、美緒あたりにさせときゃよかったのに・・・という気持ちもありますしね。
原作では、キャル→ドライの流れのとき、に、キャルがこのアニメ版ほどロリロリじゃなかった、というのがあったからですけど、アニメ版のスタイルなら、むしろドライの側をいじってほしかったかなぁ、と。

そこへ行くと、アイン=江漣の方は変わってなくて良いですね。
Phantom23-02.jpg
むしろ、第1部時代の方が胸もあるし、年長な印象すらあります。

「ここは別行動をとるべきね」
・・・なかなか鋭いですね、玲二ではキャルを殺せない、という判断ですか?(^_^;
アインの全盛時はまだまだ続いている、という感じさえあります。

一方、見かけはまったく変わらなかったのに、年齢を感じさせてしまってたのが、リズィ。
最初の頃は、まだよく理解していない玲二視点だったとは言え、闇の世界に生きる姿をしっかり描いてくれてたのに、引金を引くことに躊躇するようになってしまう姿、そしてそれゆえに落命してしまう姿が悲しげに描かれてました。
わざと重い銃を選び、軽々しく撃たないことを戒めていた過去の姿。
しかし最後に来て、「私はあんたを撃ちたくない」という発言。
しかしそれとは対照的に、時が来て容赦なく撃つキャルに
「なんで撃てなくなってしまったのさ」といわれてしまう姿。
これ、いろんな見方ができますけど、わたしゃ、なんか年齢によって躊躇なく撃てた時代を過ぎてしまったのかなぁ、と思ってしまいました。

美緒に玲二の正体をしゃべるキャル。
そのついでに、「元弟子で、元恋人」なんていってましたが・・・玲二、やっぱりしてたんか、このロリホストめ、といらん方へ妄想がいってしまいました。(笑)
まぁ、肉体関係がなけりゃ、あそこまで執拗に追ってこないよね、殺したいとまで思って。

という感じで、いい調子で高まってきました。
次は江漣が立つ番ですね。

テーマ:Phantom(ファントム) - ジャンル:アニメ・コミック

Phantom | 22:44:32 | Trackback(2) | Comments(0)
Phantom 第22話 激昂
[ついに教会で対峙する江漣とキャル。銃をお互いの顔に向けて一歩もひかないその場面に、玲二が、そしてリズィがやってきて、一応その場はおさまる。脱出の準備を整える江漣。そして玲二は梧桐組・志賀に電話をして、美緒のことを仄めかし、自分達を付けねらうことに対して、セーブをかけようとする。だが、玲二への復讐に燃えるキャルは、リズィの静止も聞かず、独断専行で、玲二と接触する。]

破滅願望まっしぐらにに突っ走るかのようなドライ=キャルがなかなか魅力的。
サポートのはずのリズィにまで
「もうあの狂犬を止める自信がない」とまで言われてました。
サイスマスターが、ガンスリ少女達みたいに洗脳コントロールを行わなかった、というのが、ここにきて、自滅街道まっしぐらの自爆テロ的アサシンを生み出してしまったようで、実に良いキャラに仕上がってます。

礼拝堂で江漣と対決するキャルですが、江漣の方も頑として動じない、動じる理由がない、といったあたりの、冷たい対決、なかなかみごたえありました。
Phantom22-01.jpg
Phantom22-02.jpg
Phantom22-03.jpg

なんかのはずみで、もう引鉄を引いてしまいそうな、ひいても全然不思議じゃない、というこの冷たい熱さがたまりませんわ。(^_^)

また、相変わらず、ところどころに映る、玲二と暮らしていた頃のキャルの姿が映るんですが、どう見ても別人だろ状態に。(笑)
前回までは、いくら白人でも2年でこんな発育成長はせんじゃろ、という感じでしたが、今回のフラッシュバックを同時に見てますと、「いや、そもそも別人じゃね?」・・・と思ってしまいますな。(^_^;

容姿としてはそんなところですが、心の変化、継承は、キャルの想いの深さが憧憬や恋情から外れると、とんでもなく鋭く深い憎悪に代わる、というのは、情の強さという面でうまくつながってるかなぁ、とは思うところ。
もっとも、メリケン時代のキャルはまだその表現方法が幼かったためか、鋭さに関しては片鱗程度しか見えてませんでしたが。

ともかく、復讐の狂気につき動かされながら、自爆の坂を転がっていくキャルの殺戮衝動には、ビンビン感じさせてくれるところがございますな。(^_^)
リズィ、梧桐組にとっての美緒、といった存在がでてきて、とりまく状況がふくらんできますと、その狂犬的な心理が鮮やかに浮き上がってきます。

江漣の表情がすべて演出にすぎなくなってしまうかのような、日常と平素のギャップも心の深い傷を見せてくれる個性として秀逸なんですが、それとは逆の熱さをもって迫ってくるキャルの狂気もなかなかにすばらしいものがございました。
さて、帰結点はいかに。

テーマ:Phantom(ファントム) - ジャンル:アニメ・コミック

Phantom | 21:31:56 | Trackback(1) | Comments(0)
Phantom 第21話 憤怒
[玲二との再会を果たしたキャルは三代目ファントム・ドライとして、インフェルノの尖兵を務める。その心の中には、玲二に裏切られたという想いと、玲二への復讐がたぎっていた。一方玲二は、キャルをこの世界にひきずりこんでしまったことに悩んでいた。学食で級友や江漣と歓談しているとき、江漣にドライからの呼び出しがかかる。]

チャイニーズマフィアを殲滅するドライに始まって、テ敵の存在を知るツヴァイとアイン、そしてサイスマスターとツヴァイの再会、そしてアイトとドライの教会での対決、というところまで一気に。

こういう展開を見てると、無理に高校を舞台にするより、大学とか市井の裏町とかの方が良かったんじゃねーか、という気がひしひしと。
もちろん、「高校が舞台」ということに意味があるのであって、どんなに不自然さが払拭されようとも、それ以外ではちょっと、という制作側の心理というか、スケベ心はわからなくもないんですが、あんまりうまく舞台を活かしている感じはありませんな。(^_^;

銃撃戦に関しては、これまでが、質(ファントム)と量(敵対組織)との対決だったのが、質と質の対決に転化していきそうで、それなりには面白くなりそうです。

たった2年でエロんエロんなボディになってしまったキャル=ドライ。
Phantom21-01.jpg
Phantom21-02.jpg
Phantom21-03.jpg

お乳が成長するのはなんとかわかるんですが、顔がここまで変わってしまっている、というあたりに、かなりの無理を感じるんですけどねぇ・・・。
顔のアップとか見てると、どうもクロウとイメージかぶっちゃうんだよなぁ。
Phantom21-04.jpg
そういう意味では、成長したとかっていうより、劣化した、って感じでもあるかなぁ、とか、思ったり思わなかったり。(^_^;

いっぽう こっちは若返り変身の江漣=アイン。
Phantom21-05.jpg
東洋人と西洋人の差・・・というにはあまりのギャップですが、こっちも一応2年経ってんですけどね。(^_^;

しかしせっかく学園設定してるのに、あまりその舞台設定を生かせてない印象はかなりありますね。
だから、無理に高校年齢にしなくても、と思ってしまうわけなのですが・・・。
早苗や比呂乃とか、うまく生かしてくれるんでしょうか、このままだとなんとなく背景に埋没してしまいそうですが・・・。
あ、個人的には、早苗や美緒より比呂乃をオーダーしてテイクアウトしたいです。(笑)

教会で対峙するところまで。
Phantom21-06.jpg
Phantom21-07.jpg
Phantom21-08.jpg

次回、ファントム同士の対決ですね。(^_^)

テーマ:Phantom(ファントム) - ジャンル:アニメ・コミック

Phantom | 22:42:22 | Trackback(1) | Comments(0)
Phantom 第20話 故郷
[2年の歳月が流れた。エレンは名を「江漣」と改め、玲二とともに兄妹であることにして、とある地方都市で高校生活を送っていた。玲二は同じ学校の美緒に告白されるが、そのデートの途中、何者かにサイレンサーで警告の狙撃を受ける。インフェルノの追っ手だと判断する玲二。江漣は美緒が梧桐組組長の実の娘で、故あって離れて暮らしていること、若頭・大輔の腹違いの妹であることを告げる。]

2年の歳月・・・かなり強引な設定で、第3部のスタート、学園編。(笑)

年齢を詐称しているのかも知れませんが、高校生みたいなかっこうでしたから、額面通りに受け取るならアインとツヴァイが新大陸で暴れまわっていたのが十台半ば、ということになりますね、へたすりゃ中学生。
それにもましてびっくりなのが、2年の歳月で、キャルがばいんばいんになってしまったこと。ううむ。(笑)
でもまぁ、ギリギリありえるかなぁ・・・かなり強引な気もしますが、ありえることにしましょう、アニメですし、その方が盛り上がって劇的ですし。

ということで、第3部の始まり。

まず学友たち。早苗、美緒、比呂乃。
Phantom20-01.jpg
Phantom20-02.jpg
Phantom20-03.jpg

メガネがお節介タイプ、いいんちょタイプの早苗、水橋かおり。
黒髪ロングが美緒、小清水亜美。既出。
ヘアバンドが比呂乃、豊口めぐみ。
記号性があまりに明確すぎて一発で覚えられますね、メインは美緒ですが。

女学生に化ける、亡霊一番、エレン。
Phantom20-04.jpg
制服の感じを見てたら、高校生どころか、中学生っぽいんですが。(^_^;
しかしまぁ、アインのセーラー服も良いものですな。(^_^)
ぜひともこれでガンアクションをやっていただきたいところです。

そて、美緒とデートしていた玲二の前に現れた、謎の金髪巨乳ライダー。
サイレンサーをぶっ放って警告、そしてその後素顔と、決め手になる玲二からのプレゼント時計を見せるんですが・・・。
玲二、よくキャルってわかりましたね。(笑)
Phantom20-05.jpg
Phantom20-06.jpg
Phantom20-07.jpg

2年で、これでもか!・・・というぐらいの、ばいんばいんにふくらんだ、重たげなお乳に発育してしまったキャル・・・ううむ。
声が同じ、ってくらいしか共通項がない感じなんですが、さすがは殺し屋です。
こんなに変貌していても、見抜いてました。
・・・まさかおっぱいスーツとかじゃないでしょうなぁ。(笑)

ともかく、第3のファントム、ドライとしてキャルが玲二の前に現れたところまで。

学園生活は、名作『Noir』の第1話でも夕叢霧香の姿がありましたが、あれに比べるとリアリティは増してるんですが、ミステリアスな魅力はかなり消えてますね。

さて、OP、EDも切り替わったんですが、日常生活封のOPがなかなか良かったです。
特に、アインと兄妹名目で同棲しているエレンの日常っぽいところが気に入りました。(^_^)
Phantom20-08.jpg
Phantom20-09.jpg

次回、ドライvsツヴァイ・・・かな?

テーマ:Phantom(ファントム) - ジャンル:アニメ・コミック

Phantom | 22:29:30 | Trackback(0) | Comments(0)
Phantom 第19話 約束
[キャルによって語られるジュディの死、玲二とすごした日々。だが、住処が爆破され、たまたま外出していたキャルは難を逃れたものの、玲二は帰ってこなかった。]

キャルはレンタルビデオ店に行ってて、爆発には巻き込まれていませんでした。
ところが、ここで玲二とすれ違いになり、爆殺されたと勘違いした玲二とすれ違いになってしまって、現時点で生き別れ状態。
冒頭のジュディが射殺されるくだりと、このあたりが新しく入れられていたところですが、ほぼ総集編。
視点を変えての語りなおし、という形でしたので、映像こそ使いまわしでしたけど、まったくのリピート、というわけでもなかったので、デキとしてはまあまあかな。
ただ、『バスカッシュ』で、語り口と視点を変えて、物語の別の背景を見せる、ということをうまく見せてくれた直後でしたので、あれに比べると少し見劣りします。
もっとも『バスカッシュ』の方は過去映像の方が秀逸すぎたので、現行のダメさ加減が浮き彫りになってしまった、という、絵面でのマイナス効果がありましたが。

ということで、ほとんど書くこともないですね、2人がすれ違いになって、そこへサイスマスターがすりよるように接近してきて、というところまで。
Phantom19-01.jpg
結果的に玲二はエレンを取り戻したものの、キャルを奪われてしまったかっこうに。
ハーレムへの道は険しいのう。(笑)

次回、なんか女子高生制服モードになるみたいで、別の世界が開けてくるようです。(^_^)
Phantom19-03.jpg
Phantom19-02.jpg


テーマ:Phantom(ファントム) - ジャンル:アニメ・コミック

Phantom | 01:22:32 | Trackback(0) | Comments(0)
Phantom 第18話 対決
[クロウディアが消息を絶ったことで、インフェルノに対する裏切りは確定、と見て、マグワイヤは粛清を決断。インフェルノに現れたサイス・マスター、そして志賀の復帰を認める。クロウディアをリズィが追い、そして玲二ヲエレンが追う。かくして新旧ファントムの対決となる。]

虚淵玄・・・良いホン書くなぁ、いまさらですが。
いや、ツヴァイにのしかかるアインと、ツヴァイとの会話のシーンなんですが、うまくお互いの心情がかみあって、しかもけっこう名セリフ調な語りになっていたこと。
たしかに、少し長かったし、アングルとしての工夫が今ひとつだった、というのはあるにせよ、サイス・マスターによって示された傷の意味と、アイン=エレンが感じていた傷の意味、そしてツヴァイ=玲二の前で語る生きる意味とのリンケージ。
あそこではああいう語りを入れて、お互いがお互いの存在を確認しあう必要がある、というのは、技術的には明確なんですが、いざそれをちゃんとしたセリフとして、しかも納得できる理屈をつけて語る、というのは、こういうアクションが静かに、かつ俊足に進む作品ですと、けっこう浮いてしまいがちになるものです。

にもかかわらず、それまでのナイフ戦が無にならないように、しかも傷の意味、刻まれた徴としてのロジックの展開をふまえて語っていく、なかなか良くできていたと思います。

ということで、最近すっかりメインヒロインになってしまっててたキャルの出番がほとんどなかったので、盛り上がりとしてはイマイチだったんですが(笑)、あのエレンと玲二の対決で、そういったものは十分に補えていた、といったところですね。

望むらくは、リズィの心理描写をもう少し視聴者よりにしてほしかったくらいですかね。
あそこは逆に、もう少しくどいからいに重いのたけを見せてくれても良かったんじゃないかなぁ、と少し感じたところです。

かなり遅れてしまったので、この辺で。
エピソードとしては面白かったです。

テーマ:Phantom(ファントム) - ジャンル:アニメ・コミック

Phantom | 20:53:27 | Trackback(0) | Comments(0)
Phantom 第17話 真相
[リズィに呼び出された玲ニはキャルを住処に残して単身でむいていくと、そこにはリズィを人質にとった梧桐組が待ち構えていた。その口から、今回の一連の事件がクロウディアが仕組んだものだったことが語られる。驚嘆する玲ニに向けられる銃口。だが謎の狙撃手が梧桐組を射殺していく。どさくさにまぎれて脱出する玲ニは住処へ、リズィはクロウディアの元へとむかう。]

美緒登場。
Phantom17-01.jpg
しかし、中の人が小清水とわかって、かなり脱力。(笑)
いや、声質はかなりあってると思うんですが、こういう技術力を要求される役どころははしてどうなんかなぁ、という気がかなり。
まぁ、あの技術皆無のおばさん声の人が出てくるんじゃないか、とかなりビクビクしてたので、あの人に比べれば、まだまだ全然オッケーなんですが。(笑)

マスクはいい感じですね、エレンやキャルとも方向性が違いますし。
立ち位置は見た感じ『ブラックラグーン』の鷲峰雪緒なんですが、あれと比べると少し落ちるかな。
ともかく美緒の登場で、こっちルートのエピソードも多少は入ってくれそうなんで、楽しみです。

復活のアイン=エレン。
Phantom17-02.jpg
Phantom17-03.jpg

マスクが心なしかアダルトになっています。
「江漣なんて呼ばないで」
「私はアイン」
「今も昔もただのアイン」
と、なにげにかっちょいいというか、吹っ切ろうとして吹っ切れない悲しさの漂うセリフをはいてくれました。
こういうこと言われると、男はグラグラしてしまうのよねー。(^_^;

それにしてもこの大人びた表情、やりまくった後みたいです。(笑)

住処がふっとばされて、生死不明となったキャル、なんですが、日常パートがめちゃくちゃ可愛いので、最近はもうキャル・ヒロイン化してますね。
小さな娘が機械いじりしてる姿、って、かなり好きだったりします。(^_^)
Phantom17-04.jpg
はっきりほれられている、というシチュも心とろけるものがございますが。

玲ニの実力上昇に伴って、リズィが段々弱くなっていく、といったあたりの変化のつけ方も良かったですね。
さてさて、クロウディアの真意やいずこに。

テーマ:Phantom(ファントム) - ジャンル:アニメ・コミック

Phantom | 02:25:25 | Trackback(0) | Comments(0)
Phantom 第16話 告白
[梧桐組若頭・梧桐大輔を狙ったかに見えた狙撃手は、第2射を撃つことなく消えた。怒り狂う大輔の前で、クロウはアイザック・ワイズメルを射殺し、事件の犯人がワイズメルであったことを語る。ねぐらに戻った玲ニは、キャルの今後の処遇について思い悩むことになる。だが、キャルをこちら側の世界に入れてはいけない、という玲ニの想いとは逆に、キャルは玲ニの助手として、傍にいることを望むのだった。]

なんかキャルとクロウディアとの描き方の間に差がありすぎるので、第1クールとはまるで別作品みたいな印象になりますな。
アインはまだ艶というか、女くささも幾分ありましたし、それを偽装しているときもあったんですが、キャルの場合はひたすら可愛いからなぁ・・・。
玲ニが迷ってしまうの無理からぬことですな。

つうことで、前回同様、今回もひたすら可愛い可愛いキャルを愛でるだけで十分でした。(笑)
「うきうき」「しょぼんぬ」「やったー」の3態とか。
Phantom16-01.jpg
Phantom16-02.jpg
Phantom16-03.jpg

表情が豊かですね。

これだけ無垢な様子を見せてくれる、というのは、この後の展開、別にゲームをしていなくても容易に読めるとは思いますが、一応ネタバレはしない方針でいきたいと思います。
・・・そんなにメジャーな原作ではなかったですからね。(^_^;

「殺しはもういい」
「お払い箱ってこと?」
「そうだ、しばらくは飯炊きメイドだ」
「じゃあメイド服・・・」
「だめ」
そこで猫耳ですよ。(笑)
Phantom16-04.jpg
ここは額面通りに受け取って、この束の間のささやかな幸せを堪能させていただくといたしましょう。

ラストのキャルと玲ニの対話・・・CVさんの芸のすごさを堪能させていただきました。
「自分のことも嫌いだ」
「オレはもう壊れている。そんなオレのようになりたいのか」

バスルームで涙をおさえるキャル。
「人殺しが好きなの?・・・そうじゃないよね?」
「あそこに玲ニがいたら、ジュディも殺されなかった」
グッときますねぇ。。。

しかしバスルームは重要なので。(笑)
Phantom16-05.jpg
Phantom16-06.jpg

次回、いよいよクロウディアが牙をむき出すのか、玲ニはエレンと対峙するのか。
「私はエレンじゃない、今も、以前もずっとアインだ」
少しずつ暗闇が迫ってくるような進行、期待しています。

Phantom | 00:42:09 | Trackback(2) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。