■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
すてきなメルヒェン
ラノベに続いて、左の柱に上げている、海外メルヘンについても少しだけ書いておきます。
ただ、こちらは今後もたぶん書き換えないだろうなぁ、と思いますので、現在時点での簡単な解説というか、選択理由というか、そのあたりを書き残しておきます。

いつものアニメ視聴感想記録とはまったく違いますので、【続きを読む】に格納しておきます。

続きを読む >>
スポンサーサイト
ライトノベル | 00:00:32 | Trackback(0) | Comments(0)
すてきなライトノベル 2005-2010
今期、見るアニメが激減してしまい、やや手持ちぶさたなこともありまして、左の柱に入れているプロフィール欄に書いた「私の好きなもの」について、いくつか解説(・・・と言うほどおおげさなものでもないですが)について少し書いておこうかと思います。
特に「頻繁に書き換えるかも」といいつつ、全然書き換えてないものもありますので、今後、書き換えるときに、その前に何があったのか、という記録の意味もかねまして。

ただ、いつものアニメ感想とは違いますので、【続きを読む】の法に格納しておきます。

続きを読む >>
ライトノベル | 22:50:41 | Trackback(0) | Comments(2)
氷室冴子さん、逝く
時事通信の報道より。
>氷室 冴子さん(ひむろ・さえこ、本名碓井小恵子=うすい・さえこ=作家)6日午前9時、肺がんのため東京都の病院で死去、51歳。
・・・ということのようです。すごくショック。
いまさら言うまでもないでしょうけど、1980年代コバルト文庫の看板で、漫画化、舞台化、映画化された作品もかなりあります。
上の記事にもありますけど、世間的な意味での代表作は『なんて素敵にジャパネスク』シリーズ、それに『海が聞こえる』(掲載誌はアニメージュ)、『ざ・ちぇんじ!』・・・と言ったあたりでしょうし、まったく異論はないのですが、ワタクシの好きな作品、と言いますと、なんといっても『クララ白書』シリーズ。左のプロフィール欄「好きなラノベ」の中にも入れてます。

『マリみて』シリーズの元祖としても知られてますし、『マリアさまがみてる』シリーズの元祖的存在で、実際初めてマリみとを呼んだとき、東京を舞台の、女子高生による、洗練された『クララ白書』という印象でした。(クララ白書は札幌が舞台で、主人公たちは中学生)

少女小説の系譜、あるいは少女同士の心の通い合いとしては、元祖としてあまりにも有名な吉屋信子という存在がありますので、百合少女小説の元祖、とまで言ってしまうのは言いすぎだと思いますが、吉屋信子が広い意味で少女小説であり、その後継者達の多くは、今で言う百合小説の方へはそれほど色濃く傾斜していなかった、という点で、今日的な意味では断絶していましたし、この『クララ白書』がまさに中興の書、といて立ち現れた、というくらいは言ってもいいんじゃないかと思います。

札幌の私立女子中学、その寄宿舎を舞台にした、ほとんど女子学生だけで展開される物語。
あ、もちろん、男性も出てはくるのですが・・・。
メイン少女達のささやかな冒険と、学園生活、心の交流を描いたもので、性的な意味での百合描写があるわけでもありませんが、その心情の広がり方、深まり方は、わかる人にはわかるんじゃないかなぁ、と思います。
簡単にシノプシスだけを書いてしまうと、寄宿舎の伝統行事、深夜の食料庫破りを課される主人公ら3人娘の、冒険とかつながりとか、あこがれとかを、生き生きとした文体で描き出してくれているものです。

舞台は札幌で、モデル校は藤女子、とかって言われてましたが、それ以外にも、札幌の町並みの中での点描が実に良い持ち味を出してまして、たとえば、東高、というのがでてきます。
これ札幌出身の友人に聞くと、札幌東高校の状態をけっこううまく描いている、とのことです。
ちなみに、北海道で一番の伝統高と言うと、札幌南高校らしいです。札幌は旅行でしか行ってないので詳しいことは知りませんが。
それでも、地下街の様子とかは、簡潔で、しかも眼前にあるかのように生き生きと描写されてますし、そういう面でも面白かったものでした。

寄宿舎内での上下関係、憧れ、敵対、秘密の冒険・・・そういったものが陰湿にならずにテンポよく展開されていくさまは、読んでて時を忘れる、というよりも、少しでも長くこの世界にとどまっていたい、と思わせるものでした。

下にアマゾンのリンクを張っておきますが、私が読んだのは原田治氏の最初の絵の方でした。
今取り出してみると、定価260円、となってます。(笑)

『クララ白書』は、パート2が描かれた後、高校の寄宿舎・アグネス舎を舞台にした『アグネス白書』というのも書かれまして、こちらの方が少し重みがでてきてるかな。

初版刊行が昭和55年と、ほとんど30年近い昔の作品ですので、さすがに粗野なところとか、今の時流にあわないところもいくつかありますけど、少女達の行動や感性には、時代を超える息吹があるんじゃないかなぁ、と思っていたりするところです。

クララ白書。(Amazon)

90年代後半くらいからは目立った仕事はされてなかったようでしたけど、まだ50代に入ったところ、という程度でしたので、いかにも残念です。合掌。

ライトノベル | 03:24:27 | Trackback(1) | Comments(0)
ストライクウィッチーズ スオムスいらん子中隊がんばる
日曜日の朝に2本(ハヤテとしゅごキャラ)見てから、月曜の深夜(俗、ネウロ、etc)まで見るものがないため、今期は月曜に感想書くものがなくなってしまいまいすので、アニメ周辺のことなんかを3月いっぱいくらいまで埋めていきます。

というわけで、選んでみましたのが、テレビアニメ化も決定したストライクウィッチーズ。
第1巻・スオムスいらん子中隊がんばる(文:ヤマグチノボル)

設定はOVA、それからたぶん今後始まるテレビシリーズとたぶん同じで、謎の侵略者ネルロイと戦う世界各国の機械化航空歩兵、通称ウィッチたちの物語、なんですが、OVAと違って、大戦初期のスオムス戦線が舞台になっています。
また、主人公というか、中心人物も扶桑国少尉・穴拭智子で、宮藤芳佳も坂本美緒も出てきません。美緒は名前だけでてくるかな。
「いらん子中隊」という名前からもわかるとおり、各国の部隊からはみだした、あまりものでできた部隊の話で、本来、トップストライカーだったのにある事情から最前線をはずされてしまった智子少尉が、このやる気のない部隊をひきいて戦うお話・・・なんですが、実情はかなり百合かな。(笑)

本文の口絵、および概略文に、まるでヒロインのようにでてくる、迫水ハルカ一飛曹。これがガチです。(笑)
これが智子少尉の貞操を狙って暗躍する話・・・というといいすぎですかね。

以下、いらん子中隊の概略。

・穴拭智子少尉。
扶桑国(モデル:日本)陸軍少尉、扶桑海の巴御前とうたわれ、女学生の憧れの視線を全身に受けるエース。
みどりの黒髪、白い巫女装束と赤い袴に身を包み、携える愛刀は御前長船。
なんの因果か、最前線のカールスラントではなく、辺境の地・スオムスに流されてしまい、最初の間は落胆の日々。
スオムス派遣の理由はラストであかされます。
性格は・・・スカイガールズの瑛花さんみたい、かな。(^_^;
生真面目で、勇敢で、カッコよくて、凛々しくて、美しくて・・・そしてノーマル。
これが悲劇の元、だったのかも。(笑)

・迫水ハルカ一飛曹。
扶桑国海軍・一飛曹。12~3歳の少女。
智子に憧れるヘタレ魔女。智子の理解者、というより、智子の貞操を狙うガチ百合。(笑)
実にばかばかしい秘密があり、それが後半の空中戦の一つのポイントとなります。
やる気はないわけではないのが、それほど積極的、というわけではない。

・エルマ・レイヴォネン中尉
スオムス(モデル:フィンランド)
前線から遠いスオムスで、苦戦を続けていたウィッチ。
なんとか各国えりすぐりのウィッチを配備してもらえると喜んだのも束の間、智子以外全然やる気のない面々で、胃の痛くなる日々が続く。
金髪童顔の美少女、というより、美幼女。
智子ともどもやる気はあるものの、ドジっ娘で、戦果に結びつかない。

・エリザベス・F・ビューリング少尉。
海洋国家ブリタニア(モデル:英国)
実力はあるのに、てんでやる気のない筆頭格。力量は智子といい勝負なのに、過去のある事件のせいで、どーでもいいや状態。
愛煙家。銀髪。厭世家・・・かな。

・キャサリン・オヘア少尉。
リベリオン合衆国(モデル:米国)
巨乳、ブロンド、楽天的、大雑把。
本国で兵器をこわしまくって、転属。
「転属だ!氷と湖の国だ!」
「わぁ、きれいですね」(笑)

・ウルスラ・ハルトマン曹長。
欧州中央カールスラント(モデル:ドイツ)
なんで軍にいるのかわからない、寡黙で愛書家の少女。
12歳、金髪、メガネっ娘。たぶん最年少。
ちなみに本編の方でも出てくるエーリカ・ハルトマン中尉の妹。

これ以外にも、スオムスの他部隊のウィッチとかいろいろ出てきますが、この6人の少女たちを中心に展開されていきます。
一応、ウィッチの能力が思春期の少女に限定される、とい裏設定があるので、この年齢と階級、ということになっています。
したがって、一応作中での整合性はつけられている、てとこかな。かなり強引ですが。(^_^;

文がヤマグチノボル氏ということもあってか、飛行脚を装備したウィッチたちの華々しい戦いというより、智子少尉のはりきりようと、からまわり、やる気のない面々とのすれ違い、その間隙を縫って暗躍するハルカの百合妄想と、どっちかというそっち系に仕上がってます。
文は軽妙洒脱ですし、一気に読める上に智子とハルカ、ビューリングのキャラなんかが生き生きとしてて、面白かったです。
ある意味、典型的なラノベ、と言えるかも知れません。

まぁ、OVAの外伝的内容ですので、テレビシリーズとはあまり関係はないと思いますが、ヤマグチノボルの百合もの、として読めばかなり面白いと思います。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

ライトノベル | 19:13:12 | Trackback(0) | Comments(2)
銀盤カレイドスコープ・コミカライズ
すでにアニメ化は決定している、美少女フィギアスケート小説の金字塔、銀盤カレイドスコープのコミカライズについて、詳細がマーガレット誌上で発表。
http://margaret.shueisha.co.jp/next_m/next_m.html
ううう、こういう絵になるのかぁ。。。
原作のイラスト担当だった鈴平氏は、漫画はやらない(もしかすると、できない)みたいなので、絵師が変わることは覚悟してたけど、第1印象としては、ちょっと、の感があります。うーん、ひょっとしたら連載が進むに従って慣れてくるのかもしれませんが・・・。
原作は、鈴平氏のイラストでかなりヴァージョンアップしたとは言え、海原氏の作品力みたいなものがあふれ返っているためイラストが仮に無くても名作になった、とは思うので、そこそこ面白くは仕上げるようには思うんですけどね。
ただ、気がかりなのが、アニメ化はどっちの絵をベースにするのか、っていうことで、アニメの場合は絵のしめるウェイトがもっと増すので、叶うことならば鈴平絵の方をベースにデザインしてほしいんですけどねぇ。『Shuffle!』のスタジオとかがしてくれると嬉しいんだけど・・・無理だろうなぁ。
タズサのウェイトレスプログラム、トリノでのリア・ガーネットのフリープログラム、こういったのを鈴平絵の動画で期待してたんですが。。。
簡単なあらすじは、以前の記事に。




ライトノベル | 10:12:25 | Trackback(0) | Comments(0)
銀盤カレイドスコープ・アニメ化決定
コミカライズとアニメ化は、編集サイドからちらちら漏れ聞こえてきてたんですが、正式な決定がYJ誌上で発表されたようです。
いやー、めでたい。(^_^)
最初に買ったのは、第2巻が出たときだったかなぁ。イラストに騙されて、っていう口でした。第1巻が出たときに既にかなり挿絵にひかれてたんですが、どうやら全2巻らしい、と、その頃噂があったので、ちょっと待とう、と思い、2巻が出てから買ったわけです。(その後、続刊されて、現在4巻まで)
はっきり言って、ラノベは「連帯惑星ピザンの謎」の頃からイラスト買いしてまして、けっこう痛い目も見てるんですが、(あ、クラジョー・シリーズがそうだ、ってわけではありませんが)この銀盤に関しては、鈴平氏のイラストも素晴らしいけど、内容も決してそれに負けてない、面白い内容でした。
全体のプロットって言うより、個々のキャラと競技シーンの見せ方が実にうまい。一応、これ書かれた段階では、新人さんで、これがデビュー作らしいんですが、ちょっとそうは思えないほどうまい。フィギアスケートなんて素材は、文章で表現するのは無理がある、と先入観としてはあったわけですが、難なくクリアしてる感じです。特に、第1巻ラストの「ウェイトレス・プログラム」、こいつは圧巻でした。実際見てみたいと思いましたもの。
ただ、動画がしっかりしてないと目もあてられないだろうから、アニメ絵で見たいなぁ、と思いつつ、ちょっと無理だろうなぁ、という気もかなりありました。従って、アニメ化決定と聞いても、実は嬉しい反面、不安もかなりあります。タズサやリア・ガーネットが見れるのは嬉しい、でもウェイトレス・プログラムはしっかり動画で動かしてほしい、というそんな気持ちなのですよ、ああどうなるのかなぁ、どきどき。

簡単にあらすじなど。
[第1巻:16歳の美貌のスケーター、桜野タズサ、そのへらず口が禍して、マスコミには嫌われ者。トリノ五輪の予選を目前にしたある日、そのタズサにカナダ人ピートの幽霊が取り付いてしまう。巻末のウェイトレス・プログラムの描写は神業。]


[第2巻:マスコミと世論の全てを敵に回して、いざ、タズサは世界の舞台へと向かう。ロシアの天才少女リア・ガーネット、アメリカの性悪女ドミニク、イタリアの美少女ガブリエラ。タズサの華麗にして狡猾な戦いが。ピートと一緒に始まる。14歳の天才少女、リアとの食事、高級ホテルへのおさそいは、もうどっきどき。これもライト百合の一種?]


[第3巻:17歳になった、孤高のプリンセスフィギュア・桜野タズサ。ひょんなことからペアに挑戦することに。相手はアメリカ人の19歳、オスカー・ブラックパール。相変わらず、ドミニクと狡猾な戦いが続く中、タズサの乙女チック回路が暴発寸前。はたしてタズサの恋の行方は?]


[第4巻:桜野ヨーコ、12歳。ノービスクラスのスケーター、でもまだ1度も優勝したことがない。それなのに偉大なる姉・タズサのために、マスコミの注目はいつも一番。ライバル来夢との力の差ははっきりしているのに、なんとその来夢がタズサの指導を受けに来たもんだから、ヨーコの心中は穏やかではなくなっていく。]


ライトノベル | 16:58:08 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。