■カレンダー

06 | 2005/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ふしぎ星のふたご姫 第17話
[第4回プリンセスパーティはスポーツ大会。会場はタネタネの国だが、着いてみると、かざぐるまの国のプリンセス・ソフィーに宝石の国プリンセス・アルテッサが敵意を剥き出しにしていた。競技が始まるが、そこにエクリプスの影を見たブライトは、「おぼっちゃん」と言われて、決闘になる。]

ソフィー・・・天然キャラですか。中の人はネギ先生。(^_^;
今回はこのキャラメインでいくのかなぁ、と思ったら、途中から、レインとミルロの方に中心が移ってしまって、結局、次回の気球競争への前ふりだったんでしょうか。
プロミネンスを狙うスバイと、それを追うエクリプス、勘違いするブライトと、本筋の方も少し演出してくれてましたけど、どっちかっていうと、付け足しっぽかったかな。正体を知ってるミルキーの心配そうな表情をさりげなく入れておくとか、簡単なようでちゃんとしていててくれたのは嬉しい限り。
たぶん、おっきなお友達(♂)には、おしとやかっぽいレインの方が人気ありそうですが、恐らく幼年女子には、活動的なファインの方が感情移入しやすいんじゃないか、と思えるので、今回の、レインの方が結局スポットあたっちゃった、みたいな結末は、はたしてどうなんかな、とはちょっと思ったけど、ファインが失敗してもくじけない、っていう性格の演出もちゃんとできてたように思うので、まぁ、うまくまとまるんでしょう。
今回は、あんまり考えずに、プリンセスの動きだけをヘラヘラ見ていればいいだけだったんで、楽しい軽さ、を楽しめました。次回も、今回のネタふりの延長なんで、軽めにするのかな。でも、ブライトはからんできそうだし。

スポンサーサイト
TVアニメ2005 | 23:40:53 | Trackback(0) | Comments(0)
絶対少年 第10話 「雨の中に錯綜する想い」
[いよいよ猫踊り当日。亮介は金魚釣りを手伝わされ、深山姉妹は長姉ミカの帰郷を出迎えに行こうとするが、ミクは風邪をひいてしまう。歩は少し早めに出かけ、平五郎に被膜と異界の話を聞く。そしてその後携帯電話に異常を感じる。異常は田菜の一帯に起こり、ミクは「わっくんが、本気で遊ぶ気だ」と直感する。頭屋の森に来た歩は、そこでわっくんに会い、ついに中に踏み込むことになった。]

「アム、こっち来る。アム、ずっと遊ぶ」
・・・ここで終わったんですが、すっごく恐いんですが。
水木しげるの恐怖短編「やまたのおろち」に出てきた妖怪「呼ぶこ」と解放石を思い出してしまった。制作サイドの意図というか方向性がどっちを向いているかはわからないのですが、異界の向こうに永遠に閉じ込められようとしている、ってことですか? NHKだし、物語の性質上、そうはならないとは思いますが、平五郎の語る「異界」と妙にリンクしてるから・・・やっぱり来てはいけないところに来てるんでしょうなぁ。
もう一つ、ミクの言う「わっくん、本気で遊ぶ気だ」っていうのも、やけに暗示的で恐いですね。
被膜のところで、平五郎がグタグタしゃべるのが、どうも理屈っぽいのですが、はぐらかしに終わらず、物語の上に反映してきそうになっている、っていうのは評価できますね。ともするとこういった怪奇現象ものって、暗示とはぐらかし、だけで終わることも多いですから。
だんだん「妖精」が人の目に映るようになってきましたなぁ。あれは猫踊りの怪異のせいなのか、それともわっくんの執念か。
あと、深山三姉妹の長姉、ミカ。
声だけで姿見せないから、そういう演出で終わってしまうのか、って想ったら、猫メイクのときにちょっと出てた、ように思うんだけど、ミキの隣にいた女性ですよね? 結局、すっぴんでは拝めず。声はまじんちゃんでした。
猫踊りに関しては、実在する函南町の猫踊りが先ごろあって、レポートしてくれてるところもありましたので、ちょこっと無断リンクさせていただきますです。
Angel comes from east

さあて、いよいよクライマックスですなぁ。
横浜に帰ってどうのこうの、っていうのがあったので、田菜以後の話もやるんですかね?

絶対少年 | 23:12:56 | Trackback(0) | Comments(0)
涼風 第3話 「見舞」
[いよいよ入学式。新しい学校に期待をする大和だったが、地方から出てきたため、ほとんど見知った顔がおらず、疎外感を感じてしまう。そこへ桜井萌果という長髪の少女が話し掛けてきた。なかなか思い出せなかった大和だったが、幼い頃、東京に出てきたとき、神社の鈴を壊して困っていたのを助けてあげた少女だった。
涼風に買出しを頼まれていたのだが、萌果と話し込んでいるのを涼風に見られて誤解されてしまい、結局風邪をひくハメになってしまった大和。そこへ次々と見舞い客が訪れる。]

第2話、見るのが遅れて2,3話と連続視聴。なんか普通に学園アニメしてますねぇ。最近この「普通」のレベルにまで達してないのもチラホラ見ますが。
第2話で大和クンを見つめる謎の美少女の正体が、あっさりとわかってしまって、ちょっと拍子抜けでしたが、女子高生巫女、というのもなかなか良いもんですな。今回は巫女姿じゃなかったけど。もっとも、これから陸上やっちゃうんだよなぁ、そうなると違和感出てくるかもしれませんが。(^_^;
違和感と言えば、同級生の女の子を「萌果ちゃん」と名前+ちゃんづけで呼ぶ、っていうのはどうなんかなぁ。かなり「違う」感じがするんですが。それとも、今の中高生の感覚だと普通なんでしょうか。うーむ。
見舞いのシーン、普通に食事を作って、普通にお邪魔虫に食べられてしまって、っていうめぞん一刻な展開になってよかったです。突然巫女装束になって「はらったまっきよったまっ」ってお払いというか怨霊調伏とか始めたら、どうしょうか、と思ってしまった。・・・いや、それはそれで嬉しかったりしますが。(^_^;
涼風の方は、ツンデレのうち、まだツンの方が勝ってる感じでしたかね、内心的にはかなりデレの方に来ているようでしたが。
ちょっとだけ注文。原画の人、陸上選手なんだから、ときどき胸をおっきく描いてしまうのは自粛してほしい、と思います。水泳とかバレーボールとかなら、巨乳でないと逆に不満ですが。
あと、美穂ちゃんもっと出してください。お見舞いにきて、ハプニングとかもしてほしかった。・・・原作つきだからできないのはわかってますが。

TVアニメ2005 | 16:26:19 | Trackback(0) | Comments(0)
かみちゅ! 第2話 「神様お願い」
[来福神社の娘・祀は、神様になったゆりえを神社の専属にしてお祭りをし、たまった借金を返そうともくろんでいた。そんな時、祀の妹・みこが、本来の神様「ヤシマ様」が3ヶ月前からどこかへいってしまったことを伝えた。ヤシマ様をさがす一行は、神様のご休憩スポットを探り当てた。しかしそこは関係者以外立ち入り禁止だったため、神様になったゆりえが単身乗り込むこととなった。そこで見つけたヤシマ様は、バンドをやりたがっていたのだった。]

第1話がすごく良かったので、期待がものすごくあったのですが、第2話、作画が落ちてきているような感じがします。特に、人物の表情なんだけど、どれもこれも、口デカすぎ。ひどいカットなんか、顔の下半分くらいあって、さすがにちょっと萎えます。なんか先行地域の感想とかチラチラ読んでると、第3話もあんまり期待できなさそうだし、第1話だけ奇跡的に良かった、っていうことになってしまうのかなぁ、だとしたら残念。
舞台とか素材とかフィーリングとかが、ぺとぺとさんと通じるものがあるので、どうしても比較してしまうんですが、2話見た限りでは、ぺとぺとさんの圧勝、って感じですかねぇ、もともとぺとぺとさんの方には原作があったので、単純には比較できませんが。
美術はかなり良かったのですが、それは最初の作りおきというか、設定が良ければ引き継がれるので、今回の作画とはちょっといえないし。個々の人物の絵には不満はありますが、美術の中に溶け込んだような妖怪(神様?)の絵には好感持てます。特に休憩所の方ではなく、尾道の街中に点在していた妖怪(神様?)は、なかなか良い、と思います。
ただ、人物がアレだと、なんのために主人公を女子中学生にしてるのか、わかんなくなっちゃうんですよねぇ。
そんな中にあって、みこちゃんの絵はまだかなり見れたかな。これもアップというより、景色の中に溶け込んだような構図、神社の欄干のところとか、休憩所前のところとか、そういうのが、ちっちゃくて可愛い感じがよく出てたと思う。お河童がすんごく可愛い。
妖怪とか垣間見える文句とか、いろいろとギミックは内包されてるみたいでしたけど、肝心の人物の作画がちゃんとしてないと、そういうのを楽しむ余裕が出てきません、ということを残しておきます。・・・第3話、録画は毎回するけど、あんまりひどかったら感想はやめます。


TVアニメ2005 | 16:04:19 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。