FC2ブログ
 
■カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
獣装機攻ダンクーガノヴァ 第7話
[朔哉はセイミーに依頼しておいた、独自の武器「ブースト・ノヴァ・ナックル」をノヴァ・ライノスに取り付けてもらい、ごきげん。さっそく出撃した先に、紅いダンクーガ・アールダイガンが現れ、3すくみとなる。だが、アールダイガンがゲリラ側にも攻撃をしかけてきたことから、対決することになるチームD。朔哉が使った新兵器を見て田中司令は「協力な武器はバランスを崩し、返って弱点になることがある」とセイミーに言うのだった。]

うわ・・・作画、むご。
始まって2~3分はそうでもなくていつも通りだったんですが、セイミーが朔哉をひっぱっていって、プールにいた2人がそれを目撃、そして出撃という、ある意味、今回一番力をいれてほしいところが、デザイン崩壊を起こしていて、ちょっとがっかりです。
なんか来週も予告見る限り、かなりヘタレてますから、先週から、坂道をまっしぐらに落ちていっている感じですなぁ、かなり悲しいです。

特に、プールのくららと葵、戦闘中の葵の顔、ひどすぎです。(涙)
エンドテロップ見る限り、そこそこ人はいたようなのに・・・。

というわけで、アールダイガンの背後にいる組織の暗示とか、宇宙人の存在とか、山本百合子さんの登場とか、けっこうツボをついてくれる点があったにも関わらず、希薄な印象しか残りませんでした。

ということで、感想というより、データ的な記録を残しておくだけにします。

ジョニーは会社をやめて、プーへ。
チームDって期間限定の季節労働者みたいなものですから、あんなことしていいのかなぁ、とは思いましたが。
朔哉の新兵器はロケットパンチでしたけど、名前の印象からすると、むしろブーストンナックルかな。

あと、セイミーさんが発情。(笑)・・・絵がよければなぁ、ってとこですな。

敵方、山本百合子さんが女科学者みたいなことやってましたけど、もちろん、初代の沙羅さんです。
EDの葵のアップが、同じ人が描いてる、ってこともありますけど、かなり沙羅に似た絵に仕上がってましたし、F.S.の「やってやるゼ」が出てきたこととかも考えますと、沙羅の暗示もありそうですね。過去の友人の話もしてましたし。(それが亮のことだとしたら、現実とリンクしすぎてて悲しすぎますが)
F.S.がフォグスイーパー、っていうのは強引すぎて、笑えましたけど(^_^;

で、その沙羅が強力若本のWillとつながっている、と。
なんかCVがらみでいろいろと連想するのが楽しい展開になってきてますね。
作り手の方も、そういった意識はけっこうあるみたいですし。
・・・その意味でも、作画、頑張って下さい。(ToT)

アールダイガン搭乗者については・・・もうそろそろ割れる頃なんでしょうか。
ジョニー君がモロ「ほ」の字みたいでしたので、進行が早すぎる印象でしたけど・・・。


スポンサーサイト



TVアニメ2007(上期) | 23:42:02 | Trackback(3) | Comments(0)
ロケットガール 第6話
[予定の軌道からはずれてしまったたんぽぽ。さらにデブリとの接触でいくつか部品が損傷してしまった。初の船外活動を指示されるゆかりだったが、状況は深刻だった。軌道航路近くのロシアにソユーズの援助を乞う予定で、3号ロケットでマツリを現地に向かわせ、エアの補充をするが、ロシアは協力できない、と伝えてきた。ゆかりとマツリはマツリの乗ってきたカプセルに移り、手動で大気圏へと突入する。]

「こんなバイトするんじゃなかった」のゆかりのなさけなさそうな顔がとっても良かった第6話でした。(^_^;

原作は未読なんですが、未読でもよくわかる、すごいはしょり方。
マツリが出動して、合流して、大気圏突入までがはやすぎです。
そもそも、飛行機が海上の空母を探すのだって、砂漠の中から針を見つけ出すのにたとえられるくらいなのに、いくら軌道航路がわかっているといっても、あんなに簡単に「えへ、きちゃった」してもいいもんなんでしょうかね。(笑)

ゆかりが船外活動に出されるまでの緊迫感はそこそこ良かっただけに、あそこの早すぎる展開は、安易な印象になってしまいました。

あの船外活動の下りあたりはそこそこ良かったんですけどね、「船外活動させる気?」という地上での動揺とか、思惑とか、それに呼応するゆかりの、恐いもの知らずの若さみたいなところはよく伝わってきましたから。
ただ、あの程度でいいから、マツリが現れるまでの描写を入れてほしんかったところです。
そもそもマツリの打ち上げから合流まで、時間的に可能なんでしょうかね?

そして、ラスト・・・。
プールに突入って、どんだけピンポイントなんですか。(笑)
そんなにあのプール深いですか? かなりの深さがないと、あんなこと無理だと思いますが。
それに、高空からの落下物、それも公開されている計画のものですから、落ちてくるのはわかるはずなのに、退避していない生徒とか、謎です。普通に考えれば、あの学校だけでなく、横浜市民が全体で非難してなくちゃならんような気がするんですが。
ここいらへん原作ではどんな理由づけなんでしょうか、まさか話を書き換えたわけでもないでしょうし。うーむ。(^_^;

4話くらいから作画がかなり良くなってきているだけに、今回の早すぎる展開にはちょっと納得しかねるところがありますなぁ。
枠が限られてるなら、全部をやるのではなく、折り合いのつきそうなところまで、っていうのも、一つの方法だと思いますが。

ただまぁ、プロットとしての不備は以上のように感じたのですが、シーン個々のアニメ的な良さはそこそこ出ていたとは思います。
「こんなバイト・・・」のシーン。
船外活動のシーン。
カプセルの中で焦りを感じるシーン。
そしてマツリと合流してから宇宙空間で抱擁するシーン。
もっとも最後の抱擁シーンは、なんか太陽をまともに見てましたけど、大気のないところであんなことして大丈夫なのか、とか、せっかくのスキンタイトなのに、もう少し肌の質感が感じられるような絵にしてほしいとか、いろいろ注文もあったりはしますけどね。(^_^;

全体的に、原作をどうはしょっているのか、っていうことよりも、材料力学とか、航空力学とかの知識というか、アドバイザーがほしいところですね。

次回、そろそろ第3のパイロット・・・かな?

TVアニメ2007(上期) | 20:05:56 | Trackback(1) | Comments(2)
すもももももも 第22話
[天我との最終決戦に挑む、もも子と孝士。意外なことに、天我は妹天々の毒についての非礼をわびるのだった。それを見て話しあいに持ち込もうとした孝士だったが、天我はそれとは別に、力での決着を挑んできた。天我には、攻撃されればされるだけさらに強くなる、古代の武神の力を体得していたのだった。]

最終回からほとんど2週近く経ってしまいましたし、感想記録もかなりとびとびになってしまいましたけど、かなり楽しませていただいた作品なので、簡単に最終回の感想を記録しておきます。

天天といろはの感動対決の後、今度はもも子の涙の戦いと、孝士の封印の解除。
最初の頃を思うと、信じられんような盛り上がりでした。
ラスト3話、ウマ仮面、いろは、そしてこのもも子と、この作品としては作画も良かったですし、いいシメだったと思います。
同じスタジオ雲雀の『ガーゴイル』や『はっぴぃせぶん』に近い味わいを感じます。

今回のラストは、天我によって、自身の無力さ、なさけなさをかみしめさせられる孝士が良い味出してましたけど、これって前回の、もも子が片思いで全然相手にされていないことをしっかり自覚してました、っていう告白と繋がってますよね。
そのもも子の好意の上に乗っかっているだけだった孝士。
封印解除しても、直接は打倒手段にはなりませんでしたけど、ああいう心の変化、っていうのは、見ていて伝わってくるものがありました。

解毒剤を飲んだのがもも子の方で、そのことに行き場のない怒りと悲しみをたたえて立ち上がるもも子も良かったです、ということで、表向きの感想はこういうあたりで。

全体としては、いろはが可愛いかったのと、ウマ仮面がエロかったのが最高の収穫で、特に、平野さんの十代とは思えぬエロい声、なかなかステキでした。
エロゲ出身じゃないはずですよね?・・・なのに、エロゲ出身じゃないか、と思ってしまえるほどの艶っぽい声の演技でした。ごちそうさまでした。(笑)

作画に緘しては、とてもほめられたもんじゃなかったですけど、ポイントポイントはしっかり作ってくださってましたし、なによりウマ仮面に毎回リキが入ってたので、良しとしておきます。(^_^)

TVアニメ2007(上期) | 19:36:27 | Trackback(0) | Comments(0)
ネギま!? 第26話
[アーニャから贈られた卵から孵化したチュパカブラを森に帰す明日菜。そのとき、ネギは父・サウザンドマスターの気配を感ずる。31人を全て変身させ、捜索にあたるが杳として行方がつかめない。ようやくあやかの香りをかぎわける能力で湖畔にその影を見出すのだったが・・・。]

最終回。
後日譚かな、と思ってたら、意外とつながりのある話にしてました。
ウェブ上ではいろいろ言われてたようですし、私も不満っぽいことをいくつか書いてしまいましたけど、とっても満足しています。・・・たぶん原作の方にはそれほどの愛着がないってこともあるかもしれませんが。(^_^;

作画は現状のテレビアニメを考えるとかなり優秀な方で、今回なんかも衛星の方だけでキャプ枚数4桁いってしまいましたし、作画面に関しては、十分満足しています。
やっぱりアニメって、絵がちゃんとしてないと、他がいくら良くても視聴意欲が萎えるんですよね。まぁ、私の友人には、CVさえ好みなら絵や話なんかどうでもいい、っていう、達人がいたりもしますが。(^_^;

つうことで、最終回。
好みはやっぱり最後までエヴァ。他にも好きなキャラはかなりいますど、誰か1人、っていうと、エヴァ。
NegiMa26-01.jpg
NegiMa26-02.jpg

今回も登場はほんのちょっとでしたけど、茶々丸につっこまれてたりと、すっかり立場が弱くなってたのに萌え。(笑)
NegiMa26-03.jpg

あとは、スカカード木乃香に振り回される、倒錯刹那・・・かなぁ。
こっちもダメなところが萌え。(笑)
NegiMa26-04.jpg
NegiMa26-05.jpg

スカカードは明日菜、木乃香、のどか、でした。
・・・のどか、夕映の実験台にされてました。(^_^;

まぁ、あとは記録しとかんといかんのは、まき絵の七五三と、
NegiMa26-06.jpg

谷間と、
NegiMa26-07.jpg

ちうちう魔法少女、かなぁ。
NegiMa26-08.jpg

いつもはお色気担当はいいんちょだったんですが、今回は、いいんちょとちうちうで分担でしたので、こっちの方を。

谷間より、ブリジットの方が良かったような気もしますが、まぁ、とりあえず。(^_^;

単純に絵の好みだけで言うと、『ゴーストハント』と『ネギま!?』が今期私的ベストでした。
(『Shuffle Memories』も入れてベスト3としたいところだったんですが、あれは総集編なんで、とりあえず、です)
作品としてなら、全然違ってきますけどね。(笑)

そんなわけで、途中ダレた回もありましたけど、キューテでステキな絵の数々、ありがとうございました。
ラスト3話は、かなりの高水準で、堪能させていただきました。

テーマ:ネギま!? - ジャンル:アニメ・コミック

ネギま!? | 19:12:15 | Trackback(2) | Comments(0)