FC2ブログ
 
■カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
デルトラクエスト 第13話
[隠れる場所のない荒地を行くリーフ達一行の頭上に、死肉を喰らう巨大な鳥の魔物アクババが現れた。姿を隠すマントで隠れたリーフは、ジャスミンに、父ジャードのこと、エンドン王のことなどを語って聞かせるのだった。]

1クールの終了で、こういう昔語りをしてくれる、っていう点で、かなりの長期化が目論まれているのかな。

ともかく、エンドン王即位のいきさつと、国が蝕まれていくありさま、そして、主席顧問官グラウディンの黒い影、この辺が語られた物語でした。
グラウディン、今は影の大王の側近になってますし、この時点で通じていたようですから、中ボスっぽいですな。

さて、話はそんな風に、第1話で語られなかったことの骨組みの追加でしたので、ほとんど感想とかもなかったので、今回一番の見所、鍛冶屋の孫娘・アンナ。爆萌え。(笑)
Deltola13-01.jpg

もう今回この娘につきますなぁ。
やがて成長してリーフの母、となるわけですが、ジャードとひっつくくだりもたぶん周囲に子供がいなかった、ってこともあってか、えらくあっさりした描写。
まぁ、父母のロマンスっていうのは、子の口からはなかなか語りにくいものではありますけどね。

キャラデの人が作監さんというだけあって、美形の登場は少なかったのですが、かなり満喫できました。
冒頭、疲れてヘバったジャスミンを小脇に抱えて走るバルダもよかったですしね。
前回のジャスミンがちょっとイマイチでしたので、今回、出番が少ないとはいえ、光った絵だったと思います。
さて、昔話、まだまだ続くんですかね。

次回も作画監督・西村さんのようなので、今回のアンナのような、隠れたポイントがあるやもしれず、楽しみです。

スポンサーサイト



デルトラクエスト | 22:09:22 | Trackback(1) | Comments(0)
ときめきメモリアルOnly Love 第25話
[最終回。卒業式と同じ費に転校することになってしまった陸。その陸を待つつかさ、水奈。そして差よりは自分の思いを切り出せないまま逡巡していた。それを見た桜井くんは最後のイベントを敢行する。]

うわー、なんか単眼的なラスト。(^_^;

陸-小百合視点だけしかないのでしたら、これでもいいんですけど、これじゃあつかさの立場ないじゃん。
しかも、それで皆「よかったよかった」ってことになってるし。
これってつまり、つかさは実はとんでもなく学園で嫌われてた、っていうことなのかなぁ、とか邪推してしまいます。
泣いてるときに慰めてくれたのも、あやめじゃなく、卒業していくキャプテンでしたし。

つかさファン、てわけではないですけど、このラストはどうなんかなぁ、まぁだからと言って、ハーレムエンドにしてしまうのも、それはそれで問題ありますけど。

形だけなら、こういうラストでも良いとは思います。
つまり、つかさではなく、小百合を選びましたっ、ていう大まかな流れなら。ただ、それならつかさとの交際期間を引っ張りすぎですし、その間、つかさを思いやったり、誤解されるのを恐れる描写とかもありましたし、つかさとの交際を楽しんでいる、少なくとも迷惑ではない描写に途中から変わっていってただけに、ちょっとどうかなぁ、って気がしますね。

その点、水奈の方は、既に学年が違うこととか、この先に待っているであろう「別れ」の暗示があったこと、陸と切れることの切なさの描写が早い段階であったので、そんなに違和感というか、不誠実な感情にはならなかったんですけどね。

もちろん、つかさとの話の内容が具体的には描かれてなかったですから、あそこで交際のエンドではなく、単に去っていくことの了解を言いに来ただけ、って可能性もなくはないですが、後で小百合の告白を受け入れてるから、それもなさそうですしね。

まぁ、そんなわけで、物語のラインとしては、やや後味が悪かったですな、こういうのが現実だとしても。(^_^;

つうわけで、話の方にはやや不満があったのですが、キャラの方は見ていて楽しいつくりでしたので、そっちの方を。
まず、主役、ひよこくん。
全然成長しない上に、生活範囲も広く、人語を解し、高校生以上の高度な知能と、正義感、優しさももちあわせるそれは、間違いなく、本作の裏主人公。(笑)
つうか、主人公すぎるでしょ、ひよこ君。
後半、黒十影先生よりも濃かったような気がします。

犬飼くん。
扱い、っていう点では、ひよこ君が主人公で、犬飼くんがヒロイン・・・みたいだったんですが、桃ちゃんをふってしまったあたり、裏主人公・その2.だったかなぁ。と。
助言者としての2人は、物語をかなりしめてくれたと思います。
存在のあり方がかなり問題でしたけど。(笑)

内海小鮎水泳部主将。
卒業式での涙顔は、この人の本性、奥手の可愛い性格が出ててよかったんですが、やっぱり水着になって、いや~ん、を最後に見たかったような。(笑)
もう途中から、エロ担当というより、過剰なエロ担当、になってしまってました。

あやめ。問題の人。(笑)
小百合の取り巻きには、矢作とか、めがねな清水愛とかがいたのですから、彼女はむしろつかさ側に立っていてほしかったところ。
同じバレー部のあやめまで小百合側に立ってたことが、いっそうつかさの悲惨さを盛り上げてしまったようでしたし。
最後は桜井くんとよろしくやってるような構図までありましたし、実は一番立ち回りがうまい、・・・のかなぁ。(^_^;

椎名先生。
まるで新人のようにうわずってる初々しいしゃべりでした。
実家から独身であることについていろいろ言われているあたり、紅女史を彷彿とさせてくれたんですが、エロース分がかなり不足していました。
小鮎に完璧に負けてましたし。(^_^;

購買のおねーさん
中の人の功績っ、てことなんでしょうけど、最大の隠しキャラ。しかも当番回まであったし。(爆)
役名ナシでここまで強いインパクトって・・・ちょっと最近では思いつかないですなぁ。

小百合。
一応ヒロインだったんですが・・・そのあまりの偶像性を強調しすぎて実体感が希薄になってしまったのが残念です。
後半はかなり黒キャラになってましたし。
嫁さんにしたら苦労するんだろうなぁ、こういうタイプって。(^_^;

転校先の美少女
虹野さんですか?(笑) 朝日奈さん役の鉄炮塚葉さんの声をまた聞きたいと思ってしまいました。
ミクロマン以来、レギュラーでは聞いてないような気が。

つうことで、一応了。
感想としては、最後のオチを除けば、そこそこ楽しめました。なによりキャラ絵が生きてましたしね。
ソフト購入までは考えてなかったんですが、ひよこ君の音声トラックにはむちゃくちゃひかれるしなぁ、いまのところ、それが悩みです。

TVアニメ2007(上期) | 21:43:23 | Trackback(1) | Comments(0)
コードギアス 第23話
[狂乱したユーフェミアを見つけたゼロは乗機から降りて彼女を撃つ。その場を目撃したスザクは衝撃を受けつつも、瀕死のユフィを運び帰還した。絶命したユフィの死に慟哭するスザクの背後にv.v.という少年が立つ。一方ゼロは富士・行政特区跡地で「合衆国・日本」を宣言し、東京租界へと攻め込む旨を宣言する。ユフィの死に衝撃を受けていたコーネリアだったが、立ち直って黒の騎士団を迎え撃つ。]

ユーフェミア、もう退場。
一応、第2期への続きがあるとは言っても、物語としては中断するので、ユーフェミアの死と、v.v.の登場でもって、一応の幕引きを、そして東京に進撃するゼロと守るコーネリアの図式を見せたところで、次期へのひき。
うん、演出としては、このシリーズを考えた場合、いい展開でした。
問題は枠をちゃんととれてなかった、ってことかな。(笑)
・・・まぁ、それについては、アニメの外のことなんで。(^_^;

さて、狂乱のユーフェミア、実は日本軍における黒の騎士団のように、ブリタニアにおける別の狂信集団のリーダーにでもなって破滅的な戦いを繰り広げてくれそうな、そういう期待も少しあったんですが、視点をブリタニア側に広げるつもりはなかったようで、ちょっと残念。
とはいえ、前回からの引きで、自ら銃をぶっぱなしながら血まみれになって戦場へ降り立つ姿は、前回の感動の余韻を引きずってくれているようでした。
ブリタニア側から見たら、あれって相当な英雄行為だと思うんですけどね。

スザクとのメロドラマ的展開は個人的にはちょっと残念だったところで、「あなたも日本人よね」と言ったあたりで、衰弱した手でスザクの咽喉でもしめるのか、と思ってしまっただけに。
スザクがユフィのなすがままににまかせて、やがてスザクの首をしめるユフィの手から力が抜けて絶命、とかそんな凄惨なのを期待してただけに、残念でした。(笑)

でも、あの病室のシーン、少し意識が戻る、っていうのはひっかかるところで、今まで散々ギアスの能力の効果や射程、強度なんかが描写されてきただけに、ああいう解け方はどんなもんかなぁ、と思ってしまうところです。
ルルーシュがc.c.に「ユフィが抵抗しようとした」ことについて言及してましたし、ギアスに対して人の意思が関わりあえる可能性が示唆されていたとしても、です。

そして背後に現れる、v.v.。
CodeGeas23-01.jpg

性別不明でしたけど・・・「ボク」って言ってたから男かな。まぁ、「ボク女」っていうのも、アニメの世界では普通ですが。

これが第2期でc.c.のライバルになるのかな?
マオの例もあるからわかりませんが、衣装とか見てますと、c.c.の対のようには見えますな。

ドラマ・パートでは、東京目指して進撃するゼロと黒の騎士団を迎え撃つコーネリアのところ、次々と地盤がブロック状に崩れていき、驚くコーネリアのところで、幕。
なかなかすごい見せ場でした。
ただ、次まで時間もあくので、この続きではなく、この戦いの決着から、っていう流れになるような気がしなくもないのが、やや不安なところで、コーネリア対ゼロの、個人戦ではない組織戦をもう一度見たいものです。あのときとは心理も経験も違ってきてますから。

人物描写は、力点が入ってる箇所と、そうではないけれどけっこう深く次へつながっていそうなところの配分が良かったですな。
・・・カレンの蚊帳の外の扱いがかなり悲しかったですが。(^_^;

まず、ルルーシュ。
「合衆国・ニッポン!」・・・ここ笑うところじゃないはずなのに。(笑)
マントを翻して嬉しそうにしているところとか、ゼロ初登場時に、町のおっさんがゼロのものまねしてたのを思い出してしまいました。
ちなみに、合衆国というはUSAだけではなく、メキシコとかもそうです。

「たぶん初恋だった」・・・幼年期の出会いを考えたら、まぁ、そんなもんかな、って思います。あまり必要以上に甘いものは期待したくないところなんですが、状況としては、そういうのを期待しているシナリオかな。
ルルーシュにとっては、現在の人物では既になかったですしね。
むしろナナリーからの電話の方が重要かな、と思います。
第1期通して、戦闘区域でのルルーシュが、ナナリーとかスザクとかと電話で話しをするシーンがいくつかあって、心理を説明するうまい状況、小道具にしてましたけど、戦場、もしくはその近くの電波がかなり微弱のものまで拾われている局面を考えたら、かなり危なっかしいことしてますね。
これ、そのうちシナリオの中に反映してくるのかな?

神楽耶に「妻です」宣言されて「既に悪魔と契約している、いまさら神とは仲良くできん」と言って、チラッとc.c.の方を見るシーンは、久しぶりにルルーシュがかっこよかったな、と思えてしまったところ。(笑)

さて、その神楽耶。かないみか炸裂。(笑)
CodeGeas23-02.jpg
CodeGeas23-03.jpg

なんか久しぶりにかないみか節を満喫させていただいた感じです。時間としてはそんなに長くもなかったんですが。
こおろぎさんとともに、かつての萌え幼女ヴォイスの2大巨匠だった頃が彷彿としてきて素晴らしく良かったですな。(^_^)
前回、キョウトのメンバーを叱責していた様子から、決してきゃぴきゃぴだけのお嬢さまではないはずですが、今回のこのゼロにジャレつく様子を見て、聞いてますと、もうそんなことどうでも良くなってくるような感じでした。

ニーナ・・・ナニを作ってますかあ?(^_^;
ユフィの死に錯乱。なにやら作ってましたけど、ロイドとの会話が伏線だとしたら、ウラン型核爆弾・・・でしょうなぁ。
名作『太陽を盗んだ男』のように、どこかから原料を盗み出してきて、髪がボロボロ抜けだしたり、東京をフッとばすなり放射能汚染させてしまうなり、そういう結末をほのかに期待してしまう私。(^_^;
あれがロボットとかで、ニーナ自ら乗り込んで、だとちょっと醒めますが。(笑)

ヴィレッタさん。
大木に「千草」とかっていう名前をもらってご満悦・・・のところを日本人に襲撃されてました。ヴィレッタ大ピンチ。
CodeGeas23-04.jpg

・・・レイープの嵐?(^_^;
よしんばそうであってもそういう描写はないと思いますが、ショックで記憶を取り戻し、オレンジ卿とともに、第2期ではゼロ、カレン、藤堂の前に剣となって現れてきそうな予感というか期待というか。

そのオレンジ卿。
「おはよーございました」・・・やっぱりこういう役どころなのね、良いけど。(笑)
なんか未完成のまま容器から出てきたような印象でしたので、これはゼロとの戦いの途中に、「脳がァ!脳が痛いィィ!」とかって錯乱する死鬼隊みたいなバトルを思い描いてしまいました。
人間関係だけでなく、対決図式でも、第2期への面白げな布石がいろいろとなされているようでした。

布石といえば、スザクも、かな。
v.v.が果たしてどこまで語ったのかはっきりとは描写されてなかったですけど、あの会話は、ゼロ=ルルーシュと知った上でなされていたように聞こえましたなぁ。
だとすると、お互い自分の正体が知られていないと思いつつ、お互いが相手の友情を語り殺しあう、というなかなか素晴らしい展開になりそうです。
今まで、理念としての戦いだったのが、感情としての戦いに切り替わっていくスザク。
この葛藤も第2期の見所、でしょう。

ワタクシの好きなキャラ群。シャーリー、ロイド、ディートハルト。
シャーリーは覚醒は完全ではなかったのですね、っていうか、そもそも後付けの知識みたいで、覚醒ではなかったかのような描写でしたし。
ロイドは・・・スザクとユフィの最後でセシルにひっぱられて席をはずしましたけど、ぬるいですなぁ。あそこが、技術畑で来た人の限界かな。ディートハルトなら間違いなく盗聴してるところです。
そのディートハルト。
ゼロの「合衆国・ニッポン!」を聞いて恍惚の表情。
しかも「完成しきっているブリタニアには興味はない。ものこどはできあがっていく途中が楽しい」と広言。
良いですなぁ、これってゼロが大願を成就したアカツキには敵に回る、って言ってるようなもので、こういう自身のイデーに殉じていくパラノイアには、めちゃくちゃひかれるところです。

c.c.・・・会話の相手の固有名詞「マリアンヌ」が出てきましたが。
v.v.も本名じゃないから、v.v.がマリアンヌの可能性もありますけど、普通に考えて、もう一人いる、ってことでしょうねぇ、こういう異能者が。
これは単なる伏線の範囲、かな。・・・半年経って忘れてなきゃいいけど。(笑)

というところまで。
最後の2話が爆発的に面白かったので、一気に脳内順位が上がってしまったところです。
1-3月期放映作品については、正直なところ、21話までの段階では、おとぎ銃士や赤庭、少年陰陽師の方が面白かったんですが、22、そして今回の23話で、抜けてしまった感じです。
細かな点で趣味と違うところ、たとえば、狂乱して破滅する役どころは、もっとルルーシュに近い人、たとえばナナリーあたりになってほしかった、っていうのは少しありましたけどね。
第1期見る限り、ナナリーの存在は、ルルーシュの行動動機にこそなってはいるものの、物語の中にはそれほど動的には入ってきませんでしたんから。
・・・まぁ、たくま朋正さんの漫画の方でかなり補完できてるからいいですけどね。(笑)

というわけで、まだ書き足りない気もするのですが、とりあえず、ここまで。
25話の後の第2期が、極端に間があかないことを祈っています。

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

コードギアス | 19:59:19 | Trackback(8) | Comments(2)