FC2ブログ
 
■カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
ゴーストハント 第25話 File8-4
[押し寄せる霊の群れを必死に防ぐ滝川達。なんとか朝をむかえたが、滝川やジョンに限界が近いこともあって、ついに綾子が立つ。生きた樹がある、という条件下のもとで発揮される綾子の強力な除霊で、なんとか危機を脱する一同。除霊によって復活したナルは、事の真相をいち早く見抜き、エビス神たるオコブ様を退治しにむかった。]

最終回。
なのにいつもと同じように、一つのファイルがおわっただけのような展開でしたので、「今回が最終回です」のテロップが最後に流れました。
うーむ、最近ではこういう終わり方って珍しいですね、一応大団円ではありましたし、決して尻切れトンボなことはなかったのですが。
・・・妖奇士とかも、こういうスタイルにしとけば問題なかったのにね。(^_^;

さて、中山由美さんの作監ということで、予想通りキャラ絵がいつも以上に艶っ気があったように感じてしまったところ。

まずまいまい。
洞窟の中で、すっかり霊能力者として九字を切って大奮闘するところとか、仲間を顧みないナルのわがままぶりに「なんぼのもんぢゃーい!」とブチ切れるあたり、凛々しいのに可愛いかったですのォ。(^_^)
GhostHunt25-01.jpg

そのまいまいと、洞窟の中で洋装に着替えている真砂子。
なんか妊婦服みたいなワンピで、えらく可愛いかったですなぁ。
GhostHunt25-02.jpg

まいまいも、肌の露出こそ冒頭の衣装よりは少なかったものの、布地が薄げで、ロマンがあります。(笑)

くずし顔は、クライマックスってこともあって、そんなになかったんですが、復活したナルが一刀両断に真相をつかんでしまったことに感心すると「おまえらとは頭のデキが違う」といわれてムッとするところが良かったです。
GhostHunt25-03.jpg

ナルにベタ惚れなんだけど、感情ヲセーブする、ってことがあんまりない野生的なまいまいの良さが最後まで充溢しておりました。

今回、ナルが動揺してしまっている姿(映像的には憎まれ口をきいてるだけの冷静そのものでしたけど)とか、最後に来てはじめて巫女さんが役にたったりとか、付け足しってほどではないですが、かなり回収して終了してくれました。
残ってるのって・・・真砂子とナルの関係くらい、かな?

ラストの真砂子とのお茶だしのとりあいらしいシメをしてくれました。2人も可愛いですのお。
GhostHunt25-04.jpg

全体としては、とにかくまいまいが可愛い、これに尽きるところでしたけど、単にルックス的な面だけでなく、感情の豊かなところとか、アクティブなところとか、状況に対してすごくすなおなところとか、トータルとして可愛いかったと感じた次第。
真砂子も、中の人の効果もあって良かっんですが、まいまいが良すぎでしたからなぁ。
加えて、事件日時が変わるたびにチェンジしてくれる私服の数々。これもかなり鑑賞の楽しみでした。
孤児設定なんで、これだけの衣装持ちっていうのは、はたして?・・・ってところもなくはなかったのですが、アニメの人物って、着たきりスズメが普通でしたので、すごく新鮮でよかったです。

お話としては、この最終話、File8「呪いの家」とFile2「人形の家」が、普通に恐くてよいデキでした。
もちろん、どれか1本なら、真砂子が壊れるFile4「公園の怪談」なんですが、あれは番外編っぽいですからなぁ。(笑)

とにかく、作画陣のセンスの良さで、堪能させていただきました。
キャラクターの魅力っていう点では、今期終了作品中、ピカイチでした。

中山さん、次はどこでメインに入ってくれてるのかなぁ。
関西で見れる作品に入っていてくださるといいんですが。

スポンサーサイト



ゴーストハント | 20:12:54 | Trackback(0) | Comments(0)
史上最強の弟子ケンイチ 第25話
[ついに美羽と谷本の「ロミオとジュリエット」が始まる。祖父が出かけているため孤独感を募らせる美羽だったが、秋雨以下、師匠連が応援観劇に訪れていた。だが、秋雨と剣星は谷本のただなら演技、足さばきに注目していた。その頃、美羽が同じ高校の生徒だと知ったきさらは部下を引き連れて公演現場を襲撃しようとしていた。偶然居合わせたケンイチはされを阻止しようとするが、「女性には手を出さない」というコトバがきさらの怒りに火をつけたのだった。]

もうハーミットの正体はCVで割れてたんですが、それでもそれなりに面白い作りになってました。
まぁ、原作があるから、っていうのもありますけど、こういう風に、見ている人にネタが割れてしまっていても、面白く話を進める、っていうのは重要なことだと思います。
今回の谷本くんでも、登場時から、背後に何かありそうなことが盛んに強調されてますし、人あたりの良さが仮面性であることも見抜かれてます。
そこでどういう風に暴かれていくのか、っていうのがうまかったんですよね、秋雨の演技観察、歩法に気づく剣星とか。
加えて、ラグナレクとしてよりも、ケンイチの修行先について知りたがっている谷本の描写もありましたし、気づいたのが剣星だったことも含めて、伏線とわかっていても魅せる構造がなかなか良くできていたと思います。

そこに谷本ハーミットだけではなく、きさらの過去と報復、っていう筋もうまい具合にからめてますし、ストーリィ展開としては、かなり面白かったですな。

作画面については・・・かなりダメ。
デートの回のころの、すさまじいばかりの破綻ぶりに比べたらかなりマシなんですが、ああいう底の次元と比較はしたくないので、開始した頃のグレードを基準にしてほしいと思います、ってちょっと酷かな?(^_^;

優香の浮気っぷりに、ちょっと腹立たしさを感じてしまう今日この頃。(笑)

TVアニメ2007(上期) | 19:37:14 | Trackback(1) | Comments(0)
ひだまりスケッチ 第10話 ゆのさま
[やまぶき高校文化祭当日。ゆのは絵の制作途中で眠ってしまい、未完成作品が展示されてしまって少し落ち込んでしまう。その夜、みや、ひろ、さえ達と銭湯に行くのだが、「正の湯」が「ゆのさま」と見えてしまい、ゆの、吃驚仰天。]

衛星組。
一応衛星で、第1話からゆるゆると見てたんですが、どうも感想が書きにくいのと、先行地域からは2週以上遅れてるし、関西放映はさらにかなり遅れてるし、っていう、『あさっての方向』の後そのままに中途半端帯だったりするので、全然書いてませんでした。
いや、でも、『あさっての方向』もかなり好きな部類の作品でしたし、この作品もけっこう好きで、楽しんで見てます。

で、今回記録しておこうと思ったのは、なんでも先行地域放映分がすさまじいヤシガニ化をきたしていたらしいこと、その後のCBC放映分ではかなり修正されてるらしいこととか、けっこうな事件になったからで、ちょっと野次馬的な感覚で記録を残しておこうと思った次第。

で、感想なんですが、これでも相当むごい破綻です。
これよりひどかったTBS放映版っていったい・・・と思ってしまったところ。

ただ、キャラ絵は、SDはかなり多かった印象ですけど、そんなに崩れてはいないんですよね。
問題は、背景と効果で、見事にバックのないシーンが連続します。
加えて、効果。
有名になった「富士山」はさすがに修正されてたようでしたけど、「ざわざわざわ」とか「てててててて」とかはまだ残ってましたし。

たぶんDVDではさらに修正されるんでしょうね、衛星放送版でさえ、まだかなりぬけてる印象です。
関西が一番遅い放映ですから、今の予定だと、この第10話は4月28日くらい。
そこでさらに修正が入ってるかどうか、確認できたらしてみたいと思います。

ディフォルメされてなくても多かった、色パケというか色オチというか、そういう絵。
Hidamaru_S10-01.jpg

これはまだ効果と見えなくもなかったのですが、背景はかなり落ちてました。
これなんか銭湯のシーンなんですが、このシーンだけ、ってわけじゃなくて、ほとんどこんな感じで背景なし。
Hidamaru_S10-02.jpg

演劇の回想シーンでは、「ざわざわ」・・・。(^_^;
Hidamaru_S10-03.jpg
Hidamaru_S10-04.jpg

キャラの描線が破綻してなかったのが、せめてもの良心なんでしょうかね、今までの絵が可愛いかったので、明け瑠璃のときのような感覚にはなりませんけど、かなり残念な気持ちでした。

ちゃんとした作画体制なら、入浴シーンが長かったので、けっこう良い回になったはず・・・。残念です。(^_^;

TVアニメ2007(上期) | 07:52:23 | Trackback(0) | Comments(0)
妖奇士 第25話
[日本橋に帰ってきた狂斎は馬からおろされてつぶやいた。「往壓は死んだ」と。その頃、前島聖天に元閥を加えた西の者達が襲撃してきた。防戦する小笠原と宰蔵だったが、敗走する。幕閣内部では、改革に失敗した水野の跡目を巡って策謀が渦巻き、小笠原の進言にはとりあってもらえない。小笠原は旧敵鳥居とともに、再び前島聖天へと乗り込むのだった。]

なんかいかにも打ち切られっぽいラストだったんですが・・・打ち切りなんですかね?
2クールもあって、そこそこ遊び回も用意してて、それでこの終わり方ですと、かなり急な打ち切りででもなければ、ちょっと納得できないラストではありました。
最後、字幕でテーマを語っちゃうし。(^_^;

結局、やりたかったことと、できることとの間に、能力的乖離があった、ってことなのかなぁ、残酷な言い方してしまうと。
部分部分としては、面白いところはいくつかあったと思われるだけに、残念な結果でした。

ということで、あまり話に立ち入ってもせんないことなんで、単純に感想だけを残しておきます。
最後というだけあって、宰蔵もアトルも可愛く描けてました。
鳥居が仲間になっちゃう、っていうのは・・・ドラマトゥルギーとしては、不満の残るところ。実在の人物をモデルにした、ってことはあったとしても。

まぁ、こんなところかな。

次回から、『地球へ』
劇場版は見にいきましたがな。
♪かみんふぉー、つーてぇらぁ、かみんふぉー、つーてぇらぁ、
♪その名はてぇーえーらぁーあーあーあー。
でもデザインがこれだけ変わってると、もうほとんど別物ですなぁ、ちょっと悲しいです。(^_^;

竹宮さんのSF原作でしたら、『地球へ』よりも『私を月まで連れてって』の方が、はるかにやってほしい作品ですけどねぇ、わたしゃ。(^_^;

TVアニメ2007(上期) | 04:09:53 | Trackback(3) | Comments(0)
おとぎ銃士赤ずきん 第39話
[平和が戻ったエルデで、日常を過ごす草太たち。赤ずきんたちと一緒に全員で温泉に行くことになったが、なにやら赤ずきん達に隠しことがあるらしい。実は赤ずきんたちはファンダベーレへ帰らなければならない。そのことをなかなか言い出せなかったのだった。]

最終回。後日譚。
実質的なラストは前回で終了で、ラストらしいラストとしては、ランダージョに戦いが終ったことを伝えたこと、ハメルンがエンディングでブレーメンとジョイントをしてたこと、くらいでしょうか。

構想の妙味を堪能させていただいた作品で、全体についての大まかなことは前回まででもう書きましたので、キャラ中心にいくつかチラチラ書いておきます。

まず冒頭、皆口さんの「そうたー」で始まり、けっこう脳がとけました。(笑)
本作は、釘宮、矢作、っていう、かなり強力な萌えヴォイスが導入されてて、それだけでも転がりまわれたんですが、ラスト近辺に来て、皆口さんが加わって、もうたまりません状態でした。
草太ママン、キャラ的にはどうってことないんですが、声が良すぎ、ってことですな。

好きだったキャラは何度も書いてきましたけど、1にグレーテル、2に白雪姫。3番目が・・・うーん。(^_^;
キャラクターとしては、マレーン=サンドリヨンかなぁ、りんごももちろん好みではありましたけど。
実はなにげにランダージョも後半、けっこう好きになってしまってたりしましたが。(^_^;

ラスト、ってことで、グレーテルのヘンゼルべたべたっぷりが披露されてて、もう最高。
期待してた温泉のシーンが、ほとんど肩だけの見せ方で、動きも構図も全然でしたから、このヘンゼルの腕にしがみついて、ベッタベタのグレーテルの方が格段に良かったです。(^_^;
Otogijushi39-01.jpg

入泉シーンそのものはやや物足りませんでしたけど、温泉場の雰囲気とか、つぎつぎと仲間がはちあわせしてていくところとか、そういった肩の凝らない楽しさは満喫させてもらいました。

それと、公式サイトにある、架空次回予告。
面白かったので、ぜひ見てほしいと思います。(^_^)
・・・なんか赤ずきんだとやりそうなだけに、。(笑)

最後まで面白かったです。スタッフの皆様、面白い作品をありがとー、です。

TVアニメ2007(上期) | 03:49:26 | Trackback(1) | Comments(0)
武装錬金 第26話 最終回
[「代わりなどいない」パピヨンのこのコトバに衝撃を受ける斗貴子。そう、蝶野は既に白い核鉄を完成させていたのだった。月に光った閃光でカズキの生存を確認した斗貴子、そして戦団は大戦士長のバスターバロンで迎えに行くのだった。]

最終回。
この辺、原作近辺は読んでないので、わりかし新鮮な気分で鑑賞できました。(^_^;

しかし、ロケットガールだと宇宙空間での描写のちょっとしたことに、リアリティとしてどーなんかな、と考えてしまいますが、この作品だと、宇宙空間ですっぽんぽんになって抱きあっても全然違和感って感じませんね。(笑)
原作がまんがか小説か、っていうのもあるんでしょうけど、良い意味でまんが的なラストだった、ってことですね。
エンドテロップもまんままんがでしたし。

入院してたこともあって、ほとんど感想を残せませんでしたけど、楽しみながら見てました。
2クールで詰め込むのはかなり苦しかったかな、と思う反面、アニメとしてはなんとか無事着地はできてる印象ですね、最初の頃は蝶野戦に尺を取りすぎてる感があったので、どーなるんだろ、ってかなり不安でもありましたが。

で、最終回なんですが、終り数話もまとめて感想を残しておきますと、
第22話「決断を要す」
ヴィクトリア萌え。それしかない。(笑)
あ、勝生さんもけっこう好きなんでよかったですが。(^_^;

第23話「Boy Meets Battlegirl」
斗貴子さんの可愛いところがいくつか。

第24話「キミが死ぬ時がわたしが 死ぬ時」
ラスト3話のサブタイのカッコいいこと。
ヴィクター対カズキ、月世界へ。こういう無茶苦茶さがけっこう楽しい仕上がりだと思いました。

第25話「代わりなどいない」
カズキはほとんど出て来ずで、残された者たちの話・・・だったんですが、ラストでパピヨンが斗貴子にいいはなつセリフ「代わりなどいない」・・・もうこれにつきます。
パピヨンの凄さにひきずりこまれるところ。
アレクサンドリアの100年の研究とか、おちついて考えると、これも相当無茶なんですが、無茶と感じさせない面白さでした。

そして最終回。
25話でのこのパピヨンと斗貴子のセリフがあまりに良かったので、もうラストは予定調和的な大団円に感じてしまいました。もちろん面白かったですけどね。
なんつうか、ある種の爽快感すらありますな、こういうしめ方は。
・・・このあたりの原作を読んでない、ってこともあるのかもしれませんが。

ということで、最終回単独の話としては、ラストの4コマチックなフキダシつきのマンガがなかなか良かったです。
好きだったのがこの2つ。
BusoRennkinn26-01.jpg
BusoRennkinn26-02.jpg

動揺しつつ、柳眉を逆立ててつっこみを入れてる斗貴子さんの、なんて可愛いこと。(#^.^#)

ゴータの「わかる、すっげーわかる」とか、すとろべりーかむひあ、とかも良かったですが。(^_^;

つうことで、まんが的な演出、まんが的な作画がうまくかみあった佳品、っていうところでしょうか。
どうも原作つき、、しかも中途半端に読んでるのって、なかなか感想書きにくかったので、ちょっとはぎれの悪い書き方をしてたところもありましたけど、楽しい作品でした。

テーマ:武装錬金 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2007(上期) | 03:26:05 | Trackback(2) | Comments(0)