FC2ブログ
 
■カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
ひまわりっ!! 第13話 最終回
[しきみ達を、そして学校の仲間を救出するため、製薬会社の研究所に乗り込んだひまわり達。既にしきみはカプセルの中に入れられ、改造が始まろうとしていた。脱出したあざみ達の協力も得て、なんとかしきみを救出するも、黒幕の研究員は自爆装置をセットしてしまった。]

最終回。
なんていうか、最近のテレビアニメでは珍しく、最後まで作画が破綻せず、かなりの高水準を維持していたこと、一応、第1シリーズで投げっぱなしだった伏線とか物語上での仕掛けを、作品の世界観内部でほぼ無理なく回収し、まとめ上げたこと、出してきたキャラを脇に至るまでうまく作品世界の中で消化したこと、この3点はすごく評価できるんじゃないでしょうか。

ストーリィ構成にも、かなり文句を書いてきましたけど、入院時を除いてだいたい感想を残してきたのも、やっぱり好きな範疇だったから、でした。・・・ちょっと言い訳っぽいですが。
とにかくトータルで見れば、良い作品だった、と思っています。ホントですよ。(^_^;

再三文句を垂れてきたのは、とにかく主役のCVに訓練を受けていない声優シロートが使われた、この点に関する不快感が最後まであったからで、物語もそんなに悪くなかったのに、入っていけない要因になっていたからです。
セールスとか、企画とかっていう段階で、そういうアイドル系をもってこざるをえない、っていう事情はわからなくもないですが、視聴している側からすると辛かったです。

ただ、主役のCVはアレでしたけど、脇はすこぶる充実してました。
特にあざみ、しきみ、ゆすらの3キャラは、キャラ絵もさることながら、中の人の功績も大きかったと思います。
ヒメジ、つきよ姫も、かなり個性の強い声質でしたけど、キャラにはあってたかな、って思います。第2シリーズでのつきよ姫の歌とかは、かなり微妙な気がしなくもなかったですが。(^_^;
あと、土井美加さんがあの役どころ(校長)で出てる、っていうのは、感無量ですなぁ。私は早瀬未沙よりも、マーベル・フローズンとか、るろ剣の恵さんあたりの方が印象強かったりするんですが。

この最終回のストーリィでは、しきみちゃんがなかなか良かったですね。
ようやくカプセルの元へ辿り付いたひまわりが、なんとかカプセルをあけようとして、引きハンドルをボキっと折っちゃったのを見て「ゲッ」となる顔つきなんかが、すげー可愛いかったといいますか、あの緊迫した状況で、マンガチックな小ギャグがうまく効いてました。
最初の頃にあった、クールでとっつきにくくマイペース、っていうしきみのキャラが、ナナフシとの恋とか、いろんな経験を経て自分の表情を少しずつ取り戻しかけていた、っていう全体の流れともうまくあってました。
トリカブトモドキは・・・よりによってそんなオチかい、とは思いましたけどね。(^_^;

それにしてもカプセルの中、最後までエロいあえぎ声でした。
あれはかなり嬉しかったところです。(笑)

卒業後の進路までフォローしてありまして、まず、しきみが大学に進んで研究員の道を。
ゆすらが動物園設立、あざみがスパイ、ヒメジがアクション女優。
くのいちとあんまり関係ないのも混ざってますが、まぁ、良い「その後」でしたね。

ひまわりのラストは・・・、依然として主従ですか。
落下傘のフォローがあのタイミングっていうのは、かなりの強引感があるので、どうだったかなぁ、とは少し思ってしまうところではありますが。(^_^;

ということで、幕。
影山さんの次の仕事が気になるところです。(^_^)

スポンサーサイト



TVアニメ2007(上期) | 23:46:39 | Trackback(0) | Comments(0)
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話
[とある火災事故で、なのはに救助された少女・すばるは、なのはに憧れ、なのはのような時空管理局の局員になることを目指していた。そして訓練校での友達・ティアナとともに、昇級試験を受けるところまでやってきた。試験当日、2人は力をあわせて次々と標的を潰していくが、最終関門直前でティアナが足をくじいてしまった。]

ちょっと順番は違いますが、リアルタイムで見てたので、とりあえずこちらから。

いやぁ、よく動く上に派手な動画。
絵も綺麗でしたし、果たしてこれで最後までもつのかなぁ、それでなくても2クールなのに・・・と思ってしまいましたが、今回の第1話単品で見るなら、かなりのグレードでした。

主役は交代、ってことなのかなぁ、それにしちゃタイトルに「なのは」の名前が残ってますので、途中からまたなのはが前面に出てくるっていう作りになるのかな。
なのはの部下として活躍することになる2人の活躍ですから、自然となのはが前面に出てくるつくりになるのかもしれませんが。
仮に2人がメインを張るなら、魔法でも少女でもなのはでもない、っていうものすごいタイトルとの乖離作品になりそうですなぁ、よくあることとはいえ。

まだ直接に敵が現れて対決する、というわけでもありませんでしたが、方向性ははっきりと示してくれてました。
サイキックバトルですね。(笑)

前2作は、本体は熱血サイキックバトルだったとは言え、一応少女もののような仮面はかぶってましたけど、今回は年齢が上がったこともあって、もうそんなもの脱ぎ捨てて、打つ!撃つ!討つ!の大乱射。
たぶんこのスタイルでいくんでしょう。(^_^;
サイキックものは大好きなので、もうそんな仮面は被らずに大暴れしてほしいものです。
まぁ、A'sでも既に仮面はは被っていなかった、っていう説もありますが。(^_^;

さて、バトルの中身ですが、主人公と思しきすばるは、もっぱら鉄拳タコなぐり派の肉弾戦士みたいでしたけど、前2作のような大掛かりな砲撃戦はあるのでしょうか。

昨冬のコミケで、ミリヲタ系の友人のオフ会に誘われてちょっと顔を出したんですが(当方は戦史は好きですがミリヲタってわけではありません)なんかミリヲタ諸氏ってなのは好き多いんですねぇ、かなりの人が本作に期待していました。
そのとき、川崎在住某氏の発言「少女でなくても魔法でなくてもいいから、とにかく砲撃戦をちゃんとやってくれたら大満足」っていうコトバに、何人かが意を強くしたようにうなずいてました。(^_^;
うーむ、そういうもんなんですかね?
確かに演出としてみれば、なのはの遠距離からの砲撃は、見てて迫力ありましたし、アニメ効果は相当なものがありましたが・・・。

すばるの方はガチンコ肉弾派のような印象でしたが、ティアナの方は銃術担当みたいでしてので、砲撃戦はやっぱりあるのかな?
すばるの方も肉弾派と言っても、ローラーはいてるしスピード重視しているようなところがありますから、作画さえしっかりしてれば、かなり動きの良いバトルモードは期待できそうです。
当然なのはが主役で前面に出てくれば、おのずと砲撃戦にはなるんでしょうし、2クールもありますから、よしんば主役でなくサブになってたとしても、そういう機会はけっこうあるでしょう。

作画は上記のように良かったんですが、悲しいかな、うちの環境では京都テレビはゴーストが軽く入るので、録画保存、キャプチャは2週遅れのファミ劇でやる予定。
それにしても関西は、第1作がTVO(大阪)、第2作がSUN(兵庫)、そしてこの第3作がWTV(和歌山)とKBS(京都)と、ものすごい散りようですなぁ。まぁ、和歌山以外は画質を問わなければなんとか見られるのでいいですけど。
放映順を見ていると、和歌山(日)→三重(月)→京都、千葉(火)の順番なんで、珍しく関西先行なんですね。

本編、時空管理局なんですが、武装隊戦技教導官とか、一等空尉とか、機動6課とか、名前だけ聞いてると、もう完全に軍隊です。(笑)
機動6課ってのは、なのはWikiによると古代遺物管理・・・らしいですが。
名前を聞いて公安9課を連想するか、特車2課を連想するかで、ある程度年齢がバレそうですな。
私は陸情3課・・・と言っておこう。(笑)

第1話で一番気に入ったのは、実はちっこいリイン。
リインフォース・・・ですよね? 確信できなかったですが。
CVが代わってたのでちょっと自信がないですが。

どうか作画が2クール破綻せずに続きますように。(笑)

テーマ:魔法少女リリカルなのはStrikerS - ジャンル:アニメ・コミック

魔法少女リリカルなのは | 06:27:28 | Trackback(26) | Comments(0)
ハヤテのごとく 第1話
[無職の両親をかかえ、経済的に困窮する高校生、ハヤテは、ある夜、チンピラにからまれている少女・三千院ナギを助ける。生活苦から誘拐を考えていたハヤテだったが、「おまえがほしい」のコトバが誤解を呼んでしまうのだった。]

もちろん「こちとら○○○○ファンドで首も回らねえんだ」はありませんでした。あたりまえですが。(^_^;
そして提供がコナミ・・・。
もうアニメの内も外もつっこみどころ満載で、たいへん面白かったです。
ただ、あそこまでロコツに他作品からの拝借があると、ちょっとどうなのかな。
パロディかパクリか、っていうのは、そのオリジナルに対するリスペクトがあるかどうかだ、ってのを、パロディ論議で最近よく目にするんですが、概ねその意見には賛成です。
ですので、OPで鉄人やらガンダムやらのシルエットが映っているところとかはまだしも、「オヤジにもぶたれたことがないのに」とか「次回もおもしろかっこいいぜ」とかって言うのは、ちょっとやりすぎかなぁ、っていう気もかなりしているところ。

作画も第1回ということもあってか、原作でも描きわけができているとはいいがたいマスクが、しっかりと描き分けられてましたので(それゆえ原作の絵とは少し違う、とも言えますが)かなり良かった方ではないか、と。
ただ、続くかどうか、ですけどね。(^_^;

CV陣はすごかったですな。
若本皇帝の天の声、ルイズ降臨の釘宮ナギ、たまには女の子をやってほしい白石涼子さんのハヤテと、濃い人が3人そろいぶみで、もうたまりまへん。
このCV陣ですから、多少作画が破綻したてしても、録画保存は続けていく所存。(笑)
感想はS学館ですので、残すかどうかちとわかりませんが。

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2007(上期) | 05:06:02 | Trackback(2) | Comments(0)
天元突破グレンラガン 第1話
[未来。地中に生きる人々の中で育ったシモンは、生活圏を広げるため、ドリルで穴を掘って暮らす毎日だった。地上へ出よう、という兄貴分・カミナとともに、天井突破を試みるが、村の掟を説く村長に阻止されてしまう。たまたま地中で大きな顔の機械を見つけたシモンはカミナの元へと報告に戻るが、その時地上からさらに巨大か顔の機械が下りてきたのだった。]

事件発端、てことで、ちょっとアラスジとしてうまくまとまってませんが、まあだいたいこんな感じ、かな。
平たく言えば、少年が、兄貴分とぼよよん美女と一緒に故郷を旅立つところまで、ってことかな。

良くも悪くもガイナックスらしい作品、と言っていいと思います。
それが許容できるかどうか、ですが、私は大歓迎。
それに、ここはクセは強いけど、そんなにひどい破綻とかはないので、そういう点でも安心できるかな。

冒頭、宇宙艦隊みたいなのが映って、それから延々地下生活。
どうからんでいくのか知りませんが、ライトSFっぽい感覚に仕上げていってくれそうです。
とはいっても、ガイナですから、どこかでシリアスな仕掛けはしてくるとは思いますが。

さて、顔面ロボ・・・。
葦プロ系のSDロボットものなんかのノリでしたけど、意味とか出してくるんでしょうかね、意味っていうのは、胴体部分がそのうち問題になってくるとかなんとか。

キャラはシモンなんか脇キャラの顔してましたけど、みんな可愛いくて、動きに富んでますね。
ヨーコなんか、穴の中での尻や大腿のアップ、壁の中を行くときの胸乳のアニメート等、かなりおっさん臭い演出がされてましたけど、とにかくナイスバディの美女っていうシグナルのわりには、表情とか可愛いつくりでしたので、今後が楽しみですね。
GrenLagan01-01.jpg

キャラシート見てる限りにおいては、佐藤<たなかぷにえ>利奈、植田<やがみはやて>佳奈、阿澄<ゆの>佳奈の3姉妹に激しく期待していたりするところではありますが。(^_^;

つうことで、今後に期待しています。
今回の一番のお気に入りシーンは、「もうダメ、きつい!」
GrenLagan01-02.jpg

Gガンダムでのレイン・ミカムラの名セリフ「き・・・きつい」を思い出してしまいましたとさ。(^_^;

テーマ:天元突破グレンラガン - ジャンル:アニメ・コミック

グレンラガン | 03:40:41 | Trackback(3) | Comments(0)
セイントオクトーバー 第13話
[ソフィアを失い、傷心のカフカ、故郷に帰ろうと退職願いを出したところを、クルツの光により、凶暴化してしまう。ソフィア消滅のショックが癒えない小十乃だったが、ユアンによって回復する。そして心の闇だけを裁く新たな力「ゆるしの力」を得て、白ロリ、赤ロリを捕縛したカフカに向かっていくのだった。]

あ、なんかすごく作画がいい。
描線とかも、なんですが、色調がちゃんとシャドウが塗り分けられていて、厚みか増したようです。
クールチェンジで、これからよくなってくれるのかなぁ、それともたまたま今回だけ?(^_^;

冒頭の苦悩する小十乃とか、カフカとの対決とか、新登場のエスメラルダとか、とにかく、これが本来の姿で、今までのが、某国のパクリものかと思ってしまえるほど良かったです。
なんちゃーか、バンクの方が落ちて見えましたからなぁ。(笑)

バンクといえば、今後、バンクになるのかどうか、なんですが、新しい力の発動。・・・なに、あれ?(^_^;
黒ロリが巨大化して、敵を抱擁、っつうか取り込んだかと思うと、舌の上に現れて、ボッティチェリのビーナス誕生みたいな貝の中から再生して浄化・・・っつう笑っていいのかどうか、かなり悩んでしまう奇怪な浄化。
変身シーンと言い、ほんと、キてますなぁ、ここのスタッフ。
いや、もちろん大好きですけど。(笑)

そしてたぶん第2クールの現場での主敵となりそうなエスメラルダ登場。
SaintOctober13-01.jpg

そういや、登場人物にはルビふってましたね、この作品。
これもなにかのアナグラムなのかも知れませんが、めんどいので調べません。(笑)

まんま幼女で、しゃべり方なんか、もうベビーなんですが、これでエルロックの妹って言われてもねぇ。
これだと娘でしょう。
まぁ、クルツの力でなにがしかの作用を受けてる可能性もありますけど。

ただ、ビジュアル的にはたいへんよろしい。
幼女が敵、っていうのも、萌えますし。

あと、カフカなんですが、どうも既視感があるなぁ、と思ってたら、吸血木の「のびあがり」ですね。
のびあがりが吸血木と一体化したような感覚でした。

それと、ヨシュアとアッシュ・・・こっちも何か因縁がありそうですね。

ということで、次回からに第2クール。
この変てこな感覚は残したまま、作画が今回の水準を維持してくれるととっても嬉しいんですが・・・。

テーマ:セイントオクトーバー - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2007(上期) | 03:12:14 | Trackback(2) | Comments(0)