FC2ブログ
 
■カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
ロケットガール 第7話
[母校のプールに着水してしまったゆかりは、全校生徒の注目を集めてしまう。校長からの呼び出しを受けるも、実験水槽中の金魚の不調で焦ってしまい、耳に入らない。そんなとき1学年下の生物部員・三浦茜がゆかりに声をかけた。生物室でならなんとかなるかもしれないと。]

第3の少女、茜、登場。
いえ、登場自体は既に第1話で出てましたが、物語にからんできたのはこれが最初です。
第1話での演出やらCMやらでからんでくるのはわかってたので、どうからむか注目してたんですが、・・・金魚でしたか。
ただ、溶存酸素の減少とか、アンモニアの排泄とか、ゆかり視点では小難しいことを言ってたような演出でしたけど、茜がしてたことって、熱帯魚とか日淡飼育とかでは基礎の基礎で、たぶん中学生レベルの知識・・・というのは、嫌味すぎますかね。
高度な内容がもし含まれているとしたら、実験用水槽の目的を維持したまま金魚を助ける、ってことなんでしょうけど、それって詳細な実験側のデータがなければ不可能ですから、その意味でもちょっとおかしかったところですな。
一応セリフとしては「実験に支障をきたさないように」とか言ってはいましたけど。
・・・呼吸商の総量を変えてる時点で、実験の主旨からはずれてるような気もするんですけどね。(^_^;

ともかく、生物の専門家、として、首を突っ込んできた形になった茜。
細部にやや疑問がなくもなかったですけど、「研究所の人たちと同じ目をしていた」と言ったマツリのコトバがポイントだったんでしょうね、あそこはうまくできてたと思います。
つまり、作画が不調だったこともあって、茜の表情がはっきりしませんでした。でも、ゆかりのしたことには興味津々、っていうのが、表情ではなく、行動で随所に表現されてて、やや奥手っぽい風貌なので、ゆかりは気づかなかったけど、マツリはその微細な変化に気づいてしまう、という流れは、アニメの主旨というか、方向性にはあってたようです。

ただ、作画は今回イマイチでした。
パーツは決して悪くないんですが、校内の茜とか、食卓をはさんでいるときのゆかり母とか、首とか肩幅とかのバランスがおかしいので、変な絵になってました。シーンごとでデザインが変わったかのように各人の顔が違ってたのもマイナス点。
せっかく4話頃から良くなってきたのに、と思うと、残念です。
それと今回、マツリの胸がやけにデカかったですが、スキンタイト、ってことを考えると、やっぱりデカすぎですよね。
校長の言う「ハレンチなかっこう」にリンクさせたのかもしれませんが、この作品の基本設定である、小柄な女の子、っていう前提を忘れてほしくなかったところです。

あと、原作ではどうなってるか知りませんが、ゆかり母がものすごく冷たいように感じたんですが・・・。
もうちょっと何かフォローがあって、「それも仕方ない」に結びつかないと、あれだけだと、なんかゆかりのことはどうでもいいような印象になってしまいます。
校長の言動も、新聞記事がチラッと映るだけでは説明動機としてはかなり弱いような気がしますし。

原作を忠実にやる必要はないですが、読んでいない人間にまで「あ、省略があるんだろうな」って思わせるのは、いかがなものか、と思いますが。

止め絵でしたけど、横浜市街で遊ぶマツリとゆかりの姿は良かったです。
アイキャッチが安川タクシーだったり、犬のまねをするマツリとか、部分部分ではいいところはありましたけどね、前回ほどのアニメ効果ではなかったですが。
犬のまねをするマツリ見てたら、中の人の関係で、まじぽかの狼少女りるを思い出してしまいました。
生天目さん、お姫さま役とかもありますけど、なにげにこういう野生派、あってますね。(^_^;

さて、次回は再び舞台をソロモンへ映して、茜が参加してくるようです。
生物嗜好の特性が生きる展開なんでしょうか、はてさて。

スポンサーサイト



テーマ:ロケットガール - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2007(上期) | 08:45:32 | Trackback(3) | Comments(0)
Venus Versus Virus 第11話
[ルチアはスミレに、与識に注意をするよう警告するが、スミレはルチアよりも与識のコトバを信用する、と言ってしまった。2人の間に深まる溝。そんなとき、スミレに与識から誘いの電話がかかる。ついていくスミレだったが、与識はそこで正体を表し「キミのフラグメントがほしい」と迫ってきた。一方、ヴィーナスヴァンガードにボロボロになって戻ってきた名橋とローラから、リュシフが戻ってきていることを聞かされたルチアは、スミレにも危機が及ぶことを知り、スミレの元へと向かうのだったが・・・。]

衛星組。
あの、甘い日々に別れを告げ、スミレとルチアの間に横たわる溝。

ルチア「私を信じて」
スミレ「私は与識さんを信じます」
戦友よりも、好きな異性のコトバを信じてしまうスミレ。
同性の友情が踏みにじられてしまいました・・・ああ、二人は百合じゃなかったんですね、少なくとも、スミレの方は。
一方のルチアさんの方の、真剣にスミレを案じる気持ちを見てますと、こっちにはほのかな感情があったかも知れず・・・という2人の温度差の描写がなかなかうまいですね。

スミレの中に宿る母の面影、それがフラグメントのせいである、という根拠がわかったから、っていうのもありますが、それ以前からもうルチアさんはスミレにメロメロだったみたいで、あのあたりの焦燥感は見ていてじんじん伝わってくるところでした。
ルチア・・・・可愛いですのォ。(^_^)

対する与識・・・、途中で意識が戻ってスミレを助けたり、ルカやガイと対決してこれを屠ってしまったりと、かなり意外な展開。
最後まで戻らずに戦うのかと思いましたけど、意識が戻って、それから勘違いしたルチアに討たれる、っていう筋立ての方が、スミレに与える心理的影響は大きいといえるでしよう。
ただ、それが仕組まれていた、というのは、ややデキスギ、っていう感もなくはなかったですが。(^_^;

で、ルカとガイはこれで退場ですか?
すごくあっさりした印象なんですが。
一応敵の本丸と対決するところまでもっていかなくちゃいけないから、こんなもんなのかなぁ、とは思いますが、ルチアとのラストバトルをけっこう期待してたので、少し残念でした。
ストーリィ的に意外と早くリュシフが出てきてしまった、ってことなんでしょうかね、まぁ、1クール作品だから仕方ないですか。

かくして、ローラ対ライラの図式が示されたところで、次回。
ルカとガイもそうですが、ライラにほとんどスポットがあたってないのが残念です。
最終回で、見せ場があるのかしらん?

TVアニメ2007(上期) | 06:52:19 | Trackback(0) | Comments(0)