FC2ブログ
 
■カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
地球へ・・・ 第2話
[ミュウの母船に連れてこられたジョミーは、そこで初めてミュウの存在を知るが、にわかには受け入れられず、拒絶してしまう。]

けっこう反響あるようですね、むしろ否定的な意見が多いかな、って気がしてたんですが。
基本的に私は肯定的にとらえてますが、懐かしい懐かしいだけじゃ芸がないので、若干共時的な感想も残しておこうと思います。

原作はSF作品として傑作、っていう評価がいろんなところで見たのですが、優秀なSFであることは認めますものの、同時代の制約もかなりあって、たとえば「迫害されるミュウタント」っていう設定は、70年代のSFにはごく普通にあったテーマですし(V7とかミュータントサブとか・・・)、社会が管理する人類、っていうテーマはそれほどくさるほどありました。超能力の内容も、感応と力場とがごちゃまぜになっていたりで、今となってはやや首をかしげるところもあります。
以前にも書きましたけれど、竹宮SFとしては『私を月まで~』の方が個人的には秀逸だと思います。
にもかかわらず優秀だと思ったのは、そういった語りつくされたテーマを借り物で終らせることなく真正面からむきあっていたことで、当時からその借り物の部分はいろいろと指摘はされていました。
開始当初、よく言われてたのが、ソルジャー・ブルーが『超人ロック』そっくりだったこと。
同時代に『スターシマック』なんてのもありましたが(シマックの方が『地球へ・・・』より早いと思うのですが、一般に知られるようになったのは、OUTの特集からだと思うので、『地球へ・・・』の方が少し早いかな)ロックは超能力テーマをこの段階でかなり煮詰めてまして、特に第4部「コズミックゲーム」はほぼ超能力ものの完成版、といっていいくらいのデキでした。
あ、念のため書いておきますが、ここで言う『超人ロック』はキング掲載の方ではなく、SG企画(作画グループ)の方です。

またミュウタントの迫害、あるいはからだの一部を欠損している、っていうのは、故・石森が好んでやってた手法ですね。
単体の作品でもありましたけど、009の中にも未来人のエピソードとしてありました。

また使われている名前、ミュウの一族とか、アタラクシアとか。
ミュウの一族、というと、タクラマカン砂漠に潜む超能力一族ですし(『宇宙少年ソラン』)アタラクシアといえば、故・岡田史子女史ですしね。・・・石戸節子さんも使ってたかな。
理想郷シャングリ・ラは、ヒルトンの小説『失われた地平線』からですけど、原作の数年前に映画化され、主演が『ロミオとジュリエッタ』で日本でも大ブレイクしてたオリビア・ハッセーだったこともあって、この理想郷の名前は、一般名詞のように使われていた風潮も(限られた範囲ではありましたけど)あったりしました。

地球もテラではなく、エルデになっちゃいましたしね・・・。(^_^;

そういった同時代的なにおいとか制約とかもビンビン感じてしまうところではありますけど、今の技術が良い仕上がりを見せてくれていると感じた次第。・・・キャラのマスク以外は。(笑)

さて、第2話。
ジョミーがミュウと接触するところまで。
異能者であることをなかなか受け入れられず、当事者達と対決するかのような言動をとってしまうジョミー。
こういう対立図式って、竹宮さんは割とおハコにしてたところで、いまじゃ定番化してしまって、むしろこういう対立図式を避けるようなところがありますけど、社会背景をもったSFとしては、こっちの方が良いですね。

そしていったん帰郷するジョミー。
はたしてどうなりますか。

原作を読み直したくなって、昔の「マンガ少年」を引っ張り出してこようとしたんですが、どうも書庫の奥深くにいってしまってて、行方不明。
捨ててはいないはずなんですが、単行本とかは買ってないのでちょっと記憶があやふやなところもあったりします。
いくつか間違ってたら、ごめんね。(^_^;

スポンサーサイト



TVアニメ2007(上期) | 18:14:52 | Trackback(6) | Comments(0)
デルトラクエスト 第15話
[うっかりリンゴを盗み食いしてしまったために、強欲女に金をむしりとられて一文無しになってしまったリーフ達。第4の宝石があるというリスメアの町で開かれる競技大会に出場するべく、とある宿で手続きをする。するとその宿屋の食堂に、トムの店で出会ったレジスタンスの男も来ていた。]

低年齢向けのアバンんがついて、EDも可愛いくなり、さらに前説がちっちゃな視聴者を対象にしたかのような、かんでふくめるような言い回しになってました。
でも、本編は相変わらずの高水準作画でしたので、別段問題はなかったのですが、おっきなお友達としては、もっぱら作画主体の視聴になりますかねえ。
・・・物語が破綻しているわけでは決してないんですが。

さて、強欲婆さんに、ペテン師ルーレットと、立て続けに金を奪われて一文なし。
世間知らずのジャスミンはともかくとして、リーフとバルダがマヌケすぎです。(笑)
バルダは宿屋でとっさに偽名を使ったりしてましたからまだしも、リーフ・・・年少視聴者の視線にあわせているんだろう、っていう推測はたちますが、あまりにも世間知らずでマヌケなので、ちょっと主人公としては不安なところですね。
物語としては、このリーフの成長っていう柱もあるんでしょうけれど、現時点での頭の悪さっていうのも、けっこう痛いかな。(^_^;

金品に頓着しない野生児・ジャスミンは今回も可愛いかったので、そのラインさえしっかり維持してくれてたら、別にいいかな。(笑)
Deltora_Q15-01.jpg

原作が日本ものじゃないので、宿屋についたらすぐにフロ、とならないのが少し残念でしたが。(^_^;
それにしてもジャスミン、飯は食ったのだから、危険な競技会はキャンセルして出て行こうっ、ていう提案・・・やっぱり頭いいですね、ルーレット詐欺師には経験がなかったので手もなくやられましたけど、こういう基本的な欲求に対しての知恵はさすがです。
パーティの中で一番頼りになりますなぁ。(笑)

次回から競技大会っ、ことでしたので、てっきり天下一武闘会みたいなのをするのかと思ってたら、予告見ると乱戦模様でしたので、かなり経路は違うようですな。
そんな中で、からんできそうな力自慢の夫婦づれと、曲芸師のおっぱいねーさん。
なんかジャスミンもバトルモードしてましたし、意外と見せ場があるかな、っていう予感も。

デルトラクエスト | 15:49:20 | Trackback(0) | Comments(0)
この青空に約束を 第2話
[沢城凜奈を寮に溶け込ませるため、航は校内マラソン大会での勝負を申し出る。航が負ければ航が退寮し、勝てば凜奈が皆と一緒にし食事の席につく、というもの。だが航は前日に授業中の居眠りがたたって徹夜で追試を受けさせられてしまっていた。睡眠不足でフラフラの中、マラソン大会は始まった。]

なんか原因のところがはっきりしませんでしたが、あの酔いつぶれの描写を間にはさんでから、凜奈がまるで別人みたいに暖かい描写になってしまいました。
なんか前回の雰囲気ですと、航だけでなく、寮の全員を敵視しているような感じだったんですけどね。今回も、つむじをまげてるのは航に対してだけ、ってことでしたげと、それにしては拒絶姿勢が矛盾してたように感じてしまったところですが・・・。
冒頭、海己の手紙も冷たく無視してましたし。

そんなわけで、今回一番共感できたのは静ちゃんだったりします。
「航になにかあったらおまえのせいだ」
・・・激しく共感。(笑) いや、設定上、このセリフに共感しちゃあいけないはずなんですが。(^_^;

というわけで、どうもドラマの一貫性に不安な感じがしてしまいますのう。
さびれていく島、っていう背景があるから、きゃっきゃっうふふのラブコメ三昧ではないと思うのですが、どうもシリアスかハーレムラブコメか、どっちつかずの感じがしてしまいます。
まぁ、キャラとかは良いんですけどね。

今回、納得できるセリフがあったせいか、静ちゃんにちょっと心がひかれてしまいました。
前回だと、愛さんのやってる和風美人・奈緒子さんだったんですけどね。

あと、体育の授業で使用するであろう、体操服とブルマ・・・なんですが、学校用だとすると、あんなに食い込みの強いハイレグブルマはダメでしょう、常識的に考えて。
まぁ転校生でしたから、凜奈の私物で、凜奈の趣味って線もなくはないでしょうけど。
・・・あれは嬉しかったから別にいいんですけどね。(^_^;

長距離で全国に出るくらい、っていう割りに、胸ありすぎです。
水泳とか球技ならまだしも、陸上競技のトップアスリートは、基本はナイチチのはずですから。
奈緒子さんとか海己とかだったら納得はできるんですが。(^_^;

せて、次回は宮穂前編らしいですが、予定をみるとその次が静みたいです。

テーマ:この青空に約束を - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2007(上期) | 15:10:39 | Trackback(2) | Comments(0)
風のスティグマ 第1話
[古来より伝わる、炎を操る炎術師の一族・神凪家本家の次期後継者、綾乃。その神凪家の元へ、行方をくらませていた分家の和麻がひっそりと帰国していた。炎術師としてはまったくの才能を持たず、綾乃の前に手もなく屈服した和麻は、持って生まれた風を操る力を強化させ、風術師として戻ってきたのだった。]

KBSにて鑑賞。
なのは同様、ゴースト出まくり。(涙)
一騎当千DDのときはそんなにひどくないのに、なんか時間帯でゴーストの出方が違うので少し鬱です。

サイキックバトル・・・ととらえていいんでしょうか。
ラノベのアニメ化って、キャラ絵が変わると印象まで変わるので難しいですね、正直なところ、このデザインはちょっと・・・な感がありました。
マスクも、なんですが、もう少しスカートを含めた下半身に悦痴な印象があったりしたもんで。(笑)

男の子向けラノベにしては珍しく、主人公和麻の性格がどう描写されるかも重要なんで、話に関してはもう少し見てから、かな。

で、ヒロイン、綾乃。
公式サイト見たら「炎のツンデレ女子高生」なんて書かれてるんですが。(^_^;
なんか、ファンとか見ている人がツンデレって言うのはいいんですが、公式で言ってしまうと、ちょっとなァ・・・って気がしてしまいます。
確かにツンデレの範疇ではあるんでしょうけど。

アクティブで強気な女の子を内面も含めて描こうとすると、程度の差こそあれ、ある程度ツンデレ仕様に従ってしまうのは仕方のないことだと思います。
従って、どの部分の心の変化がそうなのか、っていう、もっと繊細な部分がツンデレの着眼点になってきつつあると思うので、公式サイトが書いてしまうと、全身像がもうそういうキャラとして固定されてしまうようで、少し奥行きがなくなってくるような気がするんですけどねぇ。

本編見る前に公式サイト見てしまったので、ややそういう後ろ向きな気分になってしまいましたが、デザインのセンスの違いを除けば、まあまあ見れた方かな、なんかエラそうですみません。(^_^;

女子高生アクションって前面に打ち出しているわけですから、今後そういう描写がある程度増えてきてくれることを期待しています。
それと字幕を入れてほしいですね、この作品。
音で聞いただけですと、地・水・火・風のどれなのかがちょっとわかりにくいというか。
風牙衆とか、音で聞いてたらわかんないですよ。

個人的にはスティグマ本編より、lgnitionの方が好きなんですが、ある程度は入れてくれるのでしょうかね。(^_^;

テーマ:風の聖痕 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2007(上期) | 11:27:18 | Trackback(0) | Comments(0)