FC2ブログ
 
■カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第3話
[はやての宣言によってスタートした機動六課。そこでの前線部隊として参加することになったスバル、ティア、エリオ、キャロの4人は、なのはのもとで実戦訓練を受けることになった。]

まだ3話だっつうのに、ものすごい量の窓兄が作られてますなぁ。
たしかに作りやすい素材ではあるんでしょうが、どうもそっちでのキャラづけの方が頭に残ってしまい、困っているところ。(^_^;

ゴースト入りまくりのKBS組。今週は特に辛かったです。(涙)
一騎当千DDのときは、けっこうクリアに来てるのに、どうもなのはさんとは相性が悪いみたいです。

ハヤテの就任演説から始まりましたけど、今回は組織戦闘が暗示されているところ。
これ見てますと、OVA・とらハの、サイキックバトル版みたいなことになるのかなぁ、と少しだけ思ってしまいました。
個人的には、個人戦闘主体のサイキックバトルの方が好みなんですが、たぶん普通にやったら『BLEACH』には勝てないでしようから、もっと社会性みたいなものを取り入れてくるような・・・気がします。
組織性だけですと、これまた『攻殻』というすごい作品がありますが、本作のうまいところは、少女がメインにでてくる、っていうタテマエをうまく使ってることですね。
サイキックバトルやら、組織戦闘やら、軍隊組織を連想させるものやらを配しながら、どれか一つに収束することなく、あくまで肝の部分として、戦う少女像、みたいなのを残している、そういうメリットを感じるところです。

実際、なのはやハヤテ達の肩書きとか公表されてる能力値、あるいは前回ハヤテによって語られていた、優秀な人材を集めて作る新しいセクション、とか聞いてますと、そんなトップランカーばっかり集めたら、敵とのスリリングな戦いはできなくなるんじゃないか、と思われるところでしたけど、今回の流れ、つまり新人4人に対しての、既存のキャラクターの評価とか考えを出すことによつて、能力数値、もしくは可能性としては高いものを附加していたとしても、新人、っていうデメリットを印象づけたことによって、そういうバランスへは回帰しているわけで、その意味で、物語のつくりはなかなか良い線つかんでるな、と思います。

メインはたぶん新人4人の実戦訓練、それによって描き出される個性なんでしょうけど、真剣勝負じゃないってこともあって、けっこうゆったり作られているな、という印象でした。
ここらへん、2クールっていう余裕があるせいなんでしょう。
反面、第2シリーズ第1話でやったような、いきなりハードで動きのある強烈に面白い展開にはなってませんけど、その分、増えた人員も含めて描写が深くなってくれるのでは、という期待があります。

それにつけても、4人を見守るなのはさん、腕組み・・・なんて似合ってるんでしょ。(笑)
セリフだけ取り出すと可愛い、暖かいことを言ってるんですが、どうも腹の中では「わたしは9歳でできたんだけどなー」って思ってそうな気がして仕方がありません。(^_^;
・・・こんなところにも、窓兄を見すぎた弊害が。(笑)

第1話でも書きましたけど、ジンガイ党としては、やはりロリインが可愛いですのう。(^_^)
ロリインは第2シリーズで黒い側面を見せてくれてましたので、そこらへんもひかれるところだったりします。
ヴィータや第1シリーズのフェイトも、適度に黒さがあったのですが、どうも「人の範疇」を越えられなかった、っていうのがあるので、そこらへんの差でしょうかね。
まぁ、もっとも、体格が変化していないヴィータはジンガイでもありますし、ロリインの次に萌えますが。(笑)

あと、医療版担当のシャマルさん・・・ムダにエロいんですが。
前作でも妙にAV的なエロさがあったんですが、なんか拍車がかかってますね。
・・・中の人の個性が反映しちゃってるのかなぁ、まぁ、私としては好きだからいいですけど。

今回、立ち絵が多かったせいか、作画の荒れがややめだったところで、どうも現場に設定が感覚的に伝わってないのかなぁ、っていう気が少ししてしまったところ。
そんな中、ハヤテだけはかなり作画良かったですね。
・・・ゴーストの入りまくったKBSで見てますので、壮絶な勘違いの可能性もありますが。

新人4人。
なんかエリオ君だけが描写量が少なかったような気がするんですが。(^_^;
男の子、でいいんですよね? 逆・性差別?(笑)
OPでの開脚降下とかも含めて、付されているアクションがけっこう面白そうなんで、4人の中では動きを一番見たいキャラでもあるので描写量がこの先少ないとすると、やや残念。

キャロはあのアンバランスな衣装が可愛いかったですな。
ただ、後方バックアップ・・・なのかな、もっとバンバン遠隔攻撃戦を展開してほしいところですが、そこいらへんはまだなのはの領分・・・?

スバルのローラーダッシュ、第1話はけっこうなインパクトでしたけど、個々の動きそのものはエリオの方がよかったような・・・。
まぁ、こういった細かな動きのところは来週のファミ劇で補完いたしましょう。

ティナもああいう役割り分担ですと、今後描写量が減ってくるのかなぁ、と少し心配。
設定レベルだけですと、一番美少女っぽかったんですけどね。(^_^;

ところでザフィーラは映ってるみたいなのに、アレフはお役ごめんですか?
今回、日常生活パートをばっさりカットしているようなので、アリサとかすずかとかもカットみたいですし。
ちょっと残念かな。

今後、敵も組織戦をするのかどうか、で、だいぶ趣が変わってくるたでしょうけど、まだしばらくは六課内部の話で進みそうですね。
レリック、って聞くと、アーマー・レガシアム、といまだに続けて出てしまうのが、ちょっとアレですが。(^_^;
ともかくそのレリックについても、いろいろと情報が追加されるかもしれませんし。

そんなわけで、しばらくは本格的なバトルというか砲撃戦はおあずけのようです。
次回、・・・なんかベルカ式の呪いを感じてしくまうのですが、大丈夫なんでしょうか。
ベルカ式ではなく、単純にグロス弊害かもしれませんが。

スポンサーサイト



テーマ:魔法少女リリカルなのはStrikerS - ジャンル:アニメ・コミック

魔法少女リリカルなのは | 20:36:56 | Trackback(26) | Comments(0)
一騎当千DD 第3話
[成都に現れた呂蒙の目的は、共闘ではなく劉備だった。気を察して暴走する、劉備の龍、そしてその力に恐怖する呂蒙。一方許昌でも、曹操の側近周辺に対して、陰謀が策動していた。陰で動く司馬懿仲達、南陽の刺客・馬謖によって倒れる郭嘉奉孝。そして南陽では、孫策と周瑜が学校生活を送っていた。]

今回のアイキャッチは、洛陽出身・許昌の参謀、賈詡文和。
IkkitousenDD03-01.jpg
IkkitousenDD03-02.jpg

予告でも言ってましたけど、最近番宣が「爆乳美少女」っていうフレーズで盛んにやってますけど、ちょっとなんとかなりませんかねぇ、まぁ、その通りではあるんですが。
あまりにもストレートすぎて、さすがに聞いてて恥ずかしいです。(^_^;
・・・ますみんも仕事選ばない人ですなぁ。

一応、今シリーズの最大のポイントはりんしんキャラの魅力を堪能することにあるので、三国志関連はどっちかっていうと二の次なんですが、司馬懿仲達とか、馬謖幼常なんて名前が出てくると、その名前だけで反応してしまいます。
「死せる孔明、生ける仲達を走らす」とか、
「泣いて馬謖を斬る」なんて言い回しは、三国志なんかを知るようになるはるか以前から耳になじんでいたことばですし、そっち方面はどうでもいいとは言うものの、いろいろと気にはなってしまいます。

さて、そのりんしんキャラ。
次週から孫策が本格的にからんできてくれますので、前シリーズとの比較も楽しみなところではありますが、ここまではとりあえず、劉備、関羽、張飛の桃園トリオがメインでした。
その中でも、今回は必死になって呂蒙の進行をとめようとする張飛が健気で可愛いかったですのお。
まぁ、巨乳裸身アクションは関羽が、マッド系ドジっ娘巨乳は劉備が、ロリっ娘属性は諸葛亮が担当してくれるでしょうから、たまにはこの健気な関西弁にもスポットをあてておきたいところですので。(^_^;
IkkitousenDD03-03.jpg
IkkitousenDD03-04.jpg

この人もかなりの巨乳っぷりなんですが、関羽の攻撃的な爆乳や、劉備の隠れ巨乳っぷりに比べて、心なしか控えめな感じで描写されてるので、好感度高いです。(^_^;

そて、龍を暴走させてしまった劉備。
エネルギーを死の寸前まで放出してしまわないと元に戻れない、ということもあってか、復活すると凄まじい食欲。
勢い余って顔面でつっこんでしまいましたが、劉備に限らず、あれだけのカラダですから、皆さん相当の大食漢なんでしょう。(笑)
IkkitousenDD03-05.jpg

上にも書きましたが、新しい登場人物として、まず司馬懿仲達。
IkkitousenDD03-06.jpg

策謀家、って印象ですなぁ。
史実の方では結局この人の血筋が晋を建てて統一事業をなすものの、とても漢とは比較にならぬ短命に終わりました。

さて、孔明に泣いて斬られたエピソードがあまりに有名な馬謖。
IkkitousenDD03-07.jpg
IkkitousenDD03-08.jpg

もちろん、たゆたう豊乳です。当然です。(笑)

今回登場のりんしんキャラでは、張飛についで光ってたキャラだと思います。
好みから言うと、断然劉備なんですが、今回裸があったわりに、あんまりエロいシーンがなかったので。
まあ半島作画みたいでしたから、仕方ないかな・・・。

そして最後、いよいよ登場した孫策伯符。
IkkitousenDD03-09.jpg

予告によると、ママンも登場だそうです。
やっぱり喜久子さんがあててるのかなぁ、ワクワクですなぁ。

テーマ:一騎当千 Dragon Destiny - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2007(上期) | 19:33:04 | Trackback(0) | Comments(0)
エマ第2幕 第1話
[ロンドンを去って1ヶ月が過ぎ、エマは新しい勤め口・メルダース家でメイドとして働いていた。そんなある日、レディーズ・メイドのナネットが恋人の士官に、主人の扇をくすねて渡しているところを目撃する。身分違いの恋に感ずるところがあったエマは、その扇の紛失が明らかになり、嫌疑が新参の自分に向けられても目撃したことを言い出せなかった。]

エマ第2幕のスタート。
正確には先週「幕間」と題して総集編仕様のものが流されましたので放送順序としては2本目ですが、まぁ、公式サイトにもこれをもって第1話としていますので、それに準じておきます。

第1シリーズでも高評価だったビクトリア時代の英国を再現した美術が今回もすばらしく、ライオネルのパーティくらいでしか片鱗が見えませんでしたけど、今回もその情緒だけでも十分な鑑賞に値しそうです。

さて、第1シリーズ最終話でロンドンを去り、今度は大勢のメイドが働く屋敷での奉公となりました。
そこでさっそくみかけた身分違いの恋。

欧州での「身分違い」っていうのは、日本とかと違って、もう体格から肌や髪の色まで違ってきますから、なんか国際結婚みたいな感覚になってきます。
ですから、日本語の感覚だと少し軽くなってしまいますね。

とはいえ、美術を含めた社会描写が濃厚なので、けっこう重く感じられるところでした。
上の者も、下の者も、落ち着いたしゃべり方をしている、っていうのは、文学的でいいですね。
実際は英国人といえども日本人に比べたらそうとうくっちゃべってる感じはありますが。

使用人の数が多いので、キャストの数もすごいことになってまして、少し驚きました。
一応気になったところを拾っていきますと、レディーズメイドのナネット。
自分から嫌疑をそらすべく、さりげなくエマに嫌疑がむくようにもっていってます。
立場から言っても、エマの抗弁は通らない、っていう判断ですね。
物的証拠が出てこなければ、たぶん通ったんでしようけど・・・。

エマをメルダース家に誘ってくれたターシャ。
エマを弁護する立場でしたけど、これも友情というより、自分の紹介なので、っていう側面もあれりましたかね。
ただ、ドジっ娘属性のようですので、日本人的感覚ですと、愛らしいキャラクターです。(^_^;

一方エマに批判的だったのが、ポリー。
もっとも、批判的と言っても、新参者に対しては普通の反応でしょう。
ヴィークやまかない方にしても同様。

さて、仕えるメルダース家というのは、大陸から来た貴族、ということで、女主人の名がドロテアになってました。英名ですと、ドロシーですね。
そういやこの頃のヴィクトリア女王もハノーヴァー朝の出自ですから、それを模しているところもあのかな?
けっこう理解のあるところを示してくれてまして、そこそこの力はあるようです。

一方のウィリアム君、エマがロンドンを去ってからというもの、寂しい気持ちを抱えているようでしたが、周囲の状況はなかなかそれを許してくれないみたいで、描写量は少なかったですが、今後の波乱を予感させるものでした。

個人的には、エマの第2部より、シャーリーをやってほしかったのですが(笑)、第1シリーズ同様、実に落ち着いた手堅い手法で描かれてましたので、あれこれ考えながら視聴するは刺激的な作品だと思いました。

ところで、総集編冒頭で『ロミオとジュリエッタ』が出てきましたけど、日本とか米国では人気がありますが、英国ですから後期ロマンス劇にしてほしかったですなぁ、『十二夜』とか『テムペスト』とか。
悲恋ものでしたら『トロイラスとクレシダ』の方がアダルトな感じがしますしね。(^_^;

次回、イルゼ登場ですが、設定を見ている限り、シャーリーほどにはときめきませんなぁ、はてさてどう描いていただけますやら。

TVアニメ2007(上期) | 18:30:15 | Trackback(0) | Comments(0)
鋼鉄神ジーグ 第2話
[ハニワ幻神との戦いの途中、ゾーンが拡大して剣児達はビルドベースもろとも飲み込まれてしまう。ゾーンの中では邪魔大王国の妃魅禍が復活し、人類への呪詛の戦いを開始するのだった。一方、ビルドベースへ戻った剣児は、ビルドエンジェル隊、そして司令として立つつばきの祖母、美和とともに戦いの場へむかうのであった。]

第1話ほど頻繁にモブが出て来ず、終始ジーグとハニワ幻神・魔愚羅との戦いでしたが、これだけ熱い戦いを展開していただければ、バトル一辺倒でもなんら問題ございません。
つうか、本作のおかげで、今期他のロボットアニメが、みんなチャチっぽくみえてしまいますのう。(^_^;

ヒロインつばきも戦闘服一本でしたけど、マイクロミニで露出が多いので、ここのままでもいっこうにかなわないところ。(^_^)
K_Jeeg02-01.jpg
K_Jeeg02-02.jpg

つばきの髪型、後ろが和風黒髪ロングで、前が風にたなびくバトルヒロイン風と、永井豪テイストがよく出てまして、良い感じです。

登場した敵の中枢、妃魅禍。
旧作では、あまりにおどろおどろしくてかえってグロくなってまして、なんかいけないものを見ているような感じでしたが、本作では適度に美的なものも追加されてて、グロい方がまだ勝っているとは言うものの、悪の女王っぽくはなってきていました。

そういや、ジーグのパーツが増えているのも、以前のような「バラバラ感」が薄れて、奇形っぽさは薄まってますね。

第1話で少し登場はしていましたが、ビッグシューターをサポートする攻撃型戦闘機チーム、ビルドエンジェル。
アイキャッチより、左から怪力自慢の早乙女隊員、柳生隊長、身堂隊員。
K_Jeeg02-03.jpg

早乙女は・・・早乙女博士の娘、でいいのかな、人相が激しく変わってましたけど。(^_^;

で、今回一番美女っぷりを見せてくれた、柳生隊長。
たぶん「柳生十兵衛・みつ子」だと思うのですが、柳生姓で眼帯をつけてますと、ラブリー眼帯を連想してしまいますのぅ、って思ってたら、メットにハートマークみたいなのがあって、まんまかよ、と思ってしまったところ。(^_^;
K_Jeeg02-04.jpg

まぁ、ラブリー眼帯自体が、かなり柳生みつ子を意識したようなところもありましたけどね。(^_^;

今回は顔見せだけでしたけど、身堂隊員、もちろんモデルは身堂竜馬でしょう。もっとも、竜馬の方は美貌の男子でしたけど。
たぶんこの3人のエピソードをからめてくる余裕はないでしょうけど、この名前、このデザインで出してくれる、っていうのは、すばらしい視聴者サーヴィスだと思います。

そして登場、ミッチー司令。
本作ではついに司令官になってしまったようです。
・・・宙はいったいどないしたんや。(^_^;
次の第3話で、邪魔大王国との過去の戦いが回想されるみたいですから、旧作としっかりつながってる、っていうのは確定かな。
ますます宙が気になるところですが。あの一緒にいたちびっ娘とかもどうなったんでしょうかね。
50年経ってるから、ミッチー以外あんまり見たくないかな。(笑)

あと、ロボット戦。まず、ナックルボンバー。
ロケットパンチ登場以後、拳をとばすロボット兵器は数多く出てきましたけど、このナックルボンバーは両手を固める、っていうのがポイントでした。
そして必殺のスピンストーム!

しかし、バカで熱血の主人公だと思ってたら、ナックルボンバーで敵の核の位置を探してそれを奪取、弱ったところでスピンストームと、けっこうバトルそのものは頭の良い戦いをしますね、野生の闘争本能のなせる技でしようか?

シナリオのかけあいもテンポ好くて、ジーグ射出のシーン。
「つばき、出せ」
「剣児、ごめん」
「おまえらバカかー」
のたたみかけ、いやあ、熱い上に面白かったです。

つばきの、パーツシュートのシーンの動画、たぶんバンクで毎回出てくるでしょうから、楽しみです。(^_^)
K_Jeeg02-05.jpg

次回、剣児が増長するそうなので、つばきやエンジェルズの描写も増えそうです。
うん、ロボットバトルも素晴らしいですが、ヒロインも可愛いので、言うことありませんなぁ。(^_^)

TVアニメ2007(上期) | 12:17:47 | Trackback(1) | Comments(0)
キスダム 第2話
[シュウの命を救うため、「死者の書」を使ってしまった由乃。だがそれによってシュウは人類の代表・伝承者となってしまった。救援に来た樹たちの前で、由乃は古代遺跡の発見、そして死者の書について語る。]

先行地域は既に第3話ですが、ちょっとトラブルがあって(雷雨があって、画像がかなりブレたので)少し遅れてしまいました。

いきなり遭遇する異能の敵との戦い、そして主人公がはっきりしなかった点等、開始だけですとDarkerThanBlackと雰囲気はよく似てたのですが、あちらがうまくまとめてハードな世界観を広げてくれたのに対して、こちらは少し風呂敷を広げすぎた感じです。(^_^;

絵とかはしっかりしてるんですけど、どうもこういう大げさな話にするには、ちょっと進行に無理があるような気が・・・。
最初に事件を出して後追いで描写、っていうのはそれこそテレビアニメ創生期からあった手法ではありますが、どうもその後追いの部分がうまく機能している作品とそうでない作品があるような気がします。

本作は一応うまくいってる方だと思いますが、「人類誕生以前からあったなにか」っていうのが、いまのところ大げさすぎて機能していない感じですね。
まぁ、まだ語られていない部分は多そうですから、今後の処理次第、ってとこですかね。

第2話になって、シュウっていう視点が定まってきたこともあって、絵のよさがスムーズに受け入れられるようになってきたところ。
とりあえず、前回途中から水着でウロウロしている玲と、バルダっていう妖精っぽいのが可愛いくて、良かったところ。
「失格だ!」
「私の名はバルダ」
「はじめまして、ネクロダイバー」
一応ここに帰結させての終わり方、っていうのは、この第2話単体で見るとうまく着地した感じです。
ただ、ネクロダイバーってことば・・・互換としてはダークでかっちょいいところもなくはないんですが、死体もぐりですか?(^_^;

しかしこのバルダ、公式サイトのキャラ紹介で載ってない、ってことは、さほど重要な役割はもたない、のかな。
むしろ、今回シュウを助けに来て、足止めされてしまう、亜久里、狼騎、樹、冬音、愁、それにシュウと由乃がチーム的に機能していく、ってことなんでしょうかね、適度な対立図式もありましたし。

まだ本部との関係とかもはっきりしませんし(由乃と京香司令との対立みたいなのもありましたし)もう少し見ないと構造の細部ははっきりしません。

次回のサブタイが「キズナ」なんで、次を見てから、かな。

テーマ:キスダム -ENGAGE planet- - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2007(上期) | 11:24:40 | Trackback(2) | Comments(0)