FC2ブログ
 
■カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
ひとひら 第3幕 初舞台
[初舞台の緊張からトイレにたてこもってしまう麦。引きずり出されて、いよいよ初舞台直前の練習となったが、依然として緊張のしっぱなし。そこへちとせが飛び込んできて、演劇部員の間であった噂を伝えにきた。「野乃先輩が声帯麻痺ってほんとなんですか?」と。]

うぎゃー、地震のテロップぐぁぁぁぁぁ。
毎週楽しみにしている大好きな作品でやられると、頭から湯気が出るくらい腹たちますなぁ、しくしく。
この作品はどのみちDVD買うと思いますけど、それでもちとショックであります。

さて、今回は舞台そのものは立ちセリフだけでしたけど、証明の暗さ加減とか、講堂に少ない観客がチラホラいたりとか、友達が思わず声を出して応援してしまうところとか、もう学生演劇の描写がリアルすぎというかなんというか。
ただまぁ、普通高校のレベルですと、講堂とかの使用許可はなかなかおりないので、会議室だったり、特別教室だったりすることも多いのですが、一応芸術系ですし、それほどの不自然さはないですね。

けっこう見る人を選びそうな作品なんですが、もうひきずりこまれまくりです。
少なくとも、現時点では私の脳内順位、今期の1番です。

さて、美術描写の素晴らしさをいろいろ書いていくと、分析になりかねないので、感想の方を書いていきますと、まず麦チョコ、トイレたてこもり事件。
Hitohira03-01.jpg

扉を境にした、佳代ちゃんと麦チョコの対比の図。
トイレットペーパーを引き出して握り締めているところに、麦の心理的な追い詰められようが見てとれますね。

そこへ現れた、野乃先輩。
淡々とトイレ怪談をやって引っ張り出したんですが、理咲・・・捕獲成功って。(^_^;

でも怪談に恐怖する麦ちゃん、可愛いかったですのお。(^_^)
Hitohira03-02.jpg

このあたりの、野乃の淡々と実務的に怪談をこなしているあたりも恐さがあって良かったんですが、公演のビラ配り中に遭遇する、美麗との対決。

いやぁ、絵面としても良かったんですが、中の人の迫力がありすぎて、最高です。
雪野さん、川澄さん・・・こわすぎですって。(^_^;
このメンチの切りあいのさ中、野乃の発言。
「その子には才能があるわ、演劇部部長のくせにそんなことも見抜けないの」
っていうセリフ、おお、やっぱり麦にはすばらしい素質があったのか、と思わせていおいて
「売りことばに買いことばよ」と、見事に肩透かし。
このへんの、会話の出し入れも面白いですな。

もちろん、桂木先輩の客寄せに感動して欲情するちとせも可愛いくてナイスでした。これは無視するわけにはいかないでしょう。
Hitohira03-03.jpg

そして判明する野乃の声帯麻痺、謎の友人。(笑)

謎の友人の方はともかく、声帯麻痺を聞いて、麦がすべてうまくこなせるようになったわけでもなく、一声だけでした、っていうのも、適度にリアルでいいですね。
「しゃべった、麦がしゃべった」っていう、佳代ちゃんの、ハイジなネタも直後にあって、良い感じでした。
うん、学生演劇って、けっこうこういう騒がしいところもあるんですよね。

美麗部長の「10月の演劇、楽しみにしているわ」っていうシメもナイスで、その後の
「それがあなた達の最後になる」っていうセリフも、あとあと重要になってくるんですよね。

それにしても、野乃先輩の舞台衣装、エロくてよろしいですな。(^_^)
Hitohira03-04.jpg

そして、セミロング時代。
Hitohira03-05.jpg

これはウエルベールのリタ姫と違って、どっちも萌えられます。

舞台練習・・・上手と下手、「~から見て右」っていうのを間違えたり、出の位置にテープを貼ったりとか、細かい描写が心憎いですね。
あれ、たいてい最初は皆経験すると思います。

そして本番、幕間で野乃が麦に緊張ほぐしのおまじない。
Hitohira03-06.jpg
Hitohira03-07.jpg

あのー、恍惚としているように見えるボクは悪い子なんでしょうかー。(^_^;
いやあ、思わず指を口に含んじゃうのかと思ってしまいましたがな。ストパニなら確実にねぶりたおしてますな。(笑)

舞台の様子、舞台から見える観客とか、客席からの舞台とか、なかなかリアルでよかったんですが、出入り口付近がちょっと暗すぎ、かな。
もっとも、外に出た美麗の周辺を見ると、あんなものかもしれませんが、一応五月晴れ、って言ってましたしね。

麦ちゃんのしっかりとした発声の部分と、しどもどしてた部分と両方も出てきましたし、良い舞台描写でした。

そして皆でラストショット。
Hitohira03-08.jpg
Hitohira03-09.jpg

見ててほんとに心温かくなる展開でした。

次回は一転して、麦の成績問題。

スポンサーサイト



テーマ:ひとひら - ジャンル:アニメ・コミック

ひとひら | 18:21:14 | Trackback(2) | Comments(0)
アイドルマスターXENOGLOSSIA 第3話
[アイドルチームの一員となった、春香、雪歩は、学校の地下にある基地に招かれ、チームのメンバーと挨拶を交わす。そして、アイドルのマスターとしての訓練が始まるのだった。]

チームメート紹介編。

ということで、お話自体は、さすがに手慣れた感じがあって楽しいデキ。

ただ、やっぱりネックはロボット部分で、基地とかも含めて丁寧に描写されてるし、効果なんかもがんばってる感はすごく伝わってくるんですが、やはりジーグを見てしまった後だと、すべてが普通っぽくて冗長な印象になってしまいます。
いや、技術的にそこそこ高いし、ツボを抑えよう、っていう努力は痛いほどわかるんですけどね・・・。
彗星迎撃についても、ドロップ、ミント、レモンっていう名称をつけての差別化はわかるんですが『ストラトス4』で完成度の高い彗星迎撃を見てますので、これもかなり冗長な印象でした。
まぁ、はっきりと敵の存在が確定してくると、また変わってくるんでしょうけど。

というわけで、ロボットパートには触れないほうが良いと思われるので、それ以外についていくつか。

まず学校の教室がエレベーターになって沈んでいく描写。
この世界観にとてもよくあってるっていうか、エルドランシリーズを思い出してしまうというか。(^_^;

主人公・春香の登場と、同位置でライバル関係にあると思われる2人のパイロット。
片方はライバル心をバリバリムキダシで、片方はエースの自信、とこれまたわかりやすいタイプの配置。
そしてバックアップチームも、始末書担当がいたり、実務型がいたりと、短い場時間と限られた場面でうまい紹介でした。

ちょっと気になったのが、モンデンキント、っていう単語・・・『はてしない物語』ですか?(^_^;
月の子、っていう意味で使ってるのでしょうか。シンボルマークがミーナみたいでしたので、たぶんそうなんでしょう。
しかし、モンデンキント・ジャパン、ってつなげられると、すさまじい違和感ですね。(笑)

舞HiMEほどにはマスクが濃くないので、割と入っていきやすいところですが、やはりアクの強いのが不足している感はありますね。
やよいちゃんは、普通の普段着になっちゃってますし、おデコちゃんは暴走してないし。

というわけで、もっとコメディ色を出してほしいなぁ、っていうのが、願望ですが、たぶん方向性としては違うんだろうなぁ。(^_^;

2話完結のスタイルのようなので、次回、チームメート紹介編の後篇、かな。

テーマ:アイドルマスター XENOGLOSSIA - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2007(上期) | 16:51:34 | Trackback(1) | Comments(0)
ウエルベールの物語 第2話
[旅の途中、港町ザザンに立ち寄ったティナは、リタとともに町へ買いだしに出かける。だが、リタの指名手配書はすでにこの町にも来ていて、賞金狙いの荒くれ男達に追いまわされることになる。]

作画・・・安定してますね。
第2話程度で言うのは総計なんでしょうげと、最近第2話でローテーションの穴が出ている作品をチラホラ見かけますので。
公式ブログとか読む限り、かなり体制が安定してるっぽいので、そっち方面の心配はせず視聴できそうです。

今回の町中での描写とか、橋の上での追撃戦とかでも、クローズアツプとかパンとか、アニメ動画の技法自体は極めて普通にやってるようなのに、歴史絵巻を見る目ように、しっかりと絵の中で役者が動いているような印象が醸し出されていて、物語の背景、雰囲気っていうのがよく伝わってきます。

雰囲気っていいますと、たとえば登場してきた銃。
大航海時代、あるいはコロニアルエイジの雰囲気をうまく伝えてくれるてますし、あの知能つき戦車ボルジュラックにしても、SF的というよりむしろ、オズの魔法使いにおける、ドロシーの従者のような印象です。
馬がひっぱる絵も出てきましたけど、そういう点の考慮なんでしょう。
2度目となった、リタ姫の「着替えさせなさい」ポーズも、少ない場面で、姫様然としたところをうまく伝えてくれてますし、こういう細部に目の行き届いた描写、っていうのは見てて快適です。

物語の方も、非常にシンプルでわかりやすいな構図なのに、刺されたゲルニアがとんでもない男だったり、政略結婚であることはリタ姫の側は十分承知していたこととか、シンプルなのに奥行きはしっかりととってくれてますし、第2話にして、けっこう物語に引き込まれてしまいます。

そしてキャラクター。
平気で黒ビールを飲んでたり、非処女だったりと、けっこうアダルトな設定にしてまして、今のところロリ系キャラを出してない、っていうのも潔くて好感度高いですね。
まぁ、ロリ系キャラが出てくると物語バランスが崩れる可能性もあるので、これはこれでいいかな。
もっとも、しばらくしたら出てきそうな感じではありますが。(^_^;

ただ、姫さまが髪を切っちゃったのは、ルックス面で一層弱くなりそうなんで、ちょっと残念。
つうか、あの髪型、ダサすぎでしょ。(笑)
切った直後だからかな、と思ってましたら、OPとか次週予告とかではあの髪型で映ってますから、たぶんあれで固定なんでしょう。
あれは残念でした。

あと「べる」しゃべりのシェリーよりも、ボルジュラックの方が、このパーティでは重要な役を担いそうですね。
それにしても、渋いパーティですのう。(^_^;

今回けっこう胸元が嬉しかった、町中でのティナと
Wellbere02-01.jpg

ふくれっつらのシェリー。
Wellbere02-02.jpg

キャラの重要性ではボルジュラックの方が上でしょうけど、好みっつう点では、断然シェリーですので。
・・・中の人、ロケットガールなのね。(^_^;

テーマ:ウエルベールの物語~Sisters of Wellber~ - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2007(上期) | 16:08:49 | Trackback(2) | Comments(0)
獣装機攻ダンクーガノヴァ 第10話
[突如別形態へと変成したダンクーガノヴァを巡って、葵達は田中にダンクーガに秘められた秘密について詰め寄った。そこへ満を持して登場したFSにより、人類の命運をかけたプロジェクトが語られる。その頃、アールダイガンを開発したゾルブレイン社に、謎の飛行物体が迫りつつあった。]

今回の作画は、決して破綻したとか崩壊とかってのではないですが、デザインが変更されたかのごとき違う絵になっとりました。
皆さん輪郭が丸くなって、顔が濃いです。(^_^;

最初の3話くらいまでは、けっこう良い感じだったのに・・・1クールもちませんかねぇ。

衣服越しに、揺れる状況でもないのにおっぱい揺すりのアニメートをするくらいでしたら、もう少し原画の質をあげてほしい、と思ったりもしてしまうところです。

あと、株価暴落、会社倒産で、どこも兵器を買ってくれない、っていうのは、順番逆なんじゃないですかね?

いろいろ愚痴りたくもなりますが、アールダイガンとの強力関係とか、エイーダとジョニー、朔哉とクロンカイト、といった、伏線とまではいかないでしようけど、いろいろとキャラ間にあった仕掛けはちゃんと回収に向かっているようで、そういう点では普通に進行している感じですね。
やっぱり作画体制、ってことになるんでしょうなぁ、問題は。(^_^;

ということで、エイーダのフェロモンにひかれたジョニーに引きずられるかっこうで、愛と正義の戦いを展開してくれたところで、次回。

しかし、外の組織に指示を出したり、ホログラムとは言え有無を言わさず撃ったりと、くららさんは過激ですなぁ。

あと、ルゥが「4代目」とか気になることを言ってましたが、あれって、普通に受け止めていいのか、それともヒューマノイドでした、っていうオチなのか、判別しがたい言い回しでした。
残り話数を考えたら、とてもヒューマノイドおちは厳しいとは思いますけどね。
でも、ここにきて異星人の襲撃って、どう収拾つけるんでしょうか。
少し心配ではありますが。

あと、2話だと思うのですが、作画回復してくれないかなぁ。。。

TVアニメ2007(上期) | 04:28:17 | Trackback(3) | Comments(0)