FC2ブログ
 
■カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
キスダム 第3話
[シュウをネクロダイバーと呼びかけるヴァルダだったが、その姿は由乃には見えなかった。シュウのからだに異変が起こり、再生能力が宿ることになる。窮地を脱した狼騎達だったが、虫とともに猛攻をしかけてくるハーディアンに立ち向かうため、出撃していった。]

絵は綺麗ですね、全然萌えませんが。(笑)
作画、つうか動画についてはいろんなところで言われてますし、さほど興味のわく絵柄でもないので、パス。

航空機等のメカニックCGAは丁寧に作られているんですが、ドラマ部分が弱いのと、人物が属性だけで作られているので、厚みをほとんど感じません。
由乃が途中で昔語りをして、そんなあなたを好きになったって言ってましたけど、心情描写もなくいきなりやられても、恋人関係っていう属性の確認にすぎませんしね・・・。
司令が人類を裏切るってのも、司令の立ち位置をいままで 描いてきてないので、「あーそうですか」くらいにしか見えません。

たぶんメカ好きにはそこそこ歓迎されてるのかもしれませんが(メカ嫌いってことではありませんが)これだけドラマ部分を軽く扱われていると、あまり肯定的な感想は書けそうもないので、次回からはよほど興味をひく進展でもない限り、たぶん書きません。
もちろん視聴録画は続けますけどね。

ヴァルダの明坂さんとか好きだし、素材としては引かれるんですけどね。(^_^;
今後の楽しみは、崩壊をオチするくらいですかね。

スポンサーサイト



テーマ:キスダム -ENGAGE planet- - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2007(上期) | 22:52:17 | Trackback(3) | Comments(0)
史上最強の弟子ケンイチ 第28話
[ケンイチは武田、宇喜田とともに新島に呼び出されて、強引に新白連合の3将軍にされてしまいかける。そんな新島の元へラグナレクのロキから連絡が入った。一人で来るはずが、お互いてだれを連れての登場となり、舞台となったファミレスで乱闘が始まる。一方的におしまくられる新島達だったが、そこへラブレターの餌に釣られてやってきたケンイチ、武田、宇喜田。3人は一瞬でロキ達を倒すが、その男はロキの影武者だった。]

20号・・・愛河さんですか。(^_^;
連華のかないさんの次はなにげにしぶいキャスティング、つうか、愛河さんのキャピキャピ可愛い系の声って、久しぶりに聞いたような。

それはともかく、本作のトラブルメーカー、新島なんですが、どうもイラつきますね、こいつ。
所謂憎めないトラブルメーカー、とかじゃなくて、けっこう陰湿さが醸し出されてるせいでしょうかねぇ。(^_^;

今回の見所は・・・20号の声と、天井裏の美羽の尻・・・くらいですか。
ムチプリが出てこないと、ちょっとテンションさがります。
まぁ、前回がすさまじかったから、っていのもあるので、理解はできますし、作画も良いとは決していいかねますが、そんなにひどくはなかったので、次回を楽しみに待つことにします。

その次回、美羽の服が前方向でひっちゃぶかれてまして、こりゃあ期待が高まりますのう。(^_^)

TVアニメ2007(上期) | 20:35:25 | Trackback(0) | Comments(0)
地球へ・・・ 第3話
[アタラクシアへ戻ってきたジョミー。だがそこには既に両親の姿はなかった。ジョミーの帰還を察知したユニバーサルは、ミュウ達の拠点を調査するべく、ジョミーとジョミーに同行してきたリオを追い詰め捕獲する。]

原作に記憶がないので、あれ?・・・と思ったら、どうやらオリジナルのもよう。
もっとも、原作を手許において鑑賞しているわげではないので、記憶になくても忘れているだけ、っていう可能性もあるんですが、まぁ、今回のはアニメオリジナルでしょう。

ジョミーという人格が、なかなか新しい環境へ入っていくにはナイーブだったこと、が、このアタラクシアで逆の方向、つまり既知世界からの描写として描かれていたわけで、その意味では良い補足だった、と思います。

前回も書きましたけど、SFとしての本作は、やはり時代の制約がありますので、かなり古びた素材、という感はけっこうあります。
私はむしろ本作はSFとしてよりも、そういった素材を扱いながら、若い魂が触れ、感じ、知覚する、その繊細さにその魅力があったと思いますので、そういった面に心配りをしてくれてたら嬉しいですね。
ただ、今回に関しては・・・そこまで考えると普通かなぁ。(^_^;

捕獲されたジョミーの精神に、母の映像がすりこまれていき、それがジョミーの強い感応力でその背景が暴かれ、とらわれたリオが拷問のような情報抽出にあっているのと同時に、母の姿を借りたテラズ5の姿が重なってくるところ、まぁ、表現としては月並ではありましたけど、けっこう好きな表現です。

あと、ミュウタントについて。
今後、アニメ的に補足があると嬉しいのですが、機能欠損と機能障害の違いを表現してくれたら嬉しいんですが・・・SF考証にあたってる人の能力を考えると、ちょっとムリかな。(^_^;
ただ、60年代から70年代のSFにおけるミュウタントに扱いとしては、極めて正統的なものなので、その範囲でもいいから、もう少しはっきりと描いてほしい、っていう願望はあったりします。
子供達とか、なんかあまりに普通ですしね。

子供達と言えば、『私を月まで~』のニナが映ってましたね。
気づかんかったけど、第2話から出てたかなぁ、あとで見直してみませう。(^_^)

力場の描写は割と明確でしたけど、依然として感応との混同があって、SFとしてやや辛いところもあったりしましたが、まあまあ見れました。
もっとも、高エネルギーを発しながら飛翔するESPerの姿、っていうのは、使い古された表現ではありますけど、絵にはなるので、ちょっと嬉しかったところです。
ただ、理屈づけはしてほしかったですけどね。・・・次回、あるかな?



テーマ:地球へ… - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2007(上期) | 20:00:06 | Trackback(3) | Comments(0)
かみちゃまかりん 第3話
[和音による基礎体力訓練の特訓が始まり、花鈴はダウン寸前。でも、新しい学校に入学して喜びもひとしお・・・のはずが、そこでは外部からの疎外感を味わっていた。そんな折に見かけたとってもカッコいい男の子。「私の王子様」とメロメロになるが、新しい敵も現れた。なかなか自分の力をコントロールできずに苦しむ花鈴の前に現れたのは、和音。ところが力を使いすぎて、和音は倒れてしまう。]

あ、今回は絵がすごく綺麗。(*´▽`*)
手を抜こうと想ったらとことん抜ける絵だけに、かなーり心配してたんですが、今回はおっけーです。

ディフォルメの効いた絵、っていうのは、描き手のセンスがすごく左右しますから、外に出されると即破綻・・・てことが多いんですよね。
本作も、人物のラインは非常に繊細な描出によるところが大きいので、ある意味、写実的な作品より難しい側面もあったりするとは思うのですが、今回は大きな瞳のバランスをうまく描き出してくれてました。

で、本日の作監さんが、輿石暁さんで、たしかLAPで何作か作画監督されてたように思いますが、なかなか綺麗な絵にしてくれてました。
特に、花鈴のアップが可愛いかったです。

さて、お話の方は、新しい環境・聖英学院桜ヶ丘中学、といういかにもな私立の名門校らしいところでの新生活、ってことで、あの木登り眼鏡っ子が生徒会長だったり、和音くんの取り巻き「カズネーズ」の4人が出てきたり、姫香ちゃんの小学部以来の友達が出てきたりと、けっこうにぎやかな回でした。
それだけに、こういう良い作画でやってくれると嬉しいものです。

そして再び登場、「あいあむ ごーっど」
なんか今回は普通でしたけど、まだ制御できていない状態ですので、けっこう心地よい間抜けさ。
うん、バトルアニメではありませんから、こういう花鈴の可愛い戦いというかスタイルを見せてくれるのは嬉しい限りでした。(^_^)
「わたしもかみちゃま」発言のあたりもすんごく可愛いかっだすな。

和音くんとの関係も、一方的にどつきまわすだけの関係ではなくなってきてましたし、ようやく少女マンガ的なイケメンカップルになってきた感じ。
男性視聴者感覚だと、男がイケメンだと嫌う人もいますけど、私は2Dであれば、美男美女にひっついてほしいクチなので、和音くんと花鈴ちゃんのコンビはけっこう好きだったりします。

ただサブタイが「姫香ちゃんの秘密」ってわりには、それほどつっこんだ秘密でもなかったですね。

ということで、作画が良いと、こうもキャラの魅力にほれこんでしまえる作品ですので、あまり落ちがないようにお願いしたいですね。

TVアニメ2007(上期) | 19:34:01 | Trackback(0) | Comments(0)