FC2ブログ
 
■カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第4話
[スバルたち4人に、なのは直々の実戦訓練が始まった。着実に成長の後を見せるスバルたちだったが、日々の訓練によりスバルとティアナのデバイスが故障してしまった。そこで新しいデバイスが4人に渡されることとなった。]

なんかのんびりした展開ですね。
前回、第3話の段階では、2クールのよさを利用して、キャラや環境の語り直しが丹念に描かれそう、と思っていたのですがさすがにそればっかり続くと、少し退屈でした。
A'sのときみたいに動的な出だし、とまでは期待してませんでしたが、ここまで魔法少女性質を殺ぎ落としてしまうのでしたら、もう少しバトルとか敵対軸とかを出してみても良かったんじゃないか、っていう気がします。
こんなにゆるゆるな展開なら、むしろバトルじゃなく、普通の魔法少女をしてほしかった、って気もありますし。
やっぱりあの19歳設定がどうだったんかなぁ、っていうのが、いまさらではありますが・・・。

ともかく今回はスバルの語りからスタート。
ギンガのことを「ギン姉」って呼んでいるようです。

そしてなのは直々の実戦訓練。
完全に軍隊になってるんですが、変身シーンもほとんど赤射蒸着で、魔法少女の面影はもう微塵もありません。
やっぱり「サークリット!」とか言って華麗に変身してほしい、ってこのネタはもうやりましたか。(^_^;

リミッターかけた状態でのなのはさんでした、ってことが後で語られますが、これだけ余裕もたれてると、神の見えざる手の領域のようで、やりすぎ感が少し・・・。
隊長と副隊長にはリミッターがついてて、限定解除は特別なときでないと許されないって・・・まんまBLEACHですなぁ。
デバイスって斬魄刀ですし、この先、さらにグレードアップするようなことを言ってましたから、そうするとそれって卍解ですしね。
やっぱりBLEACHみたいなことがしたいんでしょうかね、と思ってしまった次第。

ただ、こまで強い強い、っていうのが強調されてしまうと、今後、なのは、はやて、フェイトのチームワークに亀裂が生じて、誰かが敵に回るとかでもしないと、ちょっとバランスとれなくなりそうです。

作画なんですが、いやな方向で予感的中。
特になのはさん。1話の中で、これだけデッサンが崩れてるっていうのも・・・・。(^_^;
Bパートなんか、シーンごとに顔が違ってましたしね、目の位置の高さとかが。
もっとも、某グレンラ○ンとか某キ○ダムとかと違って、既に2つのシリーズで免疫ができているので、それほどショックってことでもなかったです。
なのはシリーズは過去2作においても、ほとんど崩壊と言っていいほどひどい作画回もありましたけど、それを補ってあまりあるすばらしいバトル描写、ドラマ描写がありましたので、今後、また第1、第2シリーズのときのような、すばらしいアニメ表現を見せてくれたらそれでいいかな、って気はしてます。
もっとも、想定していたより早く来た感じではありますけどね、崩壊。(^_^;
こうして見ると、第2シリーズのA'sって名作だったんだなぁ、と改めて思ってしまうところです。

そんなわけなので、シャワーシーンがあったわりには、イマイチ盛り上がりに欠けました。なんでショタっ子のシャワーシーンを割愛するですかね。
設定見てると、キャロ10歳、スバル15歳、ティアナ16歳・・・。
本来なら、転げまわれるところなんですがねぇ。。。

まぁ、そんな中にあって、ハヤテ-カリム対談はけっこう良かったですな。
物語の外枠をうめてくれていった感じでしたし。

さて、物語はまだ敵の顔が見えてきませんが、当分こんな感じなのでしょうか。
作画はがまんできますが、これだけ動きが少ないと、ちょっと辛いです。

スポンサーサイト



テーマ:魔法少女リリカルなのはStrikerS - ジャンル:アニメ・コミック

魔法少女リリカルなのは | 22:04:56 | Trackback(8) | Comments(4)
一騎当千DD 第4話
[馬謖により郭嘉が倒された。賈詡は夏侯惇に南陽制圧の全権を与えるが、孫策とは正々堂々と戦いたい、と思っていた夏侯惇はあまり乗り気ではなかった。一方、周瑜の家に居候をしていた孫策と母・呉栄の元に許昌から刺客が放たれた。]

日曜日はサンクリに行ってたので、視聴したのは帰郷してから。
そして知った衝撃の事実。・・・録画にゴーストでまくり。(涙)
KBSでの視聴では、なのはとスティグマはいつもゴースト出てたけど、一騎当千はふしぎと良好な受信状態だったのに、今回はダメみたいです。
つうわけで、今回はキャプチャできず。しくしく・・・。
せっかく諸葛亮が出てたのになあ、残念。

本編。
諸葛亮・登場!
もうこれにつきるかなぁ、ほとんど2カットだけでセリフもありませんでしたけど。
とにかくEDにあるような、成都の参謀・中学生策士としての本格的登場が待たれるところです。

中学生闘士と言えばもう一人、ゴスロリ少女・典韋も登場。
呂布の墓に詣でる呂蒙の前に現れ、決戦の予兆でしたが、こっちもなかなか良かったです・・・って書くと、呉栄ママンにけりとばされるかな。(^_^;

そしてついに前シリーズ・長谷川眞也キャラデ版では主人公だった孫策伯符が本格的に主人公格として登場。出番自体は前回でもありましたが。
呉栄とじゃれてたかと思ったら、単身成都に乗り込んできたりと、さっそく本シリーズでも中心にのしてきてくれました。

全体としては、今回のりんしんキャラの方が好みなんですが、孫策に関しては、長谷川眞也版の方が好みです。目が慣らされた、ってのもかなりあるかもしれませんが。
でも、呉栄は現行のりんしんキャラの方がよかったしなぁ、うーむ・・・。(^_^;

あと、夏侯惇も、男キャラなんでどっちが好みとかっていうのとは違いますけど、前シリーズで非常に個性的なマスクでしたので、どうもそっちの印象からまだぬけきれてないところがありますね。

忘れちゃいけない、呉栄ママン。
うん、やっぱり喜久子さんでした。
ババァといわれてブチ切れたり、トンちゃんにメロメロになったり、孫策の言葉尻にキュピーンと目が光ったりと、けっこう黒いところを見せてくれまして、まことにすばらしかったです。
女神さまでお姉ちゃんな喜久子さんより、ロベリア・カルリーニでエレクトラな黒い喜久子さんの方が大好きな私としては、こういう描写はもう転げまわってしまうところです。

予告も喜久子さんでしたので、採録。
「たとえ中学生のゴスロリ少女だろうと、日本刀所持の美少女女子高生だろうと、幼女の策士だろうと・・・」と語ってくれました。
えーと、幼女・策士、ってのは諸葛亮でいいんでしょうね、ということは次回、やっと物語にからんできてくれるのかなぁ、けっこうワクワクします。
しかし、中学生で幼女、って言われても・・・呉栄さんの年齢からしたら、幼女なのかな。(爆)

つうことで、次回に期待。
そういや、SUNでも放映してるんですが、裏が多すぎてSUNではとれません。
次回からKBSにまたゴーストが乗るようなら、アニメじゃないCSの裏をいくつか削って、SUNで録り直そうかと考えているところ。
スティグマは、TVNでもやるのですが、こっちは放送が2週程度遅れるので、一応KBSで見て、保存はTVNで、っていう方針。
なのはも、保存はファミ劇の方でしています。


テーマ:一騎当千 Dragon Destiny - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2007(上期) | 20:43:21 | Trackback(0) | Comments(0)
天元突破グレンラガン 第4話
[カミナの思いつきで合体特訓をやらされることとなったシモンだったが、腹が減って思うように動けない。その訓練の最中、謎の4人組に獣人と間違えられて襲われる。獣人ハンター・黒の兄弟と名乗る彼らは、シモンがラガンに教われていると思ったのだった。]

日曜日はサンクリ遠征で池袋にいってたためリアルタイムでは見られず、録画していたのをようやく見ました。
いや、すごい騒ぎになってましたけど、そりゃあなるわな、というのが第1感。(笑)

その後、公式ブログの大炎上事件とかも知りましたが、まぁ、アニメの外の話なんでそれにはあまり立ち入らず、簡単に感想を。

作監は、BECKをやった小林治氏。
正直なところ、勘弁して、って気持ちです。まぁ、たいていの人はそうでしょう。(^_^;
基本設定からはずれすぎです。

もし、こういう画風も本作の魅力として考えている、っていう姿勢なら、なんでバンクをそのまま使うんでしょうね。
冒頭と、変身時前後等、ところどころで3話までのバンクが使われているから、不統一の極みになってますし。

作画はそれなりに安定はしてましたし、これがグレンラガンである、っていうことを忘れれば、動画もそこそこ動いていました。
従って作画崩壊を起こしているわけではなく、作品崩壊なのでしょう。
動画にしても、面全体で動かしているっていうより、ラインだけをパラパラまんがのようにはでに動かしただけの印象ですから、動きの量の割に効果的だったかどうかというと、ちょっと・・・なところもありましたし。

特に見てて辛かったのが、これが設定段階からすごく楽しみにしていた、キヨウ、キタン、キヤルの3姉妹キャラ初登場回だった、ってことで、こんなマスクでお披露目されちゃかなり萎えますな。(^_^;

ただ、中の人はすごく良くて、けっこうドキドキしました。
まぁ、その一点があったから、別物の作画になっていても、なんとか最後まで見れた理由でしたけどね。

ということで、今回はこれまで。
お願いしますから、これっきりにしてくださいね。(^_^;

テーマ:天元突破グレンラガン - ジャンル:アニメ・コミック

グレンラガン | 04:39:21 | Trackback(2) | Comments(0)
ポリフォニカ 第3話
[海運会社社長の息子の依頼で、沈没船からケースを引き上げる仕事をうけたツゲ神曲楽士派遣事務所。だが、依頼主の弟も競うように神曲楽士を雇い、ケースを引き上げようとしていた。相手が雇った神曲楽士の正体が不明のまま、フォロンはコーティ、ペルセとともに潜航艇で海に潜る。]

良い話だったんですが、演出というか、コンテがゆるゆるで、ちょっと悲惨なことに。

一応舞台は海中なのに、平気で楽器を演奏して精霊を戦わせたり、攻撃わざの潜航艇への到達がまったく水中を意識しているように見えなかったりと、かなり痛いことに。
まぁ、楽器演奏は空気玉の中でやってたようではありますが、途中、コーティが2人を空気玉で救出するのを見るまで、はっきりとわかりませんでした。
それに数年前に沈んだはずの船の中に、十分活動できる空気が残っていてそこでバトルしてたりと、もうなにがなんだか。(^_^;

ラストの兄弟仲良く、っていう示唆をこめての幕引きは、月並ではありますがそれまでの低次元の兄弟ゲンカをうまくまとめてましたし、良いオチだと思ったのですが、途中の戦いがあれでは、ちょっと辛かったですね。

まぁ、メインは前半のムダな水着動画、ってことでしょうから、その意味では本編こそが付け足しだったのかもしれませんが・・・。
それほど作画が良かったわけでもなかったのですが、一部にはビビッと引き付けられるものもありましたので、それを回顧しておきます。

まずいきなり無意味にでてきた、学生バイトでフォロン先輩好き好きのペルセ。
Polyphonika03-05.jpg

そして、今回けっこう画面露出があったプリネ。
Polyphonika03-01.jpg

見事なまでに胸の強調。(笑)
ほとんど全員巨乳なんで、おっぱい要員、てことでもなそさうですが、とにかくこれでもか、っていうくらいお胸の強調でございました。
このポイントを絞りきった、いさぎよい描写にはある種の感度があったのも確かです。
それを端的に示すのが、社長の説明セリフの間、執拗に映っていたお尻動画。(笑)
Polyphonika03-03.jpg

原画だけをパンするならともかく、動かしてましたからなぁ。
つまりそういうところが売り、って解釈でいいんでしょう。

ところが巨乳要員がそのセールスポイントを、水着でおしげもなくさらしてくれていたのに、コーティときたら・・・。(^_^;
変身後に爆乳化する、っていうことなので抑え目に描写されてるのかもしれませんが、貧乳にまでいかず、中途半端な凡乳というか、並乳というか。(^_^;
いやまぁ百歩譲って、普段はそういう凡乳だ、しかし変身したらすごいんです、っていうのでも良かったんですが、海底での戦いではまだ変身前だというのに、いきなり胸が発育してましたし、なんか不徹底でしたなぁ。

今回、肌をさらしてくれた中では、しゃっちょさ~ん、の肉体がなかなか丁寧にアニメートされてて良かったです。
Polyphonika03-02.jpg
Polyphonika03-04.jpg

うん、今回はツゲ社長のお肌が一番好みでございました。
たぶんボリュームで言うと、双子姉妹の方が上なんでしょうけどね。

つうことで、一応サーヴィス回、と解釈しておきます。(^_^)
見るに耐えられんひどい原画もあったんですが・・・まぁあの程度ならまだまだ許容範囲ですかね。
もっとも、次の第4話はもっとすごいことになってるらしいので、場合によっては記録はやめるかもしれませんが。(^_^;

テーマ:神曲奏界ポリフォニカ - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2007(上期) | 02:23:34 | Trackback(0) | Comments(0)
セイントオクトーバー 第16話
[林間学校と夏休みを目前に控えて浮かれる小十乃に、期末テストで赤点を取れば夏の補習、という恐るべき事実が告げられた。やむなく菜月の家で、菜月、三咲、小十乃の合同勉強会になった。一方猟兵がテスト休暇を取ったことに立腹したエスメラルダは単身黒ロリ打倒を計画し、学園へ迎うが、途中でヨシュアに出会ってメロメロになってしまう。]

サブタイ:ロリ桃色!フォーリンラブに超ホーミータイトでち!
・・・毎回、「ロリ○○・・・超~」っていうかなりすごいサブタイ名ルールなんですが、今回はいつも以上に斜め上行ってますなぁ。(^_^;
お話も、ほとんどエスメラルダ一色で、相当変でしたし。・・・でもこんなの好きよん。(^_^)

ただ、絵がねぇ・・・。
色気ふりまくシーンで、鼻の穴をこれでもか、ってくらいにおっ広げてたり、口唇をアフロ化してみたり、ちょっと生理的に厳しいもんがありました。(笑)

本編は、ヨシュアに一目ぼれしたエスメラルダがいろいろとアプローチしたものの、見事にスルーされて逆ギレ、ニケを怪物化させてしまうものの、ほとんどバンクシーンだけで片付けられてしまう、っていう、ばかばかしさが楽しい回でしたが、いろいろと含みというか伏線は散らしてくれてました。

まず、ヨシュアの過去。
幼い小十乃を背負って傷つきながらの逃走、そして辿り付いた修道院。
その修道院をねぐらにしてしまっている現在と、功士郎に「子離れしていない」と溺愛ぶり。
ラスト近辺でそれを見る、ユアンの目。
あるいは、黒ロリを倒す、ということが小十乃を抹殺することだと知って、一時戦線から身を引くようにテスト休暇の形で離れた猟兵。
それなりに仕掛けはされた印象でした。

ということで、典型的なギャグ回、ということで。
エスメラルダの回だったのですから、もう少し作画ががんばってほしかったですな。

TVアニメ2007(上期) | 01:38:33 | Trackback(1) | Comments(0)