FC2ブログ
 
■カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
ロミオ×ジュリエット 第2話
[薔薇の舞踏会で知った青年、その名はロミオ。ジュリエットは胸の高まりを抑えきれなかった。そのロミオは大公によって、パーティでハーマイオニとの婚約を宣言されてしまう。ジュリエットは16歳の誕生日を迎え、自分が現大公家に滅ぼされた、先代の大公家・キャピュレットの唯一の跡取であることを聞かされるのだった。]

『ロミオとジュリエット』の名前を冠してさえいなければ、けっこう面白い作品になってきつつあります。

今回で言うと、誕生日を目前に控えて、薔薇の舞踏回で一目ぼれしてしまったロミオとの再会、その直後、誕生日に聞かされた自分の素性、そしてそこに結集した、かつての父の遺臣たち。
次々に整いつつある、クーデターへの布石、そしてたった一人残された自分だけが、このクーデターの精神的支柱たりうるという状況。
お話に動きがあるので、見ててあきませんし、男装の義賊「赤い旋風」っていう、ちょっと今のところうまく融合していないように見える設定というか仕掛けも、この全体の動きの中で見るとそれほど違和感なく見れてしまいます。
お話に動きが多い、ってことは、次はいったいどうなるんだろう、っていう興味も引きよせてくれますから、ドラマ構成としてはすこぶる秀逸だと思います。

問題は、やはり『ロミオとジュリエット』の名を冠してしまっていることで、その観点であれば、その長所が短所に見えかねない懸念が出てきます。

今回、気になったことを少しだけ残しておきます。
まず、前回の感想でも少し書きました、モンタギュー、キャピュレット両家が対等ではない、ということ。
今回、現政権のモンタギュー家が悪政を敷いている、という暗示がありまして、そこへかつて善政を敷いていたキャピュレット家の遺臣たちが集まってきたことで、両家の争いに加えて、正義の争いになってきつつあることが判明。
モンタギュー家を倒すことが、庶民にとっても大切なことだ、っていう意味づけが加わるのなら、ジュリエットにのしかかる負荷としては重くなるのでわかりやすいっちゃあわかりやすいんですが、それは本来の家同士対立による苦悩っていうモチーフが薄まってきますよね・・・。

ドラマの作りとしてはこの方が面白くなるんでしようけど、やっぱりこれだと、個人の悲劇、っていう色彩が弱まってしまうように感じます。
それと、身分低き者に身をやつして、っていうのは、伝統的な悲劇(tragedy)とは異なってますし、これは本編とはあんまり関係ありませんが、そういうのも、少し気にはなってしまうところだったりします。

そして、もう一つ、予告で言ってた「本当に実らぬ恋ですか?」
・・・すげー不安になるんですが、まさかハッピーエンドにしてしまうんじゃないでしょうなぁ、この段階でこういうセリフが出てくると、すごく不安になります。
ドラマとしてならそれも有りですけど、それだと『ロミオ×ジュリエット』という名はつけないでほしかったところです。

ということで、よくできてますし、展開も構成も面白いのですが、ただ1点、原作の持ち味が何であったのか、っていうのをあまり考えていないような進行になりつつある、その点だけが気がかりです。

まぁ、OPでは「原案」って書いてまして、原作っていう表記ではありませんから、それを言うのは筋違いなのかもしれませんが、原作ととられても仕方のない題名ですし、やはり気になってしまうところではあります。

ところで、『お気に召すまま』が悲劇だ、っていうのは、つっこむところなんですかね。(笑)
・・・時間が経つと変わってしまう、とか、パラレルワールドとかっていう寓意なのかも知れませんが。(^_^;

大人の恋人悲劇としては、『トロイラスとクレシダ』っていう傑作もあります。
現代風処理としては、こっちの方がふさわしいんですけどね。

今後気になるのは、ティボルトの扱いかな・・・。

スポンサーサイト



テーマ:ロミオ×ジュリエット - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2007(上期) | 22:30:01 | Trackback(0) | Comments(0)
エマ第2幕 第2話
[エレノアから、兄弟そろってクリスタルガーデンへと招かれたウィリアムだったが、エレノアの気持ちを知りつつ、視線はもういないエマを追い求め彷徨っていた。一方エマは、メルダース家令嬢・幼いイルゼの誕生パーティで、嫡男エーリッヒの逃がしたペットのリスを捕まえようと、枝の上に登っていた。その夜の使用人達のパーティで、月明かりの中、ウィリアムとのことを思いだし、瞳を潤ませるのであった。]

本編を見てて「身分を越えた恋」の時代性について、いくつか考えてしまいました。

つまり愛し合う者同士が違う階級(本編のことばでいえばクラス)が違う場合、それを貫こうとする意志がどれだけ強いのか、っていうのが、時代によってけっこう違うかな、と思えてしまったのです。
今の風潮なら、所属する階級や社会を超えて、好きというだけの理由で一緒になっても幸せにはなれないよ、と感じてしまう人の方が多いんじゃないかなぁ、と考えてしまったからです。

しかし日本でも数十年前までは、恋愛至上主義みたいな風潮はあって、純粋に相手を求め合い、愛し合う恋心があれば、身分も社会も乗り越えていける、みたいな気持ちが充満していたと思います。
現実は必ずしもそうでなくても。
つまり愛を貫くこと、純愛に殉じることは美徳の範疇であり、常識論やそれを阻む社会通念こそが悪徳である、みたいな時代感覚が。

ところが現代はどうでしょうか、そういう人、そういう気持ちを持っている、持ちたいと思っている人はまだまだいるでしょうけど、「そこまでして・・・」とか、面倒なことは避けたい、とか思うような人もかなり増えてるんじゃないでしょうかね。

ウィリアムがエマのことを思って、知らず知らずのうちにエレノアを傷つけてしまう、あるいはエマが月光の中で涙を抑えきれなくなる、そういうシーンを見て、かつて純愛が至上のものであった頃のような胸を締め付けられるような感慨とともに、「たいへんだなぁ」と一歩引いてしまう感覚、もしくは、慕ってくれる同身分の美女が近くにいるんだから、それですませばいいじゃん、みたいな感覚、こういう感覚も、時代感覚として漂っているような気がするんですけどね、まぁ、直接このアニメとは関係ないですし、本作にそういう気分が漂っているわけではないのですけど。

ただ本編の魅力として、現代ではなく、過去の時代を設定したことで、そういう現代風のさめた感覚をノイズにしてしまえる力は感じるわけです。
その意味ではいいつくりになっていますね。
また、物語描写も、貴族社会を描き、言動にも慎みが美徳として存在した時代背景で語られていますから、静かな描写がそういった現代的な思索を遮ってくれる効果みたいなものはあるような気はします。

この静かなたたずまいと、秘めながらも秘め続けられず吐露してしまう心の動き、こういったところが実に良いですね。

CV的には、エレノアの沙苗さん、ちょっとかすれたような可愛い声が、彰子姫を思い出して、可憐なイメージが甦ってきました。
可愛い声と言えば、おきゃんな末妹・ヴィヴィの水橋さん、末弟・コリンの下屋さんも、可愛いかったですな。
ドロテアの高島雅羅さんに至っては、もうただその演技が聞けるだけで感動だったりもしてしまいます。(^_^)

というわけで、今回、あんまり感想になってませんでしたけど、ここまで。

TVアニメ2007(上期) | 18:36:12 | Trackback(0) | Comments(0)
らき☆すた 第3話
[懸賞ハガキと学園マンガにおける偏差値の考察について。そしてピピンはDランクのご褒美にされてしまう。]

ED・・・ふもっふでした。
今、AT-Xでやってるからですかね、うーむ。
アナグラムかと思ったんですが、そうでもなかったようで、見事に肩透かしでした。まぁ、肩透かし自体もそこそこ予想はされてましたけどね。
ただ、今回だけ、平野さんにまともに歌わせてる、っていうのが、商売っ気を見せられてるみたいで、あんまり面白くはなかったです。(^_^;

ラッキーチャンネルも・・・あきらに黒さが足らないので、イマイチでしたかね。
まぁ、白い煙を鼻からプハーッ、っていう体験談はなかなか良かったんですが。(笑)

夢がいっぱい、フリル一杯で、デイジーとサルビアな本編ですが、リリーとピーチはいったいどうした、と思わずおらんでしまいたくなる愛天使なネタでした。

懸賞葉書の応募についての薀蓄が聞ける、と思ったのですが、それほどでもなかったですね、もう少しゲリラ的なネタが出てくるかと思ってたのですが。(^_^;

まぁ、学園マンガにおける偏差値の問題は面白かったです。
劇画が漫画のアンチテーゼとして最初にブームになりはじめた昭和30年代ですと、まだ大学進学率がそれほど高くなかったので、一部の学区トップ高を除くと、けっこう学内に大学に行く秀才くんと、番長っぽい不良くんが同時に在籍していたこともあったようですが、競争学区とか、進学私学とかが台頭し出してからは、たしかにこなたの言うとおり、同じ高校に秀才と番長がいるのって、違和感バリバリになってしまいましたよね。
最近は、義務教育の中学でさえ、すでにそういう差がなくなってきつつあるようですし。

まぁ、そんなことを思いつつ見てましたけど、ピー音が多すぎて、ちょっと聞き取りにくかったのも確かです。
さすがにベホイミの魔法がどうたらこうたら、っていうのはわかりましたけど。(^_^;

あと、野球中継でアニメがどうとか言ってましたけど、あれって、関西の方が実害が大きいように思うんですが、どうでしょか。
東京にいたときも、中継の非情さを恨めしく思ったことはありましたけど、高校野球の民放中継っていう、とんでもないものがない分、関東の方が恵まれてるなぁ、と思ったものでした。
ともかく、けっこうキワキワなネタですな。
加えて、影響の度合いっていうと断然深夜アニメでしょうし。

ポニテネタ。
あそこまでやるんだったらり、ポニとニポの違いまでつっこんでほしかったような気もします、っていうと少し酷ですか?

まぁ、そういったことをいろいろと連想させてくれるので、実に楽しい作品ですな。
楽しさ、っていう点だけですと、今期一番だと思います。

あとDランクがピピンとかっていう、ネタに使うのはやめてください、とリンゴ党としては一応書いておきます。(^_^;

ドス黒いアキラさまが戻ってきてくれることを期待しつつ。

テーマ:らき☆すた - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2007(上期) | 04:10:48 | Trackback(1) | Comments(0)
桃華月憚 第4話
[鬼梗、ジュナ、フウが千年の時を超えて集い、セイの行方を気にしていた。セイは「みはし」という式神に連れ去られ、その石剣を利用されようとしていた。察知した鬼梗は真琴の笛を通じ、桃香に石剣を持ってセイを救い出させた。救われたセイは桃香の腕の中で桃花へと戻る。]

衛星組。・・・にも関わらず激しく遅れているのは、日曜にサンクリに行ってたので、ちょっと押してしまいました。(^_^;

公式には話数設定していないことから、話順はシャッフルされてるのかと思ってましたけど、今のところ逆行みたいですね。
前回、またよくわからない展開を見せてくれましたけど、今回は割とシンプルな話だったと思います。
とはいっても、いたるところに伏線というか含みが仕掛けられているような気もしますけど。(^_^;

で、今回はのっけからこの人、桃花ちん。
ToukaGettan04-01.jpg

キャラデの西田さんがブログで「桃花ちんの制服の破れっぷりに注目」って書いてたので楽しみにしてたのですが、すばらしいデキでございました。・・・思わずつないじゃったよ。(笑)
止まらなくなるってだけあって、破れ方がねちっこくてよいですなぁ。最高です。(^_^)

今回は、ひっちゃぶかれて操られるこの桃花ちんと、フロですっぽんぽんになりながら召喚の横笛を吹く真琴、それに春彦を「大好きだから殺してあげる」って迫ってくる謎の幼女、この3人で、見るべきポイントがしっかり固定されてるようで、なかなか嬉しいつくりでした。
まぁ他にも肩口見せながら剣を掲げる桃香とか、その桃香に腰をもみもみされて、あは~んでうふ~んな由美子ママンとか、凛々しい鬼梗さまとか、見所はかなりありましたけどね。

まず、住み込みの守東家内で、かなり重要な役割を担っていることがわかってきた真琴。
どう見ても普段はギャグ担当なのに、重要度はかなり高そうです。

モミモミされて恍惚の由美子ママンと、
ToukaGettan04-03.jpg

自分もモミモミ妄想する真琴。
ToukaGettan04-02.jpg

しかし、由美子は、鬼梗のもとへ召喚されてんじゃなかったのですか?
あれは実体じゃない、ってことですかね、そんな描写もあったような気がするんですが、自信ないですのう。(^_^;

今回のキーパーソン、真琴。
フロで鬼梗のデムパを受信して、横笛を奏でます。この強引さがたまらんですね。
ToukaGettan04-04.jpg
ToukaGettan04-05.jpg

フロでのムリがたたって、ダウン。
肩口だけでしたけど、肌の艶やかさがわかる素晴らしい絵でした。
そこへやってくる謎メイド・寧々。
この人の役割りだけはまだ不鮮明です。

さて、春彦を殺してあげる、と言ってやってきた美幼女妖怪。
たとえこの世にあらざるものであっても、美幼女ならば網膜の奥に焼き付けておかねばならぬのが、われらのサガ!(笑)
ToukaGettan04-06.jpg
ToukaGettan04-07.jpg

おいしゅうございました。(^_^)

次回は終幕近くに現れた、マミィが木乃伊でホトケで、っていう話。
章子の行動だけがさっばりでしたが、これも次へのつなぎ、というか逆行の結果なのかな。

凛々しい鬼梗さまもとりあえず。
ToukaGettan04-08.jpg



テーマ:桃華月憚 - ジャンル:アニメ・コミック

桃華月憚 | 03:38:34 | Trackback(0) | Comments(0)