FC2ブログ
 
■カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
アイドルマスターXENOGLOSSIA 第4話
[伊織のネーブラがドロップを破壊し損なって、春香のインベルが破壊することになったが、どうにも伊織は面白くない。ことあるごとに春香に食って掛かる姿勢に、春香の方もついつい応戦してしまっていた。しかしひょんなことから、伊織のiDOLLを思う気持ちを知った春香は、伊織との間の溝を少しずつ埋めていくのだった。]

ええ話やねぇ。
放映日に、裏と重なりすぎて、久しぶりにテープデッキの方で録画して見てたので遅れてしまいましたが、とりあえず。

人物にスポットがあたるようになってきて、ぐんと深みが増してきたように思います。
こっち方面に話をしぼってほしいんですが、そうすると、ロボット出してきた意味がなくなるでしようし、難しいトコですなぁ。
今回も、冒頭、彗星迎撃で、パンチで破壊してたりして「はあ?」って思ってしまいましたし、どうもロボット描写の方が時代を読み違えているような気がひしひしとします。
OVAである『ストラトス4』と比べるのは酷っちゃあ酷なんですが、あまりにも差のある描写見てますと、あの迎撃シーンは萎えるところでした。
やっぱり、ロボットを有効に見せるためには仕方がないのかなぁ、現場離れてもう20年近く経つので、どういう体制になってるのかまではわかりませんが。

そんなわけで、冒頭、いきなり腰砕けのスタートでしたけど、人物を春香と伊織に絞っての展開がすこぶる面白く、また巧妙にできていたので、ぐんぐん引き込まれてしまったところです。

サブタイとなった、「餃子とアメリカンドッグ」・・・両者の対決の象徴としての餃子、そして有効の象徴としてのアメリカンドッグと、こういうさりげない配置もよかったですし、今回はドラマ部分に、普通に酔わせていただきました。

隣人さんも指摘されてるんですが、模擬戦闘のシーン、結果だけを見せて、プロセスを省いたやり方は素晴らしい演出でした。
真が伊織を、春香をまったく問題なく片付けてしまうのが、迫力ある模擬戦を見せつけるより効果的でした。やろうと思えば余裕でできるスタッフなだけにね。

あとは・・・胸に目がいった、ってところですかね。
冒頭、これはたぶんアングルのせいでしょうけど、伊織の胸がやけにデカいのォ、と思ってたら、後半、雪歩が制服の上からでもわかるデカい胸を張りまくってくれてました。
途中で揺らせるシーンもあったんですが、あれはもう「揺する」と言っていいほど、包み込む制服ごと動かしてくれてました。
いらんとこにエネルギー注いどりますなぁ。(笑)

ギャグ部分も、はさみこみ方が実に良くて、食堂でのコスプレ女+バカリボンと、おでこサンシャインの戦いなんか陰湿になってない分、リアリティはなかったですが、ドラマとしては面白かったです。
個人的に、餃子の具を指でビュルっと押し出す嫌がらせあたりがお気にいり。(^_^;

http://yaotome.jp/strauss/0892/tb/bR8

スポンサーサイト



テーマ:アイドルマスター XENOGLOSSIA - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2007(上期) | 23:55:14 | Trackback(1) | Comments(0)
風のスティグマ 第3話
[神凪宗家に乗り込んできた和麻は、宗主・神凪重悟と面談し、神凪家の者を倒した人物として、風牙衆・流也を同定する。そしてその目的を、神凪家への反乱、生贄として煉をさらったであろうことまで突き止めた。乗り込んできた綾乃との誤解を解き、風牙衆の本拠地へとむかう和麻と綾乃。そこへ流也が強襲をしかけてきた。]

なんかいきなり誤解が解けました、って展開でしたけど、まぁ宗主さんは和麻犯人説に懐疑的でしたから、これてもいいかな。
ただ、あまりに事務的に進んでいるような印象もなきにとしもあらずでしたが、別に謎解きを楽しむ作品でもありませんし、可愛い綾乃がスカートのままでサイキック・アクションやってくれるんでしたら、それはそれで満足かな。(^_^)

今回はその仕込みの回と理解しておきます。
半島システムでしたし、次回がなかなかよさげなシナリオなんで、次回へのタメってことで。

誤解が解けたにもかかわらず、まだ和麻に対してわだかまりのある態度で、グチグチ言ってる綾乃・・・ツンデレ仕様、ってことなんでしょうけど、強気で実力もあるけど、社会的経験値の希薄さ、っていうのが随所にうかがえて、これはこれで良いキャラ像だったと思います。
父・重悟の諭し方が穏やかだった、っていうのも、うざいキャラにならずにすんでますし。

あとは、タイトミニの太腿婦警さんが2人出てきてくれたことで、これも話にからんできてくれるでしょう。楽しみ楽しみ。
ただ、公開されてた設定ほどには、大腿部の肉の張りといいますか、テカリは強調されてませんでしたので、国内スタッフのときには、ぜひそのあたりを頑張ってほしいところだったりします。

予告で、接吻シーンがありましたけど、期待していいのかなー。
いや、それくらいの夢はもたせてもらってもいいでしょう。(^_^)

テーマ:風の聖痕 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2007(上期) | 23:24:51 | Trackback(0) | Comments(0)
ひとひら 第4話 頑張ってる…?
[初めてのテストで、解答欄を間違えて散々な結果に終って麦。ところが体力トレーニング中、ふとした言い争いから、野乃が演劇部部長・榊美麗と「全員が次のテストで50番以内に入るかどうか」で部費をかけての勝負になってしまった。急遽、研究会メンバーは西田家にて勉強会に入る。だが、結果公表の際、張り出しを理咲が破って闘争してしまった。]

今回はインターミッション。

「階段で美麗と麦が話をするシーン、あんなのあったかな?」と思って、コミック・ハイのバックナンバーを出してきて見てみました。
あるにはあったんですが、原作では廊下にペタンと座り込んでの描写だったのですね、だからちょっと印象が薄かったのです。
Hitohira04-01.jpg

今回のこのシーンに限らず、校内描写が、実に細部に渡ってこの作品を補完してくれているのに気づきます。
まぁ、第1話の演劇部側の舞台の素晴らしいリアリティと、外に見える大きな橋、っていうのがけっこう強烈で、すごく丁寧に原作をふくらませてくれている、っていう印象がバンバン伝わってきましたけど、こういった細部を比べてみても、その効果が実によく出ていたと感心してしまった次第です。
もちろん、描写密度を上げても、原作がもっている繊細さ、切なさ、みたいなものはかなり掬い上げていてくれてますし、こういったインターミッションにおいても、そういう丹念作りこみが素晴らしい効果を出してくれていたと思います。

もう1点、これはギャグシーンとして覚えていましたが、理咲が張り出し成績をひっちゃぶって逃走したのを、野乃がゾンビの形相でおいかけるシーン。
Hitohira04-02.jpg

けっこうシリアスに、恐怖映画のスタイルを取り入れて作られてましたので、ギャグシーンではありながら追い詰められる理咲の視点というか心理も堪能できる作りになっていて、この辺、音声がつく、っていう効果もうまく取り入れていて、みごとな情景になってました。

本作、一体何話の予定なんでしょうか。
1クールだとしても、10月の演劇対決までは十分でしようけど、できれば、その後にある佳代ちゃんやオリナルのエピソードなんかもけっこう胸にキュンとくるものがありましたので、是非2クール以上割いて、卒業式までやってほしいですね。
原作を読んでる人は少数派だと思いますので、ネタバレの「その後」は書きませんが、こんなに丁寧に作ってくれるのなら、演劇対決の後までしっかりと作ってほしい気持ちです。

さて、それ以外のいくつかを落ち穂拾い。

まず、定例の麦の妄想。
今回は不良妄想と、
Hitohira04-03.jpg

手取り足取り妄想。ゆりんゆりんです。(^_^;
Hitohira04-04.jpg

麦のイメージする不良って、大昔のテレビドラマのそれですね。(^_^;

ついで基礎体力訓練。
へばる麦の尻が妙に丸くてエロかったり、
Hitohira04-05.jpg

へたりこむ姿が妙に可愛いかったりと、なかなかよろしいシーンでございました。(^_^;
Hitohira04-06.jpg

いかにも、内気な15歳、っていうのがよろしいと思われます。(#^.^#)

そして野乃と美麗との言い争い。
この直後のゾンビ化といい、一見おとなしそうに見える野乃が、内面にはものすごい情熱と一本気なものをもってるってことがわかるシーンで、その猪突猛進ぶりが少しずつ出てきていましたね。

また、成績発表で、自身は6番、美麗が20番だったのを見て、勝負を忘れて見下ろしたような視線を送るところとも、黒っぽいところが出ていてなかなかよろしゅうございました。
「私の成績は関係ない」って、逃げる美麗も可愛いところがありましたし。

一方、勉強会なんかしたって「できないものはできない」理咲。
この豪快なひっちゃぶりと、野乃においつめられていく姿のギャップも面白かったところでした。
Hitohira04-08.jpg
Hitohira04-07.jpg

出ていっても出ていかなくても殺される。
はい、そのとおりでございます。(笑)

それに先立って、勉強会で空気椅子の特訓も受けてましたけど、「人間椅子」っていう単語の方が先に来てしまった私はちょっと脳が膿んでいるのかもしれません。(涙)
・・・・もちろん、これは人間椅子ではありませんが。
Hitohira04-09.jpg

必死に耐えてる理咲も可愛いですのお。
イケイケドンドンなのに、責められると弱い、っていうあたり、けっこう男心を刺激するものがあります、理咲。まぁ、弟にしてみたらたまらん姉でしょうけど。(^_^;

勉強会で語られる、研究会誕生秘話。
Hitohira04-10.jpg
Hitohira04-11.jpg

ああ、愛天使が三角帽子の魔女になってる・・・とかはどうでもいいんですが、美麗の熱い友情、ってのも、今回丹念に描かれてましたよね。
このあたりから、美麗と野乃の、人間としての深さがどんどん出てくるところだと思いますので、今後を期待したいところです。

その美麗と麦の会話。
「どーしようもないときもありますけど、楽しいですよ」・・・麦、すごい進化です。
Hitohira04-13.jpg
Hitohira04-14.jpg

美麗部長の熱さ、暖かさも伝わってきて良い感じです。

この後、病状が進行している悲しいかットをいれての幕でしたけど、軽さと重さのバランスもよかったです。

ぜひ演劇対決以降まで放映が続いてくれることを祈りつつ。
最後に、今回のオリナル。
麦の妄想の中のオリナルがとっても可愛いかったので、これをシメに。(^_^;
Hitohira04-12.jpg

私の桂木先輩をとるな~!

テーマ:ひとひら - ジャンル:アニメ・コミック

ひとひら | 23:24:11 | Trackback(1) | Comments(0)
かみちゃまかりん 第4話
[ある夜、花鈴の部屋に怪しい影が現れた。よく見ると、死んだはずのしーちゃん。花鈴は恐くなって窓の外へ捨ててしまう。学校では抜き打ちテストが始まり散々な結果。家に戻ると、鍵がかけられていた扉が開いて、地下へと続く階段があった。和音に見つかってそこへ招かれると、そこは書庫だった。]

ニャケ登場・・・って、登場自体は第1話でしてましたが。
加藤奈々絵さんの声はけっこう強烈ですね。
『プリンセス・チュチュ』のあひるの印象が未だに耳に残ってたりするのですが、こういう含みの多い役とか黒い役とかうまいので、ちょっと楽しみです。

今回、作画が悲惨なことになってる、っていうのを見る前に聞いてしまったのですが、最初見ているときそれほどひどい印象はありませんでした。
ところが、Bパート、地下の書庫に降りて書架の本を触ってから、なんか別人みたいに絵が変わってしまい、びっくり。
その後、ほとんど持ち直すことなくシーンごとに顔が変わってる状態で、えらいことになっておりました。
まぁ、もともとがディフォルメのかけやすい絵ですので、どこまでが意図的な崩しで、どこからが破綻なのか見極めにくいところがあったんですが、あれはたぶん素人目にもわかるんじゃないでしょうか。(^_^;

全体の1/4くらいでしたけど、書架以降の変化がすごかったので、全体が破綻しているような印象になってしまいますなぁ。

それはそうと、いまどきの私立の中学校の学食は豪勢でよろしいですなぁ。
どの程度現実を映しているのか、最近の私立中学についてはまったく知らないのでわかりませんが、ケーキ類が自由に配されている、っていうのは、すごくうらやましかったです。
うなぎパンとか、微妙にレアなのもありましたし。

キリオクンは、ただのめがねっ子から、どっきりめがねっ子に昇格してしまったようです。
こういうゆるゆるの戦い自体は嫌いではありませんので、楽しめたところ。
次回、学生の本分、勉強について。(^_^;

テーマ:アニメ『かみちゃまかりん』 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2007(上期) | 21:36:26 | Trackback(0) | Comments(0)
獣装機攻ダンクーガノヴァ 第11話
[チームD、アールダイガン関係者、そしてクロンカイトを交えて、F.S.がその姿を現す。そして語られたダンクーガ誕生の秘話、そして宇宙の意思。地球に飛来したWiLLと、その地球を危険視する月のWiLL。月のWiLLから2体のロボットが龍牙島を襲い、島は壊滅する。脱出したダンクーガとアールダイガンは2対2の戦いを挑むが・・・。]

なんか、月からのロボット2体を見てますと『破邪巨星Gダンガイオー』最終回の悪夢というか笑いといいますか、それが甦ってきたようでした。
つうか、デザイン・・・なんとなくですが、似てるような気が。(^_^;

あれほど豪快なオチにはしないと思いますし、一応伏線っぽいのは回収にかかってるみたいですね。
なんかヤケクソ気味に片っ端からカップル作ってるような感じだったのが、ちょっと痛かったんですが。(^_^;
エイーダとジョニーはまぁ仕込みがしっかりあったのでまあまあわかります。イザベルと朔哉も好きになる期間とか、思いを抱く期間とかがスッパリ省かれてましたので、どうも先を急ぎすぎた感もありましたが、ギリギリ許容範囲。
でも田中さんとウラジミールが夫婦でした、っていうのは、ちょっとやりすぎじゃないんですかね、たぶん最終回でフォローとかはなさそうですし。(^_^;
男女比が違うから、どのみちあぶれる人は出てきますし、無理にひっつけることもなかったのになぁ、というのが正直なところです。

アールダイガンも味方に加わって、もうすごい駆け足ですが、なんとか伏線も回収できそうです。
早すぎて、回収になってないところもありますし、いかにも伏線回収だなぁ、っていうのがバレバレになってしまってるところもありますが、とりあえずは、ネタ出しでほったらかし、っていう結末は避けられそうです。
ただ、いかにも帳尻あわせ、っていう感が漂ってしまうのが、なんともかんとも、というとこですが。(^_^;

作画もムダに濃くて、ちょっと辛いですなぁ。
結局、3話くらいまでが、本来のデザインで、以降は勝手にやられてしまいました、ってことになりそうです。最終回もアレですしね。
ほんとにこれ、大森さんの作監ですか?(^_^;

ということで、最終回も、大きな期待はせずに見たいと思います。
予告の「やってやるゼ」は、ノーコメント。(^_^;

テーマ:ダンクーガノヴァ - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2007(上期) | 11:02:58 | Trackback(2) | Comments(0)