FC2ブログ
 
■カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
ドラゴノーツ 第15話 抱擁
[ジルアード軍との不協和を責め立てるキリルだったが、ジルアード軍もまた一枚岩ではなかった。火星に向かったジンとアキラは、ガーネットの抵抗にあいつつも、アーシム王子の待つ、トア・囚われの間へと到達した。]

作画は普通、というか、本作としてはまあまあよかった部類、かな。
統一感がちょっとなかったですけど。

12年前から始まりましたけど、ガーネットは12年前から、超乳だったようでした。(笑)
ひょっとして、あれって乳房ではなくて、なんかの回路でも入ってるのかなぁ、と思ってしまったところ。
つまり人造人間かなにかで、あの高性能の戦闘属性は、あの胸部にスタビライザーとエネルギー庫でもあって、そのパワーで動いているのかなぁ、と。
いやだなぁ、おっぱいに原子炉とかがあったら。(笑)
人間だとしたら、一体何歳なんでしょ。
十代前半のジークリンデがあの胸だし、この世界では普通なのかなぁ、そのわりにはアキラちゃん、平板だし。(^_^;
ともかく、戦闘要員になったら、女性ホルモンの分泌バランスが崩れるのは確かなようです。

その12年前から、アーシム王子の血塗られた過去が暗示されてましたけど、「世界の頂点に立つ」とか「選ばれた人間」とか言ってたわりに、「地球なんか滅んでもいい」とか、よくわからんことを言ってました。
あのー、従属する人民がいなければ、頂点もなにもないんですけどね。

そして王宮の警護には、巨女戦士ばっかり、というハーレムぶり。
加えて、敵を招き寄せて、殴られてましたし。
ちょっと頭の栓がゆるかったようです。(^_^;
まぁ、血統王族だし、こんなもんかな。

そして囚われのお姫さま、トア・・・だったんですが、依然としてガラス水槽の中でした。
ひょっとしてあの水槽の中で生活させられてたんですかね?
生活道具っぽいのが何もなかったし、かといって拘束されてる風でもなかったし、よくわかりませんなぁ。
一応、人じゃないからトイレとかは必要ない、という理屈なのかもしれませんが。

アーシム王子の知能の低さも相当なんですが、「愛の力」を連呼するトアも相当痛かったです。
あんまりこれをテーマだとは思いたくないのですが、〆る方向としては、ここになりそう、かな。
それにしても、トアが出てくるまで長かったですね。

アニメ誌読むと、18話で、いきなり1年後、とかっていうすごい話になるみたいなんですが、物語の方向性がここまで見えないSFっていうのも珍しいですね。
当分は、このアーシムがラスボス状態で敵になるようです。

TVアニメ2008(上期) | 21:04:57 | Trackback(0) | Comments(0)
レンタルマギカ 第15話
[海にやってきたアストラルの面々。実は蔵名神社の神主、御凪鎬に頼まれた依頼、船魂の供養をこなすためであった。いつきは、まなみ、それに猫屋敷の式神の一体・白虎ともに、鎮座させる洞窟の祠へと向かうが、突如黒い霧につつまれ、違う時間の中にとじこめられてしまった。]

水着回らしい、とは予告でわかっていたもののの、これほどのサーヴィス回とは思いませんでした。(笑)
・・・やっぱりルックスではまなみちゃんが一番かなぁ。。。

渚のヴィーナス、まなみちゃん。
RentalMagica15-01.jpg
RentalMagica15-02.jpg

「似合ってますか?」
きみの美しい肢体があれば、水着なんかどうでもよろしい。むしろない方がいいくらいです。(笑)
テレて恥ずかしそうにしているところなんかも、今回テンコ盛りで、水着回で、まなみスペシャルになってくれるとは思いませんでした。

ネオランガなまなみたん。
RentalMagica15-03.jpg

もちろん尻も美しい。
RentalMagica15-04.jpg

こんなに美しくて、柔らかそうなラインを持ちながら、肉体がない、というのはなんとももったいないといいますか、まなみたんにとにかくメロメロでございました。(^_^)
そして、ずりおちそうなまなみたん。(^_^)
RentalMagica15-05.jpg

腹や尻も美しかったんですが、このいかにもズリおちそうなところなんかもよろしいですなぁ、腰骨でかろうじてひっかかってるっていう感じが。

そして事件、というか、依頼はほとんど幽霊課社員、黒羽まなみの力だけで片付きました、という顛末。
RentalMagica15-06.jpg

こら、いつき!どこ触っとんねん、ちょっと代われ!・・・と思わず思ってしまった、右側のいらんヤツですが、ともかく、寝姿までもが美しいまなみちゃんでした。
RentalMagica15-07.jpg
RentalMagica15-08.jpg

次回予告もまなみちゃんだったし、しばらくまなみたんだけでいいですよ。(笑)
たぶん今回だけ、のような気もしますが、とにかく、黒羽まなみ当番回・スペシャルにふさわしい〆でございましたな。

つうわけで、ひたすら幽霊少女・黒羽まなみを愛で続ければいい今回でしたけど、一応他も水着で出張ってくれてましたので、簡単に回顧。
幼女部門担当、みかんちゃん。
RentalMagica15-09.jpg

冒頭、焼けた砂浜が「熱い熱い」ととばはねて、幼女尻をつきだしながら日傘に飛び込んでくるあたりまでは、みかん当番回か?・・・と思ってしまったんですけどね。(^_^;
RentalMagica15-10.jpg

ここの動画はすばらしかったですね。

それ以外の皆さん。
RentalMagica15-11.jpg

ドーバー海峡の引き合いに明石海峡を出してくる穂波さんに、ちょっと萌え。(笑)
明石海峡・・・鳴門海峡と違って、海峡とは思えぬ穏やかさで、もちろん潮の流れはありますけど、神戸っ子はたいてい十代前半までに泳ぎきれるようになっていると思います。・・・今は違うかな?

ともかく、このお2人も・・・尻かな。(笑)
RentalMagica15-12.jpg
RentalMagica15-13.jpg

あー、お話についても少し。
人魚、日本の人魚は八百比企尼伝説があるから、妖怪じみてて怖いですねー。
おしまい。
この分野に関しては、水木老にも傑作はありますけど、高橋留美子さんの一連の連作短編に負うところが大きいですね。以上。(笑)

まなみたんがあまりに良かったので、しばらく網膜に焼きついてそうです。(^_^;
RentalMagica15-14.jpg

胸も、巨乳とかっていうのではなく、ほんとにきれいな形してますしねぇ、たまりまへんわ。
次回は、OPに出ている坊さんの出番らしいです。・・・どうでもいいかな。(笑)

テーマ:レンタルマギカ - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 20:37:07 | Trackback(5) | Comments(0)
墓場鬼太郎 第2話
[とある老科学者が夜叉の墓を見つけ、暴いてしまう。復活した夜叉は食材としての人を求めてさまよいだす。鬼太郎になれなれしく話しかける、不潔な男がいた。ねずみ男。実は日本に渡来したドラキュラ四世に使われ、人の生き血を求めていた。夜叉は鬼太郎にとりつき、無賃宿を始め、そこに餌となる人間を誘い込もうとする。そこへ、水木の上司だった男と、ドラキュラ四世、ねずみ男がやってくる。]

ああ、絵がモダンになってる。ちょっとダメ。
美術やらキャラやらは前回のムードをよくひきついでたんだけど、キャラが動きすぎというか、表情を出しすぎで、妙に現代風味になってしまった点がかなりマイナス。

もう少し、くすんだ枠の中から、にごった物語が展開されている・・・みたいなのを期待してたので、やや肩透かし、かな。
一番気になったのが、ドラキュラ四世の顔で、微妙に水木テイストからはずれているように思う。なんか妖怪ではなく、「怖い人間」になってるんだよね。
その点、夜叉のもしゃもしゃした動画、造形はなかなか良かった。
こういう動画の動かし方なら、かなりセンスとしてマッチするんだけどね。

あと、ねずみ男の学歴・・・なんで変更したのかな?
とりたてて問題になるようにも思えなかったんですが・・・。
貸本版原作では、怪奇大学だったのが、おばけ大学になってたんですが、怪奇大学の方が、怪奇文化に貢献して云々、てのが生きたように思うんですがね。
原作ではその後、仙術により、死して後も肉体をとりかえて生きる「おかしな奴」の話になり、このモティーフはマガジン版では「陰摩羅鬼」になってたと思うのですが(今、手元に該当のマガジン版がないので、記憶で書いてますが)この鬼太郎+ねずみ男のコンビをパスして、夜叉の話にしてました。
うーん、絵の中に縛りこめる話、好きだったので、どっちかっていうと、こっちをやってほしかったんですが・・・次回、吸血木の伏線、ていう効果もあったのでしょう。

あとは、地獄流しが追加され、事件の語り部となる「水木」がよみがえらされる、という話でしたが、こっちはもうゾクゾクするほど良かったです。(^_^)
水木が、上司に、「心臓は動いてますか?体温はありますか?」と聞くくだり。
この淡々としたやりとりの中で上司の死が確認され、地獄送りになる、という展開、まさに貸本時代の水木漫画にあった、しみこむような恐怖を描いてくれていたと思います。

次回、吸血木。
うーん、EDに映りこんだ予告映像を見る限り、「のびあがり」の話ではなさそうですね。
今回のラストに生えてきた赤い芽。
たぶんあれだと思いますが、誰に寄生するのか。鬼太郎に寄生して復活するという、あのマガジン版のおどろおどろしさは、ものすごく好きでしたので、あの場面をなんらかの形でしてほしいんだけどなぁ。。。

テーマ:墓場鬼太郎 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 18:41:18 | Trackback(2) | Comments(4)
俗・さよなら絶望先生 第3話
[藤吉晴美はアニラジを聞きながら、コミケの原稿に悩んでいた。資料がないのである。ネットで資料を探していて気づく。ひょっとしてマイナーだったのか。だが、自分の信念を貫くべく、好きなカップリングにこだわるのだった。そしてデヴューして17年以上経つ17歳が乱入し、学校の校名がネーミングライツだったことが明らかになる。]

OPができたみたい・・・でいいですかね、固定するのかどうか、まだわかりませんが、第1期の緊縛図に似たような、というか、腑分け図のようなモノクロ画面でした。
かなり詳細に分析しているところとかがありましたので、こちらは感想だけ書いておきますが・・・なんか微妙にはずしているような気が。

今回、この微妙さがいたるところにあって、たとえば、藤吉晴美の室内。
あまりに片付いていて、あまりにポリシーがないので、ちょっと驚きました。
床や壁が見えてたり、フィギアをむき出しで室内展示してたり、微妙に違うんだよなぁ。。。
しかもBL描きなんでしょ?

まぁ、作画は綺麗でしたし、晴美の肉体描写が、個人にスポットがあたったとき特有のなめあげるようなフェティッシュなカメラアイでしたので、美術的には満足できるんですが・・・。
まぁ、ひっかかる点よりも気に入ったところをあげていきたいので、まずはこの晴美の二の腕から。(笑)
Zoku_Zetsubou03-01.jpg

美少女前提で言いますと、好きなパーツは、腿→尻→脹脛→うなじ→胸→腹・・・だったんですが、最近、二の腕から肩を通って脇に流れるラインにちょっと思い入れができつつあるので、こういうアングルは萌えます。(笑)
脛やスパッツに包まれた脚部の描写もなかなかよかったんですけどね。

ラジオのBGMででてきた「17歳、をいをい」さん。
その後、マジカルライチみたいなかっこうででてきてくれましたけど、ひょっとしてガイナックス協力、っていうのはここですか?
Zoku_Zetsubou03-02.jpg

あと、ハンカチ王子とか、これまた微妙に古いというか、ズレたネタをやってまして、こういうとき時事ネタの扱いって難しいよなぁ、と思ってしまいます。
山田ロミオとか鏡音リンとか、いくらでも使えそうな名前はあったのになぁ、と思ってしまいます。

まぁ、作画はいつも通り優秀でしたので、そこらへんに酔っておきますね。
今回、微妙に生活エロだったのが、小森霧。
Zoku_Zetsubou03-03.jpg

ほとんど内縁の妻状態です。
いつのまにか身ごもってしまってそうで、いらぬ情熱が脳内をかけめぐってしまいました。

そしてなぜかあたりまえのようにいた、糸色倫。
Zoku_Zetsubou03-04.jpg

ルックスは群を抜いてますなぁ。(^_^)

鈴木商店高校とか義務と兵隊とか、この辺の古さは意図的でしょうから別にいいんですが、鈴木商店がネーネングライツもってたら・・・どうなってたんでしょうね。
「徐州、徐州と人馬はすすむ」だの
「三井、三菱と天下を3分」だの
「神戸の金子や、金はいくらでもだす」だの、そんな文が脳裏を走っていきました。(^_^;

エンドイラストはへきるさんでした。
なんか芽留が可愛い。
Zoku_Zetsubou03-05.jpg


テーマ:俗・さよなら絶望先生 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 20:07:58 | Trackback(8) | Comments(0)
ストライクウィッチーズ スオムスいらん子中隊恋する
ストライクウィッチーズ・第2巻。
いまのところ、ここまでしか刊行されてませんが、完結・・・したようには見えませんので、まだまだ続くかな。

第2巻 ストライクウィッチーズいらん子中隊恋する

さて、なんとか前巻、いやがるハルカの秘密を暴いて、強引に○○○をつけさせて敵をいったん退けたのも束の間、そのときした約束をうやむやにしてしまったことで、ハルカが智子を責めたてるところから開始。
智子「ハルカ一飛曹、あなたは何をしているの」
ハルカ「智子少尉の臀部を、左手で包み込むようにして触っているのであります!」

・・・いや、まじでこんな感じで始まります。(^_^;

で、このハルカの猛攻の後に来たのが、智子たちの母国・扶桑国から来た青年技師・糸河。
大胆にアプローチしてくる糸河に少しずつ心ひかれていく智子でしたが、ラストでとんでもないドンデン返しが。
さすがにそれを書くと本作の楽しみが半減どころではないので伏せますが、このラストにはひっくり返りました。えーんかい、こんなオチで。(笑)
いや、個人的には大爆笑だったので、すばらしいエンディングだったと思うんですけどね。(^_^;

一方、一度は撤退したネルロイでしたが、今度は進化して再び来襲。
その戦法の前にいらん子中隊はなす術もなく・・・ということで、この危機感は第1巻より上だったと思います。

さて、ガチ百合のハルカは、智子がなびいてくれない腹いせに、スオムスの別部隊・アホネン大尉(♀)の元に走り、そこで濃厚な百合の花を咲き乱れさせますが、心は智子のことが忘れられず、というシチュに。
どんなローティーンですか。(笑)

とにかく、この恋の駆け引き、あれを恋といっていいのかどうか、ですが、ともかく、この恋のかけひきは一層濃厚に、一層ばかばかしくなってきますので、そっち方面の属性があれば、1巻以上に楽しめると思います。

うーん、アブノーマルとノーマルの百合バトルにしぼってくれた方がもっと面白かったかなぁ、という気もかなりしていますが、一応、擬人化少女シリーズの一環ですから、踏み外しすぎてもいかんのでしょう、たぶん。

テレビシリーズでも、この百合の花の片鱗があると嬉しいなぁ、と思うのですが・・・さすがにそれは無理かな。(笑)

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

TVアニメ2008(上期) | 23:06:19 | Trackback(0) | Comments(2)
ストライクウィッチーズ スオムスいらん子中隊がんばる
日曜日の朝に2本(ハヤテとしゅごキャラ)見てから、月曜の深夜(俗、ネウロ、etc)まで見るものがないため、今期は月曜に感想書くものがなくなってしまいまいすので、アニメ周辺のことなんかを3月いっぱいくらいまで埋めていきます。

というわけで、選んでみましたのが、テレビアニメ化も決定したストライクウィッチーズ。
第1巻・スオムスいらん子中隊がんばる(文:ヤマグチノボル)

設定はOVA、それからたぶん今後始まるテレビシリーズとたぶん同じで、謎の侵略者ネルロイと戦う世界各国の機械化航空歩兵、通称ウィッチたちの物語、なんですが、OVAと違って、大戦初期のスオムス戦線が舞台になっています。
また、主人公というか、中心人物も扶桑国少尉・穴拭智子で、宮藤芳佳も坂本美緒も出てきません。美緒は名前だけでてくるかな。
「いらん子中隊」という名前からもわかるとおり、各国の部隊からはみだした、あまりものでできた部隊の話で、本来、トップストライカーだったのにある事情から最前線をはずされてしまった智子少尉が、このやる気のない部隊をひきいて戦うお話・・・なんですが、実情はかなり百合かな。(笑)

本文の口絵、および概略文に、まるでヒロインのようにでてくる、迫水ハルカ一飛曹。これがガチです。(笑)
これが智子少尉の貞操を狙って暗躍する話・・・というといいすぎですかね。

以下、いらん子中隊の概略。

・穴拭智子少尉。
扶桑国(モデル:日本)陸軍少尉、扶桑海の巴御前とうたわれ、女学生の憧れの視線を全身に受けるエース。
みどりの黒髪、白い巫女装束と赤い袴に身を包み、携える愛刀は御前長船。
なんの因果か、最前線のカールスラントではなく、辺境の地・スオムスに流されてしまい、最初の間は落胆の日々。
スオムス派遣の理由はラストであかされます。
性格は・・・スカイガールズの瑛花さんみたい、かな。(^_^;
生真面目で、勇敢で、カッコよくて、凛々しくて、美しくて・・・そしてノーマル。
これが悲劇の元、だったのかも。(笑)

・迫水ハルカ一飛曹。
扶桑国海軍・一飛曹。12~3歳の少女。
智子に憧れるヘタレ魔女。智子の理解者、というより、智子の貞操を狙うガチ百合。(笑)
実にばかばかしい秘密があり、それが後半の空中戦の一つのポイントとなります。
やる気はないわけではないのが、それほど積極的、というわけではない。

・エルマ・レイヴォネン中尉
スオムス(モデル:フィンランド)
前線から遠いスオムスで、苦戦を続けていたウィッチ。
なんとか各国えりすぐりのウィッチを配備してもらえると喜んだのも束の間、智子以外全然やる気のない面々で、胃の痛くなる日々が続く。
金髪童顔の美少女、というより、美幼女。
智子ともどもやる気はあるものの、ドジっ娘で、戦果に結びつかない。

・エリザベス・F・ビューリング少尉。
海洋国家ブリタニア(モデル:英国)
実力はあるのに、てんでやる気のない筆頭格。力量は智子といい勝負なのに、過去のある事件のせいで、どーでもいいや状態。
愛煙家。銀髪。厭世家・・・かな。

・キャサリン・オヘア少尉。
リベリオン合衆国(モデル:米国)
巨乳、ブロンド、楽天的、大雑把。
本国で兵器をこわしまくって、転属。
「転属だ!氷と湖の国だ!」
「わぁ、きれいですね」(笑)

・ウルスラ・ハルトマン曹長。
欧州中央カールスラント(モデル:ドイツ)
なんで軍にいるのかわからない、寡黙で愛書家の少女。
12歳、金髪、メガネっ娘。たぶん最年少。
ちなみに本編の方でも出てくるエーリカ・ハルトマン中尉の妹。

これ以外にも、スオムスの他部隊のウィッチとかいろいろ出てきますが、この6人の少女たちを中心に展開されていきます。
一応、ウィッチの能力が思春期の少女に限定される、とい裏設定があるので、この年齢と階級、ということになっています。
したがって、一応作中での整合性はつけられている、てとこかな。かなり強引ですが。(^_^;

文がヤマグチノボル氏ということもあってか、飛行脚を装備したウィッチたちの華々しい戦いというより、智子少尉のはりきりようと、からまわり、やる気のない面々とのすれ違い、その間隙を縫って暗躍するハルカの百合妄想と、どっちかというそっち系に仕上がってます。
文は軽妙洒脱ですし、一気に読める上に智子とハルカ、ビューリングのキャラなんかが生き生きとしてて、面白かったです。
ある意味、典型的なラノベ、と言えるかも知れません。

まぁ、OVAの外伝的内容ですので、テレビシリーズとはあまり関係はないと思いますが、ヤマグチノボルの百合もの、として読めばかなり面白いと思います。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

ライトノベル | 19:13:12 | Trackback(0) | Comments(2)
しゅごキャラ! 第15話
[いなくなってしまったスノッペを探して、雪原を行くあむたち。美冬の出番まで時間が刻々と迫る中、八方手を尽くして捜索するが、杳として見つからない。そんなとき、あむを追ってやってきた鈴木君が山小屋でタマゴを発見する。]

スノッペ後編。

スノッペのバツたまが意外と強力で、かなり激しいバトルになる、という展開でしたけど、男の子視点ですと、あんまり胸わくわく、というバトルでなかったのがちょっと残念ですが・・・まぁ、一応女の子むけですから、それでもいいかな。
・・・かなりタテマエ的意見ではありますが。(^_^;

唯世くんと、空海が、あっけなく無気力症になってしまったり、あのなでしが防戦一方ってあたりで、今回のバツたまの強さもわかろうってもんですが、男の子視点では、それほど燃える戦いじゃなかったよね、たぶん。

とはいえ、ここで意欲をなくして眠りこけてしまう2人の男子がなかなかよろしくて、
あー、なんかもうめんどくせ、やだ、眠い・・・っていうのが、けっこう面白かったですわん。
あれがあったればこそ、なでしこのドスのきいた
「なにビビッとんじゃい!」ていうのが生きてきますからねえ。(^_^)

バトルシーンとは別に、二階堂先生の方でそこそこ進展がありまして、
「負のエネルギーを集めてエンブリオを作り出してやる」と、なかなか過激なことを申しておりました。
下克上なんかなぁ、下克上だったら面白いんだけどなぁ。(笑)

そして、その野心発露なだけでなく、その姿をあむに見られて疑念を抱かれるところまでやってくれました。
なんかテンポ速いですね。
この手の少女系バトルものですと、潜伏している敵って、かなり後まで伏せられるものなんですが。

全然関係ないんですが、この前映画のパンフを整理してたら、バーバラ・カレラの『エンブリヨ』が出てきました。
エンブリオ・・・っていう単語を聞くと、未だにこの映画のことを思い出してしまいます。

次回、タキシード仮面登場・・・のようです。(笑)

テーマ:しゅごキャラ! - ジャンル:アニメ・コミック

しゅごキャラ! | 00:17:32 | Trackback(5) | Comments(0)
ロザリオとバンパイア 第3話
[陽海学園も中間テストとなった。成績優秀の萌香に比べて、月音はきわめて平凡な結果。ところがそこで、学年1位、4つも年下なのに飛び級で同学年の仙童紫と出会う。妖怪とも人間とも違う特異な「魔女」という出自のせいで周囲から距離をおかれ、時にいじめられる紫だったが、相応の反撃もしており、回りとの溝は一層深まるばかり。そんな紫が萌香に憧れ接近してきた。そのため月音までもが紫のいたずらでやりこめられてしまう。]

きゃいーん、せっかく、第1話、第2話とすばらしい作画を堪能させてくれたと言うのに、第3話で、ガクッと落ちましたなぁ。。。残念。
で、EDテロップみたら、案の定、半島シフトだったみたいでしたから、今回はお外番、ということですな。
せっかく本作では珍しいロリ魔女の登場だったと言うのに。(笑)

とはいえ、筋の振興という点ではもまったく衰えない「いや~ん」モードが充溢で、1話がぱんつ、2話がおっぱい、だとしたら今回は、ぱんつないたずら・・・ですかね。
胡夢の「ぱんつ、ずりさげ!」シーン・・・なかなか過激だ。(^_^;
rozario03-01.jpg

この位置からですと・・・月音くん、見えてますよね?(笑)

新キャラ、魔女っ娘の紫(ゆかり)ちゃん。
ロリっ娘ですが、やはりというか、当然というか、ぱんつはデフォルトでした。(^_^;
rozario03-02.jpg
rozario03-03.jpg

国内スタッフのときの、美麗な紫ちゃんを楽しみに待つとしますが、設定上では、これでも十分です。

で、この紫ちゃんが、いたづらし放題・・・初期の魔女っ胡もこんな感じだったんですけどね。
リザードマンに度がすぎたいたづらをして、後半でしめられかかりますが、リザードマンのボス、委員長が中尾隆聖さんで、吹きました。
中尾さん、こういう小悪党っぽいの、ほんっとにうまいですねぇ。
なんかもう適役すぎて、笑うしかなかかったですよ。

で、みんなからつまはじきの紫ちゃんですから、当然女子にも陰口をたたかれたら報復するわけなんですが・・・。
rozario03-05.jpg

エンドタイトル見てますと、女生徒の中に、とかちつくちての鏡音リンがいましたので、この中の誰か、だったんですかねぇ。
声優ヲタではないので、ちょっとわからなかったのですが・・・。

どうでもいいですけど、子安コウモリ、激しく邪魔。(笑)
rozario03-06.jpg

毎回いいポジションで軽妙なナレだったんですが、今回だけは、ちょっとこの位置は腹たちましたぞ。(笑)


ともかく、そんな孤独の中で見つけた憧れのおねーさま、赤夜萌香。
一人でもいいもん、と言いながらこの流れになってるのは、かなりの矛盾も感じるんですが、お色気コメディですので、そこいらへんはスルーです。(笑)
というのも、最終的に月音になびくのが予定調和だとしても、「憧れのおねーさま」にアタックする、という役も担ってもらわなくては困るからです。
なんたって、魔女の世界では、お友達になる、ということは、乳をもみしだくことだったみたいですから。(笑)
rozario03-04.jpg

萌香ちゃんも感じていたみたいですから、両者、めでたしめでたし、だったのかなぁ。(←違ウッテ)
ただまぁ、望むらくは、こっちの紫ちゃん妄想の方も実現してほしかったかなぁ、と。(笑)
rozario03-09.jpg

紫ちゃん、中の人はきみきみだったんですが、もっとハメをはずせたんじゃないかなぁ、という気も少し。。。
もう少ししたら、本作にも釘宮が投入されるみたいですので、がんばってほしいところです。

今回のヤラレキャラは、中尾さんのリザードマン。
バトルシーン見てて思ったんですが、今のところ、萌香の戦闘スタイルって、キックだけですよね。
もう少し違うヴァージョンも見てみたいんですが、キックだと、デフォルトぱんつが強調されるから、それが基本でも別にいいや。(^_^;
それはさておき、ここでもデフォルトのぱんつヴァージョンで全身が描かれてましたので、紫ちゃんと裏萌香ちゃんを回顧しておきます。
rozario03-07.jpg
rozario03-08.jpg

デフォのぱんつはふんだんにありましたけど、肝心の作画がややぬるかったので、次回に期待です。

釘宮雪女は・・・新聞部以降ですので、もう少し先かな。

テーマ:ロザリオとバンパイア - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 23:03:17 | Trackback(4) | Comments(2)
キミキス 第15話
[映研での撮影が始まった。ところが結美はなかなかうまくセリフがしゃべれずに、泣き出してしまった。柊はやむなくヒロインを交代することにするが、そこで祇条深月が摩央の名前を出してきた。一度断られていたが、誠意をつくせば、という想いで光一と結美が頼みに行く。結美の真剣なまなざしを見て、快諾する摩央。光一と結美は残り少ない時間を大切にすごそうと、夏の海へとでかける。だが、それを見つめる摩央の目は複雑だった・・・。]

今第2クールに入って、繊細な恋模様が実に生き生きと描かれてまして、正直かなり見直しているんですが、今回は残念ながら作画にやや難アリでしたね。。。
シナリオ自体は前2話ほどではなかったものの、けっこう動作で芝居を見せてましたけど、13,14話にあった、手やつま先の表情の変化で心を語る、という凝った演出までは見られませんでした。
まぁ、それだけ前2話のコンテがすばらしかった、ともいえますが。

そんなわけで、水着回だったにも関わらず、それほど欣喜雀躍するほどでもなかった、というとこですか。
でも、結美の白い水着でモジモジするとことか、別れ際のキスシーンとかはかなり良かったですけどね。(^_^;
kimikiss15-01.jpg

シーンとしては、光一の家に来た結美が、あがるときにきちんと靴をそろえていたのが印象的でした。
しつけの行き届いた育ちのよさ、があらためて暗示されていたように思います。

そして光一母の過剰な意識。(笑)
いや、息子のためを思うのなら、相手のお嬢さんにプレッシャーかけちゃダメでしょ。(笑)
「がんばれ」も相当な圧力ですよ、聞こえてなかった、ということかもしれませんが。
そしいいい感じでキスしかかったんですが・・・間が長すぎたので「あー、こりゃ邪魔が入るパターンかな」とわかってしまったのがちょっとマイナスで、あそこはもう少し軽くいった方がよかったんじゃないかなぁ。。。

それにしても結美ちゃんのガード、やわらかくなりましたねえ。
時間が限られているという環境とか、それだけ光一が好きになっているという気持ちの問題もありましたけど、最初の頃、一番落とすのが難しそうに見えましたからね。
行動が晩生ですので、アニメ的にはちょっと映えない地味っ娘になってますけど、実際的な交際としては、この結美ちゃんが一番理想に近いGFじゃないかなぁ、という気がします。

さて、2人で海へ、というわけですが、ここで白いセパレートの水着のお披露目だったんですが、デッサンの崩れが逆に良い効果になってたように思います。
胴の部分が、ポッテリとしてて、変に理想化されてないんですよね。胸もそんなに極端な描写ではなかったですし。
でもこの地味な、それでいてどことなく現実感のあるラインがこの地味っ娘の個性として、うまく機能していたのではないでしょうか。
まぁ、デザインミスだとは思うんですけどね。(笑)

そして帰り際にキス。
あきらかに結美ちゃんの方から求めてきてました。
家での一幕があったので、光一にその気がある、というのはわかっていたでしょうから、流れとしては普通かな。人の目があるだろ、という気はかなりしますけど。(笑)
案の定、摩央ねーちゃんに見られてました、というところで幕。

光一を励ましたりしてましたから、摩央の心の揺れの描写さえなければ、「おー、よーやりおったー」とでもいくところなんですが、いままで散々吹っ切れない想いを描いてくれてましたので、ここで摩央が自分の気持ちとむきあうきっかけになる、という暗示がされてました。

しかしあれだけしっかりと甲斐くんとつきあってる状態なのに、そっちを袖にしてしまう、という流れなら、人としてどうなんかなぁ、という気はしているところで、どこかのサイトで「甲斐くんがどんどんまともに見えてくるのに、摩央姉がどんどんビッチになっていく」と書かれてましたが、なんとなくわかります。・・・限りなく男視点ですけどね。(^_^;
摩央の側にも、ゆれる気持ちがある、ということなんでしょうけど、仮に摩央が光一とひっつくとするなら、結美ちゃんが捨てられる状況になりますので、そのシチュはむちゃくちゃかわいそうかなぁ、という気がしてしまうところです。

結美ちゃんの方に、光一しかない、という一途さを感じるだけに、彼女が不幸になる展開は避けてほしいんですけどね。

さて、もう一組、一輝-明日夏or瑛理子組。
こっちも、セリフはほとんどなかったのに、見たものの回想という形で、瑛利子の気持ちをしっかりと描いてくれてました。
前回見たように、嬉しそうにじゃれる明日夏と一輝、自分の実験よりサッカーを選んでしまった一輝・・・そしてじっと見つめる携帯のアドレス、削除のボタン。
アドレス消しちゃったんですかねー、はっきりとは描いてませんでしたけど、あの流れはたぶん・・・。

瑛理子がどういう心情で身を引く形になったのか、というのが興味あるところで、「勝てない勝負」と判断して引っ込んだのか、一輝に腹を立てて見捨てたのか、それともさらに違う感情からか。
そして身を引いたように見えて、実はあきらめきれない心情が描かれるのか、一輝側から再びのアプローチがあるのか。
今回、光一サイドがメインでしたので描写量は少なかったんですが、こちらもどういう変化をとげるか楽しみです。
ただ、こっちのパート、瑛理子と明日夏の個性の強さに対して、一輝くんが個性としてうすいのがちょっと難点で、どうも気持ちが見えてこないんですよね、なんかあっさりとなびいてくれる方にいっちゃいそうな気もしますし。

あとはふくれる妹くらいかな。(^_^)

次回は予告見る限り、かなり作画も戻ってそうですし、進展はちゃんとしているようですから、少しだけ安心して見れますかね。

テーマ:キミキス - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 22:23:40 | Trackback(11) | Comments(0)
機動戦士ガンダム00 第15話
[タクラマカン砂漠の3陣営合同軍事演習に介入した4機のガンダムだったが、1000機にも及ぶ圧倒的物量の前に、次第に押されていく。時間は刻々と過ぎていき、マイスター達の疲労も頂点に達しつつあった。アレルヤが人革連に、ティエリアがAEUに、そしてロックオンがフラッグズの手によって鹵獲されつつあった。刹那のエクシアもなんとか戦場を脱したかに見えたが、そのとき、アリーのモビルアーマーが現れる。]

釘宮ガンダム・・・は来週なんですね、今週だと思ってました。(^_^;
Gundam00_15-00.jpg

戦闘シーンが物量頼みの力押しに、時間稼ぎの疲労誘発作戦と、前回予想したとおり、いかにも退屈なシロモノでしたので、一番の見所は予告編のこの1カットだけかなぁ、という気もかなり・・・。
冨野時代のMS戦なら、もう少し機体特性を生かした、タクティカルな戦いになっていたと思うんですが、どうもこういう物量作戦ていうのは、見ていて苦手です。

というわけで、今回のメインは、おねだりルイスと、留美の麗しいマスクくらいですかね。(^_^;
まず冒頭、いきなり本編。
「ママが帰ってしまい落ち込んでいます。」
「物理的に慰めて~」というルイス嬢。
高価な指輪をおねだりしてましたけど・・・ひょっとしてエンゲージリングかなにかの暗示でもあったんですかね?(^_^;
買って、買って、買ってぇぇぇぇ、の図。
Gundam00_15-01.jpg

「わたしのシモベぇぇぇ」という声が聞こえたのは・・・私だけではないはず。(笑)
よかったですなぁ、ここ。ちわちわ節炸裂しまくり。
最初の頃は、わりと一般市民っぽい声だしてたのが、ここ数話、ちわちわ節絶好調で、まことにもって嬉しいかぎり。

「まったくあの子たちは」と絹江ねーさん、頭抱えてましたけど、勝手に車を出してしまったところを見ると、運んできたのではなく、偶然街中で見つけた、ってことかな。
それにしても沖縄近海をあんな兵器が大量に移動してるのに、東京だと普通に市民生活送れてるんですね。(^_^;

戦場の少女たちは・・・釘宮ガンダムがまだなんで、超兵のぺたんこ少尉だけだったんですが、アレルヤに名前聞かれてた程度かなぁ。
あそこでハレルヤがくどきにかかったらもっと面白かったんですが、今回はキレ具合も不発でしたね、自分が殺されそうになってるし。(^_^;

ソレスタルの本部では、ただ待つだけ、という無策っぷりでしたが、まぁ、うっかり動いて感知されても、ってことなんかな。
スメラギさんの髪が寝起き状態になってたり、クリス、フェルトのオベ子ズがモブ状態の絵でかなり粗かったので、こっちの見せ場は中華な留美くらいでしたかね。
Gundam00_15-02.jpg

でもマスクはキュートやねえ。現時点では1番かも。
釘宮ガンダムの登場で、釘-留美対決が楽しみになってきました。あ、ルイスもいるか。
・・・貧乏姫は・・・そういや今回も出てたけど、しばらくは顔出しだけかな。
せめてルイスみたいに毎回コントでもしてくれると嬉しいんですが。

つうことで、次回。釘宮ガンダム登場!
Gundam00_15-00.jpg

今からワクワクがとまんねーよ。(笑)

テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 20:09:03 | Trackback(50) | Comments(0)
デルトラクエスト 第55話
[マナスのいるララディンの町へやって来たリーフたち。復興続くララディンの町では、非常時に備えて地下都市の拡充を行っていた。そんな街中でふと目に付いた、「星読み」の占い師。目を輝かせるジャスミンにつれられて入ってみると、リーフに呪いがかけられている、と不吉なことを言われてしまう。気になったジャスミンは、後でこっそりその占い師を訪ねていくが、その占い師は死んだはずのテーガンだった。]

デレるジャスミン、激萌え。(^_^)
Deltora55-01.jpg

いや、作画的には低い方だったと思うのですが、ジャスミン赤面シーンが多くて、転がりまくってしまいました。(^_^;

占いハウスで、「好きな男の子がいるじゃろ」といわれて、まっかっか。
一応カップル成立みたいな状況には既になってましたけど、こんなにあからさまに言われたのって・・・そうなかったですよね。
野育ちだけあって、素直に反応しちゃうジャスミンが可愛いのなんのって。
普段は頼りないバルダのおっさんの方が、今回ばかりは世故なれてる感じでしたね。

筋の方はマナスとの再会、ララド族は平時においても警戒を怠らなくなりました、という状況、テーガン復活と見せて実はオルでした、テーガンと子供達は霊魂になって漂っていました、というくらいで、普通の半独立エピソードでしたけど、ジャスミンが可愛いので、もうストーリィなんかどうでもよくなってしまいました。(笑)

今回のジャスミン、注目シーン。
まず、占いと聞いて目を輝かすジャスミン。
「それ、当たるの?」・・・目が輝いてました。(^_^;
バルダに茶化されたため、あからさまには言えなくなってしまいましたけど、とにかく大好きだったようです。

次に、占いハウスで、「好きな男の子がいる」といわれて、赤面。
今回の方向性がここで見切れました。(笑)

次に食事を抜け出して、占い師の家へ行き、まんまと騙されてしまうところ。
今回赤面シーンの連続でしたけど、鏡の下でのびてるジャスミンも魅力的でした。(^_^)
Deltora55-04.jpg

なんちゅー色っぺー姿でございましょう。
頭から湯気が出ました。(笑)

助けに来てくれたリーフが、自分をかばってくれて、またもや赤面。
Deltora55-03.jpg

もうデレデレやね。(笑)
大好きな少年が、命をかけて自分を守ってくれる・・・嬉しくて仕方ないんでしょうなぁ、もう、にくたらしいぞ、コノヤロー。(笑)

そして最後、お互い意識しあって、見詰め合うところで、幕。
Deltora55-02.jpg

たまんねーなー、もう。(^_^)
野育ちのつるぺたクイーンが恋する乙女へ進化する、あまりにも直球で、あまりにもベタベタでしたてので、もう見てて転がりまくり。
樹間を躍動するアクティブなジャスミンもいいですけど、こういうジャスミンもすばらしくよろしいですなあ。
もう今回はこれだけで大満足でした。
次回、なんか見たくないデブで出てくるようです。(^_^;

デルトラクエスト | 16:32:34 | Trackback(0) | Comments(0)
狼と香辛料 第2話
[ロレンスとホロは、雨宿りのため、とある教会に宿を借りる。そこでペレンツォの町に住むというぶどう園領主の老夫婦と懇意になるが、その様子を見ていた若い商人・ゼーレンと名乗る若い男が、貨幣の噂を元に儲け話をもちかけてきた。乗るか降りるか、ロレンスはひとまず返事を保留して、部屋に戻ってホロの意見を聞くのだった。]

第1巻・第2幕を忠実にアニメで再現。
Spice_and_Wolf02-03.jpg

いやぁ、「絵として再現される」っていうのはすばらしいですね。
雨の宿、教会の風情、雨宿りする同床異夢の面々、知己になる人々、中世都市の木組みの外壁、ぬかるんだ道・・・実に風情たっぷりに描かれてました。
正直なところ、馬車のイメージが原作通読時より少し違うのですが(もう少し横桁が高く、御者台にもステップがついているようなのを想定してましたので)それを除くと、概ね原作の旅の詩情をかなり再現してくれているんではないでしょうか。
欲を言うとキリがないのですが、ホロの尾の先端が白色、というのはもう少しピンポイント的な際立ち方・・・だったんですが、うすめの褐色にしているせいか、それほど目立たないのが少し残念かな。
でも、アニメ的にはこれで十分だと思います。

いよいよ新通貨の鋳造、という話が出てきまして、本作の醍醐味、騙し騙されの通商の世界に踏み込んでいくところでしたが、せっかくこれだけ優秀な作画で見せてくれていたわけですから、コミックス版でやっていたように、貨幣の鋳造によってなぜ通商で儲けがでるのか、というのを、図解でやってほしかった、というのは少しありますね。
深夜ですし、セリフで理解できないような、頭の幼い視聴者は対象とはしていないとは思いますが、せっかくのアニメ化なんですから、それくらいはしてほしかったかな。

第1話で登場していたクロエがまったく出てきませんでしたから、これはもう原作ヤレイの役どころ確定ですね。
こうなると、この貨幣の話のラストで、もっと情緒的と言いますか、湿り気を帯びてきそうですので、楽しみです。

事件の発端とはいえ、わりと淡々とした進行でしたので、OPから、雨の馬車、宿での一幕、と、そこはかとない旅愁といいますか、哀愁めいたものが漂っていて、雰囲気はすごくいいですね。
正直、ここまで情緒の再現をしてくれているとは思わなかったので、引き込まれるように、美術一体となった旅を見ていました。

ロレンスとホロのさやあて合戦もいよいよ始まりまして、教会を出てぬかるんだ道を行くときのやりとり。
群れなす狼と、旅の人間。
人間から見た狼の怖さ、狼から見た人間の怖さ。
それぞれの立場で嫌な体験をしてきた2人。
この頃のホロはまだロレンスを把握しきれてないところがあって、琴線にふれるところまで、ついつい踏み込んでしまう、ロレンスの方でもホロの奥の深さを知らず、ついつい競いたくなってしまう、そういう腹のさぐり合いがなかなか新鮮でした。

キャラ絵については、前回第1話ほどではなかったですけど、なかなか良かったです。
まぁ、原画に非邦人の名前がズラズラ出てましたけど、丸投げではないみたいでしたし、よしとしておきます。
ホロの魅力・・・いまのところ、あますところなく出ている感じですね。
Spice_and_Wolf02-01.jpg
Spice_and_Wolf02-02.jpg

一部で、やたら裸が出てくることでとやかく言う人がいるようですが、人ではありませんし、気にするほどのことかなぁ、という気もかなりします。
むしろセリフにせずに、ロレンスの動揺ぶりを描いてくれてますし、いいコンテじゃなかったかな、と思うのですが。
ホロもそこいらへん頓着してませんしね。
前回の第1話では、耳や尾を見せているのはロレンスの前だけでしたし、そういった細かな描写が、今回のこの部屋の中でだけ見せている、という描写につながっていると思います。

そしてパッツィオへ向かう馬車の中でのやりとり。
まだまだ両者に遠慮があるようでしたけど、丁々発止のやりとり・・・の片鱗もいくつか見えてますし、これこそが本作のもう一つの醍醐味でもあるんですよね。
Spice_and_Wolf02-04.jpg
Spice_and_Wolf02-05.jpg

しかし過剰なくらい可愛いですな、ホロ。
ここ数年のジンガイキャラの中でもトッフランクだと思います。
原作者さんの制作ノートなんか読んでますと、始めにケモノ耳ありき、だったそうですし、よくわかっている作品だと思います。(^_^)

さて、今回はじゃがいもをパクついていたホロですが、この配分、この進行でいきますと、いよいよ次、EDで暗示されているリンゴが出てくるのでしょう。(笑)
EDでなぜあんなにリンゴが強調されているのか、今回のじゃがいものぱくつき方、というか食べ物全体に対するホロの執着描写を見ていますと、次回のリンゴはかなり楽しみですね。
ロレンスの協力者、ワイズとのやりとりもあるでしょうし、会話の妙味は存分に楽しませてくれそうです。

今回はほぼ原作通りでしたので、このへんで。

テーマ:狼と香辛料 - ジャンル:アニメ・コミック

狼と香辛料 | 14:39:08 | Trackback(7) | Comments(0)
破天荒遊戯 第3話
[迷子の少年・ロマリオを助けて、無事母親の元へ送り届けたラゼルとアルセイドは、そのお礼として、サーカスへと誘われる。ところが、そこに現れた凄腕のクラウンこそ、バロックヒートだった。なんでもこのサーカスでバイトをしているという。美人の座長が出てきてイリュージョン・ショーの手伝いに、と観客の中からロマリオが指名され、見事檻の仲から消失してしまうが、ロマリオは母の元へと戻ってはいなかった。不審に思ったラゼルが深夜サーカスに忍び込むと、そこには座長の恐ろしい計画があった。]

なんか・・・視点を変えてみると、エグい話でしたな。(^_^;
結局、迷子の少年はカラダを切り刻まれたまま終わり、母親はそれと知らずに探し続ける、しかもその死は、ラゼルに過去の傷を思い出させる役割でした・・・・みたいなシノプシス。
技術的には巧妙だと思いますが、けっこうダウナー系の話でしたし。(^_^;

テンポだけで強引に進めた第1話から、徐々に練り上げられてきて、面白くはなってきてますが、画風の愛らしさとはかなり逆の方向を向いているのが個性的ですな。まぁ、別に救いとかはなくてもいいし、欝話はそれなりに好きなんですが、シノプシスの方向が、ラゼルの傷跡のような過去を浮き上がらせるための方便だったり、落ち込んでいたラゼルが最後に元気を取り戻して立ち直るところまで描いていたのが、ちょっとやりすぎのような気がしなくもなかったです。

あいかわらず、ゴーストでまくりのKBS組だったんですが、作画の品質はかなり安定しているのはわかります。
ただ、可愛いのがラゼルしか出てこない、っていうのが・・・。(笑)
宿屋ではガチホモシーンの暗示みたいなのも見せてくれますし、なんだかなぁ。(^_^;

小ネタというか、セリフ・ギャグみたいなのも効いてて、部分的にはいろいろと面白いしかけは感じました。
アルセイド「よく迷子になるガキだ」
ラゼル「はい、そこの無神経、黙って!」

セーカスに忍び込んだラゼルの窮地に、助けに来てくれた2人に対して、頬を染めるラゼル。
それを見て、アルセイド。
「何をしているんだ、気色悪い」
・・・いや、キミらのガチホモの方がよっぽど気色悪いんですが。(笑)

ところどころに今川節が散見するものの、まだまだ脇が甘い印象もありますので、今後に期待、かな。
それでも徐々に面白くはなってきてますから、視聴意欲はわきますね。

最後に、今回、気に入った箇所。
・上記、頬を染めるラゼル。今回の最萌えポイント。
・ヒーたんと一緒のアクションで、衣装を脱いで軽装になるところ。・・・sunではキャプチャしまくろう。(笑)
・回想の幼・ラゼル。画面が暗かったので、これもSUNで録り直しの予定。
・観劇中のラゼルのマスクもけっこう良かったかな。
・・・このくらい、かな。

次回もラゼルの髪型が少し変わるようで、ヘアデザインは毎回チェンジ、ということでいいですかね。
・・・でも基本はツインテみたいですけど。

テーマ:破天荒遊戯 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 10:28:25 | Trackback(22) | Comments(0)
灼眼のシャナ2 第14話 永遠の恋人
[マージョリー、フィレスと一端手打ちをして、悠二の中に眠る零時迷子の謎を解くべく、ヴィルヘルミナはフィレスに動ける程度の存在の力を分与することを提案する。かくして歩けるようになったフィレスに、一美は、清秋祭を一緒に回ってほしい、と懇願する。同じ恋に悩む女性の気持ちで語りたい、と願ったのだった。]

前回の迫力あるフィレス、マージョリーとの戦いを受けて、その後始末のような流れでしたけど、ラスト3分にとんでもない進展があって、もうドキドキワクワクです。
正調伝奇をしっかりと歩んでいってくれているようで、すばらしく面白い展開です。
Shana2_14-01.jpg

今回のアイキャッチ、吉田一美だったんですが、ラスト3分に至るまでのキーパーソンで、その一美をつれだすシャナともども、人間的成長が伺えるところでした。
あっち側、フレイムヘイズの側の世界へ、恋する人のために踏み込んでいく一美。
そしてその一美と、フェアにわたりあおうとするシャナ。
第1期の頃のような、稚戯にもみたいがみあいから、さらに一歩進んだ交流をなしていっているようでした。

しかし、そんなことでフィレスが心変わりするとは思えない・・・というヴィルヘルミナの読みの方が結果的にまさっていたような結末、そして「もう一人」の覚醒。
息をもつかせぬ展開にしびれっぱなしです。
いやー、やっぱりシャナは面白いですわ。

悠二を瞬間的に危険な目にあわせる、力の分与。
しっかりとシャナの監視下で行われるそれでしたが、ここまでは、思惑通り。
Shana2_14-02.jpg

どうでもいいですけど、フィレス、とんでもなく、胸が増量されてますね。
前々回の登場時から感じてましたけど。
おっぱい担当、一美だけじゃたらないのかなぁ。(笑)

ともかく、謎が深まるだけの結果となりましたが、そこに入ってくる、一美の提案。清秋祭。
この、人間サイドの祭の楽しさを象徴するような、緒方と田中のデート。(^_^)
Shana2_14-03.jpg

マージョリーのアドバイスもあって、田中くんも、少し心がとけてきたもよう、ていうか、大好きなオガちゃんとお手々つないでのデートで、気分悪いわけもないですね。
オガちとゃんの何も知らなさそうな無邪気な笑顔と、一度地獄を見かかった田中の対照的な表情・・・マージョリーもうまく丸めこんでましたな。
マルコシアス曰く「わが盛大なるマッチポンプ」・・・だそうです。(^_^;

この楽しい時間の中で、回顧するフィレスとヨーハン・・・実はヨーハンも元は人間だった、という・・・。
「時にいたずらしてやろう」
「時よとまれ、美しいキミと永遠にいるために」
Shana2_14-04.jpg

・・・ファウストの魔術、そして永劫への昇天、そういった回顧で、フィレスの心はとけたかに見えたのでしたが・・・。

くぐつとしての尖兵だった、という正体をあかして、悠二を取り込む姿。
いっぱい食わされたシャナ、ヴィルヘルミナ、一美。
Shana2_14-05.jpg
Shana2_14-09.jpg
Shana2_14-06.jpg

これだけでも十分な驚愕だったんですが、さらに、。この発動した自在法の中で、もう一つ動く影が・・・。
Shana2_14-07.jpg

ヘカテーの発動、でしょうか、ここにきていよいよからんでくるみたいです。
それにしては、ちょっと予告で、ネタバレしすぎでしたが。(^_^;

いやあ、つなぎの回だと思ってたら、最後に来て、ものすごい進展がありました。
しかも、そんなとこで切るか、というようなひき。
来週が楽しみでたまりません。

エンドイラストも絶好調でした。
Shana2_14-08.jpg

作画、ストーリィ、シリーズ構成、総合的には、今期に入ってもトップランクかなぁ、と思わせる本編。次も楽しみにしておりますよん。(^_^)

テーマ:灼眼のシャナⅡ - ジャンル:アニメ・コミック

灼眼のシャナ | 22:16:09 | Trackback(31) | Comments(0)
H2O 第3話 ひなた
[朝、琢磨のもとに神楽ひなたが迎えに来る。途中で会ったはやみに対しても、依然としてよそよそしい態度を続けるひなただったが、写生会で琢磨と2人っきりになると「運命の人」と言い出し始めた。そしてはやみからは昔親友がいたこと、その親友から友情の飴玉をもらったこと、でもその友人に裏切られたことを聞く。]

あの・・・本編より、アイキャッチと予告の方が格段に面白いんですけど、いったいどうしたらいいんでしょう。(笑)

TVN、奈良テレビ組。
ともかく、本編の方の感想を簡単にまとめておきます。

依然として続くBの雰囲気・・・なんですが、前2話に比べると、かなり緩和されてきたようです。
どうやら、小日向家、という1家族に対してか、それともはやみ個人に対してか、そういったあたりで収束させるのでしょう、そうでないと痛すぎますからね。
でも、たとえそういう方向に行ったとしても、前2話の描写が、かぎりなくBの描写に近かったので、問題性は高いと思います。
これは、この作品の暗部であり、看過できない欠点である、ということは、気がつく限り、毎回言っておきたいと思います。言及はしたくないですが。

それを抜いても、この作品のカオスっぷりはけっこうあって、冒頭、いきなりデレてしまったはやみの、ツンデレ・テンプレートが登場しました。
「ぐ・・・偶然ね、あなたなんか待ってたわけじゃないんだから」
もっと軽い作品でやってくれてたらすごく生きたと思うんですが、この作品でしてもらってもなぁ、という気はかなり。(^_^;

その中で、昔、はやみとひなたの間にいろいろとあったらしく、親友だったのが、家の対立でつきあってはいけなくなったこと。
名家のお嬢さまであるひなたは「良い子」を演じ続けなくてはいけないこと。
ひなたの父、祖父、ともども、それについて強い影響力、圧力をかけていること等が描写されました。
ここいらはまぁ予想通りと言いますか、普通の進行ですね。

はやみの家が、村人に焼き払われた経緯も、そのうちもう少し詳細が出てくることでしょう。
ひなたの死んだ妹、というほたるについても、重要な鍵を握ってそうですしね。

B問題と同じくひっかかる、「都会からきた少年の平等意識」・・・これもちょっと痛いです。
琢磨の方にも、実家を通じてなにかありそうですので、都会少年の軽薄な平等意識、とまではいえないでしょうけど、現時点の情報だけで見ていると、事情もわからず村の因習の中にズケズケ入り込んできて、一方的に自分の価値観を押し付けようとしている、そういう匂いも感じてしまうんですよね。
作品として、そういう意図はないはずですが、制作側というか、文芸側は、この問題をもう少しデリケートに扱ってほしいと思います。

次回、はまじ。
混沌度合いをいっそう高めそうな展開ですが、現時点での本作のカオスっぷりを一応簡単にまとめておきますと・・・。
・主人公が全盲・・・だったのが第1話でいきなり超自然の力で開眼、いまのところそれっきり。
・ヒロインがBの出身、と暗示させる濃厚な描写。
・ヒロインが心に傷を持っててるのに、ツンデレのテンプレを忠実に実行。(笑)
・ヒロインの一人が、学校の制服を着ている妖精。
・ツインテールの女王さまが、普通に田植え仕事をしている。
・女装少年が、田舎でメイドのバイト。
・しかも、CVが榊原ゆい。
・さらにその女装少年が一番可愛い。(笑)
いくつか解決、というか解消の方向にもむかってますが、現時点でこのカオスっぷり。
まぁ、そういう意味では、とんでもなく面白いんですけどね。(笑)

さて、ある意味、裏本編といってもいい、アイキャッチと予告。
まず、アイキャッチですが、Aパートの終わりで飴玉のエピソードが出てきます。
昔、はやみが友達だった子にもらった、飴玉。
それと似たような状況で、同じ文句を言いながら、琢磨に飴玉を渡すひなた。
そして、そのセリフと飴玉から、ひなたこそが、はやみの「たいせつな、たった一人の友達」だったことを知る琢磨・・・という、かなり重要なキーが示された後、CM、そしてBパートのスタート、アイキャッチ。
H2O03-01.jpg

すてーん。ひっくりかえりました、おもろすぎ。
毒入り飴やったんかー、というすばらしいヒネリでございました。(笑)

この飴玉、アニメスピリッツの枠の方でも継承されてました。
H2O03-02.jpg
H2O03-03.jpg

そして予告編。
「はやみちゃん、一人でさみしくない?」
H2O03-04.jpg

「本音は?」
「みんな○○しちゃえばいいのよ」
H2O03-05.jpg
H2O03-06.jpg

すばらしすぎです。
こっちの方が格段に面白いから、もうあぶないことばっかりやってる本編はむしろ付録にして、こっちをメインに見ていこうかなぁ、と思いだしている昨今です。(笑)

テーマ:H2O - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 19:47:36 | Trackback(27) | Comments(0)
もっけ 第14話 ツエザクラ
[桜の季節になった。瑞生は桜の渦に飲まれてしまうことがあったが、今日は拾った杖のおかげで、その風の渦を祓うことができた。それから、その杖を握り締めていると、からだから力がわいてくるような気がするのだった。だが、瑞生が杖と別れようとして、捨てようとすると、杖は手に張り付いたまま動かなくなってしまった。静流の目には、杖から瑞生の手に根がはりだしているように見えた。]

不思議な杖の話でしたけど、最後の祖父の話になるまで、怪異しか語られておらず、テーマがかなり散漫に見えました。
ところが、杖を移し変える、というときに祖父のした話で、テーマが明瞭になってきまして、なかなかすばらしい読後感でありました。
一応、杖が現れたあたりから、単なる力の増幅で、決して杖がしていることではない、瑞生本来がもっていた力だ、というのは繰り返し出てきましたけど、それと桜がうまくつながらなかったので、いったいどうなるのかな、と思ってたら、桜がポイントではなかった、ということですね。
相変わらず、怪異の姿を借りながら、それを通して見せる人の姿、というのが秀逸な話でした。

「オレもやがて死ぬ」・・・このコトバにはっと目を開く瑞生。
そうなんですよね、子供のときって、周囲の環境が永遠に続いていく、と錯覚しやすい、そこに甘えも出てきます。
でもその快適な環境であっても、いつかはふりはらって自分で作っていかなくてはいけない、という成長のメッセージ。
淡々とした語りの中になかなか良いメッッセージとして込められていたと思います。
もっとも、人生で大事なことって、その成長の後にくる、停滞からの脱出、自分の本質の再発見、みたいなところもあるんですが、まぁ、幼い姉妹の目を通して語られる物語ですから、そこまで飛躍しなくてもいいかな。

ともかく、いつも前向きな瑞生であっても、ついつい楽な方向に、そして周囲の快適な環境に流されてしまう、でもそこから立ち上がっていかなくてはならない、ということですね。
瑞生自身も、利害関係があったとは言え、最初のつむじ風にまきこまれるところで「早く自分の力で払えるようになりたい」と言ってましたし。

いつも同様、怪異の姿としては、静流のめに映る桜の枝だけで、擬人化された妖怪の姿を映すでもなく、淡々とした描写はなかなか良かったと思います。
地味ですけど、いい話が続きますよね。
次回は、かなり具体的に「見えて」しまう話のようです。

テーマ:もっけ - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 17:28:32 | Trackback(0) | Comments(0)
AYAKASHI 第2話
[前夜、真田の襲撃から救ってくれた謎の少女・夜明エイムが悠のクラスに転校してくる。昨晩の説明を求める悠に対して、エイムは「知らない方がいい」と応えるのみだった。そして再び真田が襲ってくる。]

あまりにキャラ絵のクセが強かったので、前回、やや否定的な感想を残してしまいましたけど、第2話になって慣れてくるれと、そこそこ安定してるようですし、十分楽しんで鑑賞はできるみたいですから、感想記録は継続していこうと思います。
真田の背後にいるらしい存在が暗示され、その中には幼女もいるらしく、視聴意欲が盛り上がってきた、というのもたぶんにあったりするんですが。(笑)

その真田先輩。
カマイタチを呼び出して殺人三昧、画面ではそのパックリ切られたあたりはさすがに省略してましたけど、切って切って殺しまくってました。
そしてそこへのこのこ戻ってくるガキどもとか、状況をさらに悪化させるだけの陽愛ちゃんとか、妙に神経を苛立たせる状況が次々と起こっていきます。
この、言い知れぬ不快感がなかなか心地良いですね、言葉としてはかなり矛盾してますけど。

真田の残虐性以上に、のこのこ戻ってくる子供、さらにその子供を通じて、陽愛までやってきて、惨状の拡大に走る、というこの独特のひっかかるイガイガ感は、かなり今回の個性として際立ってたと思います。
なんせ、悠くんが覚醒してなんか出してみても、真田先輩が倒されても、一向にカタルシス効果が現れないっていうあたりに、この独特の闇描写がこめられていたのではないか、と思うところです。
「不快」って言葉使ってますけど、これ、ほめてますので、念のため。(笑)

キャラとしては、一応ヒロイン格・・・でいいのかな、のエイム。
AYAKASHI02-01.jpg

戦う短髪系美少女・・・なので、そこそこきれいな表情でしたけど、このマスクであの容姿なら、あんまりデレてほしくないかなぁ。(笑)

陽愛ちゃんの方は、その環境背景みたいになってしまいそうですが、真田先輩に首をしめられたところ、顔色がどんどん赤みを増していくのは・・・演出ですか?
なんか変色が極端でしたので、笑いがこみあげてしまったんですが・・・。(^_^;

清水愛声の金髪が映ってたので、こいつらが登場してきたら、もう少し華やかになりそう、と少しだけ期待を込めておきます。(^_^)

テーマ:AYAKASHI - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 00:40:16 | Trackback(0) | Comments(0)
GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- 第2話
[南北経済格差問題をかかえるイタリア。北部の独立を支持する過激派・五共和国派の幹部・クリスティアーノの養子、少年・ピノッキオは、殺人者として育てられていた。そのピノッキオの元に指令が下る。爆弾テロリストコンビ、フランコ・フランカの2人と協力して、メッシーナ大橋の破壊である。公社では北部の不穏の動きを察知して、ヒルシャー・トリエラ組をミラノへ派遣することになった。]

うっひゃー、アウローラ、可愛ええええ。(^_^)V
GunslingerGirl2_02-01.jpg
GunslingerGirl2_02-02.jpg

デザインが第1期から変更で、この第2話以降どうなるのかかなり心配ではあったんですが、まったくの杞憂になりそうですね。
少なくともこの水準が維持されるのであれば、全然問題ないです。
ただ、どっちが好みか、と問われると、やはり第1期の方が好みですが、それは好みの問題であって、グレードとしてはなんら遜色ない仕上がりだと思います。

今回、ピノッキオ側の事情で終始しましたから、公社の少女たちはラスト付近でちょろっと映っただけでした。
代わってきれいどころとしては、このアウローラと、爆弾コンビの美女、フランカの方でした。
GunslingerGirl2_02-03.jpg
GunslingerGirl2_02-04.jpg

「おねーさんが教えてあげる」的美女のフランカ・・・こっちもいい素材でした。(^_^)
第1期でもこの2人組、出てきてましたけど、いかにも顔出しだけでほとんど話にはからみませんでしたけど、今回はピノッキオとともに、しっかり公社と対決してくれるようです。

この作品の背景になっているイタリアの南北問題ですが、ヨーロッパの他国、特にドイツ、フランス、ハンガリーと違って、イタリアのそれは民族問題ではなく、経済問題なんですよね。
本作のモデルとされている北部同盟は、たしかに人種差別的発言や、支援団体に過激派がいることでも知られてますけど、そこの部分を除けば、かなりまっとうなことを主調してますので、悪役にされている本作だけ見てますと、誤解を招きかねんなぁ、とは少し思ってしまうところです。
第1期ではこの色彩は少しうすかったですからね。

そんな背景をいくつか暗示しつつ、フランコ組と合流するピノッキオでございました。
過去の映像も少し出てきたんですが、あんな可愛い少女でさえも、口封じに消されてしまいます。
GunslingerGirl2_02-06.jpg

もう第1期でさんざん見てきましたから驚きませんけど、こういう風に、クールに人が消えていくシーン、すごいですねぇ、問題にならないことを切に祈るばかりです。
しかしそれにしても、こんな可愛い娘を消しちゃうなんて、人類の損失だよなぁ。(^_^;
「女は苦手」というピノッキオの心に影を残す一因、かな。
それにしても車の名前にまで反応ししてました。
メルセデスのエピソードは有名ですけどね。

他人を信用できないフランコとピノッキオの対峙、フランカの妖しい魅力と、いろいろ語られて、公社サイドへ。
アンジェリカが復帰してきたことが示されてましたけど、今回のヒロインは彼女ではありません。(たぶん)
GunslingerGirl2_02-05.jpg

ヒルシャー・トリエラ組が出動、ということで、いよいよ次回から、ピノッキオ対トリエラの死闘が描かれるわけですね、楽しみ、楽しみ。(^_^)

テーマ:GUNSLINGER GIRL - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 23:44:26 | Trackback(3) | Comments(0)
ARIA The ORIGINATION 第2話
[ある日、いまだシングルである灯里の元に予約が入った。どんな人なんだろう、とあれこれ詮索する藍華とアリス。やってきたのは優しげな老婦人だった。既に主だった観光ポイントには言っているので、灯里のお薦めするコースをとってほしいと言う。かくして、この老婦人を連れて、灯里のとっておきを回るのだが・・・。]

いったいこの老婦人が誰なのか、という興味を最後までしっかりとひいていったくれた好篇で、展開のしようによってはとてつもなくダークになったり、あるいはスポ根ものみたいになりそうなところを、全体を包む柔らかい感情で、きれいにまとめてくれたと思います。

明らかに、すべてを知っているにも関わらず、にこにこと観光を楽しみ、しかもそれを示されても、悪びれたり不安になったりすることもなくとっておきの場所を巡る灯里の優しさとか、そういうのが伝わってくる作品でした。
でも、あまりにも「天使の心」なんで、少しヤキモキもしましたかね。(笑)

こうした、観光ゴンドラの話になると、水路がとてもきれいな透明感を帯びて描写されるのがなかなかステキなところでもありまして、一部動画にもなってますから、美術陣、というだけでなく、作画陣のセンスも感じさせてくれるところです、まぁ、大半はCGAではありましたけど。

ラストの藤の花のシーンなんかも、単体で取り出してみたら普通の情景なんでしょうけど、水路を経た中庭の先に、という設定、あるいはフレーム画面なんかのおかげで、きれいに仕上がってました。

そして老婦人の正体・・・いや、正体そのものが語られたわけではなかったけど、前歴。
てっきりアリスの言ってた「検査官」かそのOGが善意的な指導に来たのかな、と思えましたけど、実はこれから伸びていくシングルを楽しむ人だ、ということでした。
これもとりようによっては、けっこう暗いものになりかねないんですよね、たとえば藍華が「じゃあなんで私の方には来てくれなかったのか」とか。
善意でできている世界ですから、藍華もそういうことは言いませんでしたけど、あまりにキレイに創られているので、かえって実体感がないような気も少し。(^_^;
まぁ、その軽さ、浮揚感が本作の魅力でもあるんですけどね。

ということで、心が汚れ、よどんだ人間には、あまりにまぶしすぎて、かなり辛いものもありましたけど、良い作品だったと思います。(笑)

老婦人・アマランタ役は、杉山佳寿子さん。
優しい演技が実に自然に聞こえるキャスティングでした。

テーマ:ARIA(コミックス・アニメーション) - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 22:43:03 | Trackback(8) | Comments(0)
バンブーブレード 第14話 さとりんの決意ともぎゅもぎゅ
[紀梨乃と鞘子の勧誘にも関わらず、剣道部への参加を固辞し続ける聡莉。虎侍先生に「残念だがあきらめろ」と念を押されてしょげかえる紀梨乃と鞘子。それを見て、ついに宮崎都が立つ。部活をやめたことで返って成績がさがってしまったことを指摘し、言葉巧みに聡莉をひきこんでいくのだった。かくして聡莉は剣道部に入部することになった。そして迫るインターハイ予選。虎侍は、石橋先輩からの合宿の申し出を受けて、町戸高校女子との合同合宿に踏み切るのだった。]

ついにさとりん、剣道部に合流、5人目誕生。
試合とかがなくてもそこそこ面白い本作、今回も見所はいっぱいありました。
まぁ、先行地域から2話遅れてますし、いつものように、簡単に気に入ったところをメインに、感想記録しておきます。

まず、恐るべき眼光、小田島礼美。(笑)
眼球が血走ってたので貼りませんが、インパクトは強烈です。
中原さん、ひぐらしやってから、こういう役の凄み、半端じゃなくなってますなぁ。
平時のほよよんとしたしゃべりと、興奮したときの崩壊度がすさまじいので、もうたまりまへん。
礼美、ミヤミヤ、安藤と、ブラック系キャラが3人もいるのでとっても嬉しいです。
次回、安藤も再登場してくれるみたいですし、もうワクテカでございますよ。

そして、なぜか過剰に色っぺー吉河先生。
BambooBlade14-01.jpg
BambooBlade14-02.jpg
BambooBlade14-03.jpg

コジロー先生が生徒から没収した携帯型ゲーム機をとるや、瞬く間にクリヤして、得意満面のところだったんですが、むっちりとのぞく谷間、タイトな制服につまった女体の香り、そしてもちろん美しいマスクと、なにげに脇役なのに、キラキラムチムチ輝いてました。
色っぺーなー、この先生。
しかも副担任ですから、まだ20代前半の可能性も高いですし、さとりんと一緒に親御さんの説得に乗り出す生徒思いのいい面も見せてくれましたし、すばらしいですね。
それにしても、メガドラだのDuoだのと、なにげにカルトなマシンの名前を口走りますし。
あー、メガドラでは、『バトルゴルファー唯』が好きでした。(^_^;

そして、本日のメインイベント、毒蛇ミヤミヤが、蛇ににらまれた蝦蟇・さとりんをおいしくいただいてしまうシーン。
こちらもムニッと胸の厚みを強調していたり、小股の切れ上がった、絶妙煮の大腿部を見せてくれたりと、すばらしい絵が連続で続いてました。
BambooBlade14-04.jpg
BambooBlade14-05.jpg

おっぱい担当はサヤだと思ってたんですが、美乳担当、ということにしておきましょう。
とにかく属性としては、絶世の美少女、ということなんですから。
中身は異様にドス黒いですけど。(笑)

でも言ってることはわりとまともで、文化系ならまだしも、体育会系の部活をすれば、集中力はむしろ養えるでしょう。
本作第1話にあった、いじめとかシゴキとか、そういうのさえなければ。
それに、スポーツで大学へ推薦入学っていうのは、今では普通にありますしね。

この推薦入学を指摘したときの、ミヤミヤとどめの一撃が、どどん波で、笑わせてもらいました。
BambooBlade14-06.jpg

なんというサイキック能力なのでしよう、ミヤミヤ。(笑)
剣道の実力では、さとりんの方がはるか上なんでしょうけど、人間的迫力、という点では、ブラック発動時のミヤミヤ、最強ですね。
「人を追い込むのって、楽しい」・・・ミヤミヤの本質がダダもれでした。(^_^;

あとは、わざわざテレビ雑誌を買いにコンビニまで走り、しっかりと「ブレードブレイバー」のタイマー予約録画をするタマちゃんとか、合宿と聞いて激しく動揺する川添父とかが面白かったですね。

さて、いよいよ次回、安藤が合流だぁー、楽しみ楽しみ。

テーマ:バンブーブレード - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 22:12:01 | Trackback(0) | Comments(0)
みなみけ おかわり 第2話
[春香のクラスの学級委員長が長期入院することになり、皆は春香にその役職を押し付けようとする。その中でまたもブリ返される、春香初代番長伝説。春香の母校でもある夏奈の中学にまでその噂は逆了してきて、夏奈は春香のために、番長軍団を組織しようとするのだった。]

黒モブ、怖い。(爆)
M_Okawari02-01.jpg
M_Okawari02-02.jpg

なんかあれ見てますと、この『みなみけ』でも空鍋みたいなことするのかなぁ、とか思ってしまいます。
魚眼レンズなんかも導入してますし、作画状況は、限りなくノワールな雰囲気を漂わせてますなぁ、作画だけで、ほとんど話にはリンクしてきてませんけど。
童夢版第1期のファンからは、かなり評判悪いみたいですけど、作画水準、5割増しくらい、確実に高いです。
ただ、その高さを第1期とは全然違う方向で開花させていますので、童夢版でなじんだ方にはかなりハードルが高くなっているのかも、と思ってしまう次第です。

夏奈が軍団組織にあたって、頼りない連中がふにゃふにゃ踊っているイメージがありましたけど、ああいうところなんかでは、この作画の優秀性は見事に開花してたんですけどね。(^_^;
第1期とはまったく違うフィーリングでテンポいいですし、わたしゃこの第2期の方が好みかなぁ。

つうことで、気に入った点をいろいろと回顧していきます。
まず、千秋の小学校でのハムスター。
千秋の語る「情操教育、というヤツだな」・・・セリフだけ聞いてると、すごくいやな小学生なんですが、千秋が言うと、なんかこっけいに聞こえるのがよろしいですな。
加えて、ハムスターの餌、ということで、嫌いなにんじんとかホウレン草とかを処分させてしまおうとする、小学生らしい浅知恵なんかも見せてくれましたし、今回はほとんど夏奈のターンだったんですが、それなりに強い存在感を見せてくれました。
「動物の世話」というモティーフで、だらしない夏奈の生活を思い浮かべながら、しつけの大切さを語るところなんか、良い状況笑いになってましたし。

その夏奈。千秋に調教されるイメージ、でもたぶん実生活でやっていそうな姿が描かれてました。
M_Okawari02-03.jpg
M_Okawari02-04.jpg

すばらしい室内環境、そしてすばらしい尻です。(笑)
囚人服みたいな寝巻きもなかなかあってましたし、やっぱり夏奈はヲタの共感を呼ぶ人物像に仕上がってますなぁ。
・・・もっとも、うちの室内より、よっぽど片付いてたりしますが。(^_^;

妹が歯を磨いている裏で、すっぽんぽんで出てきたり、思わず「orz」のへたりこみをやったりと、もういろんなギャグを入れてました。こういうところが嬉しいところです。
M_Okawari02-05.jpg
M_Okawari02-06.jpg

今回のメインテーマ、番長軍団の結成。
ここで、掌のクローズアップが次々登場。
まず夏奈。
M_Okawari02-07.jpg

軍団を作るべく、いろいろと考えた結果、腕っ節の強いのを集めよう、ということで、腕立て伏せ大会。
勝った者には、「藤岡を好きなようにしていい」ということになり、それを聞いて、思わずリコ興奮。
思わず「ばっちこーい」モード。(笑)
M_Okawari02-08.jpg

ここらへんのたたみかけなんか、面白かったです。(^_^)
顔が、今すぐにでも、空鍋してしまいそうでしたけど。

そして春香。
過大評価されてしまい、受難の日々でしたけど、自宅で電話を受けてたりするところ、妙に女っぽいアングルでよろしゅうございました。(^_^)
M_Okawari02-09.jpg

夏奈も、じっとしていると、絶世の美少女なんですけどねえ。(^_^)
M_Okawari02-10.jpg

ということで、高水準の作画に、テンポのいいコメディ、ときどき入るノワールな画面、くっきりと浮き上がる個性の数々と、もうかなり夢中になっています。(^_^)
次回は、またまた悦痴な情景があるっぽいので、期待しています。

テーマ:みなみけ~おかわり~ - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 21:21:29 | Trackback(2) | Comments(0)
true tears 第2話
[不思議な少女・石動乃絵は言う。「私には指名がある、涙を取り戻さなくてはいけない」と。眞一郎を信用した、と言い、おおっぴらな行動に出る乃絵に、いささかとまどいながらも接触を続けていった。そんな乃絵と眞一郎が気になる比呂美は、眞一郎を通じて乃絵と友達になりたい、と伝えるが、乃絵に簡単に見透かされてしまった。]

第1話の作画があまりにすごかったので、注目してたんですが、今回はわりと普通かな、劣化したとまでは思いませんでしたけど、第1話のときほどの強烈さは感じませんでした。
原画に3文字がズラズラ並んでたせいかなぁ、第2話で、3文字ラッシュ、というのは、先行きかなり不安です。(^_^;
次、5話で3文字ラッシュみたいですから、3話に1回、外注ってところですかね。

ただまぁ奥行きのある美術、今回に関して言うと、校舎内の階段の様子とか、教室の壁とか、そういった空間の表現は相変わらずで、ともすると話を忘れてここに描かれる世界の中に入っていってしまいそうでした。
今川焼きのあいちゃんも、今回はしっかりと店の外観を見せてくれてましたし、眞一郎の絵本のモティーフと思しき描写のときには、美術を切ってシンプルにしてみたりと、コンテのうまさは健在でした。

ストーリィについては、なにか動的な要因で進めていく、というよりも、メイン5人の日々の描写からふくらませていく、という感じ。
そんなわけで、まず乃絵から。
冒頭、いきなり土手を歩いてて、その舌から眞一郎くんがついていく、という構図・・・。
足が美しかったですな。(笑)
true_tears02-01.jpg
true_tears02-02.jpg

細い腿ですけど、しっかりと骨が発育してて、そこにうっすらとのった脂の感じがたまらなくすてきです。
とくに、とびおりたときの腿の裏側の美しさといったらもう。(笑)

性格はやはりふしぎちゃんだったみたいで体育の授業中に、衆人看視の中、眞一郎くんに手を振ってみたり、わざわざクラスにまで呼び出しに来て、ニワトリの餌を食えと言ってみたり。(^_^;
true_tears02-03.jpg
true_tears02-04.jpg

ニワトリについては、「眞一郎くんを見上げるのが好き、空に近いから」とか言ってましたので、そこらへんの読み方が今後のこの少女のテーマかな。

この空に近づくということと、涙をあげてしまった、ということ。
このモティーフが眞一郎の心の中にしみこんで、創作絵本の題材にまでなってきてました。
今後、しっかり見つめていく素材になりそうですね。

ところが、なんと家に戻ると、男の首ったまにだきついてました。
true_tears02-05.jpg

エンドタイトル見てましたら、同姓の男性が一人いましたので、兄とかかなぁ、とも思ったんですが・・・兄妹で抱き合わないよね、ふつう。(^_^;
地方都市を舞台にした、ということが、血の濃さとかを暗示している、というのも考えられなくもないんですが、今のところそういう雰囲気の作品でもありませんしね、はてさて、この男の正体やいかに?

前回、その不幸な境遇だけがクローズアップされてて、客体化されて描写が主だった比呂美、今回はしっかりと自分の考えやら個性やらを示してくれてました。
クラブはバスケット部で、友人と思しき朋与とともに、練習に励んでおりました。
true_tears02-06.jpg
true_tears02-07.jpg

前回でも、トラック競技で脚力のあるところは見せてくれてましたし、運動神経はある、とのことでしたので、当然の活動でしょう。EDででも比呂美ではありませんでしたけど、少しだけ暗示されてましたしね。

その練習中に去来する、幼き日の思い出。
true_tears02-08.jpg
true_tears02-09.jpg

前回、眞一郎の元へ来たときより、さらに幼いように見えたんですが・・・これはひょっとしてやってくる前?
髪も短いですし、仲上家に来る前から、2人は知己だった、ということなのかな。
第1話の雰囲気では、とてもそんな風には見えなかったのですが、比呂美を客体として描く、という演出だったのかもしれませんので、今後の2人の関係をしっかり追っていこうと思います。

でも比呂美も主人公に対してなにがしかの意識をもってたんですね。
立場上、強くは言えないけど、乃絵の噂を伝えてみたり、眞一郎経由で乃絵と接触してみたがったりと、「女」の部分はけっこうしっとりと描いてくれてました。
うん、こういう描写、けっこう好きです。(^_^)

比呂美の方から、下心をもって接近してきたのを一発で看破するの絵。
「嘘ついたでしょ・・・あなた、私のこと、好きじゃないでしょ」
ズバズバ言いますね、乃絵。
こっちは今のところ、あまり「女」の部分が見えてきませんが、個性としては際立っていると思われますので、主人公とどういう関係になっていくのか、楽しみです。

視線や表情、ことばのひとつひとつが、とてもデリケートに作られているので、ともするとなにげなく見落としてしまったことが、とても重要なファクターになっているかもしれない、そんなムードも漂わせてくれます。
第1話ほどの作画品質ではなかったものの、それでも十分高いクオリティだと思いますので、今期の柱なのは間違いないですね。

今回、主人公サイドがかなり弱かったと言いますか、ちょっと密度がうすかったようにも思ったのですが、両親との微妙な空気の違いはしっかりと描かれてましたし、またそちらにスポットがあたったときには、いい展開を見せてくれるんでしょう。
ちょっと展開がいまのところ読めませんが、それゆえの面白さ、もありますし、期待してますよん。
最後に、今回は顔出しだけだった、あいちゃん。
true_tears02-10.jpg

これは接客の方の顔でした。(笑)

テーマ:ture tears - ジャンル:アニメ・コミック

true tears | 18:46:15 | Trackback(6) | Comments(0)
しおんの王 第11話 疑惑
[夜間、紫音の携帯にかかってきた謎の通話。それは8年前の犯行を知っている者からだった。その恐怖に紫音はついに言葉を発してしまう。「だ・・・れ・・・?」。翌日、安岡夫人が悟と密会しているのを目撃した久谷は、対局前だというのに覇気をなくしてしまっていた。対するはプロの強豪・菅沢七段。七段の言葉に勇気付けられた久谷は、どんどん手がのびていった。だが、対局後、刑事の訪問を受けた久谷は、前日なくしてしまった携帯電話が、紫音脅迫に使われたことを教えられる。]

激しく間があいたので、ひょっとすると衛星に抜かれてしまうんではなかろうか、とかなりドキドキでしたが、とりあえず、第11話。
でも先行地域も年末年始をはさんでいた関係で、それほど進行はしてないんですね、2話程度の遅れですか。

さて、本編。
久谷と沙織がなんかいい具合にできあがってまして、そのせいもあってか、沙織の表情がすごく柔らかかったですね。
望むらくはもう少し回想映像をちゃんと見せてほしかった、というのはありますが・・・。

脅迫事件の方は、映像だけ追いかけてますと根悟が犯人にしか見えないんですが。
携帯を届けたのも悟、とか言ってましたし。でも、実行犯ならそんな間の抜けたことはしそうにもないし、うーむ・・・。
アニメ版の方でどう解決をつけれていくのか、興味津々ですな。

久谷くん23歳、沙織が18か19、、ってことを考えると、年齢的にはつりあってますね、進展するかどうかはまだわかりませんが。(^_^;
作中で、奨励会の年齢制限について言われてましたけど、現行規則では26歳ですから(誕生日によっては25になるときもある)確かにあせりもでてくる頃でしょう。
昔は、奨励会の年齢制限は、31歳(これも誕生日によっては30歳のときもある)までで、某国営放送で放映された『けむりが目にしみる』は、この時代の作品ですね。
あと、愛3段のドキュメントなんかも、この31歳制限の頃かな。
愛3段のドキュメントには、たしかまだ中学生だった頃の山崎三段(現七段)が映ってたのを覚えてます。(^_^;

年齢制限については、他にも年齢超過の特例とかいろいろ細かい規定がいくつかあるんですが、31から26になったのは、むしろ温情だ、とも言われてます。
もし棋士になれなくても、31よりは26からの方が人生のやりなおしは効くだろう、という配慮からだとか。

しかし、プロになるだけならまだしも、タイトルをとったりA級までいったり、とかっていうトップ棋士になるには、20歳でもまだ遅いくらいで、10代で四段になってないと、ていう印象はかなりあります。
20過ぎてから四段になって、なおかつA級まで行った棋士っていうと、最近ですと名古屋のドン・故・板谷進八段と、森鶏二九段くらいしか思いつかないんですけどねぇ。
タイトル奪取棋士というと、ほとんど森九段くらいしか・・・あ、深浦王位が、20歳で四段だったかな、たしか。
ということで、数字だけ見ますと、久谷くんの前途はなかなか多難じゃのう、とか思ってしまいます。(^_^;

あと、安岡夫人の密会。
すぐに夫人から亭主に報告してましたけど、安岡夫人、美人でエロいから、久谷くんがいらん妄想をしてしまったのもうなづけるところです。
まぁ、テレビではそんな下世話なところまでは映してませんでしたが。(笑)

一方、紫音ちゃん。
前向きな歩くんを見て「3人揃って勝ちましょう」と書いてしまいます。
歩「おとうさんに勝ってもいいの?」といわれて、あわてて「どっちも応援します」と書き直してました。
ふだん、濃いキャラ絵が連続しますので、ここのあわてた紫音の表情は可愛いくてよかったですね。(^_^)

かくして、女流3人の対局相手は、紫音-悟、沙織-羽仁名人、歩-安岡。
次回、狐の読み。
・・・なんかええサブタイじゃのう。(^_^)

TVアニメ2008(上期) | 10:02:13 | Trackback(1) | Comments(0)
シゴフミ 第2話 ロケット
[翔太を刺した明日奈は、その凶刃をフミカにもむける。フミカは問う。「町屋翔太は恋人か?」明日奈「男ならたくさん」・・・翔太の遺体は意外と早く発見されたため、明日奈は髪を切り、この町を去る決意をする。そんな明日奈の前に再び現れたフミカは、翔太の死後文を携えてきていた。]

びっくりどっきりの前回ラストを受けての、種明かし。
やっぱり、父親が悪いヤツでしたー、ていうことですね、まぁ、それ以外で、通常の解決はたぶん難しいでしょうから。
前回の刺殺エンドがあまりに強烈でしたので、けっこう良い話に仕上がってたのに、なんかしっくりこないもんがありますなぁ、たとえば、動機。

明日奈が父を殺す、というプロセス自体は十分納得もできるんですが(それにしてもいくらでも別の解決方法はありそうですけど)、翔太を殺したのは、結局口封じの一点だけ、ってことですか。
フミカにもむかっていってましたから、たぶんそうなんでしょうけど・・・口封じの殺人だとしたら、明日奈にはそれほど同情できないんですよねぇ。
一応、嫌いだった、ていうのも追加されてましたけど、それにしたって殺人までいくっていうのは、そこいらの暴力組織と変わらないようにも見えます。
したがって、翔太の死後文も、なんかただのお人よしにしか見えなくなってますし。
殺人に躊躇していない、ってことが、環境の悲惨さを考えても、特に翔太殺しに関しては、ただの壊れた殺人狂に見えてしまいます。
表情も怖かったですし。

次に美紅ちゃんの存在のあやふやさ。
父殺しの理由として、美紅の存在があって、まだ幼い美紅までもAVの撮影、おそらくペドとかそういった方向でしょうけど、それにかりだされそうになって、やむにやまれず、というのは、一応繋がるんですが、その割には、養護施設みたいなところに預けた後、さほど悩むでもなく逃避行してますね。
どうも殺した後、っていうのが軽い気がするんですが、たぶん上に書いた、なんかしっくりこない、っていうのはそこいらへんに由来しています。
そこらへん、刑事さんが言ってた「純粋な犯罪者は怖い」ていうところなんでしょう。
天然の殺人狂・・・てところかな、でもそれだけだと同情はできません。

というわけで、美紅との姉妹愛とか、翔太の相手を思いやる気持ちとか、部分部分を見てますとよくできてるのに、全体を通してみると、後味の悪さがいくつか残るデキでした。

杖がきゃーきゃーしゃべっているところとかは、良かったです。大好きな松岡さんの、元気少女系の声だった、というのもかなりありますが。(^_^;
淡々としていたフミカも、この殺人狂が動き回る異様な世界と対照的でしたし、超常世界側の存在は、逆に普通なんですけどね。

あと、明日奈が刑事さんに襲い掛かっていったところで、撃たれてましけど・・・なんで足とかではなく、致命傷になるような撃ち方だったんでしょうか。
つうかそもそも未成年の女子が刃物出したくらいで発砲していいんかなぁ、という気もかなり・・・。

「世界で最も純粋で美しい想い」・・・ていうのはあたってると思います。
同情はできませんけど、こういう愛らしい表情の女子高生が、実は天然の殺人狂でした、という流れ自体は、けっこう好きかも。(^_^;
表現に問題があっただけ、と信じたいので、次回を見てみたいんですが、そんなにエキセントリックな方向にいく作品でもなさそうですし、うーむ。


テーマ:シゴフミ - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 09:19:01 | Trackback(11) | Comments(3)
素敵探偵ラビリンス 第14話 神智発火
[さらわれたさなえを追って到達した喫茶・エナイ。そこに現れた人物は「犯罪心理カウンセラー・セイジュ」と名乗り、日向家次期当主・マユキのことを語りだした。幻夢事件の影で人々を操っていたこととなどを知り、マユキの怒りは頂点に達する。そこへ現れたさなえ。既にセイジュによって操られ、夕緋となって白蟲とともに、晴嵐、蒼花に戦いを挑んできた。]

セイジュ登場と、マユキの能力発動編。
まがりなりにも、一応ミステリものの仮面をかあぶってきたのに、ここでSFになってしまいました。(^_^;
まぁ、晴嵐の「採吊師」としてのバトルアクションがときどきはさまれていた段階で、その兆候はあったものの、こうはっきりと異能の力っていうのが出てくると、ちょっとダレますね、絵としてはすこぶる綺麗だったんですが。
まんが的には盛り上がるのかもしれませんが、そのかわり没個性化してしまうっ、ていう側面も少し。
せっかくキャラ作画が優秀な作品なんですから、それをもう少しちゃんと生かしてほしいなぁ、とか思いましたけど、原作つきにそれを言ってみても悲しいだけですか。(^_^;

とりあえずストーリィについては、敵の正体がわかりました、マユキ君には異能の力がありました、蒼花、夕緋たちの「採」それを使役する「採吊師」の説明がありました、さなえは無事帰ってきました、くらいでいいですかね。

というわけで、今回の見所は、蒼花たちのバトルルシーンかな。
暗がりでの戦いだったので、見づらかったのがややネックでしたけど、彼女たちの戦いは本作の華なので、しっかりと鑑賞させていただきました。

まず、囚われのさなえ。
sutekitantei14-05.jpg

暗がりで見づらかったんですが、セイジュの糸でからめとられているのが、なかなかエロっぽくてよろしゅうございました。(^_^)
セイジュの悦痴な洗脳とかがあったらもっと嬉しかったんですが、さすがにそこまでは無理かな。
でも、おっきなお乳が無防備につるされてるのって、良いですよね。(笑)

マユキに名前を呼ばれて覚醒しました。
涙を流して意識が戻ってくるところ、良いシーンだし、あれで十分だとは思うものの、せっかく回想シーンで、胸に顔をうずめているところがあったんですから、やっぱりパフパフしてほしかったかなぁ。(^_^;

白蟲のバトルアクション。
sutekitantei14-01.jpg
sutekitantei14-02.jpg

胸だけでなく、二の腕のムチムチ感もなかなかにすばらしい白蟲さんでした。
白蟲はこのスタイルのときの方が普通なんで、コスチューム的なドキドキ感は蒼花、夕緋より落ちるんですが、動きの見易さという点では、見慣れてるってこともあって、ピカイチかな。

対するは、今回孤軍奮闘に近かった蒼花。
sutekitantei14-03.jpg
sutekitantei14-04.jpg

暗がりということや、頬の紋章のせいもあってか、今回のバトルではなんかこっちが悪役に見えてしまいましたけど、髪の鞭を振りながらの動き、姿態、ともに堪能させていただきました。

そしてマユキくんの神智発動して、一応解決、かな。敵さんが手を引いてくれただけ、という風にも見えましたが。(^_^;

ということで、作画はいつも通り、よろしゅうございました。(^_^)

テーマ:素敵探偵ラビリンス - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 21:11:32 | Trackback(0) | Comments(0)
墓場鬼太郎 第1話
[水木は上司から奇妙な病院患者についての調査を命じられる。明らかに死んでいるのに生きている患者だった。その患者を追跡していくと、そこに自分の家があった。最近近所の寺に引っ越してきたという夫婦を訪ねると、その夫婦は地上に残された、最後の幽霊族の夫婦という説明を始めるのだった。]

きゃーん、待ってました、ハカバキタロウの関西お目見えでございます。

独特の画面で、貸本漫画時代のテイストを濃厚に伝えてまして、もうたまりません。
OPからもう、貸本時代の水木漫画の「奇妙な味」、ペーソス、不気味さ加減をよく出してくれてまして、最高でございます。

個人的なことを一つ。
ワタクシ、実は神戸市兵庫区水木通りの生まれです。
水木通りというのは、水木ファンならご存知だと思いますが、「水木しげる」のペンネームの元となった、水木荘というアパートがあったところです。
まだ売れない絵描きだった頃の水木御大は、知り合いからここのアパートの経営をまかされて、しばらくの間「水木さん」と呼ばれていたらしく、それがペンネームの由来になったとか。
もっとも、私自身も生後1年と少しですぐに引っ越してますので、かの地の記憶はまったくないのですが、後年、水木しげるのペンネームの由来になった土地だ、と聞いて、すごく嬉しかったことがありました。

さて、本作、モノクロ時代の初代『ゲゲゲの鬼太郎』よりもさらに古く、貸本時代の『墓場鬼太郎』を原作として作られたもので、今回は幽霊族の最後の一人として生まれた鬼太郎が世に出るまでの話でした。

まずOP。
なんかよく見たことのある画面が次から次へと出てきたと思ったら、吸血鬼エリートまで出てきて、もう涙がちょちょ切れそうでした。
でも貸本版にエリートは出てこなかったように思うので、適当に初期マガジン連載分も入れてきてくれる、ということなんでしょう。

さて、本編。
本来の貸本版では、鬼太郎誕生と、鬼太郎独立は別々の話としてあったものをひっつけたもので、うまくつながっていたと思います。
医学的に死んでいる人間が、起きて動いて、来訪者に茶をすすめる、という下り、あれ確か幽霊の血液を輸血した結果だったと思うのですが、幽霊族のおくさんが、その超能力でしたことになってました。
水木の会社が、血液銀行関係だった、というのもばっさりカット。
ミドリ十字の事件とかもありましたし、かなり微妙な問題でしたので、ああいう風に改変させてしまったと思うのですが、売血の話は他にもあったので、カットするのか、それも改変してしまうのか。
ああいう湿り気を帯びた怪奇譚も、貸本時代の水木漫画の特徴でしたので、削られるのはちょっと惜しいかな。

モノクロ鬼太郎が始まったときから既に、目玉オヤジは何の説明もなく出てきてましたが、今回の本編で、実は父親のわが子を想う一念で出てきたことがしっかりと描写されてました。
でも、胴体はけっこう太かったですけどね。(笑)
ただ、あの眼球がズルズルと出てくるときの気味の悪い説明文は省いてほしくなかったかなぁ。

会社員水木が、恐れながらも哀れに思い、幽霊族の子供を7歳まで育てるものの、ふとした好奇心で地獄に流されてしまい、さらに息子の消失に疑念をもった母親が鬼太郎を詰問して、同じように地獄に落ちかかる、その寸前で物の怪をつきおとせ、という占い老婆の助言に従って鬼太郎をつきおとしてしまう・・・このあたりの色調に支えられた不気味さはすばらしかったですね。
その後、母親が狂ってしまう・・・というのも、ちゃんと再現してて、よろしゅうございました。かなり暗示にとどまっていましたが、原作でもあんなもんでしたし。

つうことで、今の作画技術で、1960年代の市井の中に潜むおどろおどろしい闇を再現してくれているようで、たいへん面白く鑑賞させていただきました。
アニメ誌等で、今後のストーリィ展開を読みますと、貸本時代の原作を使うのは今のところ今回だけで、あとは適当にマガジン原作からひっぱってくる感じ、かな。
まぁ、この誕生奇談以外はかなり話もかぶってるから別にいいんですが、ブリガドーン現象とか、ゼウクロドン(鯨神=大海獣)の話とかは、貸本版の方でやってほしいなぁ。
ブリガドーン現象は、OPでそれっぽいのが映ってたのでやってくれると思うのですが、チベットの高僧・チンポはそのまま読んでくれるんでしようか、ちょっと楽しみです。

次回は、アニメ誌によると、夜叉をとりあげるみたいです。

テーマ:墓場鬼太郎 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 19:17:47 | Trackback(3) | Comments(0)
ドラゴノーツ 第14話 朋友
[ドラゴンによる被害のため、メディアの攻撃にさらされたISDAは、Dプロジェクトを前倒しにして、中枢機能を宇宙船アヴニールに移し、月への移行準備にとりかかる。その頃、ライナはジンの父から言われたことを思い出し、ジンをドラゴノーツへ誘うのだった。]

宇宙基地ごと宇宙へ出発、と聞くと、いまだに『ダンガードA』を思い出してしまいます。
そいでもってあの発射カタパルトを見ていると、Vガンダムを思いだして仕方ありません。
ということで、部分部分にやけに郷愁の漂う画面でございました。

本作、面白いエピソードとそうでないエピソードのギャップが激しいんですが、今回はリンドブルム隊とジンくんがメインになってたせいか、そこそこ普通に楽しめました。
思うに、奇乳度が下がると見やすくなるのかなぁ。。。(^_^;

とはいっても、なんかよくわからん幼女が幽霊みたいな演出で出てくるしで、そんなにスッと入っていけるストーリィってわけでもなかったんですが。
幼女担当はジークリンデがいるじゃないか、と思わなくもないんですが、ロリ巨乳にしてしまったので、真性ロリとしてもう一人必要、ってことになったんかなぁ。
だったら別にジークリンデの乳をふくらませなくてもよかったのに・・・とは思ってしまいます。
ほかに爆乳担当、奇乳担当、超乳担当、貧乳担当といるんですから。
オペ子ズにまで視野を広げるとノーマル巨乳や凡乳までいますしねえ。(笑)

前後のつながりがよくわからんままに始まるのもいつもの通りで、今回は3年前。
ライナとカミシナ父が同僚で、カミシナ父がドラゴノーツにライナを推薦していた人でした、という話が追加されてましたが、ちょっと理屈の点でひっかかることが・・・。
カミシナ父「オレには守るものがある」・・・と言って、ライナを推薦した、ということでしたけど、これって、「オレは家族がいるから死ねないけど、あまえは一人身だから死んでもOKじゃね?」・・・という風にも聞こえるんですけどねぇ。(笑)
やっぱりキャラクターの感情描写が、かなりいきあたりばったりで描いているからこうなるんだと思います。
最初の頃のジンの孤独感や、カズキの裏切られた友情なんかも、すごくうすっぺらに感じてしまいましたし。

とはいえ、なぜかリンドブルム隊がからんでいるあたりは、それほど矛盾、とまではいかなくても、感情描写のギクシャク感はないんですよね。
今回でも、アキラを「裏切り者」と言いつつ戻ってくることを期待していたジークリンデの孤独感とか、ジンにドラゴノーツ参加を勧めるライナとか、その気持ちをよくわかっているハウリングスターとか。
この感情描出の温度差って、どこから来てるんでしょうねぇ、やっぱり設定段階での煮詰め方の深い浅い、ってことなんかなぁ。。。

というわけで、技巧に走ろうとすると、話がややこしくなる妙な作品に仕上がってますが、あくまで文芸の方のことなんで、アニメとしては災難、て感じでしょうか。

今回気に入ったのは、やはりリンドブルム隊がらみで、ライナのジンへの接近と、ジークリンデとアキラの間のやりとりでした。
特にジークリンデ。
アキラを引き戻しにきたはずが、逆に誘われてしまい、最後は決裂。
でもその気持ちはしっかりと理解している、そんな感じがよろしゅうございました。(^_^)
Dragonaut14-01.jpg
Dragonaut14-02.jpg

カズキもアキラも私の前からいなくならないで、とかって言ってましけだと、最初の頃にもう一人いたような気がするんですが、あのかませ犬ちゃんはスルーですか。(笑)
ともかく、アキラ・マキナ組は、ジンとともに火星へ、ライナ・ジークリンデ組は月へ、ということになったようです。

さて、問題の人、カズキくん。(^_^;
「ぶっ殺してやる」とか言ってましたけど・・・そこまで怒るようなことですかねぇ、どうも理由が理由になってないといいますか、結局性格破綻者として終わったみたいです。
あの爆発・・・さすがにもう生きてないですよね?・・・そうとはいえないかなぁ、いい加減退場してほしいキャラ、ナンバーワンなんですけどね。(笑)
学友程度ならともかく、幼馴染でしたら普通あそこまで殺意を抱かないと思います。

そしてEDがリニューアル。
歌は小林ゆう画伯でしたけど、前の鼻に抜けた歌よりは格段に良いので、ほっと一安心。(笑)
でもひょっとして、EDはオペ子ズが持ち回りで歌うのかなぁ、もう一人の人、あんまり詳しく知らないんですが。(^_^;

次回、トアの肌のテカリが妙にエロっぽかったんですが、サーヴィス回になるのか、混沌回になるまのか、ワクワクしながら待ちたいと思います。(笑)

テーマ:ドラゴノーツ-ザ・レゾナンス- - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 18:00:02 | Trackback(1) | Comments(0)
レンタルマギカ 第14話
[アストラルを訪れた男、石動圭によって、葦原山で開かれる星祭の執行を依頼されるが、なにやら圭と猫屋敷の間には浅からぬ因縁があるようだった。いつきは猫屋敷、みかんを伴って星祭の場へとむかう。猫屋敷が取り仕切る儀式の中で、陰からひそかに圭が五行の術を張り巡らしていた。]

猫屋敷のターン、と見えて、実はみかんちゃんのターンも少し、という、女っ気がうすいわりに、よく健闘してくれた第14話でした。(^_^)

まずはその猫屋敷さんサイドの事情。
陰陽道の宗派の後継と目されていた猫屋敷が葛城家の息女をお持ち帰りしてしまって出奔、その代わりとなって星祭をしきった圭の姉・朔夜が一命を落とす、その復讐に圭が来たけれど、呪波汚染を被ってボロボロのカラダになって、しかも猫屋敷に対して複雑な感情を抱いてました、というのがだいたいの流れですね。

その身代わりに立って命を落としてしまった朔夜さん。
RentalMagica14-01.jpg

猫屋敷の無理な注文を聞き、しかも弟のことまで気遣っていた、という優しい女性でした。
こういう美人が落命して、どうでもいい弟の方が生き残っているとは、この世の無常ですのう。(^_^;

そして、お持ち帰りされてしまった、幼・みかんちゃん。
RentalMagica14-02.jpg

なに、この犯罪的な破壊力。(笑)
普段でも出てくるだけで物語の進行がストップしてしまえるかと思えるほどの、強力ロリ要員だというのに、それをさらに幼くして爆発力を高めてくれとります。
困ったなぁ。。。(笑)

葛城家の事情についてはまた回を改めて描写があると信じてますが、その前触れのような出し方というか、サーヴィスに、感謝の念でいっぱいです。

猫屋敷と圭の戦いは、符術対決のようでしたけど、符術についてはあんまり詳しくないので、よくわかりませんでしたが、圭側がクダギツネの使役による稲荷を利用してました。
わからんなりになんかしっくりこないところもあったんですが、まぁ、和風・異能対決、ということで満足しておきましょう。(^_^;
ところで猫って、古代日本にはいなかったはずなんですが、猫屋敷さんのあのセリフは整合性あるんですかね?
まぁ、平安時代にはすでにいたようですから、ギリギリセーフ、かな。

ということで、今回の猫屋敷さんのターンは終了。
とはいっても、出自やら宗派やらについてはまだ語られてないことも多かったようですが、さらに追加してくれなくてもいいので、みかんちゃんの話をたっぷり描いていただけることを希望しておきます。
それにしても、数カットであれだけのインパクトですから、あんな幼・みかんちゃんがトテトテ動きまわる話になると、体力がもたんような気もしてきますが、まぁ、とにかく激しく期待しておきますです。

ということで、今回はここまで。
朔夜さんの中の人は、小林沙苗さんでした。うん、こちらもかなり良かったです。
予告の、「おんみょう道 渋滞5キロ」についてはもうつっこみません。(^_^;
前回のオチがなかったところを見ると、今クールはアディでいく、ってことなんですかね?

テーマ:レンタルマギカ - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 16:07:58 | Trackback(3) | Comments(0)
魔人探偵脳噛ネウロ 第1話 食
[食べることが大好きな女子高生・桂木弥子は、巷で人気の女子高生探偵。ところが実態は、魔界からやってきた「謎を食う」魔人ネウロにこきつかわれる代理人だった。今日も事務所に、「成功を呼ぶ料理」として人気のレストラン『シュプリーム・シロタ』から、頻繁に届く脅迫状を調査して欲しいとの依頼があった。ネウロとともに現場にやってきた弥子は、店側の依頼でやって来た刑事の笹塚、石垣とともに調査を開始する。]

1クール以上遅れて、ということは3ヶ月遅れて、関西でも放映開始。
一応話題作でしたし、作画、作品ともに十分ストライクゾーンに(かなりギリギリでしたけど)入っているので、とりあえず視聴録画は続ける予定ですが、よっぽどのインパクトがない限り、たぶん感想は残さないと思います。(^_^;

見た感想としては、かなりおとなしくなった普通のテレビ作品、て感じかな。
この第1話は、原作掲載当時、その言葉のインパクトでかなり話題になった「ドーピングコンソメスープ」の回だったんですが、原作が出たときの破壊力には及ぶべくもなく、「おー、でたでた」ってくらいの印象でした。

作画も、グロさが減って見やすい印象にはなったものの、反面アングラっぽいきわどさもなくなって、一長一短ですかね。
もっとも、ワタクシはこちらの画風の方が好みではありますが。

ネタ的には「シュープリーム・シロタ」っていうのがなんとも・・・。
ヒロタのシュークリーム、大好きなのに、こんな使われ方されると、ちょっと痛いです。(^_^;

かなり軽く、可愛いく、安全に作られている感じなので、原作ファンには受けが悪いようですし、そうでなくてもアニメ素材として消化されている感は拭えませんが、破綻というほどひどくもないですし、むしろ平均化されてクリーンナップされたところも感じますので(ネウロの原色とかね)普通程度には楽しめそうです。

でも一番の見所は、植田佳奈の弥子かな。
あの可愛い声で、ガツガツ喰ってる、っていうのは、ちょっと動物的で、嬉しいです。(笑)
ということで、一応佳奈さん目当てで視聴予定。(笑)

テーマ:魔人探偵脳噛ネウロ - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 23:56:20 | Trackback(0) | Comments(0)
俗・さよなら絶望先生 第2話
[まだ明け初めし前髪の:ペリー提督がやってきて、ゴクウとか球とかを捜している話。
ティファニーで装飾を:過剰装飾も見ようによっては、おしゃれ上級者。
新しくない人よ、目覚めよ:旧を愛する人たちのお話。]

3本立て・・・だったんですが、最初の「まだ明け初めし前髪の」・・・はセリフが擬音化してしまい、すべて字幕で信仰というシュールな展開。
ポロロッカ語なんかわかんねーよ。(笑)

というわけで、いつもにもまして混迷具合の強かった今回でしたが、なんといっても一番面白かったのは・・・
・日本人男子の7割が過剰包装
・・・これかなぁ、下品でごめん。(^_^;
そっかぁ、あれって包装だったんだ。(笑)

なんか黒板ネタではなく、もう普通のフロップ文字になってましたけど、録画してとめて見なくちゃならない、つうのが、正直かなりきつい・・・て黒板のときもそうでしたけど、黒板のときはノイズというか、無視しても本題にはそれほど影響しなかったのに、今回のは最初の字幕といい、文字読んでないとさっぱり、という展開になってたのが、鑑賞としてはしんどかったです。
いやまぁ、面白いことは面白かったですし、笑いの度合いでいうと、現行放送作品中でも1、2を争うできではあるんですが。(^_^;
可符香流に言うと、「笑いの上級」ってことなんでしょう、たぶん。

次が
・「このクラスの女子はすべて先生のお手つきですから」
ギャグってほどではないんですが、野中藍さんの可愛い声で「お手つき」なんていわれますと、かなりドキドキしますなぁ。
当然その中には可符香も入ってるわけですから、お手つき妄想が彼女の頭の中で、と考えると、もうムッシュメラメラでございますよ。(^_^;

あとピンポイントにツボったのが、
・古代魚超獣ガラン
・・・エースに出てきたやつやね。
実は、エースを見てた頃、『ガブラ』・・・とは似てねーなーとか思ってしまったのは内緒です。
そもそも魚じゃなくなってますし。(笑)

・シュールストレミング缶詰
ご存知、世界一臭いといわれているスウェーデンのニシンの缶詰。
昔、某パソ通のオフで、ゲテモノ食ってみよう、という集まりがあって、見に行ったんですが、すっぱいものがけっこう好きなワタクシでも、あれはカンベンしてほしい、と思いました、ていうか、これが食べ物だといわれても、ちょっと信用できませんでした。(笑)

・モノが増えすぎた公園の自由人。
公園の自由人て、あーた。(笑)
東京を去って久しいので、東京の自由人の方々が現在どんな状況なのかはとんとわからないのですが、大阪の動物園前を中心に、ポン橋の南端にまで生息域の広がっているダンボール民族については、けっこう見るようになりましたので、かなり現実的なインパクトでした。
もっとも、本場は西成だ、木津川沿岸だ、というのはよく聞くのですが、こっちはあまり見たくありません。(^_^;

エンド小説は「走れエロス」
そんなに面白くなかった。(笑)

ほぼ全編ネタで構成されてたので、どのネタに食いつくか、でよかったと思います。
というわけで全体感想としては、面白かったけど、なんか印象はうすい、と言ったところでしょうかね。
ただ好きか嫌いかでいうと、大好きな部類なので、こういった混迷カオス系にも踏み込んでくれるとうれしいです。ポルポト派、なんてのは、単語だけでけっこうニヤニヤしてしまう方ですので。(^_^;
とはいっても、構成的に萌え要素が低くなってるのがかなり残念かな。
作画水準は高いですし、カエラの「妻がだめなら愛人でもいいです」とかっていう性的なネタはけっこういろんなところに隠れてたりはするんですけどね。

倫さんのときの矢島さんも、色っぺーで良かったでガンス。

ED、短期切り替えという噂もあるのですが、一応前回のお耽美風味は今回も継続。
隣人さんに「中村明日美子風の耽美ものにも似てる」という指摘を受けたんですが、言われてみればそんな感じもしますなぁ。

テーマ:俗・さよなら絶望先生 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 23:05:46 | Trackback(8) | Comments(0)
前のページ 次のページ