FC2ブログ
 
■カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
true tears 第1話
[地方の旧家のあととりで、造り酒屋の嫡男・仲上眞一郎。総領の責務に重圧を感じながらも、密かに絵本作家を志していた。そんな彼の屋敷に、父の亡くなった知り合いの娘が引き取られていた。その少女・比呂美は、優等生でありながらも寡黙で、何かに耐えるように生活していた。眞一郎はある日のこと、木に登っておりられなくなっていた不思議な同級生・石動乃絵と出合う。]

名前を借りただけで、ゲーム原作とはほとんど別物のオリジナルでいく、くらいしか前情報を持ってなかったので、見て驚きました。
すげーわ、この作画。
現時点で、今期最良の作画だと思います。
キャラのマスクに少しクセがあるので、あれが好みを分かつかもしれませんが、私は十分に許容範囲。
人物が、実に自然に立って、歩いて、動いて、跳んで、という動画。
丁寧に塗られた背景の美術、
奥行きのある、センスの行き届いた家屋や鶏小屋の描写、醸造層で語る父の職場等々。
多くをセリフで語らず、その状況を語ることによって、預けられた少女の気持ちを描くストーリィ。
アニメ手法ではありますが、限りなくドラマに近い手法を交えています。

まだ第1話を見ただけですので、今後の作画の波を見てみないと全体感想まではできませんけど、この第1話のクオリティは相当高いと感じました。

まず、今回は顔出しだけ、という感じだった、預けられた少女・比呂美。
true_tears01-01.jpg

今回はまだ主人公の眞一郎くんが意識しているだけの少女、ということで、それほど多くは語られませんでしたけど、親を亡くして預けられた身の上であるということ、眞一郎の母からは疎まれているらしいこと、なんかが前半で暗示され、学校での描写で文武両道の優等生で、明るく皆から慕われている性格なのに、主人公に対しては寡黙であることが描かれてました。そして脱衣場でのヒトコマ。
true_tears01-02.jpg

比呂美がいるとは知らずに入ってきた眞一郎に対して、比呂美の方が「ごめん」と謝ってしまいます。
ここで、比呂美の心にのしかかっているものがかなり明瞭に暗示されてましたね。
この影がどう発展していくのか・・・。
今回はまだ状況の解説でしたので、今後の展開が楽しみです。

たぶんこの比呂美、入浴の描写とか、体育の授業風景なんかを見てますと、年相応の健康な発育だと思われるのですが、そこを強調することなく、スレンダーで、ほっそりと伸びた手足の描写が美しくて、十代の女の子の輝きを十分うまくすくいとってくれているようでした。

今回のヒロイン、突然木の上から、陽光を背景にあらわれた少女・石動乃絵。
true_tears01-03.jpg
true_tears01-04.jpg

降りられなくなった、といって、眞一郎くんの上にとびおりてきます。
このあたりで快活さが描かれてましたけど、分類上はややふしぎちゃんに属しているようで、鶏小屋の鶏に名前をつけたり、性格づけを決めたりして楽しんでました。
「おまえは飛べるだろうよ、頭軽そうだし」といわれて
「あなたに不幸が訪れますように」という呪いをかけます。
背景の自然とか家屋があまりに美しいので、ほんとに呪いかと思ってしまいました。

今回のサブタイ「私・・・涙、あげちゃったから」というのは、この乃絵のセリフだったのですが、悲しくても泣かないその姿・・・。
比呂美とはまったくベクトルが違うようですが、こちらにも心に影をもっているような暗示がされてました。
しばらくは、この少女乃絵の進行になりそうです。
true_tears01-05.jpg

その他、今回目についたいろいろな描写、まず眞一郎の実家。
醸造層を前にいろいろと調節している父の姿、そして総領、嫡男として、地元の踊りの練習に借り出される姿、なんかが描かれてまして、眞一郎自身の身の上にも、影とまではいかないでしょうが、重苦しいものが漂っている、そんな描写でした。
でも、父は理解してくれそうな方向。
母は、比呂美を煙たく思い、総領の意識がうすい眞一郎に対して厳しい存在であるようです。
若くてきれいなのに、比呂美のことを言うときの目つきとか、キツそうでしたもんね。

ぼっちゃん、といっていた少年は、たぶん杜氏の徒弟だと思いますが、年齢はかなり近そうでした。

親友の彼女にして、一つ年上、でも身長は低い、という安藤愛子。
true_tears01-06.jpg

今川焼きのお店を切り盛りしてるようですが、設定とか見ていると、制服の絵がありましたので、たぶん専業ではなく、学生の傍ら家のお手伝い、ということなのかな。

最初にも書きましたように、美術の美しさに目を見張りました。
自然描写もさることながら、家屋内部の描写もいいですね。
パースも十分にとってましたし、田舎の学校の校庭の雰囲気とか、地方の食べ物屋なんかの雰囲気なんかも、実にうまく出ていたように思います。
公式ブログ読みますと、舞台は『ペルソナ』同様富山県らしいのですが・・・全然違いますね。(笑)

EDがディフォルメキャラの行進だったんでず、たぶん前3人が比呂美、乃絵、愛子でしょう。
true_tears01-07.jpg

その後にも何人か、女の子の絵があるので、もう少し増えそうで、そっちの方も楽しみです。
とにかく、入念に描かれ、創られている雰囲気を非常に強く感じる作品でした。
今期の本命の1作として注目していきたいと思います。

スポンサーサイト



テーマ:ture tears - ジャンル:アニメ・コミック

true tears | 14:38:10 | Trackback(7) | Comments(0)
素敵探偵ラビリンス 第13話 神隠し遊戯
[女性が次々と消失する事件が起こり、現場には数字の書かれたカードが残されていた。戸丸と猪神はマユキの助力をあおぐ。消失した女性の名前から、次に被害にあう女性の文字を推理したマユキだったが、それは和泉さなえだった。そして白昼路上でさなえは消失する。]

これも先行地域は年末に放映でしたけど、遅れ放送地域ですので、年があけてようやく見れました。
そんなわけで、気になったところだけ簡単に・・・。

ほとんどさなえさんがヒロインみたいな扱いでしたけど・・・乳デカッ。(笑)
SutekiTantei13-01.jpg
SutekiTantei13-02.jpg

巨乳設定のキャラですし、貧乳キャラや適乳キャラもいて、おっぱい三昧ということもなく、キャラクター配置はバランスよくできてますからいいんですけど、スポットライトがあたると、とんでもないおっぱいキャラになってしまいますね。(^_^;

プールの回でもそうでしたけど、本人がその長所をしっかりと自覚して、かなり有効に使っている、という姿勢がありますので、もうこれ見よがしのおっぱい乱舞でございました。
白蟲よりもデカい印象です。

一方、幼設定のみのりちゃんが、さりげなく「将来結婚したら(マユキの)背も伸びるんだから」というようなことも言って日たり、初美さんがドジッ娘ぶりをちゃんと、まるでフォーマットにのっとったかのようにやってくれてたりと、しっかりいつものお約束は消化してくれてまして、乱舞と言いながらもバランスはとれていました。

あと面白かったのが、冒頭「もうマユキくん頼みじゃいけないんだぁ」といいつつ、結局頼みにきてしまう戸丸警部が、料亭で酔っ払ってしまったりしてたあたりが、心の苦悩を感じさせてくれるところでした。
なにげに可愛いですよね、都さん。(^_^)

さなえとみのりの母、いなほ。
元スーパー・メイド長さんだったらしいのですが・・・初美がそれを知ってる、ということは、結婚して、さなえを産んでもしばらくはメイド長をやってた、てことですな。
中の人が、天野由梨さんで、ありがとうございました。(^_^)

これくらいかな。今回の推理は、もう推理じゃなく、かなりいい加減ないきあたりばったりでしたけど、たぶん本作も『ひぐらし』同様、そういうのが(少なくともこのアニメ版では)ポイントではないと思いますので、キャラ模様を楽しく鑑賞させてもらうことにしておきます。(^_^)

次回・・・さなえさんが敵にまわる、のかな・・・。

テーマ:素敵探偵ラビリンス - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 13:28:41 | Trackback(0) | Comments(0)
シゴフミ 第1話
[とある廃ビルでロケットを飛ばそうとしている少年・翔太と、それにつきあっている違う高校の少女・綾瀬明日奈。その明日奈の元に、父が遺体で見つかったという知らせが届く。明日奈につきそって警察までいった翔太は翌日、廃ビルで、死者の手紙「死後文」を届けるというシゴフミ配達人フミカとしゃべる杖カナカと出会う。「綾瀬明日奈の恋人か?」という問いかけに一瞬たじろぐ翔太だったが、明日奈の死んだ父から明日奈の恋人へとあてた死後文の存在を聞かされ、恋人になってその手紙を受け取ろうとするのだった。]

原作未読・・・というか、原作の存在すら知りませんでしたが、雨宮諒だったんですね、アニメが面白かったら読んでみようかな、と思いつつ見始めたんですが、最初の印象は、『しにがみのバラッド』のデザインを変えただけ?・・・みたいな印象でした。・・・ラストのあのシーンまでは。(笑)
しにバラと激しくイメージがダブッてましたので、最初のうちは、命とか死とかを通して、市井の人々の生活やら愛やらを語るハートウォーミングなドラマだろうなぁ、と思ってました。
作画はそれほど目だって良いとも思わなかったですけど、決して悪い部類ではなかったですし、この作品にはあってると思いましたし、なにより大好きな松岡由貴さんがカナカ役を演じてらしたのが一発でわかりましたので、ちょっと楽しみ、そいでもって、ふーん、父と娘の話なんかぁ、と思いつつ見ていたら・・・。

あー、なんちゅうラストですか、予備知識がまったくなかっただけに、普通に驚きました。(^_^;

明日奈が父を殺した、という手紙のシーンがあっても、あの父親の人相があんまり良くなかったので、ひょっとしたら義父で明日奈に関係を迫っててやむなくやってしまった、とか、とんでもねーDVオヤジかなんかで、正当防衛でやってしまったとか、そんなことを考えてましたら、突然立ち上がって刃物でほとんど利害関係のなさそうな翔太くんをブスリ。
おもわず ひっくりかえってしまいましたがな。
まさかとは思いますが、これって1話完結とかじゃないですよね?
次回のサブタイが「ロケット」なので、一応続くんだと思いますが・・・、うーむ。

で、面白かったかどうか、というと、そりゃあもちろん面白かったです。(^_^)
こんな予想外の展開になるとは、その瞬間が来るまで予想だにしてませんでしたから。
一応ここで完結ではなく、続く、と仮定して、翔太が刺殺されたのか、明日奈の殺人衝動にはどういう理由があったのか、とか、そういうのによってあるいは感想は変わるかもしれませんが、この出だしはすこぶる面白かったです。

しにバラと同じく、フミカもカナカも狂言回し的な、外枠の位置だと思いますので、一応ここまでのヒロインは明日奈・・・でしょうから、単なる殺人狂ではない、と思うのですが、はてさて。

次が気になって仕方ないんですが、この顛末だけは次を見てからでないと判断できそうにありませんので、この意表をつく展開に、かなり心をもっていかれた、くらいにとどめておきたいと思います。
それにしても、刃物を取り出してからの明日奈の顔・・・あそこだけ見ると、心病みか、殺人狂ですよねぇ。。。

さて、フミカとカナカ。
デザインに関しては、しにバラのモモとダニエルの方が好みですけど、中の人こみだといい勝負かな。
死神というより、なんか欧州の郵便鉄道員みたいな格好してるところがちょっと個性的。
あの杖はデバイスになって、遠距離砲撃とかはしませんよね?(笑)

対して現実世界の人々は、デザイン的なやや趣味ではありませんでした。(^_^;
妹のミクちゃんは可愛いかったんですが、翔太、明日奈、ともにアップになると、ちょっと鼻筋から口唇にかけてのラインが好みではありません。
それでも、ラスト以外の話にはけっこうあった絵柄だった、かな。
下町の廃ビル、底辺の町の公園、そんな雰囲気はよく出てたと思いますし。

といことで、すばらしい出だしでしたので、次回が楽しみです。
こういう展開の面白さとは思ってませんでしたから、期待しています。

テーマ:シゴフミ - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 06:30:34 | Trackback(8) | Comments(0)