FC2ブログ
 
■カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
魔人探偵脳噛ネウロ 第1話 食
[食べることが大好きな女子高生・桂木弥子は、巷で人気の女子高生探偵。ところが実態は、魔界からやってきた「謎を食う」魔人ネウロにこきつかわれる代理人だった。今日も事務所に、「成功を呼ぶ料理」として人気のレストラン『シュプリーム・シロタ』から、頻繁に届く脅迫状を調査して欲しいとの依頼があった。ネウロとともに現場にやってきた弥子は、店側の依頼でやって来た刑事の笹塚、石垣とともに調査を開始する。]

1クール以上遅れて、ということは3ヶ月遅れて、関西でも放映開始。
一応話題作でしたし、作画、作品ともに十分ストライクゾーンに(かなりギリギリでしたけど)入っているので、とりあえず視聴録画は続ける予定ですが、よっぽどのインパクトがない限り、たぶん感想は残さないと思います。(^_^;

見た感想としては、かなりおとなしくなった普通のテレビ作品、て感じかな。
この第1話は、原作掲載当時、その言葉のインパクトでかなり話題になった「ドーピングコンソメスープ」の回だったんですが、原作が出たときの破壊力には及ぶべくもなく、「おー、でたでた」ってくらいの印象でした。

作画も、グロさが減って見やすい印象にはなったものの、反面アングラっぽいきわどさもなくなって、一長一短ですかね。
もっとも、ワタクシはこちらの画風の方が好みではありますが。

ネタ的には「シュープリーム・シロタ」っていうのがなんとも・・・。
ヒロタのシュークリーム、大好きなのに、こんな使われ方されると、ちょっと痛いです。(^_^;

かなり軽く、可愛いく、安全に作られている感じなので、原作ファンには受けが悪いようですし、そうでなくてもアニメ素材として消化されている感は拭えませんが、破綻というほどひどくもないですし、むしろ平均化されてクリーンナップされたところも感じますので(ネウロの原色とかね)普通程度には楽しめそうです。

でも一番の見所は、植田佳奈の弥子かな。
あの可愛い声で、ガツガツ喰ってる、っていうのは、ちょっと動物的で、嬉しいです。(笑)
ということで、一応佳奈さん目当てで視聴予定。(笑)

スポンサーサイト



テーマ:魔人探偵脳噛ネウロ - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 23:56:20 | Trackback(0) | Comments(0)
俗・さよなら絶望先生 第2話
[まだ明け初めし前髪の:ペリー提督がやってきて、ゴクウとか球とかを捜している話。
ティファニーで装飾を:過剰装飾も見ようによっては、おしゃれ上級者。
新しくない人よ、目覚めよ:旧を愛する人たちのお話。]

3本立て・・・だったんですが、最初の「まだ明け初めし前髪の」・・・はセリフが擬音化してしまい、すべて字幕で信仰というシュールな展開。
ポロロッカ語なんかわかんねーよ。(笑)

というわけで、いつもにもまして混迷具合の強かった今回でしたが、なんといっても一番面白かったのは・・・
・日本人男子の7割が過剰包装
・・・これかなぁ、下品でごめん。(^_^;
そっかぁ、あれって包装だったんだ。(笑)

なんか黒板ネタではなく、もう普通のフロップ文字になってましたけど、録画してとめて見なくちゃならない、つうのが、正直かなりきつい・・・て黒板のときもそうでしたけど、黒板のときはノイズというか、無視しても本題にはそれほど影響しなかったのに、今回のは最初の字幕といい、文字読んでないとさっぱり、という展開になってたのが、鑑賞としてはしんどかったです。
いやまぁ、面白いことは面白かったですし、笑いの度合いでいうと、現行放送作品中でも1、2を争うできではあるんですが。(^_^;
可符香流に言うと、「笑いの上級」ってことなんでしょう、たぶん。

次が
・「このクラスの女子はすべて先生のお手つきですから」
ギャグってほどではないんですが、野中藍さんの可愛い声で「お手つき」なんていわれますと、かなりドキドキしますなぁ。
当然その中には可符香も入ってるわけですから、お手つき妄想が彼女の頭の中で、と考えると、もうムッシュメラメラでございますよ。(^_^;

あとピンポイントにツボったのが、
・古代魚超獣ガラン
・・・エースに出てきたやつやね。
実は、エースを見てた頃、『ガブラ』・・・とは似てねーなーとか思ってしまったのは内緒です。
そもそも魚じゃなくなってますし。(笑)

・シュールストレミング缶詰
ご存知、世界一臭いといわれているスウェーデンのニシンの缶詰。
昔、某パソ通のオフで、ゲテモノ食ってみよう、という集まりがあって、見に行ったんですが、すっぱいものがけっこう好きなワタクシでも、あれはカンベンしてほしい、と思いました、ていうか、これが食べ物だといわれても、ちょっと信用できませんでした。(笑)

・モノが増えすぎた公園の自由人。
公園の自由人て、あーた。(笑)
東京を去って久しいので、東京の自由人の方々が現在どんな状況なのかはとんとわからないのですが、大阪の動物園前を中心に、ポン橋の南端にまで生息域の広がっているダンボール民族については、けっこう見るようになりましたので、かなり現実的なインパクトでした。
もっとも、本場は西成だ、木津川沿岸だ、というのはよく聞くのですが、こっちはあまり見たくありません。(^_^;

エンド小説は「走れエロス」
そんなに面白くなかった。(笑)

ほぼ全編ネタで構成されてたので、どのネタに食いつくか、でよかったと思います。
というわけで全体感想としては、面白かったけど、なんか印象はうすい、と言ったところでしょうかね。
ただ好きか嫌いかでいうと、大好きな部類なので、こういった混迷カオス系にも踏み込んでくれるとうれしいです。ポルポト派、なんてのは、単語だけでけっこうニヤニヤしてしまう方ですので。(^_^;
とはいっても、構成的に萌え要素が低くなってるのがかなり残念かな。
作画水準は高いですし、カエラの「妻がだめなら愛人でもいいです」とかっていう性的なネタはけっこういろんなところに隠れてたりはするんですけどね。

倫さんのときの矢島さんも、色っぺーで良かったでガンス。

ED、短期切り替えという噂もあるのですが、一応前回のお耽美風味は今回も継続。
隣人さんに「中村明日美子風の耽美ものにも似てる」という指摘を受けたんですが、言われてみればそんな感じもしますなぁ。

テーマ:俗・さよなら絶望先生 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 23:05:46 | Trackback(8) | Comments(0)
ペルソナ -トリニティソウル 第2話
[凪の杜学園高等部へと転入した慎は、クラスメイトの榊葉拓朗、茅野(めぐみ、守本叶鳴と知り合う。学園や街の若者の間では「影抜き」と呼ばれる謎の儀式が流行する中、好奇心に駆られた拓朗に誘われた慎は、危険だと言うめぐみの忠告を忘れ、その奇妙な儀式を試してしまう。]

原作未プレイ組。

ストーリィはわりと補填されてきましたので、わかりにくいってこともなくなってきましたけど、デザインがあまりに趣味とかけはなれてるので、感想を続けるかどうかは、ちょっと不明。
とりあえず、今回は記録しておきます。

デザインですが、作画能力は高いと思うのですが、あの口唇-鼻腔間が極度に狭いデザインというのは、ディフォルメなら受け入れられるんですが、そこそこ写実性が増してくるとかなり辛いです。
加えて鼻筋を消してることが多いので、きちゃない印象なんですよねぇ、顔の下半分が。
目つきもかなり悪いですし、デザインという点で正視するのはかなりしんどいです。(^_^;

で、お話。
どうやらスタンドを繰り出してのサイキックバトルもの、というところで、今回はそれの流通規模、それを使う組織、それに対する情報が未整理なこと、こういったあたりが呈示されておわり。
前回、みゆきちの鏡芝居というすばらしいものがおがめたのですが、今回はそれもなかったですし。
あ、メグミの声は可愛いかったなぁ、さすがは阿澄さんです。(^_^;

ただまぁ、デザインがあれですので、ラストの貞操の危機にも全然ドキドキしませんでした。(笑)
総じて退屈な話だなぁ、という感覚はどうしても拭えません。

作画、というよりもCGAですが、これは相変わらず良質です。
今回はバトルらしいバトルもほとんどなかったんですが、モブの映し込み等、画面の中へのとけこませ方なんかも含めて、よろしゅうございました。

視聴録画は継続しますが、感想はたぶんこれっきり、だと思います。

テーマ:PERSONA -trinity soul - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 02:35:22 | Trackback(2) | Comments(0)