FC2ブログ
 
■カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
灼眼のシャナ2 第14話 永遠の恋人
[マージョリー、フィレスと一端手打ちをして、悠二の中に眠る零時迷子の謎を解くべく、ヴィルヘルミナはフィレスに動ける程度の存在の力を分与することを提案する。かくして歩けるようになったフィレスに、一美は、清秋祭を一緒に回ってほしい、と懇願する。同じ恋に悩む女性の気持ちで語りたい、と願ったのだった。]

前回の迫力あるフィレス、マージョリーとの戦いを受けて、その後始末のような流れでしたけど、ラスト3分にとんでもない進展があって、もうドキドキワクワクです。
正調伝奇をしっかりと歩んでいってくれているようで、すばらしく面白い展開です。
Shana2_14-01.jpg

今回のアイキャッチ、吉田一美だったんですが、ラスト3分に至るまでのキーパーソンで、その一美をつれだすシャナともども、人間的成長が伺えるところでした。
あっち側、フレイムヘイズの側の世界へ、恋する人のために踏み込んでいく一美。
そしてその一美と、フェアにわたりあおうとするシャナ。
第1期の頃のような、稚戯にもみたいがみあいから、さらに一歩進んだ交流をなしていっているようでした。

しかし、そんなことでフィレスが心変わりするとは思えない・・・というヴィルヘルミナの読みの方が結果的にまさっていたような結末、そして「もう一人」の覚醒。
息をもつかせぬ展開にしびれっぱなしです。
いやー、やっぱりシャナは面白いですわ。

悠二を瞬間的に危険な目にあわせる、力の分与。
しっかりとシャナの監視下で行われるそれでしたが、ここまでは、思惑通り。
Shana2_14-02.jpg

どうでもいいですけど、フィレス、とんでもなく、胸が増量されてますね。
前々回の登場時から感じてましたけど。
おっぱい担当、一美だけじゃたらないのかなぁ。(笑)

ともかく、謎が深まるだけの結果となりましたが、そこに入ってくる、一美の提案。清秋祭。
この、人間サイドの祭の楽しさを象徴するような、緒方と田中のデート。(^_^)
Shana2_14-03.jpg

マージョリーのアドバイスもあって、田中くんも、少し心がとけてきたもよう、ていうか、大好きなオガちゃんとお手々つないでのデートで、気分悪いわけもないですね。
オガちとゃんの何も知らなさそうな無邪気な笑顔と、一度地獄を見かかった田中の対照的な表情・・・マージョリーもうまく丸めこんでましたな。
マルコシアス曰く「わが盛大なるマッチポンプ」・・・だそうです。(^_^;

この楽しい時間の中で、回顧するフィレスとヨーハン・・・実はヨーハンも元は人間だった、という・・・。
「時にいたずらしてやろう」
「時よとまれ、美しいキミと永遠にいるために」
Shana2_14-04.jpg

・・・ファウストの魔術、そして永劫への昇天、そういった回顧で、フィレスの心はとけたかに見えたのでしたが・・・。

くぐつとしての尖兵だった、という正体をあかして、悠二を取り込む姿。
いっぱい食わされたシャナ、ヴィルヘルミナ、一美。
Shana2_14-05.jpg
Shana2_14-09.jpg
Shana2_14-06.jpg

これだけでも十分な驚愕だったんですが、さらに、。この発動した自在法の中で、もう一つ動く影が・・・。
Shana2_14-07.jpg

ヘカテーの発動、でしょうか、ここにきていよいよからんでくるみたいです。
それにしては、ちょっと予告で、ネタバレしすぎでしたが。(^_^;

いやあ、つなぎの回だと思ってたら、最後に来て、ものすごい進展がありました。
しかも、そんなとこで切るか、というようなひき。
来週が楽しみでたまりません。

エンドイラストも絶好調でした。
Shana2_14-08.jpg

作画、ストーリィ、シリーズ構成、総合的には、今期に入ってもトップランクかなぁ、と思わせる本編。次も楽しみにしておりますよん。(^_^)

スポンサーサイト



テーマ:灼眼のシャナⅡ - ジャンル:アニメ・コミック

灼眼のシャナ | 22:16:09 | Trackback(31) | Comments(0)
H2O 第3話 ひなた
[朝、琢磨のもとに神楽ひなたが迎えに来る。途中で会ったはやみに対しても、依然としてよそよそしい態度を続けるひなただったが、写生会で琢磨と2人っきりになると「運命の人」と言い出し始めた。そしてはやみからは昔親友がいたこと、その親友から友情の飴玉をもらったこと、でもその友人に裏切られたことを聞く。]

あの・・・本編より、アイキャッチと予告の方が格段に面白いんですけど、いったいどうしたらいいんでしょう。(笑)

TVN、奈良テレビ組。
ともかく、本編の方の感想を簡単にまとめておきます。

依然として続くBの雰囲気・・・なんですが、前2話に比べると、かなり緩和されてきたようです。
どうやら、小日向家、という1家族に対してか、それともはやみ個人に対してか、そういったあたりで収束させるのでしょう、そうでないと痛すぎますからね。
でも、たとえそういう方向に行ったとしても、前2話の描写が、かぎりなくBの描写に近かったので、問題性は高いと思います。
これは、この作品の暗部であり、看過できない欠点である、ということは、気がつく限り、毎回言っておきたいと思います。言及はしたくないですが。

それを抜いても、この作品のカオスっぷりはけっこうあって、冒頭、いきなりデレてしまったはやみの、ツンデレ・テンプレートが登場しました。
「ぐ・・・偶然ね、あなたなんか待ってたわけじゃないんだから」
もっと軽い作品でやってくれてたらすごく生きたと思うんですが、この作品でしてもらってもなぁ、という気はかなり。(^_^;

その中で、昔、はやみとひなたの間にいろいろとあったらしく、親友だったのが、家の対立でつきあってはいけなくなったこと。
名家のお嬢さまであるひなたは「良い子」を演じ続けなくてはいけないこと。
ひなたの父、祖父、ともども、それについて強い影響力、圧力をかけていること等が描写されました。
ここいらはまぁ予想通りと言いますか、普通の進行ですね。

はやみの家が、村人に焼き払われた経緯も、そのうちもう少し詳細が出てくることでしょう。
ひなたの死んだ妹、というほたるについても、重要な鍵を握ってそうですしね。

B問題と同じくひっかかる、「都会からきた少年の平等意識」・・・これもちょっと痛いです。
琢磨の方にも、実家を通じてなにかありそうですので、都会少年の軽薄な平等意識、とまではいえないでしょうけど、現時点の情報だけで見ていると、事情もわからず村の因習の中にズケズケ入り込んできて、一方的に自分の価値観を押し付けようとしている、そういう匂いも感じてしまうんですよね。
作品として、そういう意図はないはずですが、制作側というか、文芸側は、この問題をもう少しデリケートに扱ってほしいと思います。

次回、はまじ。
混沌度合いをいっそう高めそうな展開ですが、現時点での本作のカオスっぷりを一応簡単にまとめておきますと・・・。
・主人公が全盲・・・だったのが第1話でいきなり超自然の力で開眼、いまのところそれっきり。
・ヒロインがBの出身、と暗示させる濃厚な描写。
・ヒロインが心に傷を持っててるのに、ツンデレのテンプレを忠実に実行。(笑)
・ヒロインの一人が、学校の制服を着ている妖精。
・ツインテールの女王さまが、普通に田植え仕事をしている。
・女装少年が、田舎でメイドのバイト。
・しかも、CVが榊原ゆい。
・さらにその女装少年が一番可愛い。(笑)
いくつか解決、というか解消の方向にもむかってますが、現時点でこのカオスっぷり。
まぁ、そういう意味では、とんでもなく面白いんですけどね。(笑)

さて、ある意味、裏本編といってもいい、アイキャッチと予告。
まず、アイキャッチですが、Aパートの終わりで飴玉のエピソードが出てきます。
昔、はやみが友達だった子にもらった、飴玉。
それと似たような状況で、同じ文句を言いながら、琢磨に飴玉を渡すひなた。
そして、そのセリフと飴玉から、ひなたこそが、はやみの「たいせつな、たった一人の友達」だったことを知る琢磨・・・という、かなり重要なキーが示された後、CM、そしてBパートのスタート、アイキャッチ。
H2O03-01.jpg

すてーん。ひっくりかえりました、おもろすぎ。
毒入り飴やったんかー、というすばらしいヒネリでございました。(笑)

この飴玉、アニメスピリッツの枠の方でも継承されてました。
H2O03-02.jpg
H2O03-03.jpg

そして予告編。
「はやみちゃん、一人でさみしくない?」
H2O03-04.jpg

「本音は?」
「みんな○○しちゃえばいいのよ」
H2O03-05.jpg
H2O03-06.jpg

すばらしすぎです。
こっちの方が格段に面白いから、もうあぶないことばっかりやってる本編はむしろ付録にして、こっちをメインに見ていこうかなぁ、と思いだしている昨今です。(笑)

テーマ:H2O - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 19:47:36 | Trackback(27) | Comments(0)
もっけ 第14話 ツエザクラ
[桜の季節になった。瑞生は桜の渦に飲まれてしまうことがあったが、今日は拾った杖のおかげで、その風の渦を祓うことができた。それから、その杖を握り締めていると、からだから力がわいてくるような気がするのだった。だが、瑞生が杖と別れようとして、捨てようとすると、杖は手に張り付いたまま動かなくなってしまった。静流の目には、杖から瑞生の手に根がはりだしているように見えた。]

不思議な杖の話でしたけど、最後の祖父の話になるまで、怪異しか語られておらず、テーマがかなり散漫に見えました。
ところが、杖を移し変える、というときに祖父のした話で、テーマが明瞭になってきまして、なかなかすばらしい読後感でありました。
一応、杖が現れたあたりから、単なる力の増幅で、決して杖がしていることではない、瑞生本来がもっていた力だ、というのは繰り返し出てきましたけど、それと桜がうまくつながらなかったので、いったいどうなるのかな、と思ってたら、桜がポイントではなかった、ということですね。
相変わらず、怪異の姿を借りながら、それを通して見せる人の姿、というのが秀逸な話でした。

「オレもやがて死ぬ」・・・このコトバにはっと目を開く瑞生。
そうなんですよね、子供のときって、周囲の環境が永遠に続いていく、と錯覚しやすい、そこに甘えも出てきます。
でもその快適な環境であっても、いつかはふりはらって自分で作っていかなくてはいけない、という成長のメッセージ。
淡々とした語りの中になかなか良いメッッセージとして込められていたと思います。
もっとも、人生で大事なことって、その成長の後にくる、停滞からの脱出、自分の本質の再発見、みたいなところもあるんですが、まぁ、幼い姉妹の目を通して語られる物語ですから、そこまで飛躍しなくてもいいかな。

ともかく、いつも前向きな瑞生であっても、ついつい楽な方向に、そして周囲の快適な環境に流されてしまう、でもそこから立ち上がっていかなくてはならない、ということですね。
瑞生自身も、利害関係があったとは言え、最初のつむじ風にまきこまれるところで「早く自分の力で払えるようになりたい」と言ってましたし。

いつも同様、怪異の姿としては、静流のめに映る桜の枝だけで、擬人化された妖怪の姿を映すでもなく、淡々とした描写はなかなか良かったと思います。
地味ですけど、いい話が続きますよね。
次回は、かなり具体的に「見えて」しまう話のようです。

テーマ:もっけ - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 17:28:32 | Trackback(0) | Comments(0)
AYAKASHI 第2話
[前夜、真田の襲撃から救ってくれた謎の少女・夜明エイムが悠のクラスに転校してくる。昨晩の説明を求める悠に対して、エイムは「知らない方がいい」と応えるのみだった。そして再び真田が襲ってくる。]

あまりにキャラ絵のクセが強かったので、前回、やや否定的な感想を残してしまいましたけど、第2話になって慣れてくるれと、そこそこ安定してるようですし、十分楽しんで鑑賞はできるみたいですから、感想記録は継続していこうと思います。
真田の背後にいるらしい存在が暗示され、その中には幼女もいるらしく、視聴意欲が盛り上がってきた、というのもたぶんにあったりするんですが。(笑)

その真田先輩。
カマイタチを呼び出して殺人三昧、画面ではそのパックリ切られたあたりはさすがに省略してましたけど、切って切って殺しまくってました。
そしてそこへのこのこ戻ってくるガキどもとか、状況をさらに悪化させるだけの陽愛ちゃんとか、妙に神経を苛立たせる状況が次々と起こっていきます。
この、言い知れぬ不快感がなかなか心地良いですね、言葉としてはかなり矛盾してますけど。

真田の残虐性以上に、のこのこ戻ってくる子供、さらにその子供を通じて、陽愛までやってきて、惨状の拡大に走る、というこの独特のひっかかるイガイガ感は、かなり今回の個性として際立ってたと思います。
なんせ、悠くんが覚醒してなんか出してみても、真田先輩が倒されても、一向にカタルシス効果が現れないっていうあたりに、この独特の闇描写がこめられていたのではないか、と思うところです。
「不快」って言葉使ってますけど、これ、ほめてますので、念のため。(笑)

キャラとしては、一応ヒロイン格・・・でいいのかな、のエイム。
AYAKASHI02-01.jpg

戦う短髪系美少女・・・なので、そこそこきれいな表情でしたけど、このマスクであの容姿なら、あんまりデレてほしくないかなぁ。(笑)

陽愛ちゃんの方は、その環境背景みたいになってしまいそうですが、真田先輩に首をしめられたところ、顔色がどんどん赤みを増していくのは・・・演出ですか?
なんか変色が極端でしたので、笑いがこみあげてしまったんですが・・・。(^_^;

清水愛声の金髪が映ってたので、こいつらが登場してきたら、もう少し華やかになりそう、と少しだけ期待を込めておきます。(^_^)

テーマ:AYAKASHI - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 00:40:16 | Trackback(0) | Comments(0)