FC2ブログ
 
■カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
しおんの王 第12話 狐の読み
[紫音と羽仁悟の対局が始まった。駒袋の上にわざと出された王将に始まり、悟はさまざまな盤外戦術をしかけてくる。紫音は、悟の中にある将棋への憎悪を、そして、将棋で嘘をつける人だと知る。同時対局となった安岡八段と歩の対局は、歩の荒削りな攻めにスキを与えず安岡八段の勝勢になる。だが、八段は歩の才能を惜しみ、研究会への参加を呼びかける。また、沙織と羽仁名人との対局も、名人の優れた大局観によって放たれた角により、窮地に陥る。]

いやぁ、あいかわず面白かったですなぁ。
ということで、先行地域から最大で2話遅れているようですが、好きな作品ですので、気にせず記録しておきます。(^_^;

まず、盤外戦術。
最近の棋士はずいぶんお行儀が良くなってしまって、テレビ将棋はもとより、一般棋戦ででも、盤外戦術なんてのはとんと聞かなくなってしまいましたけど、大山全盛時代から、中原時代の最初の頃くらいまでは、もうそんなエピソードがテンコ盛りでした。
古いところでは、木村-升田のゴミハエ論争。
大山-山田の名人戦での「暗いまぶしい」論争。
中原-森の名人戦での、森、剃髪事件。
中原-米長のミカン競争。
盤側でのカラうちとか、タバコの煙とか、マナーに反するといわれているものもけっこうありますけど、名人戦なんかでの大きな舞台ですと、時代のエピソードになってることも多いですからねぇ。
おおっぴらにされても困りますが、ないとないでさびしい、というのは、なかなかわがままなファン心理かもしれません。(^_^;

悟さんのベラベラ話しかけてくるのって、あれはどうなんでしょうねぇ、ちょっと微妙なんですが、やっぱり盤外戦術でしょう。
紫音が看破した「この人は将棋でウソをつける人だ」・・・重い言葉ですなあ。
相手を騙す、策略をうまくやる、とかではなく、将棋に対してウソをつける人。
「将棋が好き」というとらえ方にはいろいろありますけど、かなりその上にある言葉だと思います。

そして、自陣角。
怖いよねぇ、ある意味、自陣飛車より怖いです。
しかも受けるため、でしたから。
アマの大会では、自陣飛車はそんなに珍しくないですが、攻めあいに入っての自陣角は、たしかにはっとさせられることが多いですし。
たいてい自陣角はうった方が悪くなる印象なんですがね。

沙織-名人は、沙織の・・・ヒネリ飛車?
沙織さん、名人相手に大胆な。(笑)
画面上のバリエーションとして、っていうのもありますけど、こういう手は歩の方が似合ってるんですけどねぇ。
沙織さんでしたら、名人相手には、あいがかり、中座飛車、中原玉に空中戦・・・みたいなことをしてほしかったような気がかなり。

歩の方は穴熊狙いで、割とそれらしかったんですが・・・。

3者3様の敗勢がなかなかドラマチックでしたな。
研究会に誘われてた歩、感激、でしたけど・・・神園と安岡の関係はいったいどうだったんかなぁ、と少し気になったところ。

事件の方もなんか進展していたようでしたけど、そっちはどうでもいいかなぁ。
毎回こんな対局譜をしっかり見せてほしいものです。
個人的には、個人名のついた現代戦法、藤井システムとか丸山ワクチンとか、そういうのが見てみたいです。

スポンサーサイト



テーマ:しおんの王 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 23:51:44 | Trackback(1) | Comments(0)
シゴフミ 第3話 トモダチ
[駅のホームに立っていると、吸い込まれるような感覚になることがある・・・そう切り出した小竹透のことばに、「死ぬこと」と「飛び込むこと」の違いについて、あれこれ雑談する仲のよい野島要と、千川大輝。ごく普通の日常だったはずが、とつぜん崩れる。千川が遺書も残さずマンションから飛び降り自殺をしてしまったのだ。マスコミの取材が過熱し、いろいろと憶測が立つ中、透は「どれも違う」と感じていた。そんなとき、千川の父が教室に乱入し、生徒たちを軟禁して人質にとってたてこもる。息子の死の真相を知りたい、と言って。]

うーん、なんつうか、CV目当ての視聴になりそうかなぁ。
パート、パートの話はごく普通にできてるんだけど、それらをつなぐものとか、その背景にある心理とかの描写がへたくそすぎるので、正直オイオイ、という感じ。
第1話がすごく面白く感じたのは、あの第2話へのつなぎの面白さであって、物語それ自体ではなかった、ということがはっきりしたので、このラストでも、ちょっと凝った終わり方というか、つなぎを見せてくれたものの、単に切り方のうまさ、に見えてしまうので、どうもイマイチ・・・感が。
少なくとも、第1話のときのような期待感はかなり薄いです。

息子が自殺してオヤジが教室に乗り込んできてたてこもったり、未成年があんなにいるところでSATがあんな武器使ったり、おろした胎児の手形がはっきり分化してたりと、つっこんでくとキリがないのですが、あまり否定的な材料を書くのは本意ではないので(本当につまらなかったら書きません)気に入ったところだけ簡単にピックアップ。

CV、といっても、主役の2人だけですが、この2人は相変わらず絶好調。
松岡さんなんか絶好調すぎて、かなり浮いてるようにも聞こえるんですが、浮きまくってくれてけっこうなので、この調子でいってください。(笑)
特に、今回、フミカの行動だけでなく、周囲に対してもつっこみを入れてしゃべりまくってたり、フミカの過去を聞かされて「ええぇぇ?」って驚いてたり、このあたりの表現力の面白さはさすがです。
一応杖がしゃべったことになってるんですが、さながら、小さな妖精でもそばにいて、耳元でつっこみを入れているんじゃないか、と思える秀逸ぶり。
いやぁ、本作、松岡さんのおかげで、かなり持ち直していると思います。

植田さんもかなり自分を殺して演技してくれてますが、美川キラメキの時代をたぶんやってくれるでしょうから、そのときの変化がどうなるか楽しみにしておきます。
たぶん、あれ、仕込みだと思いますので。(笑)

冒頭のホームにとびこみかかるシーン、ヒカルオンの冒頭みたいやのう、と思ってしまいましたが・・・こうして見ると、ヒカルオンは面白かったんだなぁと回顧してしまいましたとさ。(^_^;

教室の暗がりとか、校舎の俯瞰とかは、郊外の砂っぽい乾いた感じがよく出ていたと思います。

これくらいかなぁ、2、3話と続けて脚本がダメダメだったので、もう物語には期待することなく、メイン2人の芸を楽しませてもらおうと思います。
人物のバックボーンみたいなものが作れてないまま、話をつないでる感じなので、かなり見ていて辛いんですが、まぁ、この程度なら許容範囲かな。(^_^;

テーマ:シゴフミ - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 23:15:40 | Trackback(12) | Comments(0)
ドラゴノーツ 第15話 抱擁
[ジルアード軍との不協和を責め立てるキリルだったが、ジルアード軍もまた一枚岩ではなかった。火星に向かったジンとアキラは、ガーネットの抵抗にあいつつも、アーシム王子の待つ、トア・囚われの間へと到達した。]

作画は普通、というか、本作としてはまあまあよかった部類、かな。
統一感がちょっとなかったですけど。

12年前から始まりましたけど、ガーネットは12年前から、超乳だったようでした。(笑)
ひょっとして、あれって乳房ではなくて、なんかの回路でも入ってるのかなぁ、と思ってしまったところ。
つまり人造人間かなにかで、あの高性能の戦闘属性は、あの胸部にスタビライザーとエネルギー庫でもあって、そのパワーで動いているのかなぁ、と。
いやだなぁ、おっぱいに原子炉とかがあったら。(笑)
人間だとしたら、一体何歳なんでしょ。
十代前半のジークリンデがあの胸だし、この世界では普通なのかなぁ、そのわりにはアキラちゃん、平板だし。(^_^;
ともかく、戦闘要員になったら、女性ホルモンの分泌バランスが崩れるのは確かなようです。

その12年前から、アーシム王子の血塗られた過去が暗示されてましたけど、「世界の頂点に立つ」とか「選ばれた人間」とか言ってたわりに、「地球なんか滅んでもいい」とか、よくわからんことを言ってました。
あのー、従属する人民がいなければ、頂点もなにもないんですけどね。

そして王宮の警護には、巨女戦士ばっかり、というハーレムぶり。
加えて、敵を招き寄せて、殴られてましたし。
ちょっと頭の栓がゆるかったようです。(^_^;
まぁ、血統王族だし、こんなもんかな。

そして囚われのお姫さま、トア・・・だったんですが、依然としてガラス水槽の中でした。
ひょっとしてあの水槽の中で生活させられてたんですかね?
生活道具っぽいのが何もなかったし、かといって拘束されてる風でもなかったし、よくわかりませんなぁ。
一応、人じゃないからトイレとかは必要ない、という理屈なのかもしれませんが。

アーシム王子の知能の低さも相当なんですが、「愛の力」を連呼するトアも相当痛かったです。
あんまりこれをテーマだとは思いたくないのですが、〆る方向としては、ここになりそう、かな。
それにしても、トアが出てくるまで長かったですね。

アニメ誌読むと、18話で、いきなり1年後、とかっていうすごい話になるみたいなんですが、物語の方向性がここまで見えないSFっていうのも珍しいですね。
当分は、このアーシムがラスボス状態で敵になるようです。

TVアニメ2008(上期) | 21:04:57 | Trackback(0) | Comments(0)
レンタルマギカ 第15話
[海にやってきたアストラルの面々。実は蔵名神社の神主、御凪鎬に頼まれた依頼、船魂の供養をこなすためであった。いつきは、まなみ、それに猫屋敷の式神の一体・白虎ともに、鎮座させる洞窟の祠へと向かうが、突如黒い霧につつまれ、違う時間の中にとじこめられてしまった。]

水着回らしい、とは予告でわかっていたもののの、これほどのサーヴィス回とは思いませんでした。(笑)
・・・やっぱりルックスではまなみちゃんが一番かなぁ。。。

渚のヴィーナス、まなみちゃん。
RentalMagica15-01.jpg
RentalMagica15-02.jpg

「似合ってますか?」
きみの美しい肢体があれば、水着なんかどうでもよろしい。むしろない方がいいくらいです。(笑)
テレて恥ずかしそうにしているところなんかも、今回テンコ盛りで、水着回で、まなみスペシャルになってくれるとは思いませんでした。

ネオランガなまなみたん。
RentalMagica15-03.jpg

もちろん尻も美しい。
RentalMagica15-04.jpg

こんなに美しくて、柔らかそうなラインを持ちながら、肉体がない、というのはなんとももったいないといいますか、まなみたんにとにかくメロメロでございました。(^_^)
そして、ずりおちそうなまなみたん。(^_^)
RentalMagica15-05.jpg

腹や尻も美しかったんですが、このいかにもズリおちそうなところなんかもよろしいですなぁ、腰骨でかろうじてひっかかってるっていう感じが。

そして事件、というか、依頼はほとんど幽霊課社員、黒羽まなみの力だけで片付きました、という顛末。
RentalMagica15-06.jpg

こら、いつき!どこ触っとんねん、ちょっと代われ!・・・と思わず思ってしまった、右側のいらんヤツですが、ともかく、寝姿までもが美しいまなみちゃんでした。
RentalMagica15-07.jpg
RentalMagica15-08.jpg

次回予告もまなみちゃんだったし、しばらくまなみたんだけでいいですよ。(笑)
たぶん今回だけ、のような気もしますが、とにかく、黒羽まなみ当番回・スペシャルにふさわしい〆でございましたな。

つうわけで、ひたすら幽霊少女・黒羽まなみを愛で続ければいい今回でしたけど、一応他も水着で出張ってくれてましたので、簡単に回顧。
幼女部門担当、みかんちゃん。
RentalMagica15-09.jpg

冒頭、焼けた砂浜が「熱い熱い」ととばはねて、幼女尻をつきだしながら日傘に飛び込んでくるあたりまでは、みかん当番回か?・・・と思ってしまったんですけどね。(^_^;
RentalMagica15-10.jpg

ここの動画はすばらしかったですね。

それ以外の皆さん。
RentalMagica15-11.jpg

ドーバー海峡の引き合いに明石海峡を出してくる穂波さんに、ちょっと萌え。(笑)
明石海峡・・・鳴門海峡と違って、海峡とは思えぬ穏やかさで、もちろん潮の流れはありますけど、神戸っ子はたいてい十代前半までに泳ぎきれるようになっていると思います。・・・今は違うかな?

ともかく、このお2人も・・・尻かな。(笑)
RentalMagica15-12.jpg
RentalMagica15-13.jpg

あー、お話についても少し。
人魚、日本の人魚は八百比企尼伝説があるから、妖怪じみてて怖いですねー。
おしまい。
この分野に関しては、水木老にも傑作はありますけど、高橋留美子さんの一連の連作短編に負うところが大きいですね。以上。(笑)

まなみたんがあまりに良かったので、しばらく網膜に焼きついてそうです。(^_^;
RentalMagica15-14.jpg

胸も、巨乳とかっていうのではなく、ほんとにきれいな形してますしねぇ、たまりまへんわ。
次回は、OPに出ている坊さんの出番らしいです。・・・どうでもいいかな。(笑)

テーマ:レンタルマギカ - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 20:37:07 | Trackback(5) | Comments(0)
墓場鬼太郎 第2話
[とある老科学者が夜叉の墓を見つけ、暴いてしまう。復活した夜叉は食材としての人を求めてさまよいだす。鬼太郎になれなれしく話しかける、不潔な男がいた。ねずみ男。実は日本に渡来したドラキュラ四世に使われ、人の生き血を求めていた。夜叉は鬼太郎にとりつき、無賃宿を始め、そこに餌となる人間を誘い込もうとする。そこへ、水木の上司だった男と、ドラキュラ四世、ねずみ男がやってくる。]

ああ、絵がモダンになってる。ちょっとダメ。
美術やらキャラやらは前回のムードをよくひきついでたんだけど、キャラが動きすぎというか、表情を出しすぎで、妙に現代風味になってしまった点がかなりマイナス。

もう少し、くすんだ枠の中から、にごった物語が展開されている・・・みたいなのを期待してたので、やや肩透かし、かな。
一番気になったのが、ドラキュラ四世の顔で、微妙に水木テイストからはずれているように思う。なんか妖怪ではなく、「怖い人間」になってるんだよね。
その点、夜叉のもしゃもしゃした動画、造形はなかなか良かった。
こういう動画の動かし方なら、かなりセンスとしてマッチするんだけどね。

あと、ねずみ男の学歴・・・なんで変更したのかな?
とりたてて問題になるようにも思えなかったんですが・・・。
貸本版原作では、怪奇大学だったのが、おばけ大学になってたんですが、怪奇大学の方が、怪奇文化に貢献して云々、てのが生きたように思うんですがね。
原作ではその後、仙術により、死して後も肉体をとりかえて生きる「おかしな奴」の話になり、このモティーフはマガジン版では「陰摩羅鬼」になってたと思うのですが(今、手元に該当のマガジン版がないので、記憶で書いてますが)この鬼太郎+ねずみ男のコンビをパスして、夜叉の話にしてました。
うーん、絵の中に縛りこめる話、好きだったので、どっちかっていうと、こっちをやってほしかったんですが・・・次回、吸血木の伏線、ていう効果もあったのでしょう。

あとは、地獄流しが追加され、事件の語り部となる「水木」がよみがえらされる、という話でしたが、こっちはもうゾクゾクするほど良かったです。(^_^)
水木が、上司に、「心臓は動いてますか?体温はありますか?」と聞くくだり。
この淡々としたやりとりの中で上司の死が確認され、地獄送りになる、という展開、まさに貸本時代の水木漫画にあった、しみこむような恐怖を描いてくれていたと思います。

次回、吸血木。
うーん、EDに映りこんだ予告映像を見る限り、「のびあがり」の話ではなさそうですね。
今回のラストに生えてきた赤い芽。
たぶんあれだと思いますが、誰に寄生するのか。鬼太郎に寄生して復活するという、あのマガジン版のおどろおどろしさは、ものすごく好きでしたので、あの場面をなんらかの形でしてほしいんだけどなぁ。。。

テーマ:墓場鬼太郎 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 18:41:18 | Trackback(2) | Comments(4)