FC2ブログ
 
■カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
バンブーブレード 第15話 初合宿と初銭湯
[合宿のために室江高にやってきた町戸高女子剣道部の面々。室江高の面々がプール掃除をやっていたのに驚かされるが、原田の提案で一緒にすることになり、すぐに終了、引き続き、合同練習となる。その夜、珠姫は、一人抜け出し竹刀の素振りをする妃梨乃の姿を見るのだった。]

安藤再び!・・・待ってましたぁ、ということで、合同合宿、だったんですが・・・。
筋らしい筋はあまりなく、各キャラの個性を細かく浮き彫りにしてくれた好篇でした。

ということで、気に入ったあたりを羅列的にピックアップ。
・タマちゃん。
父の心配もものかわ、合宿へと出発しますが、でがけのひとこと。
「留守中、私のDVDレコーダーには障らないでください」。
凛とした瞳で念押しします。「絶対に!」
BambooBlade15-01.jpg

もうヲタクの鏡みたいな言動で、しびれますなぁ。
予約録画してあるにも関わらず、しっかりと朝目覚めると、超剣戦隊ブレードブレイバー見てますし、さすがです。
瞳の中に炎燃えてるしなぁ。

その眠りこけてる顔も、可愛いかったですのう。(^_^)
BambooBlade15-04.jpg

そして最近、なぜか存在感をムラムラ浮き上がらせている吉河先生、今回も少しだけ見学で参加。
段くん「コジロー先生と吉河先生デキてんのかな」
ゆーじ「そんなわけないでしょ」
段くん「おまえはまだ女心をわかっていない。」
・・・段くんがいうと説得力ありますなぁ、見た目は全然ないんですけど。(笑)

室江高剣道部の一員としてしっかりと参加しているさとりん。
ホースをふんづけたり、モップで滑ったりと、ドジっ娘ぶりを発揮してましたけど、水にぬれてジャージがすけるところ、良かったですね。(笑)
BambooBlade15-02.jpg

絵としては全然描いてくれてませんでしたけど、夏服に水がかかって、下の肌の色合いがすける、っていうのは、なんとも感動を誘います。(^_^;

剣道の腕はピカイチなのに、ミヤミヤにつっこまれるパシリ役、というのはすっかり定着してしまったようで、銭湯にいくとき「セントウ開始ですね」と寒いキャグをとばした後、ミヤミヤに「おまえ帰れよ」と冷たくつっこまれてました。
ミヤミヤも適度に冷たい黒さがあふれてて良かったんですが、安藤との打ち込み稽古のときに、両者黒いものを立ち上らせてまして、これもまたよろしゅうございました。
ミヤミヤ、安藤、そして小田島礼美と、本作は黒いキャラが実に魅力的に描かれているので、侮れません。

その安藤、なんと予告に登場で、わかってくれてるなぁ、スタッフ。(^_^)
BambooBlade15-05.jpg

でも、中の人がおみまゆなんで、声だけ聞いてたら、とんでもなく可愛い系なんですよね。
ミヤミヤとか礼美とかの中の人が「演技」としての黒さを出してくれているのに対して、このおみまゆ版安藤は、このきゃわいいヴォイスのギャップ効果みたいなので、黒さを立ち込めさせてくれていると思います。

その町戸高・女子剣道部。
なんかDVDでちゃんとしたOPがつけられているんですが、そっちの方では実にかっこよく映ってました。
あと、DVDOPでは、サヤの乳、さとりんの太腿、ミヤミヤの襟足あたりが見所でしたかね。(笑)

で、その町戸高なんですが、浅川の中の人、あれ、わざとコギャルっぽくやってんですかね?
だとしてもそんなに成功してるとは思えないので、ちゃんと発声してほしかったところです。
今回のほとんど唯一の欠点かな。

ランニング中、進路についていろいろと話しあう、キリノと原田。
BambooBlade15-03.jpg

今回、剣道の練習風景とかがかなり具体的に映ってましたし、竹刀の組み立て競争とか、剣道についてあまり詳しく知らなかった私みたいな人間には、実に目新しいシーンがいくつかあったんですが、この進路問題なんかも、その延長上にある、といえるのかもしれません。

最後にきて、キリノの家庭で起こった事件を示して幕。
ストーリィとしては驚くほど進展しなかったんですが、人物の彫り込みの深さ、剣道部というものの描写、こまごまとした学校生活のディテール等、いろんなものが情景としてしっかり描かれていたので、充足感は相当高かったです。


スポンサーサイト



テーマ:バンブーブレード - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 22:52:24 | Trackback(1) | Comments(0)
みなみけ おかわり 第3話
[南家の隣のマンションに誰か引っ越してきた。春香がそのお隣さんと挨拶をしている頃、千秋の小学校ではとんでもない量の宿題が出ていた。千秋はなし崩し的に内田、吉野、冬馬たちとともに南家でくつろいでお泊まり勉強会をすることになってしまう。そこになぜか、マコちゃん、藤岡までもが招かれてやってくる。お泊まり会になってしまう中、夏奈のパジャマパーティ企画、春香の鍋へと突き進んでいくのだった。]

先日友人とチャットしてたときのヒトコマ。
「おかわり・・・アニメ的には格段に水準上がってるんだけど、このチームをこの作品に使っている、っていうのは、すごくもったいない気がする」・・・という意見をもらいました。
うんうん、それよーくわかります。
作画よりの人間としては、「おかわり」の方が第1期よりも格段に面白いですし、優れていると思うのですが、第1期のドタバタのイメージがすりこまれてしまっているせいか、その力量、結果の割に、あまり注目されない、という悲しい結果になっている、と感じています。
実際、画面的な仕掛けとか、凝ったところなんかすごく面白いんですけどねぇ。。。。

ということで、今回もそのあたりを簡単に記録しておきます。
まず、夏奈なんですが、成績的にはバカ設定みたいですが、人間ができてますなぁ。
妹に殴られたり、ぬいぐるみぶつけられても、ツッコミの一環として理解しているのか、そんなに激しいケンカになってませんよね。
思うに、このスキンシップが夏奈の愛情なんでしょう、千秋には全然通じてないみたいですが。(笑)
おとなしくしてたら、絶世の美少女なんですけどねえ。(^_^;
Okawari03-01.jpg

来訪してきた妹のお友達、女子小学生にボディチェックするオヤヂすぴりっつを発揮してたり、もう家の中ですと、ブレーキが効かないすばらしさ。
Okawari03-02.jpg
Okawari03-03.jpg

冬馬、貞操の危機。(笑)

それにしても、小学生をつかまえて、ちちくらべ、というのは・・・。
だいたい発育がいつからか、ってのは、比較しても、とは思いますけどね。
早い方がデカくなりやすい、という気もしなくもないですが、そこらへんあんまり詳しくないので、データとしてだけ見ておきます。千秋はまだ平板、と。
もっとも、長姉がとてつもなくふくよかで、次姉の二の腕に巨乳の未来を感じますので、千秋も発育が始まったら、とんでもないプロポーションになりそうな気はしますよん。
だから今の時期でめげることはないですぞ。(^_^)

夏奈、鍋奉行もやろうとしてましたが、たぶん口先だけだったでしょうから、遠慮なくドサドサ入れてしまってた千秋は正しい判断だった、ということなんでしょうな。

さて、お泊まりのハプニング、いろいろ。
勘違い娘(笑)と、ゆであがり娘。
Okawari03-04.jpg
Okawari03-05.jpg

ほんとうに作画、優秀ですなぁ、ちゃんとポイントわかってやってくれてますし。
ただ、3週風呂が続くと、さすがにちょっと、という気もしますので、もう少し違うヴァリエーションも見せてほしいところです。

で、エンドタイトル見てたら、作監、本橋さんで、ひっくり返りました。
すみません、1回目の視聴では気づかなかったです。(^_^;
そのつもりで見れば、ああ、なるほどね、と思うところもいくつかあったんですが・・・。

つうことで、次回、お隣に引っ越してきたフユキくんのお話になるもよう。

テーマ:みなみけ~おかわり~ - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 22:00:37 | Trackback(3) | Comments(0)
素敵探偵ラビリンス 第15話 想いと誓い
[セイジュとの対決を終えて帰宅した後、マユキは晴嵐にセイジュの正体を尋ねるが、セイジュは答えてくれなかった。マユキは一人、戸丸警部を訪ね、警察の資料室を使わせてもらい、幻夢事件の調査に乗り出す。過去の事件ファイルの中から、マユキは見覚えのある風見鶏の館を見出し、その場所、上野大地溝帯へとむかう。一方、セイジュの側でも、マユキを高く評価し、泳がせ続けるセイジュの姿勢に不満をもった白蟲が、単独でマユキ捕縛へとむかっていた。]

先行地域は既に次の第16話の放映を終了していますが、作画が好きなので、遅れても一応記録しておきます。
とはいっても、今回はきれいどころがほとんど出なかったので、簡単に。(^_^;

まず、マユキの手紙を見て、大慌てでとんでくる初美さん、階段で豪快にすっころんでくれました。
ええキャラやねぇ、あいかわらず。
ただ、残念なことに、今回の出番はここだけ。(^_^;

次いで、回想シーンのマユキ・ママ。
どう見ても十代前半なんですが、一応ママさんです。
中の人は、最近おねーちゃんからおかーちゃんが増えてきた、喜久子さん。
なんか前と顔違うんですけど・・・。(^_^;

総じて、マスクのデッサンが安定してなかったように思います。
今回ほとんど唯一といっていいきれいどころ、白蟲さんでさえ、カットごとに顔が変わってたみたいでしたし。
もう少し、クールビューティだと思うんですけどね、白蟲さん。
なんか今回、ただの怖いおねーさんでした。

一応、筋としては、セイジュに対しての忠誠が認められてないんじゃないか、という疑念とか、嫉妬とか、そういった感情がうまく描かれていたのに、作画のセンスにやや問題があったので、効果としては、かなり残念なことに・・・。

ただ、マスクはイマイチだったんですが、今回の白蟲さん、お尻が3割増しデカくなってまして、この量感あふれる臀部が、今回の魅力になってました。
SutekiTantei15-01.jpg

マユキを襲って失敗してたところですけど、戻ってからセイジュに責められるところの、尻もなかなかよろしゅうございました。(^_^)

ということで、今回はここまで。
次回は紫炎さんが出てくるようですが、その彩、葉孤さんも登場らしいので、次回はワクワクできそです。(^_^)

テーマ:素敵探偵ラビリンス - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 21:17:05 | Trackback(0) | Comments(0)
true tears 第3話
[眞一郎は下駄箱の中から、包み紙に包まれたニワトリの赤い餌の実を見つける。机の中に、ロッカーにも見つかり、乃絵の仕業と判断して文句を言いに行こうとするが、その乃絵と親しげに話す男子の姿を目撃してしまう。愛子から、乃絵を紹介して欲しいという比呂美の真意をほのめかされた眞一郎は一人浮かれてしまうが、男子バスケット部の試合の後、友人朋与に、自分の意中の人を語る比呂美の会話を聞いてしまった。]

恋愛感情の進め方、描写方法に、かなり趣味と違うものがあるんですが、スタイルとして一環しているようですので、これもまあアリかな。
作画は第1話の水準にかなり戻ってきましたし、CGAについてはハメコミのところがやや粗いようには思うものの、概ね綺麗ですし、全体としてはほぼ問題なし、ですね。

まず、前回、別の男と親しげだった乃絵から。
前回のエンドテロップで同姓でしたから、たぶん兄妹・・・というのはあたってしまいました。
こういうのって、やっぱりある程度隠していた方がよかったんじゃないかなぁ、という気がかなり。エンドテロップの方ですけどね。
ともかく兄妹だったちゅうのに、ベタベタしまくりでしたけど・・・。年が近いのに、こんなにベタベタするのは、返って不自然な気もしなくもなかったり、ですけどね。
true_tears03-01.jpg
true_tears03-05.jpg

これだけベタベタしてると、逆に家庭環境とかが不幸なのかなぁ、という気もしてしまいますが、はてさて。
乃絵についてはまだ家庭事情とかが語られてませんから、今後の環境描写が注目されるとこですね。

さて、想いの方向がいろいろと語られてましたが、まず、愛子。
true_tears03-03.jpg

手料理の小芋で、男子を手なずけ中・・・でしたが、てっきり野伏くんとはステディかと思ってたんですが、そうでもないのかな、なんか意味深な会話でしたね。

好きな人の近くにいる人に近づきたくなる・・・比呂美のことを語りつつ、実は自分の気持ちを語って、という風にとるのが普通でしょうから、野伏くんの存在がなければ、あー、あいちゃんも主人公にメロメロかぁ、と受け取れるんですけど、どうなるのかなぁ。
野伏くんの方から一方的に想いが語られているだけですから、あいちゃんの気持ちってまだ明示はされてませんでした。それだけにいろいろと考えてしまうところですな。

一方の比呂美。
「好きな人の近くにいたいから、その近くの人と接したくなる」・・・まぁ、一応あたってたわけですね。(^_^;
眞一郎くんの方は、それが彼と乃絵のことだと勘違いしてて、比呂美の方は、石動くんとその妹でした、ということだったわけで、ある意味、つながってますから。
ただ、あれが比呂美の真意だったのかな、という疑いはけっこう残るわけでして。
過去の思い出をしっかり覚えていて、練習のとき(前回)もその回想があるのに、ああ言ってしまう・・・。
もちろん、過去に好きだったけど、その想いに決着をつけて、今の想いを大切にしよう、という意識、ともとれますけど・・・視聴している側からしますと、ちょっとまだ確定まではいってなそさうで、このどちらとも解釈できるデリケートな見せ方、というのはなかなか面白いですね。
ただまぁ、流れとしては、あれは真意だろうなぁ、ととったほうがスムーズだとは思います。

それとは関係なく、幼・比呂美のうなじのクローズアップショットに、ちょっとクラクラきてしまったのは、内緒です。(笑)
true_tears03-02.jpg


この過程ではさまれる、仲上家の家庭事情。
夜道のお使いに比呂美を出そうとする母と、「比呂美はもう家族だ」と言い切る父との対比。
下衆な見方ですと、父が比呂美とデキていて、とかっていうことも考えてしまいますし、それゆえに眞一郎との想いを決着させねばならない、という方向も考えてしまうんですけど・・・本作のムードを考えますと、さすがにそういう方向にはいかない、と思います。
そして母の語ることば。
「あの子は私の子じゃありません」
これも重い言葉ですなぁ。
こういう母の実子への愛情っていうのは、若い頃にはかなり煙たく感じるものですが、愛情から出ているのは間違いないでしょう。
今のところ、本作での悪役の役割をかなりの比重で担ってるようですから、案外愛情ではなく・・・という展開があるかも知れませんけど、感情の流れとしては、なんかすごくよく理解できますねえ。(^_^;

誰を想い、誰に心開いて、という流れが実に細やかにできていて、話の方も面白い展開になってきました。
感情表現の進め方が、かなりセリフによりすぎている、というのが、若干私の趣味ではないのですが、行き当たりばったりでしているわけではなく、虚実の見せ方、という点で徹底しているので、スタイルとしては感心しながら見ていたりします、つうか、こういう手法も別に嫌いってほどでもありませんし。
心理の襞が実にデリケートに描かれているので、その流れを追っていく楽しみもありますね、本作。

さて、眞一郎くんに聞かれてしまった、という意識があったのかどうか、ともかく、朋与に語った直後に眞一郎と出会ってしまって、というところで、次回。
うん、作画も優秀ですし、お話もけっこう面白くなってきたので、期待が高まりますなあ。
ヒロインのクローズアップを忘れてたので、最後にこれを回顧しておきます。(^_^)
true_tears03-04.jpg

あのおんぶは、ちょっとドキドキしてしまいました。(笑)

テーマ:ture tears - ジャンル:アニメ・コミック

true tears | 18:21:11 | Trackback(8) | Comments(0)