FC2ブログ
 
■カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
H2O 第4話 はまじ
[ひなたとのキス。その真意もつかめぬまま、琢磨はクラスの皆と海へやってきたゆいのホテルを貸しきっての海辺でのひととき、だったが、そこにはまじの妹ゆきじが現れて、琢磨を目の仇にする。はまじが好きでたまらないゆきじは、はまじをとれらると思い、嫌がらせをしてくるのだったが、いずれも空回り。ついに、満潮になると沈んでしまう入江に琢磨をおびき寄せることに成功したのだったが・・・。]

TVN組。それにしても、奈良テレビのローカルCM比率の高さはなんか涙を誘いますなぁ。(^_^;
サブタイ「はまじ」でしたけど、どっちかっていうと、ゆきじ、でしたかね。(^_^;
H2O04-01.jpg
H2O04-02.jpg

初めて落ち着いて視聴することができました。
今回は今までのBの暗示がほとんどなかったので、普通の田園学園もの、に仕上がってたかな。
ただ、女装男子、っていうのは、いまや学園ラブコメには欠かせなくなってきつつありますけど、かなり都会のセンスなんですよね、田舎ですと、仮にああいう方向に進むと、かなり骨がゴツゴツこすれあうような、えぐい体育会系ガチホモ・ワールドになりますから。(笑)
したがって、かなりファンタジーとしての田園生活、田舎生活、と見たほうがいいんでしょう。

さて、今回のメインディッシシュ、ゆきじ。(笑)
とにかく表情が豊かで、くるくるかわるそのマスクを見てますと、なんかこちらまで楽しくなってきてしまいます。(^_^)
H2O04-03.jpg
H2O04-04.jpg
H2O04-05.jpg

そのいたずらの巻き添えをくったかっこうになったのが、ゆい。
ご苦労様でした。(^_^;
まぁ、あれだ、ふだんはやみをいじめているからその天罰、という見方もできるのかも知れませんが、B問題がかなり濃厚に暗示されているので、ワタクシ的にはそれほどゆいが悪いヤツには見えないのですよ。
したがって、ここは威張り散らすお嬢さまの受難、としての面白さ、かな。
そういえば、いつもの取り巻きはいませんね。(^_^;

で、やってきました「夏だ、海だ」なんですが、列島全体を強烈な寒波が襲っているときに、これはないやろ、と思わなくもなかったんですが、まぁ、制作自体は数ヶ月前でしょうから、仕方ないかな。
H2O04-06.jpg

さて、大活躍のゆきじちゃん以外では、その発育過剰の爆乳ぶりを存分に見せ付けていたひなたちゃんですかね。
H2O04-07.jpg
H2O04-08.jpg

ビキニで勝負に来た、ということは自分のセールスポイントをちゃんと心得ている、ということでもありますなぁ。実際琢磨くんは相当動揺してましたし。
キスのときもそうでしたが、このひなたという少女、かなり奥が深そうです。

今回のSDワールドは、かなり普通、かな。
珍しく本編が面白かったと言いますか、息抜き回でしたので、SD絵の方に他期待しなくてもよかった、ということかも知れません。(視聴者サイドとしてね)
ただ、次回の予告編・・・。
「まーちゃんみたいに可愛い子が女の子のわけないじゃない。」
「常識的に考えて。」
H2O04-09.jpg

すてーん。ひっくり返りました。(笑)
ここでこんなセリフが聞けるとは。
確かに、このセリフ、美形女装少年が出てくると、もうネットでは定番のように言われてますけど、作品の側で言ってくれるのって・・・。
おとボクや、少年陰陽師のときにはもう使い倒してたから、ルーツはもっと大昔なんでしょうなぁ、出典はどのあたりなんだろ?
女装少年自体は、鉄腕アトムの昔からありますが・・・。
ともかく最後でまたしてもしかけてくれました。
この作品、こういうあたりが侮れないんですよねぇ、本編より。(笑)

次回、「神楽」・・・といっても、あずまんが大王ではないので、また、暗いBの暗示に戻るのかなぁ。
この流れだと、Bの暗示をかなりうすめていってますから、単に貧乏、ってあたりに帰結させていってくれそうではありますが、はてさてどうなりますやら。

スポンサーサイト



テーマ:H2O - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 23:45:31 | Trackback(21) | Comments(0)
灼眼のシャナ2 第15話 覚醒
[自在法「風の転輪」により、悠二を捕獲したかに見えたフィレスだったが、悠二の胸から出てきた巨大な銀の腕により、胸を貫かれてしまう。その腕は、頭、胴と徐々にその姿を現し始めた。その時、この自在法の中で動くもう一つの影。近衛史菜はその器としての姿を現し、情報を回収しに来たヘカテーにとりこまれる。驚愕の中で、シャナとヘカテー、ヘカテーに同行してきた嵐蹄フェコルーとヴィルヘルミナの戦い。だが決着はつかず、新たな謎を残しつつ、彼らは去っていった。]

すごかった・・・この1語ですね。
Shana2_15-01.jpg

次々と暴かれる陰謀、思惑、それに呼応する戦い、バル・マスケの参入と、息をもつかせぬ展開。
しかもその中にあって、悠二へのシャナの想い、成就しかかるフィレスとヨーハンの邂逅、惜別の念を如何ともできないヴィルヘルミナ、あちら側の戦いを傍観するしかできない吉田一美、自在法の中で停止する緒方の姿に、再び怯える田中と、人間模様、心の揺れ、そういったものを徹底的に詰め込んで輝かせてくれました。
すごすぎ・・・ちょっと言葉もないですねぇ、しかも謎は解明せず、というのに、むしろ引き込まれてしまう面白さ。

というわけで、どの切り口で見ても、感嘆の言葉しか出てこないのですが、すべてをチェックするのは短時間では不可能ですので、残りは分析サイトの方へもっていくとして、気に入ったところだけをあげていくにとどめます。

・フィレスの想い。
かつての友をたばかってまで手に入れようとしたヨーハンとの邂逅。
前半は主にこのフィレスの呼び出したものについてでしたが・・・あの腕は・・・。
乱入してきたヘカテーとフェコルーにより、望んでいた形とは違う形ではあったものの、悠二のカラダを使っての邂逅。
Shana2_15-02.jpg
Shana2_15-03.jpg

本来なら、こっちがメインストリームになるところだったんですが、この機に割って入ってきたヘカテーとフェコローの戦いがすごすぎで、もう息をもつかせぬ展開でした。
フィレスは結局、わずかな邂逅の刹那に交わしたヨーハンとの約束を語って去っていきましたけど、一美との間にはまだいろいろあるんですよね、たぶん。

そのフィレスを見るヴィルヘルミナ。
Shana2_15-09.jpg

フィレス側からは、ヴィルヘルミナへの友情は語られませんでした。
悲しいですねぇ、報われない一方通行の想い。
ヴィルヘルミナのように、自らに強い、超然としたキャラクターに、ふりむいてもらえない悲しみをふる面白さ。

そして、ボロボロにされた悠二を求めて必死に戦うシャナだったんですが、今回はかなり話の外に押し出されてしまったかっこうでした。
Shana2_15-06.jpg

とはいえ、ラスト近くで、落下していく悠二を必死で捕まえようと叫びながら落下していくところの悲しさ、切なさ、健気さ。
悠二の中に眠るものの正体がわかったときの痛々しさが今から予見できるようで、胸の締め付けられるシーンでした。
一美は、むこう側へ行けないもどかしさを感じていたようでしたけど、むこう側にいてもなお、手が届かなくなりそうなシャナの悲しい戦い。
どっちが辛いんでしょうねぇ。。。

その正体、というか役割を示す近藤史菜と、ヘカテー。
Shana2_15-04.jpg
Shana2_15-05.jpg

結果的に史菜はヘカテー自身ではなかったものの、入れ子であり鏡であり偽りの器であり、ということでしたから、フィレスがやったような情報端末でした、という風にも見えたところ。
この融合するまでのプロセスがまたすごくて、史菜がヘカテーの杖を出してきて情報を母体へと転送。
その後の恍惚とした表情がなんともエロかったんですが、その思い出がヘカテーの中へ吸い込まれていってましたから、ヘカテーとも記憶を共有することになってしまうのでしょう。
これはラストへの布石になりそうで、どういう処理をしてくれるのか、楽しみです。

それとは無関係に、今回の史菜、足がエロすぎ。(笑)
Shana2_15-10.jpg

まだキャプチャしおえてないんですが、あの階段を上るところとか、空中での太腿アクションとか、違う意味でよすぎでした。
階段での足、おいしそうでしたよねぇ。(^_^)

そしてこの暗色の戦いの外側にいた人々。
停止する緒方を見つめることしかできない、田中。
その視線の先で、微笑んだまま停止する緒方真竹。
Shana2_15-07.jpg

こっちのミニスカの足もまたエロくて、悦痴なことをしてみたくなるところですが、田中くんは純情少年だったようです。(^_^;
終わってからの、オガちゃんの屈託のない笑顔がまぶしすぎて、自在法の中の暗さが一層ひきたつ仕組みにもなってました。

そして吉田一美。
Shana2_15-08.jpg

むこう側へいけない彼女の苦悩は、ある意味今回一番わかりやすい感情でした。
人知の力を超えたところで繰り広げられる、超常の戦い。
見ていることしかできない苦悩ですけど、同時に、その中にあってさえ結び目を解くことのできないシャナのまったく先の見えない戦いもあるわけで、どちらも辛い戦い、悲しい傍観です。

この他にも、嵐蹄の放つマグネシアとの戦いとか、本殿奥深く見つめるベルペオルとか、奥行きの深い、ゾクゾクするような伝奇的世界が繰り広げられてました。
この凝集力、しびれますね。

作画だけなら、今期『true tears』『おかわり』という優れた作品がありますけど、総合的には本作が頭一つか二つ、抜けている感じです。
どこまでやってくれるのかわかりませんが、もう次が楽しみで仕方ない、という久々の作品かな。

テーマ:灼眼のシャナⅡ - ジャンル:アニメ・コミック

灼眼のシャナ | 21:27:36 | Trackback(30) | Comments(0)
もっけ 第15話 ミノムシ
[静流の親友の一人、フミちゃんが、静流の背後になにか見えると、と言い出すが、単なる冗談だった。本当に見える静流は、梅雨時になると、いつもにもまして増えてくるそれらの怪異に対して、ストレスがたまっていく。その見たものを物語に変えて、文芸部の会誌に載せてみたりもするが、それは実体験だ、とはいえない自分にまた悩むのだった。そんなある夕暮れ、学校からの帰り道で、陰火の群れにとりかこまれてしまう。]

陰火・・・ミノムシとかミノビとかいう、山陰ではウシオニ・・・とか言ってましたけど、ホタルビじゃダメなんですかね?
うちの母方の田舎(中国山地の東端)ですと、ああいうのはホタルビとか言ってますが・・・。

まぁ、それはともかく、今回は久しぶりに、筋らしい筋はなく、「見えてしまう」静流のもやもやとした悩み、そしてそれを分かち合えるものの不在と、瑞生の存在の大きさ、というあたりでした。
瑞生の言う「だっておねーちゃん、話ヘタなんだもん」というのが、なぜか救われるような感じになりますね。
遠慮なく言いたいことが言いあえる家族、血族のよさ、そういう情緒が心地よかったです。
今回に関しては、おじいちゃんもいつもほど厳しい教えを諭すことなく、説明役に回ってくれてましたし、そういった家族の情愛もいい描写でした。

ただまぁ、庭の白い影は、妖怪というより、幽霊でしたな。(^_^;

ということで、先行地域より激しく遅れてますので、簡単ですがこの辺で。


TVアニメ2008(上期) | 18:32:31 | Trackback(0) | Comments(0)
GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- 第3話
[トスカーナの小さな町モンタルチーノで、パダーニャの殺し屋ピノッキオを探っていた公安官が行方不明となり、2課に出動要請がおりる。ヒルシャーとトリエラがその任にあたり、現地へとむかう。ピノッキオの隠れ家と思しき家を見つけた2人は、そこを尋ねてきたアウローラの荷物に盗聴器を仕込み、家内の様子を伺う。ところが、アウローラはフランカ達に公社の放った子供の暗殺者と勘違いされてしまい、捕獲され、命の危険にさらされる。盗聴器でこのことを知ったヒルシャーは、フィレンツェ支部の応援を待たず、トリエラに突入を命じた。]

サブタイ「シミュラクラ」・・・一瞬、ディックの小説でもなぞるのかと思ってしまいました。(^_^;

それはともかく、ついに殺し合いの幕開けです。・・・といっても、死者が発見されただけで、誰も死にませんでしたが。
毎回書いてるような気がしますが、第1期の存在を考慮に入れなければ、よくできていると思います。

特に今回は、トリエラの心の動きをちゃんと描いてくれてましたので、このあたり原作者さんが入って良い方に動いているかな、という気も少し。
まぁ、原作者さんが入ってきて流れがブチ壊し、という例も過去に経験してますので、原作者さんが入ることが必ずプラスになる、と思えるほど楽天家でもないですが。(^_^;

ともかく、今回は、義体少女の中でも色濃く自我の残るトリエラの心の動きと、絶体絶命のアウローラが可憐でした、ということでいいですね。(笑)
まず、トリエラたん。
GunslingerGirl2_03-02.jpg

「こんなかっこうでは目立ちませんか?」
「ばかやろー、おれの趣味だ」
「ぽっ」・・・一部セリフ改変。(^_^;
GunslingerGirl2_03-04.jpg

ヒルシャーに厳命されて、「だったらもっと条件づけを厳しくすればいい」とちょっとすねてみせたりするものの、「オレは最後までおまえの味方だ」といわれて赤面してしまったりと、ヒルシャーに対する感情は、けっこう細やかなものがあっていいですね。
絶対従属になってしまう他の義体少女に比べて、人間味、というより、思春期ぽい感情かな、そういったものが見え隠れするのがトリエラの魅力でしよう。

コーエンのホテルで見つけた、ピノキオの童話。
「青い髪の仙女の助けを借りて、ピノキオは人間に生まれ変わりました」
「ふざけた話だ・・・」とつぶやくトリエラの心にあったのは、やはり、人間には戻れない自分の身の上だったのでしょうか。
深くは語られませんでしたけど、今回の戦いを暗示するヒトコマといえましたね。

利用しようとした少女が危機に陥ってしまって、ヒルシャーの突入命令。
そして突入して単身3人を相手にしますが、地の利を生かしたピノッキオの反撃の前に敗北。
ピノッキオのふんぎれない弱さ(優しさ)のために、九死に一生をえたトリエラでしたが、自分の敗北が意味するところを知って、悔恨。
GunslingerGirl2_03-05.jpg
GunslingerGirl2_03-06.jpg

とどめをさされなかったことより、義体の自分が素手の相手に負けた、という屈辱、重み。
いろんな感情が交錯する、良い話でした。

物語としては外枠だったんですが、アウローラの可愛いさもなかなかでしたので、簡単に回顧。
GunslingerGirl2_03-01.jpg

美幼女緊縛・・・なんですが、プレイ用緊縛ではなく、実務的緊縛でしたので、それほど萌えませんでしたが、とにかくピンチになっての表情のいろいろは可愛いかったです。
GunslingerGirl2_03-03.jpg

まぁ、無事静観できたからいえることかもしれませんが。(^_^;

トリエラ対ピノッキオ、第1ラウンドはピノッキオの圧勝で、次の局面へ。
おもちゃを売るための戦争ごっこと違いますから、対決そのものはとても短く進行していきます。
私はこういう緊張感を一瞬に昇華させていくスタイルも好きですので、今後の切れ味を楽しませてもらおうかと思っていまかす。
なにより作画が優秀ですから、安心して画面に酔えますしね。

それ以外も簡単に回顧しておきますと、冒頭、前回同様顔出しだけでしたが、クラエス。
GunslingerGirl2_03-07.jpg

かわええです。(^_^)
そして、アニメ版でグラマー美女っぷりがかなりアップしているフランカ。
GunslingerGirl2_03-08.jpg

次回、アンジェリカ復帰。うひゃー。(^_^)

テーマ:GUNSLINGER GIRL - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 18:19:08 | Trackback(2) | Comments(0)
AYAKASHI 第3話
[自らの力が「アヤカシ」によるものであることを知る悠だったが、それについての詳細をエイムは語ろうとしなかった。そしてただ「あなたは力を使ってはいけない」と言うのみ。だがそんなエイムの思惑にも関わらず、悠の周りには次々と災難がふりかかってくる。消失した真田の仲間の呼び出し、街中に現れる新たな敵、そして突如目の前に現れた女の子、パム。エイムは「敵だ」と言うが、悠には敵には見えなかった。]

前半と後半で、マスクのデザインがちょっと変わったみたいでしたけど、どっちかっていうと後半の方が好みです。

前回、顔出しだけはすんでいた、清水愛声のパムが本格的に戦線投入。
そのすばやい動きに、エイム大苦戦。
結局2人とも囚われてしまいますが、その場で語られる、アヤカシとその代償。
エイムは左目の光を失い、このまま続けると失明してしまう、とのこと。
でも、悠の代償は性格が好戦的になる、ってことですか?・・・あんまり代償には思えないのですが、まだまだこれからその重みがわかる、ということかな。
ともかく現時点では、悠くんの代償はまだそれほどはっきりとはしていない、。という風に感じました。

パムや真田の背後にある組織とかが少しずつ出てきましたが、現時点でははっきりとはしません。
まぁ、一気に出演してきて混乱させてくれるわけでもなさそうですから、少しずつ話の流れにのっかっていこうかな、と思います。
少なくとも、『ペルソナ』よりはついていきやすいですし。(笑)

今回の見所は、後半の戦闘時におけるエイムのキュートな姿。
たぶん元デザインとはずれているんだけと思いますけど、どっちかっていうと、こっちの方が好みかなぁ。
元デザインの方はややフィーリングとはあいませんので。(^_^;

殺しのシーンを画面に出さず、それを見つめる殺人者の側の表情で代理してくれてましたけど、スプラッタが苦手な者としては、ありがたいです。
ただ、かなり不自然なコンテになってましたので、もう少し工夫していただけたらなぁ、という気はしました。
DVDとかでその殺戮シーンは補填されるんでしょうかね。まったく見たくないですが。(^_^;

あと、パムなんですが、戦線参加、早かったですね、他にもいろいろいそうでしたので、もう少し後かと思ってました。

ラストのところで出てきた、でっかいアヤカシさん・・・エイムが出したんですか。
なんか無意識のうちに主人公が出したように見えてしまいました。
悠くんのアヤカシは、『スクライド』のシェルブリッドみたいなヤツですが、あれの変化形かな、と思ってしまいました。

パムは可愛いですね。声がデザインに勝ってしまっているように感じましたが。(^_^;
準ヒロイン格だと思いますので、再登場が待たれるところです。

テーマ:AYAKASHI - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 17:32:54 | Trackback(0) | Comments(0)
ARIA The ORIGINATION 第3話
[ネオ・ヴェネツィアではいろいろな建造物の補修工事が行われていた。灯里達は、サンマルコ広場で、ホテルの若いパティシエが、路上に店を出しているのを見つける。そこでチョコを買った少年が、つまずいてチョコの瓶を壊してしまうが、灯里はなにげなく「チョコがかわいそう」ともらしてしまう。パティシエはその言葉にヒントを得て・・・]

日常点描の3週目・・・ということで、今回は職人が心をこめて作ったもの、というテーマ。
静かな淡々とした描写で、相変わらず感想を残しにくいのですが、今回もハートウォーミグなできばえでした。

・・・とここで終わってもいいんですが、あまりに短いので、もう少し補足。
職人を大切にし、尊敬する気持ち、これってアジア圏では日本独特の考え方ですよね。
欧州とかにいくと、職人に対する尊敬はもちろんあるんですが、日本とはだいぶ違う感覚です。
本作は、当然のことながら、日本的感情ですね、欧州的な権利意識、ギルドやツンフトといった中にある職人敬慕とはちょっと違う、もっと個人的なものに思えました。
私室で靴を脱いでいたり、食事に箸を使っていたりと、いたるところにそういうのは見えるんですが、かといって、日本べったりでもなく、ホスピタリティっていうのはかなり洋風ですし、適度な折衷感もいいアクセントになってるかな。

ただ、日常描写が続きますと、社会システムの中における善意の前提が、ウソくさく見えてくることもありますので、第2期でしばしば見せてくれた、幻想的な異世界構築をまた見たいなぁ、と思っていたりもしたところ。

とはいっても、あんまりそういうことを辛気臭く考える作品でもありませんから、紅茶でも飲みながらゆっくりとくつろぎながら鑑賞、というスタイルとしては、今回もしっかりつながっていたと思います。
作画面は普通・・・でしたけど、寝台に寝っ転がっている灯里ちゃんは、かなり良かったですな。(^_^)

次回・・・いろいろと新しい人がでてきてくれるようです。

テーマ:ARIA(コミックス・アニメーション) - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 17:08:46 | Trackback(5) | Comments(0)