FC2ブログ
 
■カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
もっけ 第16話 ソラバヤシ
[静流にある日、音楽準備室から彼女にしか聞こえない不思議な音楽が流れてきた。準備室を覗いてみると、東京から来た転校生・古関が授業をサボッてなにやら音楽に酔っているようだった。彼女についてよくない噂を聞いているうちに、なにか音楽が聞こえる、といってまわりを困らせたことがある、というのを聞いた静流は、彼女にも自分と同じようにその音楽が聞こえているのだとわかった。それから2人は放課後、一緒に音楽を聞くようになるのだが・・・。]

音の怪異の輪。
こういう音楽怪談はなかなか絵にしづらいんですが、アニメのいいとこですね、音楽もつけられますから。
授業をさぼっていかがわしいバイトをして・・・という問題児らしい少女と、共有する怪異の音。
「見える」静流と違って、古関は芸術気質から得意な冷霊媒体質になってしまう、という展開でしたけど、人の中におこる感覚の変化を取り扱っていただけに、きわめて幻想味、神秘性の強いものに仕上がってまして、なかなかひきこまれる画面でした。

静流の変化が好奇心から、徐々に音楽への興味に移り、それを演奏してみたい、共有してみたい、と変わっていくくだりは、そのまま進んでいくとけっこう怖いものになりそうだったにもかかわらず、古関との接点がまるで学校の中にある異空間で奏でられる夢のような世界になっていたこともあって、実に不思議な世界を展開してくれていました。
そして最後には、その音楽の中で、身近な人、瑞希や級友たち、家族、そういったもの達を幻視し、とけこんでいくかのような一体感になっていきまして、あっち側とこっち側の境目が取り払われてしまいました。
なんとかおじいちゃんのシグナルで自分を取り戻しましたけど、この終った後も淡々と描かれてましたし、すこぶる面白かったです。

静流の目に映っていた家族はもちろん幻想だったのですけど、古関の姿はどこまでが現実で、どこまでが幻想だったのか、幽冥境との境を、音楽でボカしていく展開は、秀逸でした。

例によって、具体的な怪異はそれほどはっきりと示されたわけではないのですが、そういうなにかの「もの」が聞こえてくる、という人と人との話にもっていっていた、という点で、出色の仕上がりだったと思います。
やっぱり一番面白いのは、そういった怪異にかかわっている人間、とらわれていたり、感覚していたりする人間の方ですからね。そういった意味でも今回の話は、最初のころの、極力妖怪を見せず、それをどう感じるか、という点に絞っていた最初のころの雰囲気だったといえるでしょう。
・・・いや、もっとブラッシュアップされてたかな。
舞台こそ田舎の学校でしたけど、すこぶる洗練された幻想譚だったのではないでしようか。
うん、今回の話はすこぶるよかったです。

スポンサーサイト



TVアニメ2008(上期) | 23:35:53 | Trackback(0) | Comments(0)
バンブーブレード 第16話 キリノの欠席と予選大会
[紀梨乃が連絡もなしに、部活を2日も休んでいることを心配した鞘子は、紀梨乃の家まで自転車を走らせる。するとそこには元気に店の手伝いをしている紀梨乃がいた。母が過労で倒れて、しばらく店の手伝いに出ていたのだという。いろいろあって、ついに県北予選大会。室江高校は順調に勝ちあがり、いよいよ全勝同士で強豪・東条高校との決戦となる。だがその直前に珠姫は放送で呼び出されて・・・。]

ああ、作画がかなり変。(涙)
モブが崩れてる、っていうのは今までもときどきありましたけど、今回、アップ以外がそこそこ悲惨なことに・・・。
うう、今までがよかっただけに、残念です。

話も、珠姫が卑怯な手段で監禁されちゃうところですし、しかもこの後、もっと陰湿なことをされますし、少しテンションの下がる展開ですから、ダメージけっこうあったかな。(^_^;

つうことで、今回は、気に入ったところだけ拾っていくにとどめます。

・おまえ、どんだけキリノが好きなんだよ。
コジロー先生がサヤに言った言葉。
キリノの欠席を心配するサヤの気持ちを皮肉って言ったのですが、そのコジロー先生をはじめ、みんなの頭の中で浮かび上がるキリノのがんばりやさんのイメージ。
うん、今回のハイライトかな。
かなり空回りのところもあったんですが、サヤなりにしっかりと見ているキリノ。
いい友情でした。

・店に立つキリノ。
あー、たぶんキリノが店に立つほうが売り上げが上がると思います、っつうか、ふだん自炊しているワタクシですが、キリノみたいな娘が売り子してたら、毎日のおかずはここで買っちゃうぞ。(笑)
でもキリノの明るさ、がんばり屋さんなところ、家がこういったお店をしている、っていうのも、かなり関係しているんでしょうね。

・キリノ・ママン。
過労でダウンって・・・てっきり悲惨なことを考えてしまってましたが・・・あれなら半分自業自得?(^_^;

・ブラックミヤミヤ。
私だけ勝ててない・・・黒いものがたちこめるミヤミヤ。
この後、ダンくんに慰められてましたが、ダンくん、成績いいだけあって、心とか空気とか読むのうまいですねぇ。

・ドジっ娘さとりん。
さとりんはたぶん次回、とんでもないシーンを見せてくれそうなので、期待しておきます。(笑)

こんなとこかな。
あえて東条高の小西はスルーしておきます。(^_^;

テーマ:バンブーブレード - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 22:50:13 | Trackback(1) | Comments(2)
しおんの王 第13話 表裏一体
[「早く終らせたい」この気持ちから、紫音はつい緩手を放ってしまう。そのスキをついて、悟は十字飛車を放って両取りをしかけ、さらに「詰みはない」という紫音の読みの裏をかいて別のところから攻めつける。そしてついに紫音は敗れた。だがその顔に敗北の悔しさを認められなかった悟は逆に苛立ちを覚える。沙織、歩もともに破れ、午後からの早ざしにる敗者復活戦へと回った。歩、紫音はともに勝ちあがって本戦への出場を決めたが、沙織はベテラン京戸九段の老獪なさし回しの前に敗れてしまった。その夜、沙織はも羽仁名人の携帯を使った悟からのメールに欺かれ、歩の母が入院している病院へと見舞いに行くのだったが・・・。]

京戸九段・・・たぶん名前だけだと思うのですが、故・京須八段から名前を取ったんでしょうねえ。
京須行男八段は、昭和35年に47歳でなくなられた、非常に温厚篤実な棋士だったそうですが、ご本人よりも、そのお孫さんの方がたぶん有名でしょうね。
昨年度、名人戦を防衛して、第18世・永世名人となられた森内名人のおじいさんにあたる方です。
もっとも、森内名人が生まれた頃にはこの世を去ってますが、A級はもとより、タイトル戦にも登場することのなかった京須八段(現役時は七段)、そのお孫さんが永世名人となり、羽生、佐藤(康)とともに、現在3強の一角を占めるにいたってますから、オールドファンには懐かしいものがあるのかなぁ、と思ったり思わなかったり。

ですから、あんなおじいさんの棋士だったことはないはずですし、「あんた、名人と寝たのかね?」なんて過激なことは言いそうにはないんですが、その後の、名人の一手の重みを伝えるシーンとか、プロとしての矜持を示すところとかは、昔の篤実だったと伝えられる棋士の面影を感じさせてくれるところです。

そしてその後の沙織のPCでの検討画面。
「疑問手」とされる一手だったにもかかわらず、本番でそういう手順で踏み込める名人の一手。
このあたりも、けっこうゾクゾクします。
プロ棋士がDB以外でどうやってPCでの研究をしているのか、というのは、詳しくは知りませんけど、けっこうそれっぽく感じたところです。
悪手でも妙手となることがある、というところですかねぇ。

あと、強い紫音の前向きな瞳。
勝ったはずの悟が苛立ちを感じてしまうくらいの強い心。
まぁ、実際には、安岡八段のように、若いころ低迷していた棋士が、一線に出てこれることはきわめて少ない世界なんですけどね、プロ棋界。

アニメ的には、主筋はこの紫音の前向きな姿、過去の忌まわしい事件の陰、そのあたりなんでしょうけど、棋士の姿、ありようをかなりのリアリティで描いてくれている、というのが面白いですね。

もっとも、劇中、女流棋士でもトッププロと互角以上に渡り合える・・・みたいなことが語られてましたけど・・・現在、過去ひっくるめと、それを感じさせてくれたのって、この原作者、林葉さんだけですけどね。(笑)
前も書きましたけど、女流のトップでも、いいとこB2くらいだと思います。

さて、物語は、歩くんの正体が沙織にバレちゃったー、てとこまででしたけど、考えてみれば、この歩の女装、かなり無理は感じますね。イマサラですが。
やっぱり家族ぐるみで口裏を合わせないと、露見しちゃう、ってとこでしょう、マスコミもかかわってきますし。
ということで、次回、その沙織がどう動くか、というあたりからですね。

テーマ:しおんの王 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 22:24:48 | Trackback(1) | Comments(0)
みなみけ おかわり 第4話
[寒い冬の朝のゴミ出し。春香は引っ越してきたばかりのフユキくんが、千秋と同い年なのに、ゴミ出しをして、町内清掃会にもしっかり出席していることを知る。振り返ってみると、2人の妹は、だらしなくちらかしたまま寝こけていて、満足に片付けもできないありさま。春香はそれを見て、2人に土曜の朝の町内清掃大会への出席を命じる。そして当日、姉妹の友人たちも集まっての清掃大会となるが、そこでも大人からも頼られるフユキを見て、春香は夏奈と千秋に、ちゃんとしないとご飯抜き、を言い渡す。]

先行地域の感想とか見てますと、ブーイングの嵐だったみたいなんで、どんなにひどいかと思ってたら・・・それほどでもなかったような。(^_^;
しかし、ある程度「今週はダメだったらしい」という先入観があったので、幾分緩和されたからかなぁ、とも思わなくもなかったり。
何の前情報もなく見てたら、やはり否定的な感情にはなっていたかもしれません。

ただ新キャラ云々については、確かにボツ個性で、設定が生きただけであまり話にからんでこなかったこともあって、それほどは気になりませんでした。多少、不快感はありましたが。(^_^;
むしろ、春香が千秋にまでけっこう冷たい態度をとってたことの違和感、こっちのが大きいかったですかね。
夏奈に冷たく出るのはいいんですよ、それで夏奈が調子に乗って暴走、っていうのは、ある意味本作の醍醐味でもあったわけですから。
ただ千秋にまで、ご飯抜きだの、理由も聞かず一緒になって遊んでるだの、っていうのは、けっこう痛いかなぁ。。。

そして、まだなじめない黒モブ。
モブに徹しているんならともかく、そこそこ重要なことしゃべってますからねぇ、あの黒モブはかなりマイナスだと思うんですが・・・。

つうところですか。
別段裸はなくてもいいんですが、画面に花はないといけないと思うんですよ。
その花が今回あまりに少なかった、ていうのも辛かったところ。
まぁ、マコちゃんの衣装発見談や、ベンチで浮浪者みたいに横になってる夏奈、と、それなりに妄想を刺激してくれるシーンがないわけでもなかったですが。(^_^;

策がについては、花もなく、格別優秀と言うわけでもなかったですが、破綻とかってほどでもなかったと思います。
でもまぁ、今までで一番低かったかな。(^_^;
これが底だとしたら、むしろ安心できるところではありますけどね。

あと、フユキの九州弁?・・・ぽいのは、必要でしたかねぇ、ちょっとズレてたように思うんですが。

いままでがよかったので、ややかげりを感じてしまった今回ですが、次回は回復してくれていることを期待しています。

テーマ:みなみけ~おかわり~ - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2008(上期) | 21:49:53 | Trackback(3) | Comments(0)