FC2ブログ
 
■カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
真マジンガー 衝撃!Z編  第10話 鉄壁!くろがね五人衆!
[日本各地に現れ、同時攻撃を展開するあしゅら男爵の機械獣たち。ロボット軍団では相手にならず、さやかはマジンガーの救援を願うが、甲児はくろがね屋で、錦織つばさから出撃許可がおりぬまますごしていた。そんなくろがね屋にあしゅら男爵が放った刺客、ガミアQが甲児の命を狙う。対するはつばさによって改造されたくろがね屋の超人たち、5人衆。甲児は彼らの高いのさなか、パイルダーを駆って出撃する。]

男のいかついキャラを見てると、あの永井デザインをうまくアニメに持ち込んでるなぁ、という感じがするんですが、女子キャラの方はさすがにクリンナップされてますね。
元デザインの、やや鼻筋の狂った描線がうまく整理されてて、ガミアQも、普通に巨乳美少女になってました。全然萌えませんでしたけど。(笑)
ShinMazinger10-01.jpg
ShinMazinger10-02.jpg

その5人衆、まず全身サイボーグのくろす。
これ、デザインを見る限り、『あばしり一家』の直次郎ですね。
そして、ジャンゴ、先生、安、この辺は以前書いたとおり。
お菊ねーさんが「菊の助」ということで、これまた『あばしり一家』。
つうことは、くろすとお菊ねーさんは兄妹なのかな。(笑)
安も、爆弾使い、という設定だけ見てますと、2人の弟みたいだしなぁ。(^_^;

というわけで、70年代永井テイストをたくみにブレンドしてまして、なかなかニヤニヤできるつくりになってました。

それにしても、さやかちゃん。
パイロットスーツになると、胸が強調されてて、エロくてよろしいですなぁ。
こっちはガミアと違い、かなり萌えます。(笑)
ShinMazinger10-03.jpg
のぞかれエピソードやってくんないのかなぁ。(^_^;

次回はロボットバトルなんで、きれいどころの活躍がうすそうなのが、少し不安です。(^_^;

スポンサーサイト



テーマ:真マジンガー 衝撃!Z編 on television - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(上期) | 23:21:59 | Trackback(1) | Comments(0)
咲-Saki- 第9話 開眼
[県予選決勝戦の開幕。清澄の先鋒は片岡優希。だが決勝は半荘2回。1回分のタコスしか持ってこなかった優希はいささか不安に駆られていた。そんな優希の1回分のタコスを龍門渕の先鋒・井上が食べてしまい、優希、大ショック。しかも井上の執拗なしかけに絶不調に陥る優希。かくして前半が龍門渕井上の一人勝ちになる。だが後半戦で開眼した風越女子の主将・福路の巧妙な戦術と読みで流れは風越に一方的となる。]

いよいよ県予選決勝・第1局開幕。
原作ではこのあたりから異常に盛り上がってきまして、連載読んでいるだけでは物足りなくなって、コミックスを買い始めたのもこの辺からでした。
ちなみに、原作では2巻の終わりに相当します。
ネタバレはしない方針ですが、放送遅行地域なんで、ちょっとだけ決勝5局前半の見所で期待しているあたりを書いておきますと、先鋒戦の福路(今回分)、次鋒戦の初心者妹尾香織対メガネをはずしたまこ、中堅戦の竹井と国広の過去、と言ったあたりでしょうか。
ともかく、麻雀の対局という基本ベースの上に、それぞれが独特の考え方、独特の戦術をひっさげて戦う面白さが、この県予選決勝で鮮やかに展開していきますので、楽しみですね。

先鋒局、龍門渕が2回戦で1人で相手を落として勝った井上純。
風越が2回戦の先鋒・池田ではなく、福路主将。これは点数が持ち越されるため、先鋒戦が非常に大事、という世界観を反映しています。
無名校・鶴賀が津山睦月。
そして清澄が1、2回戦と同様、タコス。 

井上がタコスを食べてしまった上に狙い撃ちで、井上対タコスになるかと思いきや、後半で福路の右目が開き、状況逆転。
Saki09-01.jpg
Saki09-02.jpg

一方的に龍門渕に攻め続けられるタコスを援助するようにして、後半、井上の流れを絶ち、逆襲。
一瞬、仲間?・・・と錯覚したタコスも、単に龍門渕をかく乱するための手駒にされていた、というだけで、終わってみれば、先鋒戦、風越女子主将、福路の圧勝。
Saki09-03.jpg
Saki09-04.jpg

福路は前年の副将で、このときは透華と対決。
そして今年は完全に井上をまくり、タコスを翻弄と、先鋒戦では格の違いを見せ付けた感じでした。
風越はこの後、大将の池田までの間に、いろいろとドラマが盛り込まれるはずですから、楽しみですね。

一方、逆転されてまくられた井上、予選での圧倒的な強さを見せていただけに、福路の引き立て役になってしまったようでした。
タコス視点で見ても、エネルギー源を奪うは、狙い撃ちにしてくるはで、いい敵役になってしまいました。
次回、透華のセリフ、「男らしく負けを認めなさいよ」はあるのかなぁ、ワクワク。(笑)

次回は鶴賀の初心者にまこが翻弄されるエピソードだと思いますが、ストーリィ的にはエトペンと衣と和の出会い、の方が重要かな。
エンドイラストのタコスは、なんか吐いてるみたいだったので、今回も省略します。(^_^;

テーマ:咲-Saki- - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(上期) | 20:19:53 | Trackback(0) | Comments(0)
Phantom 第10話 終幕
[「サイスを殺します」と言って、リズィたちと行動ともにすることになったツヴァイ。一度裏切ったツヴァイを同行させることに難色を示すリズィだったが、クロウの意思を入れて連れて行くことに。だが、リズィやその仲間の襲撃部隊はまだツヴァイに不信感があった。サイスは元ロシア軍人の武器商人ロシュネンコ大佐の下に身を寄せることになっており、そこわリズィたち粛正部隊が襲撃する。ツヴァイはサイスを追う中、彼の武器となって守るアインの姿を見る。2人は互いに銃口を向け合うが・・・。]

今のご時世で見ますと、アインのマインドコントロールの恐ろしさが現実感をもって迫りますね。

ラストのまるで死んでしまったかのようなエンディング、そしてサブタイの「終幕」といった題名から受ける衝撃感とかも良かったのですが、サイスと交戦していく中で、少しずつ瞳が狂気に染まっていくツヴァイがなかなか良かったです。
その双眸から狂気の霧が晴れるのが、追い詰めたサイスの前にアインが立ちはだかって撃ってしまうとき。
ここでの慟哭に似たツヴァイの劇的な変化は殺人機械としてのツヴァイと、人間・吾妻玲二との差、ギャップの激しさを見せてくれるようで、良い演出でした。
ただ、どうしてサイスは頭を撃たなかったんでしょうね。
あの至近距離で、しかも衝撃でほとんど抵抗の意思をなくしてしまっていたというのに。
そこがちょびっとひっかかります。
アインと対峙するツヴァイを見て、サイスが撃たなかった、というのはわかるんですけどね、反射的に撃たれるかもしれませんから。

サイスに心を支配されてしまったアイン、でも人の心の片鱗を少しだけ知ってしまったため、一瞬の躊躇が生まれる、というあたりも、前回からの引継ぎでなかなか良かったんですが、私的にはブラのひもがずりおちる演出とかが好きでした。(^_^;
Phantom10-01.jpg

今回はツヴァイ側からの描写がメインでしたので、それほどアインの微細な変化には尺がさかれてませんでしたが、その分、暗闇の銃撃戦が本作としてはけっこう派手で、プロとプロとが殺しあう面白さ、みたいなのはけっこう出ていたんじゃないかな、と思います。
ロシュネンコが唐突に撃たれるところとか、もう少し前段階で仕込みがあると、もっと良かったんですけどね。

そしてサイスをかばって左胸を撃たれるアイン。
Phantom10-02.jpg
左胸じゃなく、左肩かな?
海に落ちたし、普通なら死んでます。普通なら。(笑)
まぁ、ツヴァイも何発も食らって海に落ちてるから、アイン以上に死んでる確率高いんですけどね、普通は。

次回からのお手並み拝見といきますか。

さて、あんまり取り上げてなかったですけど、冷酷な美女、クロウディアねーさん。
Phantom10-03.jpg
はたしてツヴァイに何をさせようとしていたのか、まだまだこの女にはいろんなことが隠されています。
ストーリィ展開として、サイスとの関係にやや説明不足なところを感じるんですが、まぁ、そのあたりはこのまま行っちゃうかな。
ただ、色っぽいんですけど、人間としての目覚めがある分、アインの方が好きですけどね。

次回、「襲名」。

テーマ:Phantom(ファントム) - ジャンル:アニメ・コミック

Phantom | 19:18:24 | Trackback(1) | Comments(0)