FC2ブログ
 
■カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
ハヤテのごとく!!2nd 第10話 プレゼントの行方
[3月3日はヒナギクの誕生日。泊めてもらってお礼もかねて、ハヤテは誕生日プレゼントをしようと買い物に出かけるが、何をプレゼントしていいかわからない。たまたま街で出くわした西沢歩、そして生徒会3人娘とともにいろいろ探すことになるのだが、いつのまにかヒナギク本人までが合流してしまう。]

ひとむかし前のラブコメの定番、プレゼントを買おうとしていたら恋人へのプレゼントと間違えられて、というパターンは最近とんとお目にかからなくなりました。
今回の本作でも、ヒナギクへのプレゼントが恋人フラグになってしまって一騒動、なんていうベタな展開にはならず、3人娘のヒナギク評価が聞けたり、ハヤテの幼稚園時代が語られたり、マリアの出生時のことが語られたりと、プレゼント騒動を軸にして、むしろキャラの堀下げをやったような感じでした。

つうわけで、筋を追うよりキャラごとに見ていったほうが良い感じですね。
まず、普通の人代表、西沢歩。
Hayatenogotoku2_10-01.jpg
自転車が暴走してしまったところを助けてもらったのが、2人の出会い、だったんですが、ハヤテくん、腋の下に手を入れて抱えあげています。
なにげにエロくて嬉しいシーンでした。(笑)

しかし自転車が暴走して、命の危険だってときに「ブレーキが壊れるんじゃないかな」といつもの「~かな~かな」しゃべりのハムちゃん、相変わらずかわええですのう。
もちろん第1シリーズからしっかり鑑賞させてもらってますが、ぱよタンの「かなかな」しゃべり、実に良い感じで、もう美佳子さんでないと考えられないくらいです。

そんな2人と出会う生徒会3人娘、あとからヒナギクも合流。
Hayatenogotoku2_10-02.jpg
Hayatenogotoku2_10-03.jpg

アイキャッチでは、泉と理沙にスポットがあたってましたけど、3人娘の中では美希が一番動いているので、たまにはこういう組み合わせもいいでしょう。
個人的に3人の中では瀬川泉が一番好きですし。(^_^)

ヒナギク合流前のプレゼント予想、3人娘の「ヒナなら特攻服とかメリケンサック」って・・・。
ほんっとに仲が良いのね、この4人。

3人娘の誕生日、泉が次で、6月12日。そして理沙が7月13日、美希が9月9日、と。
個々のイベントはあるのかなぁ。(^_^;

今回は学校関係では好きなキャラ、ハムちゃんと泉がかなり露出してくれましたので、とっても嬉しかったです。
この2人を記念に。
Hayatenogotoku2_10-04.jpg
Hayatenogotoku2_10-05.jpg

ハムちゃんの私服も実に良い感じ。普通っぽくて。(笑)
3月頭という設定ですと、やや寒いかな、という気がしなくもなかったですが、こういう私服姿も基調ですので、ありがたいことでございました。(^_^)

ハヤテの過去話・・・えーと、川澄さんですか?
あーたん、というらしいので、なんかなぁ。

プレゼント騒動ではほとんどカヤの外だったナギ、嫉妬で「ゴゴゴゴゴ」してましたが、髪留めをもらって、有頂天。
Hayatenogotoku2_10-06.jpg
Hayatenogotoku2_10-07.jpg

ナギはダラけてるときがらしくて一番好きです。(笑)
こういう風にいろいろ切り替えるときの多彩な表情も楽しくていいですけどね。

あ、マリアさんがねーや。(笑)
ゴキにびっくりして抱きつく、という嬉しいイベントがあったんですが・・・。
Hayatenogotoku2_10-08.jpg
メイドがゴキブリを怖がってどーすんですか、という気も少し。
これが入浴中とかでしたら、おっけー、だったんですけどね。(笑)

スポンサーサイト



テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(上期) | 22:45:09 | Trackback(4) | Comments(0)
亡念のザムド 第9話 水もしたたる角股雷魚 
[ザンパニ号に帰還したアキユキと同時に乗り込んでくた髭面の男、角股雷魚。それは詰腹峠でアキユキとハルを救ってくれた男だった。だが雷魚はザンパニ号では老若男女を問わず人気があった。アクシバから、彼もまたナキアミが拾ってきたのだ、ということを聞く。]

人気者の帰還、しかもその男はアキユキと似た境遇でありながら、アキユキとは違って万事そつなくこなし、前向きで、最初から人気者・・・に見えた、そういう人物、雷魚のエピソード。
とはいってもまださわりだけ、アキユキの目に見えた像、として処理されていましたので、どう物語にからんでくるのか、ナキアミや伊舟、ゼーゲンドゥとの関係やいかに、といったことはもう少し進んでから、のようです。

人物の見せ方として、最初は窮地を救ってくれた謎の男、でも人気者、でも似たような境遇、そして髭を落として現れるさらに二枚目の顔、と実によくわかりやすい展開だったんですが、センスがシネマ時代ですね。
古い、というわけでもなく、どちらかというと古典的、というべきなんでしょうけど、なんか芝居がかったものを感じてしまいます。
生活観をオーバーアクションで見せる、というのは、このスタッフ、わりと好きみたいで、この雷魚の登場で、船の中が絵に描いたような歓迎ムード、というのは、うまく作られていたと思います。
今までわかりづらかった人物像、キセル爺や機関手のアーム、といったあたりにもうまく「違うスポット」をあてて、その内面を描いてましたし、よくできていたのではないでしょうか。
「語り」の技術はうまいですよね、ここのスタッフ。

ただそれが面白かったか、といわれると、うーん・・・。(^_^;
もちろんつまらなかった、とかそういうことはなかったですし、人物像の見せ方としては勉強になることも多かったんですが。

一方極東自治区では、ハルが垣巣中佐から叱責を受ける、ということで、どんどん軍の首脳との接点ができていく感じですね。
もうただの新兵ではなく、物語を動かす側になりつつある、ということなんかなぁ。

次回、なんかハルが髪を切っているみたいなカットがあったんですが・・・。
ああ、唯一のきれいどころ、ハルが劣化しちゃうのかなぁ・・・。
短髪も別に嫌いではありませんけど、ハルの場合、学生風セミロングとか、ポニテとかが似合いすぎてたからなぁ。。。
どうか失望してしまいませんように。(^_^;

テーマ:亡念のザムド - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(上期) | 21:44:16 | Trackback(1) | Comments(0)
初恋限定 第9話 その思い出には満開の
[美術部員千倉名央がいつも心引かれる絵があった。中学のOB連城由紀人作の桜並木。ある日突然その連城が部室にやってきた。千倉は驚きながらも、指導を受け、一緒に絵を完成させよう、ということになる。高校卒業を間近に控えた連城との束の間の時間を楽しむ千倉。しかし連城は卒業後の進路として、海外へのボランティアを希望していた。]

おお、なんか初めて、ストーリィの方で「ええ話や」と思える展開。
連城先輩が「ただしイケメンに限る」を地でいってた以外は、よくできた初恋物語でした。

今回のヒロイン、千倉名央・・・ものすごく可愛いかったですね。
HatsukoiGentei09-01.jpg
HatsukoiGentei09-02.jpg
HatsukoiGentei09-03.jpg

初めて中学生らしいのがでてきた、という印象。
あゆみや小宵も中学生っぽくはあったんですが、千倉の場合、子供から思春期へ入りかける、その過渡期の姿としての中学生っぽさがよくでていました。
適度に処女太りしているような体型とかぷにぷに感のある頬とか、とまどい、躊躇、希望、そういった要素がとっても初々しく描かれていたのが実に好印象でした。
一緒に絵を描き続けたい、という希望、夢、そして幸福感。
恋が恋であると自覚されず、具体的に今の幸せを続けたい、続いていって欲しい、という想い。
恋に恋しているあゆみと違い、既に恋を知っているのに、恋と自覚していない、そんな初恋の体験、そんな初恋のまっただ中。

今回くらい、ラストの「あなたは恋をしてますか」というセリフがぴったりくる話はなかったと思います。
いや、実に良いエピソードでした。

さらにここに魔法のことば、「またあした」がいい感じで伝言ゲームのように伝わっていきます。

千倉に想いを寄せる曽我部が帰り際に勇気を出していったことば。「またあした」
告白ではなく、明日もまた、こういう関係でいようという曽我部のシグナル、希望。
今度はそれを千倉から連城へ。「またあした」
この楽しいひと時が少しでも長く続きますように、明日もまた続きますように、という想い、願い。
でもその明日がないことを知っていて、言い出せない連城。
受け渡されていった魔法のことばがとまるとき。
楽しい時間は永遠に続かないという現実。
初めて知った恋心が、気づいたときその幸福の終焉の時だった、という甘酸っぱい切なさ。
千倉の涙が瑞々しさをもって伝わってきますね、あー、こんな初恋がしたかった、という詩情、余韻が重なる、いいエンディングでした。

1日で少女の姿を描き込んでしまったり、抱きしめてしまったり、部分的にちょっとどうかな、と思うところもなくはなかったですけど、これだけヴィヴィッドに初恋模様を描いてくれれば、些細なことでしょう。
絵の中に書き込まれた自分の姿、イーゼルにはさまれた自分あての手紙、知ってしまった真実、永遠に続くかと思われた幸福は、すでに終わってしまっていたという現実。
たたみかけるような階段への疾走、涙。
HatsukoiGentei09-04.jpg
HatsukoiGentei09-05.jpg
HatsukoiGentei09-06.jpg

ぱんつ以外でこんなに感動させていただけるとは予想外でした。
いい最終回をありがとう。(・・・違ゥ)

それ以外では、前回の岬の好きな人を強引に自分たちの好きな人に見せてしまった、あゆみと小宵に反省を促す慧の厳しさとかが良かったです。
反省!・・・のあゆみと小宵。ディフォルメでも可愛いですね。(^_^)
HatsukoiGentei09-07.jpg

あと3話。
最終回の作監さんが、大好きな中山由美さんらしいのと、3話ひとつながりの話っぽいので、楽しみです。

テーマ:初恋限定。 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(上期) | 02:41:28 | Trackback(2) | Comments(0)
戦国BASARA 第10話 幸村再起不能!?伊達軍涙の解散!!
[謙信は一命をとりとめたものの、もはや前線で戦えるカラダではなく、家康、信玄は相次いで討たれた。九州を制圧した魔王・信長はいよいよ畿内、西国を掌中におさめるべく、洛中・本能寺に陣を取る。そして東国の後始末を光秀にまかせ、軍をさかせる。甲斐では政宗が伊達軍を解散させ、単身本能寺へ乗り込む決意を固め、幸村も信玄の死から立ち直り、同道することになる。]

原作ゲームをしてないせいか、もっと次から次へと戦国大名が時系列を無視してでてくるのかと思ってたら、長政、家康、松永弾正、そして信玄と、次々に退場していきましたので、とたんに人物の数が少なくなってきた印象ですね。
・・・島津があんなにあっさりと退場しちゃった、というのもあったしなぁ・・・。

謙信様が生きておられた、ということでしたが、生かしておいた、ということになにか意図があるのかな。
少なくとも史実における順番という意味では、最初に家康が死んでるので全然関係ないはずてすし、はてさて。

次回が「本能寺」ということらしいので、今回はつなぎの回っぽくなってしまったんですが、幸村と政宗が「敵は本能寺」とか言ってましたので、光秀ではなく、この2人が討つのかな?
光秀が謀反を起こしそうなフラグはバンバン立ってますし、なにより大軍を預かった、というのがありましたので、光秀が信長を倒す展開になる、とは思うのですが。
信長が倒される展開と仮定して、濃姫がどうなるのか、それが一番気になるなぁ。(^_^;

テーマ:戦国BASARA - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(上期) | 01:20:30 | Trackback(1) | Comments(0)