FC2ブログ
 
■カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
PandoraHearts 第10話 
[違法契約者がフィリップの父と知って、チェイン・グリムに襲い掛かろうとするアリスを止めるオズ。だが制止したオズの隙間を縫って、銃弾がフィリップの父を貫く。エコーのマスター、ヴィンセントだった。]

「へっち」・・・エコー、萌え。(^_^)
PandoraHearts10-01.jpg
PandoraHearts10-02.jpg

今回、アリスが強烈でしたけど、広橋エコーの魅力も半端じゃないですね、ほとんど出番らしい出番はなかったというのに。

さて、ヴィンセントがちゃんと画面の前にでてきて、物語にからんできてくれましたが、人物の出し入れが実にうまいです。
タイミングというか、なんとなく既出のキャラ関係、背後関係になじんだ頃に、そっと出す、といったところで、今回は前回影だけ出ていた、このヴィンセント。
今までの描写の展開が、パンドラの3人の登場、うち一人が知己だったシャロン。
レイヴンがレンイズワース家からナイトレイ家へ映ったギルバートとわかり、
もう一人、ブレイクが飄々としてて、協力者のように見えて、必ずしもオズに好意的ではない。
この流れの中で現れた、バスカヴィルのツヴァイ、そして同じ声のエコー。
そして今回のヴィンセントと、適度にキャラの立ち位置とか個性とかをつかみかけた段階で、出してくるタイミングのよさ。
けっこう複雑な舞台背景なのに、実にわかりやすい出し入れ、しても主役たる2人、オズとアリス中心の描写は変わらないし、ゲストキャラにも印象的な人物を当てています。
原作未読組なので、原作の力がどの程度あるのかわかりませんが、アニメとして視聴していると、原作ネタとかをほとんど意識せずに物語りを楽しめる、というのがすこぶる良いですね。

フィリップの「一人きりの姿」を自分たちの上にそれぞれ投影するオズとアリス。
フィリップ父とのやりとりよりも、その後の姿の方が心理的には重かったです。
オズ「あの子が今も一人で父親を待っているのかと思うと」
アリス「一人が寒いということは、チェインである私にもわかる」
こういうのが、刻印の進行とか、記憶さがしとかの合間に、グッと入ってくるんですよね、いいセンスだと思います。

さて、今回、魅力爆裂のアリス。
まず、違法契約者の正体がフィリップの父とわかって、オズが命令を下して止めさせると、地面にたたきつけられるようにして、身動きがとれなくなりました。
PandoraHearts10-03.jpg
PandoraHearts10-04.jpg
PandoraHearts10-05.jpg

よつんばい風味なのと、すそからこぼれるおみ足がとっても嬉しいです。(^_^)

ふだんがサディスティックな唯我独尊っぷりと、別人のような乙女チックなしおらしさを見せてくれているだけに、この戦闘途上での力の喪失は、単なる「敗北ヒロイン」とは違う魅力が沸きあふれておりくますな。

おそらくオズの刻印の影響であろう反応で、瞳が紅化。
PandoraHearts10-06.jpg
このあたりのたたみかけるような、オズの発動、アリスの異変、ヴィンセントの銃撃、なかなか良かったです。
オズに自分が撃ったと思われて、真剣に否定するギルバートも良い味出してましたし。

これだけでも十分おいしかったのですが、ラストにさらなる強烈な場面が。
濡れた衣装を取り替えて、髪を下ろしてオズの元にやってきたアリスの破壊力・・・すごかったですな。
PandoraHearts10-07.jpg
PandoraHearts10-08.jpg

これ、可愛い女の子の、ブカブカワイシャツに近いものがございますな。
しおらしさが発現しているときのアリスは強烈なんですが、この場面、しおらしさではなかったものの、ちょっぴり甘えてみました風情が漂っていて、良い場面でした。

オズの前ではけっこう無警戒に寝こけるキャラなんですが、今回もシーツをまとって背中あわせになったあと、ウトウト。
PandoraHearts10-09.jpg
PandoraHearts10-10.jpg
PandoraHearts10-11.jpg

アリス、よすぎです。(^_^)
嫁とか恋人にすると苦労しそうですが、傍で見ている分には最高の美的素材ですね。

グリムの逃亡について、ブレイクとヴィンセントの間でちょっとした神経戦が展開されてましたけど、パンドラ内部でわざとグリムを逃がして処分した勢力の存在・・・ブレイクとシャロンはいまのところ同舟の身のようですので、シャロンもこれには気づいていた、ということなんでしょうね、前回そんなセリフがありましたし。
一枚岩ではないことがわかったパンドラ、敵対するバスカヴィル、この辺が次の描写ステップなのかな。
物語展開は普通に高い技術水準ですので、どうなるのかなぁ、と期待しておきます。

可憐な美しさがあるだけに、だんだん妖怪じみてきているシャロンを回顧して今回はしめておきます。
PandoraHearts10-12.jpg


スポンサーサイト



テーマ:Pandora Hearts - ジャンル:アニメ・コミック

PandoraHearts | 23:33:59 | Trackback(0) | Comments(0)
けいおん! 第10話 また合宿
[夏。梓を迎えて、去年と同じように紬の別荘で合宿をすることになった軽音部。練習が始まる、と期待した梓だったが、律を始め、皆遊んでばかり。それでもようやく練習となる。夜、梓は一人でギターを練習している唯を見つけて、一緒に練習をする。]

MBS組。
先行地域から遅れまくりなんで、簡単に。

今回は梓視点のエピソードで、前半に比べて、ちょっと引いた視点でのキャラ描写になってました。
大雑把な律、頼りがいのある澪、だらけてる唯、とらえどころのない紬。
それが合宿を経て少しずつ感想が違ってきている等、梓の観点での変化、また主要4人の外からどう見えているか、という描写なんかもあって、なかなか楽しいエピソードでした。
中でも、梓視点であるゆえに、梓があまり語りたくないであろうことが、憂との会話でボロボロこぼれてくるあたりが面白かったです。
「おねーちゃんに比べて、どうしてそんなに日焼けしてるの?」
「・・・私が一番はしゃいでいたから」
この辺のカメラワークはうまかったですね、たくみに梓が率先しているところははずしてましたから。

唯と梓の練習風景。
梓が「絶対音感」で驚いてましたけど、ギターだとそうなのかな?
ヴァイオリンですと、小学校以前からやってますと、たいてい絶対音感は仕込まれます、というか無い方が珍しかったりします。
あの銀色の4本笛の世話にならなくなったら入門級卒業で、ようやく初級、といった雰囲気でした。
もっとも、唯みたいに中学、高校からやる人だとこういう訓練はしていないケースが多いのかも。
昔、『のだめ』で、絶対音感を持ってることがとんでもなくすごい才能だ、みたいな描写があって、あれ見たときも「えっ?」と思ったので、今はひょっとしてそういう練習とかしてないのかなぁ。。。
絶対音感は、子供のときに練習すれば誰でも手に入れられます。
演奏から離れると、人によってはあっという間に喪失してしまったりしますが。(^_^;

しかしチューニングマシンというのは、ワタクシも唯同様知らなかったので、あんまり絶対音感でえらそうなことはいえません。
ギターは便利なのがあるんですね、ヴァイオリンでもあるのかなぁ・・・。

さわ子先生の、夏休みの出勤風景。
なんか痛いほどわかるので、これについいては触れないでおこう。(^_^;

次回、なんか痛い話らしいので、楽しみです、ってォィ。(笑)

テーマ:けいおん! - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(上期) | 22:31:27 | Trackback(1) | Comments(0)
バスカッシュ! 第11話 イン・ザ・ナイト・ビフォア
[各地で快進撃を続けるバスカッシュ・チーム。そんな彼らの元に、一度は決別したはずのOCBから招待状が舞い込む。場所は風力発電が名物の風の街・タービンシティ。街に着くや、一向は街のあちこちに「セラの~」とつけられた地名があることに気づく。ここはセラの故郷、そして父は町の実力者だった。だがセラの母は家を追われて死んでいった。母の墓前で父と対峙するセラ。その頃バスカッシュ・チームに、OCBからリーグ戦・優勝の報酬が発表される。]

チーフ・アニメーター平田雄三さんのプログ記事によると、板垣監督が途中降板、平田さんも5月いっぱいで制作を降りるそうです。
・・・かなりショック。
以前にも書きましたけど、正直なところ、平田作品として視聴を楽しんでましたからねぇ・・・。
平田さんが降りる(というか降ろされる)ことになったら、視聴意欲が半減です。
5月いっぱいで降板、ということなので、第1クールまで、もしくは、第2クール頭くらいまで、てことなんでしょう。
今回の第11話はまだ平田さんの名前が残ってましたけど、半島原画でかなりグレードダウン。
現場はもう火の車、という痛々しさ、生々しさが伝わってくるところ。
平田さんが作監された第9話なんか、原画を11日であげた、なんて信じられない記事が載ってたりしましたし、なんかもう、ね。

気を取り直して本編・・・といきたいところですが、その哀しいニュースに輪をかけたような半島原画の嵐で、かなりしおしお。
特に後半がひどかったですな。
とりあえず、前半から、母の墓参りに来たセラ、父と遭遇。
Basquash11-01.jpg
Basquash11-02.jpg
Basquash11-03.jpg

はっきりとは語られませんでしたが、娘の名前を地名にできる、ということなんで、相当の実力者なんでしょう。たぶんトップかな。
セラの母が不遇をかこったのは男子を産めなかったため。
理由としてはやや古臭い気もしましたね、父はセラ、セラの母に対して後悔の気持ち、あるいは愛情もあったかのような描写でしたし。
セラ側からしか描かれてなかったので、真相ははっきりしませんが、父と娘の間に亀裂がある、ということは確かなんでしょう。

幼女時代のセラ。
Basquash11-04.jpg
あんまりカットは多くなかったですけど、今回の体制なら少なくてもそれほど・・。(^_^;

タービンシティを調査する、という名目で、釘姫が地味に出っぱなして、CVとしては観賞価値の高かった回でしたけど、こっちはセラ以上にマスクがアレたったので・・・。(^_^;

むしろ、前半は少し良かったエクリップスの方が見所だったかも、ですね。こっちも後半崩れましたけど。
Basquash11-05.jpg
試合前のイベントでミニコンサートをやるらしく、それで来たとのこと。
またダンと接触していました。

「別々に流れていた風が一つになって」ダンのボールに乗り移って街を疾駆。
ルージュ、スラッシュとジェームズ、ミユキ、はるか、アイスマン、セラ、そしてココ。
ダンが投げるボールが、みんなの心の中を走っていく、というシメ。これはけっこう良かったです。

平田さんが抜けるのが、激しくショックです。。。

テーマ:バスカッシュ!-BASQUASH- - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(上期) | 21:28:34 | Trackback(2) | Comments(0)
イナズマイレブン 第36話 かくされた力
[イプシロン・チームと対戦することになった雷門イレブンは、小暮はDFに配置する。そんな彼らにイプシロン・チームのキャプテン、デザームは3分でケリをつける、と宣言する。ジェミニストームとの対戦で、ある程度宇宙人との戦い方がわかってきた雷門イレブンだったが、スピード主体のジェミニと違い、イプシロンは相手の攻撃を封じる戦闘スタイルだった。]

なんかわりと普通の戦いになってきてますね。
いや、宇宙人がサッカーで攻めてきているわけなんで、普通じゃないんですが、異常なことが日常的に起こる展開なんで、ちょっと見ていて慣れてしまってる、といったところかなぁ・・・。

新メンバーで、ジェミニ・ストーム打倒の功労者だった、吹雪の「エターナル・ブリザード」が通じない。
最初は逃げてばかりで戦力にならなかった小暮が、甚だまぐれあたり的ではあったけど、意外な力を見せる。
その試合を鋭い視線で観察している少年、おそらくはラストにでてきた基山ヒロト。
3分で決める、と言っていたイプシロンが3分で1-0だったものの、3分たてば消えてしまった。
・・・といったあたりにポイントがあったと思われますが、いちばんひっかかるのが、イプシロンの3分の退場ですね。
なにか裏というか、制約でもあるんでしょうか。
謎の仕込みは面白かったんですけどね。。。

試合でちょっと気になったのは、ガニメデプロトン。
・・・あれ、ハンドじゃないんですか?(^_^;

小暮くんは、いたずらをやめなかったし、ちゃっかりついてきましたし、春奈との呼吸があってきましたし、今後、ギャグメーカー、あるいはマスコット的な立ち位置になるのかも。
目金くんのポジションに近いと思うのですが(実際目金の代役でしたし)、目金よりも子供っぽいかきまわし役、みたいなところかな。
相手役が春奈みたいなんで、春奈の出番が増えると嬉しいな、ということで。

あと、イプシロン・チームの女の子は、ジェミニ・チームの女の子よりも可愛いかったので、もう少し出番があると嬉しいです。

次回、元・帝国のゲンダくんが復帰して、対決するみたいです。
なにげにゲンダくん、イケメン路線でしたから、楽しみです。(^_^)

テーマ:イナズマイレブン - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(上期) | 20:09:51 | Trackback(0) | Comments(0)
タユタマ 第10話 禁じられた安寧
[ましろとの修練でますます腕を上げる裕理に、「惚れ直しましたと」鵺にのろけるましろ。だがその裕理は学校での進路調査になかなか自分の答えを見出せずにいた。そんな裕理に既にしっかりと目標にむかって歩き始めていた三九郎は「アメリとの問題を早く解決するように」勧める。裕理は3日も休んでいたアメリのお見舞いに、ましろを伴って赴くが、それがアメリの憂鬱を一層募らせるのだった。]

えーと・・・X箱のゲーム・・・鵺も攻略可能なんですか?
いかんな、激しく心が動きました。(笑)
作品が始まるまでは大河原さんのキャラデと上江州さんの構成、力丸さんのCVってあたりが楽しみだったんですが、いまやもう鵺にメロメロです。
鵺ぬきでも好きにはなってたとは思いますが、鵺の破壊力があまりに強烈なんで、最近はもっぱら鵺目当てに見てるありさま。
中の人、バシンのアイボウのときには「個性的な声だ」くらいにして聞いてなかったんですが、この鵺は強烈です。

ということで、本編に全然関係なかったのに、ワタクシ的にはなによりも本編だった、鵺とましろのチャンネル争い。(笑)
Tayutama10-01.jpg
Tayutama10-02.jpg
Tayutama10-03.jpg

そして、ましろののろけのスキをついて、鵺たん、コントローラー、ゲット。わーい。
Tayutama10-04.jpg
はい、本編終了。(笑)

鵺の可愛い姿を楽しんだ後で、裕理たちの担任、蘭ちゃん先生。
なにやら不審な交通事故にあったようで、先生以外にもいろんな事件が起こっているようです。
Tayutama10-05.jpg
うーむ・・・しかし先生のグレードも、スライトリーよりフローレスの方が高いですな。(^_^;

後半はもうすっかりアメリ中心に話が進んでいるようなんですが、裕理とましろの仲が心に重くのしかかって、ベッドの中で悶々とするアメリでありました。
そこへ裕理がお見舞いに!・・・と喜んだのも束の間、ましろ同伴。そりゃ面白くないよね。
Tayutama10-06.jpg
Tayutama10-07.jpg
Tayutama10-08.jpg

昔の彼女のお見舞いに、新しい彼女を連れて行ってしまいました、て感じなのでしょう。

しかし、中学時代のアメリの行動を思うと、それほど同情もできないんですが、あれ、まだ解決してませんよね。
裕理の方ではあのアメリの側からの拒絶、どういう意味だったのか、あれもまだ答えが出てないみたいんなんですが・・・。アメリの方はまるで忘れているみたいなのも、少し気にかかるところ。

そして生きていた応龍・・・今回はろくろ首の特性も見せてくれました。
ほんとに爬虫類やね、こいつ。(^_^;

ましろの力の消耗を思うと、応龍を退治しておしまい、という風にはならないかもしれません。
ましろもともども消えることで決着がつく、という流れなのかしらん。
ともかく、アメリにとっては誘惑者でもあった応龍、しっかり敵という認識はあるみたいなんですが、はてさてどうなりますか。
Tayutama10-09.jpg
Tayutama10-10.jpg

アメリはダーク化した姿がステキなんですが、ふだんの涼し気な軽装も魅力的。
このスタイルでどんなピンチになってくれるのか、そっちも楽しみのひとつですね。(^_^)

テーマ:タユタマ -Kiss on my Deity- - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(上期) | 04:46:56 | Trackback(0) | Comments(0)