FC2ブログ
 
■カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
ハヤテのごとく!!2nd 第11話 ヒナ祭りの頃に
[伊澄の忠告も聞かず、うっかり「のろいの雛人形」の首をもいでしまった咲夜。近くにいた運のない人に呪いがかかってしまう、ということで、ハヤテがその呪いに取り憑かれ、その呪いは女装癖。ハヤテはこの呪いを解くために、白鳳学園のタワーのてっぺんで、生徒会長ヒナギクと対決してこれに勝たねばならない、という。ところがヒナギクへそれを伝えにいった伊澄の手紙が更なる誤解を呼び、ヒナギクはそれを勝負の果し合いだと勘違いしてしまった。]

ハヤテの女装とヒナギクの勘違いを楽しむのがメインでした。

まずは麗しの女装娘、男の娘、ハヤテ。
HayatenoGotoku2nd11-01.jpg
HayatenoGotoku2nd11-02.jpg

突然呪いが発動してしまい、さー大変。
ナギやマリアさんも思わずみほれてしまう美しさ。
今回、女装字の名前が、綾崎ハーマイオニーということが判明しました。(笑)
「こんなに可愛い子が女の子のわけない」・・・というのとはちょっと違いますが、とにかくあっちの世界にいってしまったハヤテくんでした。

そして勘違いのヒナギク。
自分の感情にとまどったり、伊澄の伝言を勘違いしたり、とりかくもう可愛いなぁ。。。
HayatenoGotoku2nd11-03.jpg
HayatenoGotoku2nd11-04.jpg

一番人気なのも、わかろうってもんです。
しかし決着をつける、って。(笑)

その前に、親の借金のことについて、ハヤテに聞いてましたので、そのあたりの含みがどう展開するか、ですね。
作画がきわめて優秀で、しかも女の子テンコ盛りですから、どこを切り出しても可愛いく仕上がってるので、個人的に良かったところだけ追加しておきますと、まず、誤解されてオロオロしている伊澄さん。
HayatenoGotoku2nd11-05.jpg
こういうところもムダに可愛いから困ります。(^_^;

そして、なぜかお話にからんできた瀬川泉。
HayatenoGotoku2nd11-06.jpg
3人娘の中では、というか、白鳳の中では一番好きなんで、普通に嬉しいです。

ということで、今回も絶好調な、ハヤテのごとく、でした。(^_^)

次回、ナギの声で「ハヤテがもっとアブない姿に!」・・・うう、待ち遠しいにょ。

スポンサーサイト



テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(上期) | 23:51:11 | Trackback(2) | Comments(0)
鋼の錬金術師FULLMETAL ALCHEMIST 第11話 ラッシュバレーの奇跡
[ウィンリィとともにラッシュバレーという街を訪れたエドとアル。彼らは国家錬金術師の証、銀時計を盗まれたことがきっかけで、少女パニーニャや機械鎧技師ドミニクと思わぬ親交をもつ。技師としてドミニクに感銘を受けたウィンリィはなんと彼に弟子入りを申し込んだ。そんな中、身重だったドミニクの息子の妻が産気づく。]

本筋から少し離れたエピソードでしたが、ウィンリィ大活躍なんで、そこだけ簡単に記録。
鼻息荒くオートメイルに興奮するウィンリィが可愛いかったです。
HagarenFA11-01.jpg
以上。(笑)

いや、ウィンリィ、またもや戦線離脱だし、次回はなんかおっかないおばさんだし、ここいらで回顧しとかないと、当分記録はできそうにないしなぁ、ということで。(^_^;

弟子入りをお願いしちゃう、涼しげな胸元とミニスカのウィンリィ。
HagarenFA11-02.jpg
いやぁ、肌の無出が夏っぽくて良いですねぇ。

アルたちと別れるウィンリィ。
HagarenFA11-03.jpg
ウィンリィって、けっこう四肢が太めなんで、肌の柔らかそうなところとかが引き立ちますな。
横のパニーニャもけっこう肌を見せてくれてたんですが、こっちはあんまり嬉しくなかったです。(^_^;

お話はお産に立ち会うウィンリィでした。

つうことで、次はいつになるかわかりませんが、ウィンリィとかシェスカとかがからんできたら、記録していく予定です。

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(上期) | 22:32:19 | Trackback(3) | Comments(0)
しゅごキャラ!!どきっ 第87話 ナナを救え!しゅごキャラナース出動?
[ナナが熱を出して寝込んでしまった。どうしていいかわからないルルは仕方なくあむに相談すると、あむはしゅごキャラをつれてお見舞いにきてくれた。いろいろためてみた結果、どうやら食べすぎと判明。一安心のあむは、ルルのママに誘われて、お泊まりしていくことになる。その翌日、すっかり回復したナナが、ナゾたまを抜いていたことをうっかり口走ってしまった。]

おお、軽いインターミッションみたいなエピソードだと思ってたら、ラストに来て、とんでもない展開。
ついにルルの正体というか、目的があむにバレてしまい、次回、その決着がつく、という流れになったようですね。

あのラスト以外は、いつもの明るい『しゅごキャラ』だったんですが・・・。
でもこれで一応ルルとの緊迫関係にある程度の決着がつくのでしょう。
ルルは既にイースターとも切れていますので、決着をつけるタイミングとしてはいい頃合なのかも。

その前に前半だけ軽く振り返っておくますと、ナナがひたすら「でりゃ、うめー」といってバナナようかんを食べまくっていて、あの辺でだいたいネタというか、食べすぎオチは見当がつく仕組みになってたんですが、ナナの名古屋弁、軽快ですね。
名古屋人でも、名古屋にすんだこともないので、あれで発音とか正しいのかどうかまではわかりませんが、実に聞いていて、軽快です。
中の人が、愛知県出身の柚木さんですから、その辺、うまく名古屋弁の魅力を出してくれているんでしょうね。
ナナがしゃべってると、けっこう可愛いく感じてしまいますから。

みそカツを作るため、ルルがあむと買い物に行くんですが、
「みそカつは八丁味噌でないとダメ」とか言ってました。
ううむ、名古屋ものって、ういろうとかエビフライとかは好きなんですが、あの味噌カツときしめんだけは、ちょっと苦手かなぁ・・・。

そんなこんなで、一件落着、の直後に起こった、ナナのうっかり発言。
決着のつけ方はだいたい予想はつきますし、たぶんその通りに進むんでしょうけど、ルル・エピソードのまとめ、として楽しみにしておきます。

可愛いかったルルだけ回顧しておきます。(^_^)
まず、ママに映画の話がきて、どっきどきの図。
ShugoChara87-01.jpg

ついで、そのママによって語られる、幼女時代のルル。
ShugoChara87-02.jpg
ShugoChara87-03.jpg

よく笑う娘だった・・・。
それだけママが大好きなルルでした。

そしてあむちゃんと一緒にお泊まりの図。
ShugoChara87-04.jpg

翌朝、ナナが口をすべらせて「げっ」・・・。
ShugoChara87-05.jpg
次回も楽しみです。

テーマ:しゅごキャラ! - ジャンル:アニメ・コミック

しゅごキャラ! | 01:38:21 | Trackback(0) | Comments(0)
バトルスピリッツ少年突破バシン 第40話 突破・ファミリーとチームの間で
[チャンピオンシップ準決勝進出を果たしたバシンたち。ところが、バシンとスイレンが、確実に勝利するためには誰が大将を務めるべきかでもめだす。困ったストライカーがマサ子先生にアドバイスを求めにいくが、そこでマサ子先生がエリオットと会っているところを目撃してしまう。]

ストライカー・メインで、マサ子先生がナンバーズだと判明する回だったんですが、ストライカーの回想シーン見てますと、けっこうナンバー8とは会ってんですね。
それで気づかなかった、というのは、どうなんでしょうなぁ。
女は化ける、といいますし、それだけマサ子先生の化粧術が高等だったのかも・・・いや、そういう話でもないんですが。(^_^;

そんなマサ子先生ですが、なんと今回エリオットの前でメガネをはずして素顔を見せてくれとりました。
「だっちゅーの」のポーズ。(古っ)
ShonennToppaBashin40-01.jpg
このマサ子先生の正体を知るため、ストライカーとナンバー2・エリオットがカードバトルしてたんですが
「こども達のためにバトスピを作ったエリオット、あなたならわかるでしょ」とストライカーくん、子供側の立場で言ってましたけど・・・。
本格的におとながカードバトルに参戦しだすと、その経済力でこどもは太刀打ちできなくなるんじゃないかなぁ・・・。
カードバトルは全然知らないので、見当はずれなのかも知れませんが、展開みてると、けっこう追加で金かかりそうですし。
子供同士の経済力、くらいが一番いいんじゃないか、という気もしますが、この作品の世界観だと、おとなとこどもが対等にわたりあえる、という程度の認識なんでしょう、たぶん。

ストライカーに敗れたエリオット、マサ子先生やストライカーに同情的ですし、決勝を前に舞台からおりてしまいましたし、これも裏切り、もしくはバシンよりになってしまうのかも、ですね。

ということで、次回、決勝。
今回は、前半のキョーカの「そやね」とか、メガネコの絵とかだけ回顧しておきます。
ShonennToppaBashin40-02.jpg
ShonennToppaBashin40-03.jpg

キョーカ、絶世の美少女なのに、適度に弱い、というのも、そそられるところですな。
今回も準決勝第1戦では負けてたみたいでしたし。(^_^;

次回は1週お休みで、第41話は28日のもよう。

テーマ:バトルスピリッツ 少年突破バシン - ジャンル:アニメ・コミック

バトルスピリッツシリーズ | 00:57:59 | Trackback(1) | Comments(0)
戦場のヴァルキュリア 第11話 招かれざる客達
[ウェルキンとファルディオが、先の軍功を認められ、勲章を授与することになり、ガリア公国の公主・コーデリア姫主催の晩餐会に招かれることとなった。同行するアリシア、イサラ、ラマール。会場にはあのジャーナリスト、エレットも取材に来ていた。だがアリシアはそこで、セルベリアがイェーガーを伴って偽名で参列していることを目撃、セルベリアの方でもアリシアを識別する。受勲式を抜けたアリシアはイェーガー将軍から、不思議な忠告を受ける。]

第4話、第6話のようなラブコメ風味のインターミッションかと思いきや、ラストで意外な展開が用意されてて、なかなかみごたえありました。・・・みごたえ、というのはちょっと変かも、ですが。

参列前のヒトコマ。この辺はラブコメっぽかったですね。
ValkyriaChronicles11-02.jpg
ValkyriaChronicles11-01.jpg

「タイがまがっていてよ」の図。
ファルディオが現れて「タイを直すのはオレの役だったんだけどなぁ」
・・・そんなBLネタはいりません。(笑)

参加メンバーがここで5人だけ、というのが判明するのですが、イーディとスージーの正装はちょっと見たかった気もします。(^_^;
ともかく、ウェルキンとアリシアのきゃっきゃっうふふ、のはずが・・・ウェルキンが朴念仁過ぎて、まったく使えません。
「女の子としてどう見てるんだ」とファルディオにつっこまれてましたけど、ここまで不能っぽいと、ちょっとなぁ・・・。
たしかにラブコメがメインテーマではありませんが、もう少しウェルキンにそういった要素があってもいいのではないか、と。
この後、多少は進展するのからん。

さて、もう一人のきれいどころ、イサラもついてきてました。
ValkyriaChronicles11-03.jpg
ValkyriaChronicles11-04.jpg

か、かわええええええええ。
イサラって、アリシアとかに比べると、作画回によってムラがすごくあるんですが、今回は大当たり。
すごく良いです。モニターの前で転がりまわれる水準でしたね。
今回の作監、夢之介さんなんで、当然と言えば当然なんですが。

会場に出てみると、あのジャーナリスト、エレット姐さんも来てました。
ValkyriaChronicles11-05.jpg
着帽のままでインタヴューしてるのはちょっとどうかと思いましたが、たぶんこれは風習の範囲で片付きそうですな。

さて、「招かれざる客」イェーガー将軍と、セルベリアがアルセン伯爵夫妻という名目というか、偽装で潜入。
アリシアがセルベリアに気づき、セルベリアの方でもアリシアに気づきました。
ValkyriaChronicles11-06.jpg
ValkyriaChronicles11-07.jpg
ValkyriaChronicles11-08.jpg

イェーガー将軍はアリシアの姿は記憶していますが、アリシアはイェーガー将軍の顔は知らない、でもセルベリアとは遺跡で対峙してますから、彼女は認知できる。
この辺の細かな認識関係もうまく出てました。
セルベリアの今回の絵も、イサラ同様、大当たり。
なんかロケットおっぱいが強調されすぎて、返ってバランスを崩した絵になってることもありましたからね。
この2人にはもう一人、イレーヌ・エレットも気づいていたようですが、こっちは情報のプロですから、両人の顔はしっかり知っていたのでしょう。

ガリア王国の内情なんかも少し語られてましたが、コーデリア姫が当主扱いでしたので、姫ではなく、女王だと思うのですが、別に名目上の主権者がいるのかな?
側近・ボルグが最後に見せていた裏切りっぽいのを見てますと、別の権力主体がいるようですが、はてさて。
姫の声がおばさん声の人だったので、かなり心配だったんですが、そんなにしゃべらなかったので、それほど悲惨なことにはなりませんでした。
しかし、次回、けっこうセリフありそうだし、予告聞いてるとかなり心配。(^_^;

あと、連邦っていうのがよくわからなかったんですが・・・、第3勢力なんですか?
話の流れだけ見てると、その直前に、帝国からも晩餐会に招いて、みたいなセリフがありましたし、イェーガーとセルベリアが偽装した伯爵夫妻というのが、帝国からのゲストっぽかったので、帝国を含む連邦とかかなぁ、という気もしたんですが、どうなんでしょ。
まぁ、そのうち少しずつ語られるかな。

コーデリアに頭をさげながら、チラッと上目づかいで見たら、視線があってしまったアリシア。
ValkyriaChronicles11-09.jpg
国とか体制とかによっちゃ、これ不敬罪ですよね。(笑)
ともかく次回、2人が語り合うシーンがあるみたいなので、ここで一応顔だけは知っている、ということにしたのでしょう。

姫君が、ヴァルキュリアの血を引くランドグリーズ家、という紹介になっていたのがなかなか面白そうな仕込みで、セルベリアもヴァルキュリア人の生き残り、しかも遺跡では他にはいない、みたいな表現もされてたので、セルベリアとコーデリアの関係というか、ヴァルキュリア人に関する認識の差、みたいなものがどういったものか、興味ありますね。
そっちにふみこんでくれるのかどうかはわかりませんが。

受勲の場を抜けたアリシア、イェーガー将軍に挨拶されてしまい、動転。
ValkyriaChronicles11-10.jpg
ValkyriaChronicles11-11.jpg
ValkyriaChronicles11-12.jpg

イェーガーの方は知っていても、アリシアの方は知らなかった、ということで、あの戦いでの将軍の視線がこんなところに反映するとは思いませんでした。
おっさんにくどかれる、ハイティーン美少女の図、みたいにも見えて、嬉しかった場面です。
内容はけっこう深刻な示唆がありましたが。(^_^;
イェーガーらの潜入目的は、この姫様誘拐に関係していたのかな。次回予告を見てますと、そういうわけでもなさそうなんですが、情報としては、しっかり持っていた、ということですね。

ここでの陰謀の示唆・・・姫様の誘拐、そしてボルグがかかわっているらしいこと。
すごい展開。
少なくとも、20世紀の国際紛争の場としては、ちょっとありえなさそうなんですが・・・。
さらわれる姫様、現場にいてしまったため、同様に拉致されるアリシアがエロカワでしたので、これは回顧しておかねばなりますまい。(笑)

まず、姫様。
ValkyriaChronicles11-13.jpg
ValkyriaChronicles11-14.jpg

さらわれる直前に、正装を解くシーンがあったんですが、鯨骨スカートがシャラン、と下ろされる描写は、かなり珍しかったのではないでしょうか。
アニメだとあまり見ませんよね、あの描写。なくもないんでしようけど。

そして、現場近くにいたため、さらわれてしまうアリシア。
ValkyriaChronicles11-15.jpg
ValkyriaChronicles11-16.jpg

口をふさぐ手が節くれだってて、おっさんくさかったのと、胸ごと抱きかかえられて運ばれているような感じが、とってもセクスィーでございました。
・・・いや、そんなこと言ってるバヤイではないんですが。(^_^;

ここで次回、なんですが、次回予告には、また何かが発動してしまったセルベリアさんが映ってましたので、これまた楽しみでございます。(^_^)
ValkyriaChronicles11-17.jpg


テーマ:戦場のヴァルキュリア - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(上期) | 00:00:43 | Trackback(0) | Comments(2)