FC2ブログ
 
■カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
ティアーズ・トゥ・ティアラ 第11話 
[帝国の偵察兵がアヴァロン城を発見し、そこに帝国の金髪兵士がいたことをリディアに伝える。リディアはそれがオクタヴィアであることを確信して兵を進める。一方、森でオクタヴィアが帝国兵と密会しているのを目撃してしまったモルガンは、その事実に悩み,困惑する。そしてオクタヴィアが剣技や文字を教えていたエリルが森で帝国兵に拉致される。オクタヴィアは単身森へ向かい、兵を進めてきたリディアと再び対峙する。]

リディア編、なんか早く終わりましたね。
もう少しひっぱるのかな、と思っていました。

ケンカの原因は、お互いトドメをささなかったから。
それで誇りが傷つけられた、というこみとでしたけど、最後の「お互い相手に死んでほしくなかったんだ」というのは、この手のモティーフにしては感情がストレートで、非常にわかりやすい心情の吐露だったと思います。
その前の、「私はおまえが好きだった」
「おまえも私が好きだったんだな」
というオクタヴィアのセリフも友情の発露として、決別の悲しさとして、良いセリフでした。

リディアとオクタヴィア、最初、憎み合っているところからスタートでしたので、幼馴染で親友でした、という回想はやや違和感あったんですが、可愛いかったので、許可します。(笑)
TearsToTiarra11-01.jpg
TearsToTiarra11-02.jpg
TearsToTiarra11-03.jpg
TearsToTiarra11-04.jpg

単に幼馴染、ってだけでなく、ともに修行時代をすごした間柄、ということでした。
TearsToTiarra11-05.jpg
TearsToTiarra11-06.jpg
TearsToTiarra11-07.jpg

第9話でのリディアの憎悪があまりに激しかったので、こんな過去があったとは、といったところ。
そういう意味では、オクタヴィアが切り捨てたリディアに対して、友情を確認して涙を流すところとか、少女剣士というよりは、渋いおっさん剣士のような感情でもありましたが。(^_^;

普段は冷静なオクタヴィアが、それゆえ戦いの結果斬ってしまったリディアを抱きかかえて泣く姿を見るモルガンにもいろんな感情がこみあげてきているようでした。
TearsToTiarra11-08.jpg
TearsToTiarra11-09.jpg

しかしこういう友情の末路を見てますと、モルガンとの間も破綻するのかなぁ、という不安な気持ちにならないでもなかったです。
TearsToTiarra11-10.jpg

オクタヴィアの高貴で悲しいエピソードでしたが、われらがモルガンも、オクタヴィアとの間に疑念を抱えていまい、いろいろといつもの悦痴なすガタで悩んでいてくれてました。
特に好きだったのが、コナルとエリルに抗議されるところ。
TearsToTiarra11-11.jpg
アングルはコナル達なんですが、モルガンの谷間が・・・、B地区が・・・。(^_^)
やっぱりエロいカラダしてますなぁ。

弓を構えたり、樹間から大腿部ごと肉弾落下してきたりと、今回もすばらしい躍動を堪能させていただきました。
TearsToTiarra11-12.jpg
TearsToTiarra11-13.jpg

「おまえは良い男だな」
「・・・女だ」
うん、たしかに本作の女性戦士はみんな「良い漢」です。
女を感じさせてくれるのはルックス面で、頭の中は男ですね、オクタヴィアもモルガンも。

次回は正真正銘、乙女のリアンノンがピンチになる話のようです。
それはそれで楽しみたです。(^_^)

スポンサーサイト



テーマ:ティアーズ・トゥ・ティアラ - ジャンル:アニメ・コミック

ティアーズ・トゥ・ティアラ | 22:58:31 | Trackback(0) | Comments(0)
07-GHOST 第11話 愛しき者への償いは…
[復讐にとらわれるテイトを見て、カストルが「それならば司教試験を受けてみたら?」と持ちかける。カストルにはなにか含むところがあったようだが、司教になることによって得られるさまざまな特典にひかれ、テイトは受験を決意する。そしてカストルによって、筆記試験、法術試験の対策がなされる。]

転換点なんでしょうけど、いよいよ「みかげ君は最初から君を愛していたよ」というちょっとアレなセリフが出てきたので、そろそろ感想記録していくのはひかえる時期かなぁ、とか思い出しています。
きれいどころもここ数話、ほとんど出てきませんしね。
次回・・・ちょっと気になるのが予告で映ってましたから、まだまだ投げられないのがつらいところではありますが。(笑)

つうことで、男色傾向が強まると、これだけ絵がきれいでもさすがにコメントのしようがなくなってきますので、今回はシスターさんがかろうじて映ってたので、それだけ記録して、しめておきます。
07-Ghost11_01.jpg

あと、ライバル受験生みたいな感じで、ラストにCV福山さんのキャラででてきましたが・・・。
福山さん、昔はいぢめて光線がバリバリでてる男声だったんですが、ルルーシュをやってからすっかり立ち位置が変わっちゃいましたね。
まぁ、どっちも好きですので、別に問題ないんですが、できれば昔のいぢめて系も聞いてみたいです。(^_^;

次回、きれいどころの登場なるか。。。

テーマ:07-GHOST - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(上期) | 22:01:10 | Trackback(0) | Comments(0)
黒神 第21話 神変
[姿を現した真神。その姿はクロにそっくりだった。黎真と真神の戦いの火蓋が切っておとされる。だが、真神は強く、なかなか倒れない。そしてクロに異変が起こり、真神としての力が目覚める。三位一在としての真神の力の前に黎真も気おされていく。]

ABC組。

始まった当初は、世界同時公開でしたので、東京はもとより、米国や半島より遅いのか、とかなり暗い気分でしたけど、これだけお話がダメでアニメパートだけが優秀ですと、別に遅れてもいいかな、という気になりました。

何度も書いてますが、デザイン、作画、といったアニメパートは今期放映作品の中で突出していると思います。
CVも一流どころ、魅力的な布陣ですし、音楽とかも悪くないです。
それらをすべてブチこわす原作がただただダメ、というだけで。(^_^;
もっとつっこむと、アニメパートに変更されているらしいパートはお話としてもかなり見れます。新キャラとか、慶太の立ち位置とかね。
海外の感想とかもときどき読んでたんですが、おおむねこんな感じで、「絵はきれいなのに、ストーリィがあきれるくらいつまらない」といった意見をかなり見ました。

つうことで、筋の感想にはいつものように触れずに、効果をバシバシいれた空飛ぶなぐりあいでした、ということにしておきます。

作画パートは今回も優秀で、よみがえった真神が、白=氷結、赤=火焔、を著していて、これにクロの「黒」としての力が三位一在として加わる、という見せ方はかなり良かったです。
一部、チョン原画が混じってて、いつもほどすごい、というわけではなかったですけど、かなりきれいにはクリンナップされていたと思います。

というところかな。
とにかく絵は良いので、最後まで記録はしていく予定です。

テーマ:黒神 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(上期) | 02:17:05 | Trackback(0) | Comments(0)
鋼殻のレギオス 第23話 イグナシスの欠片
[汚染獣は砲撃によって死なず、ただ2つに分かれただけだった。だが再生までのわずかな時間を利用して、17小隊は廃貴族に憑依されたニーナを探しに出かける。一方、グレンダンでも奥の院に何者かが侵入、天剣授受者たちがこれにあたっていた。]

なんか次週で終わりみたいなんですが・・・。(^_^;

だいたいのしめどころはわかりますけど、いかにも途中までだけやりました、って感じかなぁ・・・。
ただ、第2クールに入ってからは、変な演出がなくなったので、原作とかを忘れて、アニメ作品として見るなら、なんとかいい着地点になりそうかな、という気はします。
本来の正ヒロインであるはずのリーリンとの再会が、こんなに終盤になってしまった、という不満は少しありますが。

ということで、激しく遅れてしまいましたので、簡単に気に入ったところだけ回顧して終わります。

まず、陰気な毒舌魔女さん、単独任務で奥の院へ。
KokakunoRegios23-01.jpg
KokakunoRegios23-02.jpg
KokakunoRegios23-03.jpg

OPでかなり早い段階から出ていたので、もえ少ししっかりと活躍を見せてもらえると思ってたんですが、残念至極。
まぁ、今回、天剣授受者の中では、まだ扱いが良かった方なので、よしとしておきますか。
個人的には、天剣授受者の中で一番好きです。ルックスだけじゃなく、性格もひっくるめて。(笑)

天剣授受者って、強さとか立ち位置から、『Bleach』の死神各隊の隊長格相当だと思うんですよね。
天剣、っていうのが、卍解に相当してますし。
したがって、登場が最初に1人か2人程度で、そのうちそのランカーとして遅れて出てくる、という構図自体はわかるんですが、2クールということを考えたら、もう少し早く、うまい感じに出してほしかったところです。
おっさんくささがプンプンあふれるリンテンスなんか、もっとうまく使えたと思えるだけに・・・。
もっとも、おっさんは活躍してくれてても、映像回顧はいたしませんが。(笑)

バーメリンが暗がりの中で構える図、の方がよっぽど大事ですしね。(^_^;
KokakunoRegios23-04.jpg
KokakunoRegios23-05.jpg

腋の下は見えてるし、網タイツだし、谷間はしっかりと見せてくれてるし、なにげに良いキャラなんですけどね、陰気で毒舌ですけど。(^_^;
もっとも、その口の悪さも魅力の一つだったりするので、それはそれで、ということかしらん。

天剣授受者の中では、かなり早い段階から出てきていたのに、アニメだけ見ている限りでは、全然そんな風に見えなかったカナリスさん。
KokakunoRegios23-06.jpg
エロっぱいなところとか、好きなんだけどなぁ。(^_^;

お話はニーナにとりついた廃貴族のお面を追っていったレイフォンと、それを追う2人の少女、われらがフェリ先輩と、ゴルネオに刀を託すリーリン、といったところでしめ。
KokakunoRegios23-07.jpg
原作でまだ第2部が終わってなかったんですから、第1部だけでよかったのなぁ、と思ってしまうことにならないよう、ラストの展開を待ちたいと思います。(^_^;

テーマ:鋼殻のレギオス - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(上期) | 01:15:54 | Trackback(0) | Comments(0)
アスラクライン 第11話 隣にいてくれる日常と非日常
[日常が戻ってきた智春、操緒、奏たちは、玲士郎の副葬処女・哀音の母である志津間霧絵が開催するパーティーに出席することになった。楽しいパーティの中で、霧絵は娘・哀音のありし日を語る。智春に見えて、霧絵には見えない哀音の姿。哀音が副葬処女になってから変わってしまった玲士郎、玲子。いろんな想いを胸に秘めながら、パーティは楽しく明るく進んでいった。]

テンポが速すぎるので、シリーズ全体としてはつかみどころがないのですが、1話ごとの話は、作画監督さんの個性なんかがバリバリ出てることもあって、楽しいし、面白いです。
今回も、わりと軽めの話で、その中にちょっぴり切ないセンチメンタリズムを交えてましたので、そう悪くもないんですが、突然でてきた目つきのきつい緑髪の人が六夏さんだ、というのは、名前が呼ばれるまで、わかりませんでしたし、通しての作品としてみると、限りなく微妙。(^_^;
AsuraKlein11-01.jpg

今回も、あんなに戦いあった人たちが、平然とにこやかに卓を囲んでいる、というのが、どうにもピンと来づらいのですが、一応、故人・哀音の回、ということでした。

一番のポイントは、母たる霧絵さんに哀音の姿が見えず、智春に見えていた、ということでしょうね。
たぶん愛情の過多とかではなく、体質とか才能によるところのものなんでしょうけど、最後のブランコのところで、霧絵さんの目にも、なにかしらのものが映じる、というのが、今回のポイントでした。
自分の娘を偲んでの回、哀しくないわけがないのに、娘の性格を思って楽しく、バカをやる。
その姿の帰結として、いいシメになっていたと思います。
幽体離脱のネタは少し寒すぎではありましたが。(笑)

つうことで、気に入ったところだけ、ピックアップ。
まず、妄想の中の朱浬さん。
AsuraKlein11-02.jpg
知らないということは恐ろしいことですな。(笑)

今回、玲子がむやみと可愛いかったです。
智春に抱きとめられたところとかは、提供絵にもなってましたし。
AsuraKlein11-03.jpg

そしておっぱい担当は、朱浬さんと奏ちゃんなんですが、ラストの黄金道祖神を胸の近くでまじまじと見つめるところは、いまにも谷間にはさみそうで、よかったです。(笑)
AsuraKlein11-04.jpg
次回、なんかこの置物がどうにかなるみたいですが・・・。(^_^;

テーマ:アスラクライン - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(上期) | 00:12:11 | Trackback(1) | Comments(0)