FC2ブログ
 
■カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
初恋限定 第11話 少年達の逃避行
[慧の予想外の反応に楠田もまたショックを受ける。その場から逃げ出したくなった彼は、曽我部、財津衛を誘って逃避行を結構。翌日、3人の欠席に気づいたあゆみの提案で、財津の見舞いに行く慧たち。ところがそこに財津の兄が衛の書置きをもって現れ、一同、3人が家出をしたことを知る。携帯でだいたいの位置を把握したあゆみ、慧、千倉名央、小宵の4人は、電車で3人の先回りをしようとする。]

中学生の家出願望心理・・・あまりに生々しくて、ちょっと苦笑い。
本作、中学生の行動心理の描写が実にうまいですね。
女の子はともかく、楠田、財津弟、曽我部の、旅立ちへの動機、考え、なんか、リアリティありすぎて、逆にちょっといやんですか。(笑)
もっとも、食料として駄菓子を持ってきてた曽我部のバカっぷりは、さすがに中学生でもやらないかなぁ、とは少し思ったところではありますが。

さて、女の子たち。
後半すっかりヒロインになってしまった慧、前回ラストで、自分が優位に立っている、と思っていた楠田からの反撃を食らって、急にしおらしくなってしまいました。
責めるときはめっぽう強いけど、打たれ弱い、ここもミドルティーンの女の子らしくて良かったです。
「私、嫌われてたなんて思わなくて・・・ほんとにごめん」
こういわれたら男の子の方もショックですねぇ、いかにいままでさんざんひどいことを言われていたとしても。

この2人の気持ち、どうしようもない場所まで知らないうちに来てしまって、それでどうしていいのかわからなくなる気持ち。
なんかもうビンビン響いてきました。
こういう切ないすれ違い、というのは見てていいですね、どっちの方向に進むせよ。

ともかく、楠田の反撃で、沈みまくりの慧ちゃんでした。
HatsukoiGentei11-01.jpg
HatsukoiGentei11-02.jpg

土橋が慧にいろいろとアドバイス、これも、慧にとっての優位関係からするとすでに逆転してしまっていたわけですが、こっちは同性同士の友人枠なので、むしろ素直に耳を傾けていた、というところ。
こういう友達がいるのは良いですね、土橋にとっても、慧にとっても。

3人の家出を知って、少なくとも楠田に関しては、自分が追い込んでしまった、原因を自分に求めてしまい、足が動かなくなる慧。
あゆみの「追いかけよう」という提案にも、「嫌われているから、私はいけない」とすくんでしまう慧。
あの強気で、女王様的なふるまいでキメウチをしていた慧が、うずくまってしまう・・・。
恋の切なさ、というより、この年代の傷つきやすいハートを実にうまく描いてくれてますね。

そんな慧に野獣くんが、ガラにもなくかっこいいことを言って、慧の背中を押してました。
「嫌われたって、伝えたいことがあるんじゃないのか」
操は、目の前にいるあゆみのことを言ってたんでしょうかね、でも言わんとすることは、しっかりと慧ちゃんに伝わってみたいです。
土橋の離脱は、「空気読めよ」という感がなきにしもあらず、でしたけど、そんな彼女を送り出してやれる慧の姿に、すっり元に戻ったいつもの慧があった、ということだったんでしょう。
そして高らかに、追跡宣言。
HatsukoiGentei11-03.jpg
今回のぱんつ担当は慧だったようです。
・・・いいかげん、千倉のぱんつも見せてください。(爆)

高校生組の方でも、少し変化があって、岬とデート中のあゆみ兄でしたが、全然気の無いようす。
小宵兄のもってきた情報にはいち早く反応してしまい、それを見た岬、入ったスイッチが戻ってしまったようでしたね。・・・もったいない話じゃ。(笑)

さて、なんかいい具合に着地点が見えてきた感じですけど、予告を聞く限り、第1話のあゆみに戻って、あゆみヒロインで占める閉める方向かな。
ここまでの流れを見てますと、後半のヒロインは慧なんですけどね。(^_^;

スポンサーサイト



テーマ:初恋限定。 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(上期) | 23:33:20 | Trackback(0) | Comments(0)
真マジンガー 衝撃!Z編  第12話 脱出!海底要塞サルード!
[捕らえられ、サルードにつれてこられた甲児だったが、つばさはそんなときのために、ある手を打っておいた。パイルダーに忍び込ませていたボスたち3人に光線銃を与え、甲児の脱走を手引きさせる。さやかも見つけて脱出しようとしたとき、サルードはグールの攻撃を受けて海中に沈む。パイルダーで脱出しようとした甲児たちの前に、第5のガミア、ガミアQ5が現れる。]

サルードからの脱出、最後のガミアQ5、そしてジェットスクランダー。
今回の見所としてはこの3つだったんでしょうが、あしゅら男爵のシャワーシーンが・・・。(^_^;

永井原作であのあしゅら男爵シャワーシーンを見たときの衝撃は今でもまぶたの裏に焼きついてますが、ここまでやるか、というのが当時の感覚でした。
今回のシャワーシーンは、絵そのものとしてはきれいよりでしたので、そういう衝撃度合いはうすかったものの、たぶんそれは原作であのどぎついのを見ていたからなんでしょう。
原作をまったく知らない人とかには、どう映ったのか興味あるなぁ、と思ってしまうくらい、永井原作のあしゅら男爵シャワーシーンは強烈でしたから。(笑)
しかしこのタイミングだったかなぁ、というのは少しあるんですが、まぁ、あしゃらのシャワーシーンはどっかにいれないといけない、ということなんでしょうなぁ、たぶん。(^_^;

もう一つ、こっちは嬉しい裸、さやかのすっぽんぽんシーツだったんですが・・・キャラ絵に癖が強すぎ。(^_^;
ShinMazinger12-01.jpg
ShinMazinger12-02.jpg

ちょっと鼻がとんがりすぎて、いまひとつ感があったのですが、裸の美少女をコクピットの横に乗せてピンチを脱する、というのは、漢の浪漫の一つでもあるので、まぁ、よしとしておきましょう。

サルードの壊滅と、つばさの元に送られた、ガミアの標本。
そして出てきた恐るべきことば。
「シュトロハイム!」
この名が出てきたところを見ると、あの「ローレライの詩」ラインX1をやるんでしょうね。
ガミアの製作をシュトロハイムがしてた、というつながり、ヒューマノイドタイプ、という点でつなげたんでしょうね、たぶん。
ラインX1は、そのデザインについて、旧作放映時いろいろ話題をかもしましたので、どっちのデザインで出てくるのか、それともまったく新しく書き下ろすのか、いろいろと楽しみです。
シローくんに活躍の場がでてくるのかも、ですね。

スストーリィ的には、新兵器ジェットスクランダーの装着と、甲児がロボットチームと和解するところまで、でしたが、つばささん、ガミアQを見てその背後関係を類推してましたから、すっかり裏の主人公になってますね。(^_^;
こうなると、やはり女学生ゲリラを出してほしいところですな、無理でしょうけど。(笑)

次回、どんなローレライがでてくるのか、ワクワクドキドキです。(^_^)

テーマ:真マジンガー 衝撃!Z編 on television - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(上期) | 22:41:00 | Trackback(1) | Comments(0)
咲-Saki- 第11話 
[県予選決勝・中堅戦。常識破りの「悪待ち」で、対戦校の思考を見出し和了り続ける清澄高校部長、竹井久。それまで首位を走っていた名門風越の1年生・文堂は久の単騎待ちを見抜けず、沈んでいく。3位から最下位に転落した前年度優勝・龍門淵の国広は、自分が透華にスカウトされたときのことを思い出し、一人反撃に出る。その頃、和、咲が休む仮眠室の前では、衣がエトペンを和に返しに行こうとしていたのだったが・・・。]

TVO組。
もう遅れすぎどころじゃないので、簡単に。(^_^;

いよいよ中堅戦。
始まる前の順位では首位の風越女子が、一年生・文堂。
2位の鶴賀が、主将・蒲原。
3位が龍門渕の鎖つき、国広。
4位スタートが、清澄の主将、竹井、ということで、主将が2人出てるんですね。

感想としては、妖怪じみた竹井久の単騎待ちと、可愛い可愛い国広、池田、てあたりですかね。(笑)
最下位から一気に首位に押し上げる、竹井久の魔的な強さ。
Saki11-01.jpg
部長、カッコよかったっす。

細かな追加がいろいろあって、そういうのも見つけていく楽しみがあるんですが、反面今回、竹井久が黒い形相で、文堂を追い詰めていく場面が、それほどデモーニッシュじゃなかった、というのが、やや不満。
文堂「通らばリーチ!」
竹井「通らないな」
このシーン、確かにあったんですが、わりと普通で、久のデモーニッシュさがあまり出てなかったのが、やや不満。
久に人間的な厚みを加えようとして、そういう深い切込みを避けたのだと思いますけど、私の好みとしては、久に妖怪じみたところを出してほしかったです。
対する、文堂、ほぼ原作通りなんですが・・・なんか声がめちゃくちゃ可愛いですね。(^_^;
デザインはほぼ原作踏襲の細目の1年生、なんですが、声が可愛いので、久に追い詰められて、首位だった貯金をどんどん吐き出していってしまうさまが、逆にかわいそうに見えてしまったところ。
こういうこともあって、久の妖怪っぽさを抑えたんでしょうね。

妖怪といえば、回想シーンで、和のセリフ、
「そんなオカルト、ありえません」が出てきましたけど、副将戦では、まさにそのオカルトとオカルトの対決になるわけなんで、今から副将戦の後半、ステルスモモが消え始めだすあたりが楽しみで仕方ありません。(^_^)

ストーリィとしては、久の魔的な強さにつきますが、映像としては、「やればできる子」国広の回想シーンででてきた、小学生時代と、中学生時代。
回想の中のさらに回想、という形ででてきた国広一、小学生のときのイカサママジック。
Saki11-02.jpg
Saki11-03.jpg

こんなに可愛いんだから、それくらい許してやれよ、なんて、ふと思ってしまいました。(^_^;

そして、回想シーン、中学時代。
Saki11-04.jpg
右肩紐のズリおちかげんが凶悪じゃ、と思ってたら、パンになって、腹部とかも凶悪でした。(笑)
かわええのう、国広。(^_^)

さて、悲惨だった文堂さんなんですが、声がキュートだったので、悲惨さがよけいにクローズアップされてました。
中の人、又吉愛さん・・・あの『夜桜四重奏』でキョンシーの鈴ちゃんの中の人ですね。
文堂さんの悲劇をうまく演出してくれるいい声、いい演技だったと思います。
CV的には今回のあたりの一人でした。

今回のオリジナル追加は、久保コーチのメールと、蒲原部長が竹井久にからかわれるところが大きかったですが、池田が福路をフォローするときに「上級生なのに」の一語をつけ加えてたあたりですかね。
風越の実力ナンバー2だった池田、なんですが、決勝で衣にボコボコにされることを知ってるだけに、こっちもいっそう可哀想さが出てました。
Saki11-05.jpg
今にして思うと、久保コーチがしめあげてるのって、この後の展開の良い味付けになるんでしょうね。
名門、伝統のプレッシャー、いろいろ楽しみです。

和の「はいてない疑惑」に関しては・・・中堅戦があまりに面白かったので、ほとんどどうでもいいかな、という気がしていたところです。(笑)
それに次回、オリジナル追加で、咲の「はいてないアクション」が炸裂するらしいので、それを楽しみにしておきましょう。(^_^)

エンドイラスト・・・ああ、タコスが衣に乗っ取られてしまった。(^_^;
Saki11-06.jpg
EDは「熱烈歓迎わんだーらんど」に戻ってまして、これはこれでよかったんですけどね。
なにげにこの曲、好きなもんで。(^_^)

この第11話まで見た時点で、好きなのは、タコス、国広、池田、の順。
しかし副将戦には、敵方で一番好きなステルスがでてくるので、それを見るとまた順位も変わるかも。
次回、中堅戦の後半。

テーマ:咲-Saki- - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(上期) | 00:47:55 | Trackback(1) | Comments(0)