FC2ブログ
 
■カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
07-GHOST 第12話 
[テイトはカストルの提案を受け入れ、教会の試験棟に移り、1か月間司教試験の勉強に打ち込むことになった。そこでルームメイトになったのは、テイトを小学生と言ってからかうにするハクレン=オークという少年。いがみ合っていた2人だが、ペアで行動する決まりに従い、ともに訓練に臨む。]

前回の予告でかなり期待してたのに、真キャラのきれいどころはモブの粋を出てなかったみたいですので、簡単に・・・。(^_^;

単なるモブにすぎなかた新キャラさん。(^_^;
07-Ghost_12-01.jpg
基本はBLみたいですし、仕方ないかな・・・。
ただそうだとすると、私の守備範囲ではないので、そっち方面への言及はすべてパスとしておきます。

今回のシスターさん。
07-Ghost_12-02.jpg
次回は少し表情にヴァリエーションがあるみたいですので、それだけを楽しみにしておきます。(^_^;

スポンサーサイト



テーマ:07-GHOST - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(上期) | 23:00:26 | Trackback(0) | Comments(0)
鋼殻のレギオス 第24話 胎動する都市
[汚染獣との戦いのさ中、ニーナを発見したサヴァリスは廃貴族ダッシュを目論む。ニーナを救うべく敢然とその前に立ちはだかったレイフォンとの間に戦塵の火蓋が切って落とされる。ゴルネオに懇願してレイフォンにサイハーデンの刀を届けるリーリン。一方汚染獣の一体がツェルニ上空に移動して、都市を破壊。カリアンは都市の放棄を決意するが・・・。]

最終回。
・・・なんですが、公式サイトで、演出についていろいろと弁解してましたけど、そういうのはしない方がいいと思いますけどね。
結局のところ、OVAならまだしも一般地上波放映作品なんですから、原作を読んでない人にも理解しやすい展開にしないといけなかったと思います。
それゆえ、本編にレジェンドをおりこみました、どのタイミングだったかをよく見てください、というのは、かなり見苦しい言い訳に感じてしまいます。たとえそういう意図だったにせよ。
だいたい原作読んでても、しばらくたたないと仕掛けがかわりにくかったですし。(笑)

『アスラクライン』は省略が効きすぎてて、わかりやすい反面深みがなくなってますが、本作はあまりに省略しなかったので、深みはとんでもなく出たものの、わたりにくさも相当だった、と思います。(^_^;
原作の理解度は深かったと思うのですが、原作のどういうところが受けてたのか、という分析があまりできてなかったのかな、というののが総括としての感想。
個人的には、第1部だけを、変な演出を入れずにじっくりと描いてほしかった、というのが正直なところなんですが・・・それだとリーリンの扱いに問題が出てくるので、やはり2部のこのあたりまでは来ないといけなかった、ということなんでしょうかねぇ・・・。

つうことで、けっこう不満もタラタラ書いてはきましたが、そうはいっても映像化、しかも2クールも枠を取ってくれてたので、それなりに感謝もし、楽しませてもいただきました。
特にフェリをこんなに魅力的に描いてくれたことについてはすごく嬉しかったです。

つうことで、今回一番良かったのは、けっとばしシーンでした。(笑)
KokakunoRegios24-01.jpg
KokakunoRegios24-02.jpg

フェリ先輩はこうでなくっちゃね。(^_^)

天剣授受者の皆さんは、個性的な面々が多かったのですが、終盤かなり押してしまって、露出が少なかったのが残念でした。
KokakunoRegios24-03.jpg
しぶいおっさんとか、言葉使いに問題の多い魔女さんとか、このあたり魅力満載なんだけどなぁ・・・。(^_^;
OPでしっかり映ってたので、このあたりに尺を残してくれてるのかな、と最初の頃は思ってたんですけどね・・・。(^_^;

最後にきてようやくヒロインになった、リーリン。
KokakunoRegios24-04.jpg
しかし物語の構成から言うと、このアニメ版のヒロインはニーナでしたね。
第1部は確かにそういうところも多かったですし、この構成自体は良かったとは思いますが。

個人的には、「学園都市」の学園の部分の方にシフトしてくれてたら、もう少しわかりやすくなったんじゃないかなぁ、と思っています。
KokakunoRegios24-05.jpg
最初の頃は、そういう流れみたいなのも見え隠れしてたんですが、あの演出効果で、その良さがけっこう消されてましたからねぇ・・・。
もっとも、学園主体にしすぎると、本来もっている物語線の複雑さが逆に見えなくなりますし、そういう意味では難しかったんでしょう。
ただ、スタッフの方が完成直前にお亡くなりになられたみたいでしたし、そのあたりのことを公式で読ませていただいてますと、決して安直な考えであの演出を入れていたわけではない、というのは伝わってきます。
単に「読み間違えた」ということなんでしょう。

ツェルニの可愛いカットでしめておきます。(^_^)
KokakunoRegios24-06.jpg
スタッフの皆様、ご苦労さまでした。
いろいろ不満も書きましたが、上にも書きましたように、映像化それ自体には感謝もしてますし、前半のスタイルも本作への解釈の一つ、という見方で受け止めておこうかと思います。

テーマ:鋼殻のレギオス - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(上期) | 21:51:39 | Trackback(0) | Comments(2)
黒神 第22話 運命
[黎真のイクシードによって再生能力を失った真神だったが、 肉体をひとつに融合させ新たな力を手に入れる。慶太は茜とともにテラをクロに注いで真神をなんとか倒す。これで平穏な日常が戻ったか、に見えたが、依然としてドッペルライナーシステムは生き残っていた。それを見てクロはある決断をする。]

ABC組。

原作があまりにアレなんで、今回の後半のように、大して話を進めずに、日常の描写なんかに終始してますと、作画チームが優秀なだけに引き立ちますね。

女子大生になった里央奈。
Kurokami22-01.jpg
里央奈に関してはあまり女子高生的なモティーフが少なかったので、こうやって自由に私服ですごせる、という展開は良かったのかも、という気もします。

居候を決め込んでいたマカナとナムもマンションを去りまして、いよいよクロが決断を迫られる、というところまででしたけど、決して死出の別れでもなく、淡々と日常の延長のようにも家を出て行く、というのは、けっこう良い感じ。
原作がちゃんとした作品で、このチームの仕事を見たかった、というのがあらためて悔やまれるところです。

どんな形でしめるのかわかりませんが、次回、最終回。

TVアニメ2009(上期) | 05:38:58 | Trackback(0) | Comments(0)
アスラクライン 第12話 隣にいてくれる日常と非日常
[智春が霧絵のパーティーでもらった置物からなにか棒状のものが出てきた。アニアによると、それは機巧魔神の機能拡張プラグインのひとつらしい。智春は修学旅行中の朱浬に連絡、相談して、それを第三生徒会会長橘高冬琉にあずけることに決める。さころがそこへまたもや加賀篝が現れ、そのプラグイン、点火装置イグナイターをよこせ、と迫るのだった。]

第2期決定おめでとー、というかこのタイミングだったので、最初から変則2期だったみたいですが、ともかく次回が一段落で最終回ではない、ということのようです。
デザインに癖がありまくりですので、かなり見る人を選びますが、まあまあうまく取捨選択してるみたいですのし、物語としては、一巡目、二巡目をなおざりにはしないみたいですので、ともかくは一安心。
・・・もっとも、この展開の速さは、キャラの幅をかなりそいでいるようなところもかなり感じはしますが。

で、今回、冒頭いきなり朱浬さんの赤ビキニがでてきて、今回の目玉はこれか?・・・と思われた直後、まだアバンの途中だというのに、とんでもない描写があらわれて、ひっくり返りました。
AsuraKlein12-01.jpg
突如見つかった、棒状のプラグイン。
ところが奏が近づくと、その棒状のプラグインが奏の胸に吸いつけられ、そのでっかい胸の間にはさまり、奏、思わずビクンビクン。(爆)
朱浬さんの赤ビキニなんぞより数段エロかったです。
唇が頭頂部に接近しているのも良かったですね。
もうお口には頬ばれません、というくらい暴力的にぶっとかったですし。

で、そのプラグインを見つめるアニアの方も、頬をうっすらと染めて妖しい表情になってますし、もう、ね。(笑)
AsuraKlein12-02.jpg
またこの棒状のプラグイン、形というかデザインがエロくて、なんかいかにも露茎したナニみたいで、もう卑猥さが暴走してます。(^_^;
しかし絶世の巨乳美少女や金髪美幼女が、ぶっとい棒状のものをみつめたり胸にはさんだりして興奮している姿、というのは、なかなかよいおかずですね。(^_^;
今回はこれがあまりにすごかったので、以下の加賀篝とのバトルとか、奏との約束とか涙とか、あんまり頭に入ってこなかったっす。(^_^;

というところで、それ以外の気になったところを簡単に回顧して終わっておきます。

もう一人のおっぱい担当、朱浬さん。
AsuraKlein12-03.jpg
AsuraKlein12-04.jpg

冒頭の強烈なアバンがなければ、これでも十分おいしかったんですけどね。
今回はほとんど出番なし。

朱浬さんの上役にあたる、第三生徒会会長、橘高冬流。
AsuraKlein12-06.jpg
AsuraKlein12-05.jpg

第ニ生徒会・会長、六夏と同格のはずなんですが、加賀篝との対決を見てますと、六夏よりランクが上っぽいですね。
六夏が佐伯兄とはランク的にも同等っぽかったので、ひょっとしてこの人が学内最強?
銃刀法違反もなんのその、真剣を持ち歩いているようです。(^_^;

今回のヒロイン、奏ちゃんは、アバンのエロシーン意外でも見せ場は多かったです。
おっぱい美少女、パジャマでお願い、とか、戦う姿とか。
AsuraKlein12-07.jpg
AsuraKlein12-08.jpg

涙のシーンとか、入浴シーンとかもありましたけど、エロースは冒頭が群を抜いていたので、戦闘要員としての姿の方を回顧。

すっかり影が薄くなってしまった真ヒロイン、操緒ちゃんと、ラストで佐伯兄の身を案じる佐伯妹。
AsuraKlein12-09.jpg
AsuraKlein12-10.jpg

次回はこの加賀篝との対決をメインに展開、かな。
今回の感想。
点火装置を奏ちゃんにこすりつけて、奏ちゃんの情を点火させたかったです。もちろん着衣のままで。(笑)

テーマ:アスラクライン - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2009(上期) | 00:06:11 | Trackback(0) | Comments(0)