FC2ブログ
 
■カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
HEROMAN 第1話 ビギニング
[米国西海岸センターシティに暮らすジョーイ・ジョーンズは、祖母と2人暮らし。貧しさの中、バイトをしながら生計をたてているが、その瞳はヒーローに対する憧れで輝いていた。学園の人気者で、チアに所属するリナから招待されるも、バイトが忙しくて行くことができない。そんな2人を見てリナの兄ウィルは「身分違いだ」とヤキを入れる。そんなジョーイはある日、ウィルの仲間ニックが壊れて捨ててしまったヒーローものの玩具「ヘイボ」を家にもって帰って修理していると、突然雷撃に襲われ、そのおもちゃは未知の超生命を宿すことになる。]

あんまり前情報をもってなかったので、海外がらみなんで『エレメントハンター』みたいなヤツかな?・・・とか思ってたら、アニメパートはしっかり国内制作、それも川元利浩さん以下、かなりの精鋭が参加しているみたいで、動画の品質は高かったです。
ということで、この品質なら、十分視聴の柱になりそうで、感想記録もしっかりやっていこうと思っています。

・ストーリィ。
見て第一印象は、アメリカナイズされた『ガドガード』・・・いや、あれほど暗くはないんですが。(^_^;
現時点でヒーローマン自体はしゃべらないので、どうやってジョーイと意思の疎通を図っているのか、ややわかりにくい。
次週予告を見てますと、学園ものではなく、異世界とのバトルものがメインになるのかしらん。
もう少し、ジョーイとヒーローマンのつながりをこってり描いてほしい気もします、日本人的心情としては。
修理したから友情が芽生えました、というのは、修理が雷撃以前なんで、ちょっと弱い気もしますので。

・CV。
主人公、ジョーイの中の人が「小松未可子」という元アイドルの人らしくて、「だれ?」・・・だったりしたんですが、いわゆるアイドル崩れによくある、声の演技が全然できない、ってほどひどくはなかったように感じます。
ただ、あまりにも少女声なんで、主人公が男の子ではなく女の子かと思ってしまいました。(^_^;

・ハイスクール設定。
さすがに米国人が原作を担当しているだけあって、むこうのハイスクールライフの描写が的確で、かつ画面も明るく、日本との違いもたいへんわかりやすい。
もう少し個人別な授業風景、みたいな先入観もあったんですが、そこまでではないんですね、西海岸といえども。
チアの少女が、学園ではトップエリートの部類に属する、というのも一般常識程度には知ってますが、リナのルックスとスタイル、存在感は、ひと目でそういうグローリアスなものを感じさせてくれますので、なかなか良い映像効果でした。

・キャラクター描写。
ウィルのキャラ。
この辺、アメリカン・ムーヴィの主人公像が、映画なんかでどう変わっていったのか、ということとも関連づけるといろいろ面白そうです。
60年代までは、確実にウィル・タイプの方が主人公、ジョーイ・タイプの方がモブ的な脇役でしたからね。
ともかく、アメリカン・ハイスクールライフが、実にわかりやすい構図で見せてくれているのが、第1話を見ての最大のメリットでした。
リナとウィルの父が資産家で、おそらく政治的にもそこそこの実力者だろうと思われますが、日本アニメで描かれることが多いステレオタイプの「資産家・実力者」とも少し違う、かつては主人公サイドにいた奥行きのある人物像が秘められていそうで、これもなかなか良い感じでした。

リナに関しては、日本人的感覚では、ものすごく可憐なヒロインなんですが、メリケンさん的には、ちょっと線が細いんじゃないかなぁ、という気がしなくもなかったり。
向こうの感想で一番興味あるのが、このリナのキャラクターですね。
ワタクシの好み、というか、キャラ視点では、十分ヒロインで、可愛いくてスタイルも良いので、毎週楽しみです。
メリケンのスクールガールって、もっと自己主張が強いと思うのですが、意外と兄や父には従順ですね、いまのところ。

サイについては、足が悪いのか、たまたまケガをしているのか、現時点でははっきりしませんが、黒髪といい、松葉杖といい、なかなか特異なキャラクターです。
かなりのキーパーソンになりそうな気はしますが・・・。

ヴェラ先生。
顔見せ程度でしたけど、公式の設定見ると、お乳がやや垂れ気味なんですね、妙にリアルで笑わせてもらいました。(^_^;
数学の先生らしいんですが、米国では日本と違って、数学の先生ってかなりカッコ良い存在なんですよね、少しうらやましいです。(笑)

つうことで、第1話段階で気づいたのはこのあたりまで。
事故にあったリナとリナの父を救出して、おしまい、だったようですが、予告を見ますと第2話でリナがいろんなアクションをしてくれそうですので、かなり楽しみにしておきます。
うん、本作は、十分「あたり」と言っていいと思います。
夕方作品の柱なのは間違いないですね。

スポンサーサイト



テーマ:ヒーローマン - ジャンル:アニメ・コミック

HEROMAN | 23:58:12 | Trackback(1) | Comments(0)
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド  第11話 アンダーワールド
[ミナは3大公家による純潔審問を受ける。子を産む器として、ミナに課せられた宿業。その頃アキラは3大公が放った暗殺のプロと対決していた。ミナの事情を知ったアキラはアルフォンスを通じてミナにある伝言を残す。「負けるな」と。だが徒手空拳のアキラに迫る暗殺者はあまりにも強力だった。そこへ美刃が救援に現れる。彼女もまた獣人の一人だったのだ。]

着地点がまったく見えないんですが、ほんとに次でちゃんとした形で終われるんですね。かなり心配になってきました。
まぁ、現行連載中の作品ですので、ちゃんと終わる必要はないとはいえ・・・。

・純潔審問。
DanceInTheVampireBund11-01.jpg
深夜とはいえ、テレビ放送作品で分娩台プレイがおがめるとは思いませんでした。
・・・いや、もちろん、プレイではないんですが。(^_^;
子を産む器としての、王家の血統、ということが言われてますので、これも広い意味で、HR系の亜流、ということになるんでしょうか。
少なくとも、暗示としては、そういう要素が見られますな。

・姫さまの心の支えとなる、アキラ、そして由紀。
DanceInTheVampireBund11-02.jpg
うーむ、由紀ちゃんも純潔審問してほしいぞ、と思ったり思わなかったり。

・アキラからの伝言を受けて、強気に転ずる姫さまと、その賭けに乗る3大公家。
ここらへんがしめるきっかけになるのかしらん。
しかし一応、アキラとミナは結ばれない恋、というのが判明してるんですね。
これをどう処理するか、覆すのか、主従のままであるのか。
由紀みたいなキャラクターを配置してますから、主従のまま、の方が自然な気がしますが、はてさて。

・アキラをねらう3大公家の暗殺者。
1人は脱落しましたが、この幼女に化けてたヤツがなかなか手ごわくて、アキラくん、大苦戦。
DanceInTheVampireBund11-03.jpg
腕がビヨーンと伸びてましたが・・・明夏羽の方が可愛いなぁ、と思ってしまった次第。(^_^;
こっちは「可愛い」とか「萌え」とかではなく、肉体のエロティシズムが主眼なので、このえっちっちーなおねぃさんの半乳エロボディを堪能するのが正しい鑑賞なんだとは思いますが。
ただ暗がりで、動きが激しかったので、そこまでじっくり鑑賞できなかったのが、少し残念。

・美刃の救援。
DanceInTheVampireBund11-04.jpg
敵か見方か、謎の太腿娘、でしたけど、アキラと同種族の見方、ということでいいのかしらん。
でもオオカミって一夫一婦制なんで、アキラとつがいになると、由紀の問題でこじれそうですから、アキラとは悦痴な関係にはならないんでしょうなぁ、たぶん。
もっとも、美刃の目には、恋のライバルとしはミナの方しか見えてないみたいですので、由紀に関してはいまのところ、問題外かな。
「キミを本当に理解しているのは、わたしだけ」・・・ちょっと萌えた。(^_^)
あ、美刃の純潔審問もちょっと見たいかなぁ、妄想レベルでは、由紀とともに、いろんなシチュがはちゃめちゃに展開してしまいますが。(笑)

・安藤劇場ヴァンパイアメイド。
必殺スタイルで反撃に出る、ヴァンパイア・メイド。
DanceInTheVampireBund11-05.jpg
安藤劇場では、無条件にメイドの方が強いみたいです。

エンドタイトル、へきるさんで、べっくらこきましただよ。
DanceInTheVampireBund11-06.jpg
つうか、このデザインでやってほしかった気もかなり・・・。(笑)

次回、最終回。

テーマ:ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 23:01:13 | Trackback(1) | Comments(0)
イナズマイレブン 第75話 真剣勝負!円堂と飛鷹
[いつまでも個人練習に終始し、なかなかチームにとけこめない飛鷹征矢。そんな飛鷹を円堂はさかんにひっぱっていこうとする。実は飛鷹は影で響木監督と秘密練習をしていたのだった。]

飛鷹くんの当番回。
過去事情はかなりはっきりしてきましたが、まだその持てる力とか、過去の詳細なところまでは見えてきません。
ただ、過去に関してはこれで打ち止め、になるかも知れませんが・・・。

チーム編成時に個別ストーリィが予想された虎丸、飛鷹、不動のうち、2人目がほぼ終了、ですので、次は不動かな・・・。

ただ、今回の見せ方を視聴してますと、どうもこの世界大会編でもスポ根的な見せ方になっていくみたいで、その辺がかなり趣味に合わないかなぁ・・・。
何度も書いてますが、初期の「超次元SFサイキックサッカー」が好きだったもんで。

ストーリィの上で、ひょっとしたら転換点があるのかも、と思わせた、響木の病気。
なんか様子を見てると、命に関わりそうな様子だったんですが、一応現段階では体調を崩しただけ、みたいな描写。
しかし、ラーメン屋であの体格ですので、心臓病とか、脳卒中とか、なんかそういうのを予感させますね、倒れ方見てると頭の病気ではなさそうでしたけど。
どうも本作は、染岡くんといい、響木監督といい、ブサ面、ブサイク体型に冷たすぎる気がします、宇宙人編以降。

次回は、旧友との対戦、らしいです。

ということで、きれいどころもほとんど映ってませんでしたので、今回は軽めに。

テーマ:イナズマイレブン - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 00:00:17 | Trackback(0) | Comments(0)