FC2ブログ
 
■カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
真・恋姫†無双 ~乙女大乱~
[桃花村へ帰りくつろいでいた関羽たち。だが劉備は張飛のふとした一言から、自分が太り始めたのではないか、と思い、いろいろ減量を試みるもうまくいかない。しかも趙雲がこっそり隠しておいたくさりかけのメンマを食べて腹痛を起こしてしまい、それを「陣痛」と勘違いされてしまう。]

待ってましたの第3期、といいますか、第2期後半といいますか『乙女大乱』のスタートです。
第3期ではなく第2期後半っぽいな、と思わせてくれたのは、話の中心に劉備がしっかとりいることや、劉備の宝剣のエピソードなんかがしっかりと継承さていたことなんかにもよりますね。

しかしのっけから、馬超と劉備をからまっているところを目撃した孔明が「馬を超えるモノ」がアソコにささっていると勘違いしたり、
腹痛→陣痛→妊娠、の連想をしたり、まさに壊れた暴走列車の趣、たまりまへんな。(^_^)

たぶんこのネタに関係していたんだろうちとは思いますが、予告の、
張雲「女の子は年頃になると月に一度のお客さまがあって」
孔明「それは乙女大乱ではなく、乙女排卵ですぅ」
何進「あいかわらずフリーダムな予告じゃのう」
というのにつながってきて、爆笑させていただきました。
シリーズを追うに従って、過激になってますね。(^_^;
望むところなので、どんどん暴走していただきたいところです。

冒頭、いきなり張譲の恐い顔で始まりましたので、番組を間違えたかと思ってしまいました。(^_^;
OtomeTairan01-01.jpg
何進将軍に何かを力づくで飲ませてましたので、てっきり毒殺しちゃったのかと思ってしまいました。(^_^;

本編が始まると、いつものエロコメディで、一安心です。(笑)
張飛に「ぷにぷに」といわれて、肉がついたのかと悩む劉備、というところからスタート。
OtomeTairan01-02.jpg
「ぷにぷに」は、若々しい、ということばと思うのですが・・・。(^_^;

ともかく、馬超の引き締まった、それでいて出るべきところはしっかり出ているボディを見て、思わずからみついてましたが。
OtomeTairan01-03.jpg
OtomeTairan01-04.jpg

これが後でとんでもない誤解を呼ぶのですな。

しかし女の子っぽい劉備と、がさつで男っぽい馬超、という取り合わせは、設定だけで考えたらナニをして子を孕む、という連想はあながちピントはずれでもないのですが、馬超がどこから見ても、絶世の美少女ですからなぁ。
ただ、こういう女の子っぽい女の子と、男まさりな女の子、という組み合わせでは、絵になるとたいてい男っぽい方がエロティックになることが多いですな。
そんなわけで、劉備に押し倒される馬超、たいへんエロくて良かったです。(^_^)

ともかくシェイプアップのため、馬超、馬岱の特訓につきあいことを決めた劉備、案の定、とんでもないことに。
しかしこの鍛錬・・・。
OtomeTairan01-05.jpg
OtomeTairan01-06.jpg

腹筋、腕立てはともかく、コサックダンス・・・、いや、以前にもしてたので、入ってきて不思議はないのですが、馬超のようなポニテ美少女が、ぱんつ丸出しで、えっほえっほとやってる姿は、ヨモスエというか、たいへん嬉しいものがございますな。
動いているときの魅力、という点では、馬超、関羽とともに実にすばらしく、本作の躍動美少女で、たいへん好みです。(^_^)

腐ったメンマを食って腹痛になる劉備、馬超とのからみを見ていた孔明は陣痛と勘違い。
どうでもいいけど、名前と同じ「馬を超えるもの」があそこにささってた、って、ォィ。(笑)
OtomeTairan01-07.jpg
孔明もしょっぱなからとばしてるなぁ。。。

劉備の診察をした華佗がつれてきた、何進将軍が「猫子丹」を飲まされており、その解毒剤を作るためねというのが、次なる旅の目的と決まったところまで。
OtomeTairan01-08.jpg
折笠愛さん・・・こういう作品によく出てくれるなぁ、感謝感謝です。

3つのチームに分かれて薬草を探しにいきますが、次回は孔明チームが水鏡先生の元へ向かうお話。
鳳統ちゃんがメインみたいですね。

OPは、奥井雅美さんのかなり正統的なアニソンでしたのに、ED・・・。
♪はわわ、はわわ、はうはうはう~ が耳について離れません。(笑)

というわけで、第1話からふかしまくってくれました。
絵柄も可愛いですし、今期もたいへん期待しております。(^_^)

スポンサーサイト



テーマ:真・恋姫†無双 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 22:48:16 | Trackback(0) | Comments(2)
迷い猫オーバーラン! 第1話 迷い猫、駆けた
[梅ノ森学園高等部一年の都築巧は、洋菓子店「ストレイキャッツ」で、オーナーである姉の乙女と二人暮らし。幼なじみでクラスメイトの芹沢文乃、梅ノ森学園理事長の孫娘である梅ノ森千世、親友でオタクの菊池家康、柔術道場の跡取り息子である幸谷大吾郎などに囲まれ、賑やかながらも平穏な日常を過ごしていた。ある日、店で注文を受けて作っていたケーキが何者かに食べられてしまう、という事件が勃発する。]

原作未読組。

CVの勢いがそのまま、というか、CV鑑賞作品みたいな印象の第1話。
主要メンバーの紹介だけでしたし、たぶんヒロイン格かテーマに近い「迷い猫」がラストに出てきただけ、みたいな感じでしたので、本格的な物語は次回から、でしょう。
原作を読んでないので、主人公の語りでキャラをズラズラーと説明されたときは、いったいどうなるんだ、とかなりあせりましたが、それほどの大人数でもなかったので、あの程度なら普通に頭に入ってきますね。
あんまりあの手法は好きじゃないんですが。(^_^;

絵もきれいですし、テンポも軽快だったんですが、なんつっても、かな恵さん、井口さん、新井さんといったあたりが軽妙にまわしてくれてましたので、その勢いだけで十分楽しめる作品、とりわけかな恵さんは、すばらしく良かったです。

この第1話ではヒロイン格だった、芹沢文乃。
Mayoineko01-01.jpg
Mayoineko01-02.jpg
Mayoineko01-03.jpg

幼馴染、ツンデレ、しまぱん、むちむち太腿、ミニスカニーソ、豊乳、リボンと、なんかもう萌え属性テンコ盛りだったんですが、それほどイヤミにも、ワンパにも感じなかったのは、伊藤かな恵さんが勢いをしっかりと維持したままこのキャラクターを動かしてくれていたからで、ひさしぶりに、CVにひっぱられて魅力が炸裂しているキャラ、というのを堪能させていただいた次第。
ツンデレというのも、強気で「なんでも反対のことを言ってしまう」性質と巧君に語られてまして、たしかにそういう見せ方になってましたし、広義にはツンデレなんでしょうけど、微細な個性の差は出てたかな。

ともかく、ミニスカでもお構いなしに太腿を挙げたりする性格らしいので、しまぱんと太腿の魅力はかなり存分に味わえる乙女になっているようです。
Mayoineko01-04.jpg
Mayoineko01-05.jpg

これも子供の頃の巧の励まし、
「けり返してやれ」「2倍にして言い返してやれ」というのが生きてるんでしょうね。
画面的にはたいへん嬉しいことになってしまうので、このポリシーは貫いてほしいところです。(^_^)

第1話を見る限り、カウンターヒロインみたいな扱いだった、お嬢様、梅ノ森千世。
Mayoineko01-06.jpg
中の人は井口裕香さん。こちらも幼さを感じさせつつも勢いのある口調で、文乃と競っておりました。
文乃言うところの、ペッタペタの幼時体型。
家康君と同じ穴のムジナ、ヲタク系キャラでいいのかな。
なんかコスプレさせようとしてましたし。
Mayoineko01-07.jpg
このあたり、ノリのいい『乃木坂春香の秘密』・・・みたいな感じですかね。

友人関係だけでなく、環境説明なんかも巧くんの語りでなされていたため、ケーキ屋でケーキが盗まれるくだり、容疑者の少年とおっきな猫、といったあたりが、なんかかなり唐突な印象でした。
おっきな猫が逃げていくところとかは、影絵芝居みたいで、手を抜いたんでしょうけど、それなりには面白かったです。

あと、教室で、文乃と一緒にポニテな鳴子叶絵も映ってて、かなりキュートだったので期待に胸ふくらむところなんですが、今回に関してはまだモブでしたので、当番回でもあれば、そこで注目していきたいと思います。

いろいろあって、店のオーナーである乙女姉さんが帰ってくるところでシメ、だったんですが、その乙女姉さん。
Mayoineko01-08.jpg
Mayoineko01-09.jpg

・・・三浦あずさ?(^_^;
おっぱいの揺れ具合とか、マスクとか、髪型とか、見た瞬間思ってしまいましただよ。
設定がを見ると、それほど酷似しているわけでもないので、たぶん原画の人のクセだったのかな。。。

ともかく、そのの乙女姉さんが連れてきた、というか拾ってきた、おっきな猫さんが、「にゃあ」というところで、次回。
Mayoineko01-10.jpg

第1話は、とにかくかな恵さんと、井口さんがたいへん良かった。
次回予告で、美琴と黒子の中の人が仲良くやってたのも、くすぐり程度には面白かったです。
肩の凝らない娯楽作品として、期待しています。

テーマ:迷い猫オーバーラン! - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 06:47:22 | Trackback(2) | Comments(0)
デュラララ!! 第13回 急転直下
[池袋に流れる切り裂き魔の話題。首なしライダー、ダラーズの噂。そんな中、堂々と現れるようになったセルティに、白バイ隊が迫る。セルティを「化け物」と言い、追い詰めていく姿に、セルティは恐怖を感じ出していた。一方、園原杏里も、初めてできた男友達、帝人と紀田に、なにかぎこちない感覚を抱いていた。]

OP、EDが一新されて、たぶんここから後半戦のスタートでしょう。
Durarara13-01.jpg
Durarara13-02.jpg
Durarara13-03.jpg
Durarara13-04.jpg
Durarara13-05.jpg
Durarara13-06.jpg

気になる人だけをピックアップです。(^_^;
あと、なんか目が赤く光ってた影が映ってましたけど、あれ、杏里の生き霊かなんかなんですね。

さて、OPにいろいろまだ未登場の人も映ってましたので、人物も少しずつふえてくるんでしょうね、その中から今回、新羅の父・岸谷森厳と、白バイ隊・葛原金之助が物語に参加。
森厳の方は以前回想で出てきてますから、初登場というわけではないですが、物語の中へ、という点では初登場としていいでしょう。

あらたなモティーフが展開されるようになった、といった、出だし感覚でしたけど、後半のあの杏里の閉塞感を見てますと、しばらくは杏里メインのエピソードになるのかしらん。
だとしたら、ちょびっと嬉しいです。

紀田君と波江さんにも、なにかの変化みたいなものが見えてきてましたから、この2人のエピソードものある・・・のかな。
まぁ、紀田くんは立ち位置からして帝人にかなり近いので、そうとう重要なモティーフが用意されてんだろうなぁ、とは思います。
どうやら黄巾族の関係者、それもかつて相当上の方の地位にいた人らしい、というのが描かれてましたしね。
問題は、現在の黄巾族との関係、かな。

といったところで、あらたな材料がまかれただけ、といった感じでしたけど、第1クールでも、最初あんまり関係なかろう、と思われていたモティーフが次々とつながっていきましたので、どういう風に発展していくのか、お手並み拝見、といったところですね。

映像的にはなんといっても、おっぱいメガネの杏里ちゃんで、今回はそれほどのおっばいアピールはなかったものの、しばらく話の中心に来そうですので、物語とからめて楽しませていただこうかと思っています。

まず、冒頭、学園生活。
一応解決したことになってる・・・のかどうかまだはっきりとしませんが、とりあえず、張間美香と矢霧誠二の、エロい抱擁。
Durarara13-07.jpg
対面座位・・・ですかね、なんかもう入っていそうなアングルですが、実に卑猥な抱擁です。
こんなヒワイな抱擁、アニメではそうそうお目にかかれません。
実にけしからんので、もっともっとエスカレートしていただきたいものですな。
誠二のマスクがちょっと邪魔でしたけど、開脚して腿を相手の腰にまきつける美香のエロさがすばらしかったので、まぁ、よし、ということで。(笑)

さて、女の子に面と向かって「エロカワ」と言い放つ、紀田くんの言葉攻めを受けて、赤面する杏里ちゃんが、この後の見所となるわけなんですが・・・。
Durarara13-08.jpg
Durarara13-09.jpg

お乳こそ超ドレットレノート級ですが、性格はなおとなしめ、ということで、からだはそれほど大きく動きません。
ですから、そんなにバインバインに揺れたりしないんですが、そのおとなしさを反映してか、階段を降りるところとかでは、小刻みに、ささやかな「ゆれ」があります。
ううむ、このお乳の揺れで、人物の性格、行動まで暗示するとは、なんという巧みな乳揺れ動画なのでありましょう!
・・・ところであのセクハラ教師、まだ物語にからんでくるんですかね。

杏里以外は、かなり材料がまかれただけ、みたいでしたので、気になったあたりだけ簡単に回顧しておきます。

・葛原金之助。
フィクションの講釈をたれながら登場。
OPに映ってましたので、後半の重要人物かと思われます。

・金之助におびえるセルティ。
金之助が「法規をなめるな、化け物」といい、セルティが
「恐かった、最近の警察は化け物だ」という、可愛いらしさ。
ほんと、性格は女の子してますなぁ。
で、新羅とは、もうしてたわけ?(^_^;

・森厳。
セルティが「助けたくないなぁ」というのが、よく伝わってくる人物でした。

・波江。
まだ波江の役割は終わっていない、それどころか、臨也とともにまだ背後からいろいろとかきまわしてくれそうなんですが・・・。
秘書って・・・臨也の秘書になってる、ってことなんですかね?

・臨也とセルゲイ。
ロシア語で語ってたので、このり両者の関係そのものが、なにかのドラマになるのでしょう。
そういやセルゲイはかなり頻繁に画面にでくるのに、物語そのものにはほとんど関わってきてませんね、まだ。

・チャット風景。
田中太郎が帝人で、セットンがセルティ、甘楽が臨也・・・原作を読まなくても、ようやくすっきりとわかるようになってきました。
こんなにチャット画面が重要だとは思ってもみなかったです。(^_^;

・紀田くんと黄巾族。
過去の関係云々よりも、現在の黄巾族との関係が重要なんかなぁ、という描写でしたけど、はてさて。

・杏里のモノローグ。
第3者的に語ってまして、あれは物語技法だろう、と思ってたら、そうではないのかも・・・。
杏里の中に別人格がいて、それが杏里を見て語ってる、そんな感じでしたけど、どうなんかなぁ。
OPにでてきたあの赤い光る目、本編でも2度ほど出てた赤い目。
たぶんあれが切り裂き魔なんだろけうとは思いますが、同時に杏里ともかなり近い関係がある、ようでしたが。

・きちゃない女子高生手に、ギョウチュウ、エンコー女と、いぢめられる杏里。
Durarara13-10.jpg
Durarara13-11.jpg

言ってる方がよっぽどギョウチュウで、エンコー女っぽかったんですが、よく考えたら、こんなきちゃないの、誰も買いませんよね。(笑)
ただ、誰かに依存して生きていく、というののしりに耐える杏里は、えらく可愛いかった、とだけ記録しておきましょう。

その背後に現れた赤い眼、というところまで。

新EDは・・・MADが作りにくそうですな。(笑)
手描きにしちゃえば問題ないんでしょうけど。
Durarara13-12.jpg
杏里ちゃんが先頭です、キャホーイ。

テーマ:デュラララ!! - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 00:54:58 | Trackback(1) | Comments(0)