FC2ブログ
 
■カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
けいおん!! 第1話 高3!
[3年生になった唯たちは、新クラス分けで皆同じクラスとなった。和も同じクラスで、どうやら担任になった軽音部顧問、さわ子先生の差し金だったらしい。3年になったものの、2年が梓一人で、来年は梓が独りになったしまうかも、と思った唯は、ビラを作って率先して進入部員の勧誘に向かうがうまくいかない。そしていよいよ、新入生歓迎ライブの日がやってくる。]

局がむちゃくちゃふえての第2期。
もう放映局を見てるだけで、いかに第1期のセールスが良かったか、が伝わってきます。

見ての第1印象、もう細かな動作がグニグニ動く・・・かなぁ。
地上波作品でここまでせんでも、とは思うのですが、京アニは体力があるので、たぶん第1話からこういうことをしても大丈夫なんでしょう。
その意味では安心してこの細かな動きに酔えますな。

あと、描線というかラインなんですが、第1期以上に肉のやわらかさを出そうとしてて、ぷにぷに感が強くでておりました。
特に澪の顎のラインとか、唯の脛、5人の首筋とか、ねちっこいラインでたいへんよろしい。
期ぐるみを脱いだときの、髪の湿った感じなんかも、細かくでてましたしね。
女子高生らしい処女太り、みたいなのもチラチラ垣間見えてて、悦痴いですな。(^_^)

新歓ライブがわりとあっさり終わってましたので、好きだった場面は、次の3つ。
・クラス分けのときの唯の潜入姿勢。
K_ON2_01-02.jpg
「手を洗おー」ポーズのも良かったのですが、クラス分けを見て反応している唯ちゃんが、「成長した天然」みたいでよろしゅうござんした。

・律の「梓部長」妄想。
K_ON2_01-01.jpg
第1話が、わりと梓モティーフだったこともあって、梓がらみで良い絵が多かったんですが、律のこのチビキャラ妄想はけっこう好き。

・梓の昼食風景。
K_ON2_01-03.jpg
K_ON2_01-04.jpg

落ち込む梓に、パックのストローを差し出す級友。えーと、純?
もう一人は憂なんでしょうが、ちょっと見、わからんかった。(^_^;
でもこのやりとり、良かったです。
女の子同士が適度に濃密な友人関係を継続させてる感じで。

そんなわけで、OPも梓を回顧しておきます。
K_ON2_01-05.jpg
EDでの扱いとかも見てますと、ルックス面では澪の次が梓・・・みたいなところもありますし。

EDは澪のオンステージ仕様でしたけど、これって固定?
あるいは毎回メインを代えるのかなぁ・・・。
K_ON2_01-06.jpg
ともかく、澪がメインを歌って、バックに4人がサポート、という図式。
非常に完成度の高い、きれいな絵でした。

このEDでは、マドロス風の紬がちょっとカッコよかった。(^_^)
K_ON2_01-07.jpg
K_ON2_01-08.jpg
K_ON2_01-09.jpg
K_ON2_01-10.jpg

というわけで、相変わらずの完成度の高い動画でしたけど、同時にお話もそこそこついてきた、といったところかな。
ここでは分析はしない方針ですが、第1期よりは動画分析のし甲斐があるというものです。(分析は非公開ですが)

スポンサーサイト



テーマ:けいおん!! - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 23:31:03 | Trackback(2) | Comments(0)
Angel Beats! 第2話
[ゆりたちは弾薬が尽きそうになったため、地下最下層のギルドへ、補充に出向く。ギルドとは天使との戦闘時に使用する武器や弾薬を作る組織。だが、途中、天使の進入に対するトラップが数多くしかけられており、そこを突破してたどり着かねばならない。音無はゆりとともに降下するが、その間、次々と仲間達は倒れていき、ついにゆりと2人のみとなる。そこでゆりは生前の記憶を少し語る。]

前回ほどのチグハグ感、ギクシャク感は薄れ、かなり普通程度には面白くなってきました。
トラップにかかることで、主人公とヒロイン以外のキャラクターを見せていく、という手法、けっこう古くはあるんですが、こういた閉鎖空間での擬似戦闘ものとしては、それなりに有効。
闘いも、リセットが効くゲーム的なものに仕上がってましたし、全体が巧妙に世界構築された仮想空間の趣を見せてきましたし、かなり世界の人工性が伝わってくるようになりましたし、なれて見ると、けっこういいかも。
AngelBeats02-01.jpg

ただ、前回以上にヤローが多く、しかもそのヤローの見せ方が、コマに終始しているので、どうも軽い印象になりますな。
この軽さも製作意図のうち、なのかも知れませんが、だとしたら、ゆりの家庭が崩壊するプロセスなんかは、不釣合いに重いですし、こういったところが、まだギクシャクした感じなんですよね。

ともかく、ワタクシ的今回一番の見所は、陥穽トラップにひっかかった音無が、ゆりのカラダを登っていくところ。
AngelBeats02-02.jpg
AngelBeats02-03.jpg
AngelBeats02-04.jpg

えいほえいほ、の女体登山。(^_^;

あざとかったですけど、こういう無理やりというか、強引な設定も好きですので、まぁ、結果オーライということで。
戦闘に入るのが学生服、よって女子のアクションもすべてスカート姿で行われる、という強引さも手伝って、いい感じで悦痴っぽくなってます。
もうちょっとボディに指なり腕なりがくいこんだりからんだりするのも見たかったですし、ゆりがツボを疲れて悶絶するところも見たかったですが・・・。
ゆりっぺのボディ、凹凸にかける、というのではなくて、むしろ普通に女学生っぽいカラダつきでした。
リーダーだし、あんまり子供っぽい体型でもいけませんし、かといって、ばいんばいんでは、そういう性的なものが集団の中で弊害を呼んでしまいますので、キュートで強気、でも普通の女の子っぽいところもある、というシグナルとしては、良い体型だったのではないか、と。
スカートがズリ落ちる程度の演出はほしかったかなぁ。(^_^;

今回、きれいどころは3人だけでしたので、前回顔出しだけでした、椎名が、良い感じでくのいちしてました。
AngelBeats02-05.jpg
隠されたエロティシズム、みたいなものがございますな、椎名。

ゆりっぺ生前の記憶、というのが、単なる味付けか、物語の構成に深く関わってくるのか、よくわかりませんが、今のご時世ではかなり珍しい、4人姉弟の長女でした。
AngelBeats02-06.jpg
ただ、その姉弟の絵が1カットだけでしたので、深入りはしないのか、もしくはこれもこれもギミックの一つなのかな、という感じもややあったんですが、妹2人も既に死んでいるらしいので、一応、回顧しておきます。

まさか音無が、その弟でした、とかってオチじゃないでしょうな。(^_^;

天使さんとのバトルでは、今回、前回以上に人形っぽかったですな。

死んでもすぐにリセットがかかる、というのを一つの機序のように見せてくれましたので、ゲーム内世界、という感覚がいっそう大きくなってきました。
次回はまた視点を代えるようですが、あんまりヤローばっかり描いていると腐がわいてきかねませんので、もう少しきれいどころに舵を切っていただけると嬉しいです。

テーマ:Angel Beats! - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 21:21:16 | Trackback(1) | Comments(0)
閃光のナイトレイド 第1話 救出行
[1931年、上海。特殊な能力をもった4人、葵、葛、棗、雪菜が、桜井機関と呼ばれる諜報機関の指揮下において、誘拐された財閥の会長を救出するべく、地方軍閥の拠点へと潜入する。]

原作未読組・・・と書きたくなったしまったんですが、オリジナルなんですね、いかにもラノベ原作っぽい出だしでしたけど。
地上波放送では、一番遅い放送地域でしたので、作品を見る前に、支那大陸のタダ見連中が怒ってる、という情報を先に見てしまったんですが・・・これは怒るよなぁ。(^_^;
勝手に怒ってる分には良いんですが、それがなにかしらの圧力になって、放送が中断する、みたいなことにはなってほしくないんですが、この第1話を見る限り、その危険性がプンプン漂ってきます。
それがとにかく心配、というのが、第1話を見終わっての感想です。

アニメパートはしっかり作ってあったし、映像もキレイでしたし、文芸の無神経さと、支那語のあまりの「あらららら」な発音以外は、かなりよさそうなデキだけに、変な横槍が入らないことを切に祈るばかりです。

冒頭、いきなり幼女の花売り娘。
NightRaid01-01.jpg
残念なことに、モブだったようですが。(^_^;

この前後に、この幼女も含めて、支那語のやりとりがあるんですが、声調をかなり無視した発音で、これなら無理に支那語にせんでも、日本語で外国語っぽく演出して字幕を使うとかした方がいいのになぁ、と思ってしまったところ。
ちなみに、上海は普通話地域ではありません。当時でも普通話は通じたはずですが、地方軍閥が相手、と言ってるのに、ちょっと無理があるような・・・。(普通話、という書き方もちょっとアレなんですが、あんまり北京語と言いたくないので)
ただし、これは声優さんの責任ではありません。
日本語の声優訓練っていうのは、舞台発音と、アナウンス効果という、ストレスアクセントを基礎としたところからスタートしますので、支那語のような声調なんかにはかなり不向きだったりしますから。
ただし、視聴者は日本人想定ですし、タダ見している窃盗民族のことなんか考える必要はないので、これで十分だとは思いますけどね。

4人の超能力者が上海で暗躍するストーリィ、らしいのですが、その中の紅一点、苑樹雪菜。
NightRaid01-02.jpg
NightRaid01-03.jpg
NightRaid01-04.jpg

ええ尻してまんなぁ。(^_^)
公式設定とかを読んでますと、旧華族の娘で、関東軍と関係があったりとか、なんか美貌の「川島某子」というのを連想してしまいますなぁ。
実は清の血を引いてたりするのかしらん。

貴族のお姫さまですから、当然お嬢さまで、4人のうちの一人、棗というのが彼女の従者のような立ち位置。
棗がクレアヴォワイアンス、雪菜がテレパスのようです。

あとの2人、これがたぶん物語を動かしていくんだろうと思いますが、吉野声のツンツン髪が三好葵 で、サイコキネシス。
時間制限があるらしく、見てますと、なんだか時をとめる能力かと思ってしまいました。
最後の一人の能面顔が伊波葛で、黒子能力。(^_^;
これも何か制限要員があるような口ぶりでした。

4人に絞っていたこと、雪菜と棗が外観ですぐに判別がつくこと等から、うまく人物と能力を描き出してくれてました。
設定が変なことしてなければ、この作画ですし、かなりの良作になったろうになぁ、と言う気がしますね、現時点では。

4人の中で、注目すべきは当然お嬢様。
NightRaid01-05.jpg
両眼の下に泣きボクロ、というのは、珍しいデザインです。

私服のときがスカートで、作戦行動時はズボンで、だと思ってたら、後半の、外からの視覚伝達役のときには、スカートっぽかったですね。
NightRaid01-08.jpg
NightRaid01-07.jpg

うむ、これは今後が楽しみ。
藪の中っぽかったのに、あんなに虫に食われるかっこうでいいのか、とかチラと思いましたけど、そこらへんを追求するのはヤボというものでしょうから。

あと、途中で、なんか縛られてるカットが入ったんですが、あれはいったい?
NightRaid01-06.jpg
緊縛シーンまであるのなら、期待したいところですな。
時代設定が近いせいか、なんとなく『二十面相の娘』チコみたいに見えてしまったお嬢様でございました。

たぶん今回はメイン4人の紹介だったでしょうから、本格的には次回からかな。
しかし公式見たら、次回も「ユダヤ人ヴァイオリニスト」なんてやばげな名前が踊ってるし、大丈夫なんかなぁ、この作品。
横槍に負けないよう、がんばってほしいものです。

テーマ:閃光のナイトレイド - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 05:04:01 | Trackback(1) | Comments(0)