FC2ブログ
 
■カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
ジュエルペット てぃんくる☆ 第2話 夢みるジュエルでドッキ☆ドキ!
[ルビーのパートナーとなり、いっしょにジュエルランドの魔法学校への入学を許可されるが、現実世界のことも気になって、あかりは不安いっぱい。ところが、ジュエルランドに行っている間は、現実の時間がゆっくり進むこと、母や姉の輝く姿などを見て、魔法学校へ行く決意をする。そこであかりは既に魔法学校の上級生として入学していたミリア、レオンと知り合う。]

おお、第2話になってもグレードがおちていない!
・・・それどころかたいへんあざとくなってる。(^_^)
Jpet_Tinkle02-01.jpg
Jpet_Tinkle02-02.jpg
Jpet_Tinkle02-03.jpg

2人目の魔法少女、ミリア登場だったわけですが、これがOPから予想してたちょっぴりいぢわるなライバル系とかではなくて、ポジティブで前向きな明るい女の子。
今回、この女の子がくるくる動き回ってたんですが、それ以上にメインのあかりちゃんが動いていたこと、背中、下方アングル、四つんばい、と、いろんなポーズがキレイに描かれてて、なかなか嬉しい画面が続出してました。
あかりちゃんなんか小学生ですから、もっとシンプルな線でごまかせるのに、ジュエルランドにミニスカで落ちてきたときの太腿とか、実に嬉しい動画になってて、たいへん良かったです。

前回既に顔だけ出してた、モデルをやってる美少女中学生のお姉ちゃんと、キャリアウーマンなお母さん。。
Jpet_Tinkle02-04.jpg
Jpet_Tinkle02-05.jpg

そろって赤いスポーツカーで出て行きましたけど。。。なんかすげー高そうな車。
ともかく、小学生のあかりちゃんには、キラキラ輝いて見える、年上のカッコいい家族でした。

この家族が出かける前、ルビーのことがばれかかるんですが、なんとか「うさぎ」ということで落ち着いたもよう。
このときの、姉・モニカの前かがみが、ちょっと感動をさそいました。
Jpet_Tinkle02-09.jpg
Jpet_Tinkle02-02.jpg

さすが美少女モデルです。
見えそうで見えない寸止めのアングルが、一層臀部や下肢の魅力をひきたててくれます。
つうか、この手の作品のデザインとしては、かなり丸みがある方ですよね、モニカ。

ジュエルランドで対面した、2人めの魔法少女ミリア。
Jpet_Tinkle02-06.jpg
Jpet_Tinkle02-07.jpg

夢はクイーン・オブ・ポップ!美少女シンガー!
可愛いなぁ。。。
桜姉妹だけでもかなりの鑑賞価値でしたのに、この娘の登場で、さらにその価値が増したもよう。

魔法学校の昇級システムが語られ、新入生のあかりが1年、ミリアが2年、イケメン・レオンが5年、ワンカットだけの登場だった沙羅が4年、ということでした。
そして6年で卒業した後の目標が、ジュエルスターグランプリ、ということで、一応本作のストーリィの道筋というか、目標が示されたかっこうになってました。
まぁ、この辺は、今後の見取り図的な感覚でいいでしょう。

昇級するには、ジュエルストーンを集めていく、ということで、今回自分の夢をしっかり、胸をはって公言できるようになって、あかりも一つもらってました。

しかし、夢が逃げ出すシーン・・・。
Jpet_Tinkle02-08.jpg
生霊がすっぽんぽんで出ていくような、そんな描写。
このあたりの原画もけっこうアクションしてたのに、きれいに描かれてて良い感じでした。

次回は今回ワンカットだけ登場した、沙羅にスホッ「トがあたるのかしらん。
Jpet_Tinkle02-10.jpg
今回のカットだけ見てますと、黒魔術娘みたいで、ちょっとワクワク。
次回予告とかですと、普通にクラスメートとして出てきそうですが、はてさて。

スポンサーサイト



テーマ:ジュエルペット てぃんくる☆ - ジャンル:アニメ・コミック

ジュエルペット てぃんくる☆ | 23:32:16 | Trackback(0) | Comments(0)
ハートキャッチプリキュア! 第10話 最大のピンチ!ダークプリキュアが現れました!
[なかなかプリキュアと排除できないサバーク博士は、ダーク・プリキュアに出撃の許可を与える。ダーク・プリキュアの配下として町に来たサソリーナが、女子サッカー部設立に喜ぶさやかたちのチームに、練習試合を申し込む。]

砂漠の使徒内部でのダークプリキュアの位置関係がちょっとわかりにくかったのですが、サバーク博士よりは下、3大幹部とは同格だが実力は上、といったところですかね。
ともかく、ダークプリキュア、出撃。
HeartCatchPreCure10-01.jpg
HeartCatchPreCure10-02.jpg

そして月影ゆりも、その姿を少し見せ、かつてのダークプリキュアとの因縁をほのめかしてました。視聴者的には、もう見え見えでしたけど。(^_^;

キーエピソードということもあってか、キャラデの馬越さん自らの作監出陣でしたが、鋭角的なデザインが随所に現れて、本作デザインの個性がいたるところに現れてました。

コミカルな部分、たとえばエリカが戦闘中に見せるオーバーアクションや大げさな表情等もセンスよく決まってましたし、作画的には第1話に匹敵する、いやそれ以上の良いデキで、たいへん満足させていただきました。
シリアスな表情なんかも、デリケートな描線が、人物の豊かな感情を示してくれたりして、たいへん良かったです。
苦渋の表情で唇をかむつぼみとかね。
HeartCatchPreCure10-03.jpg

それにしても、えりかの翻訳能力というか、本質をつかむ能力というか、面白いですな。
ダーク「私はサバーク博士の目的のためにやってる。おまえらには目的がない」→
エリカ「目的もないのにプリキュアやってる、て言われた」
この言い換え、いや、間違ってないんですが、ダークの方が慎重に言葉を選んでいるのに、エリカのほうはストレートに本質だけを包み隠さずズバズバ言う・・・キャラクターがよくでてますなぁ。

あと、つぼみの必殺技「プリキュア大爆発」・・・いや、プリキュアが爆発したらあかんやろ。(笑)

ブロッサム、マリンのピンチにまたもや登場のイケメン君、ダークの前に現れてその存在を示した月影ゆり、と、ストーリィの根幹に関わってきそうなネタも出てきましたし、話が最初の転換点を迎えた、といった感じでした。
お話としては、長期シリーズの良さがいたるところに出てきた佳作だったと思います。

作画については、もうこれ以上はない、というくらいに良かったんですが、とりわけ、ダークプリキュアによって一瞬のうちに変身を解かれてしまうつぼみとエリカのシーンに、ちょいと感激。
HeartCatchPreCure10-04.jpg
HeartCatchPreCure10-05.jpg
HeartCatchPreCure10-06.jpg

上衣をはぎとられて、下着姿になったようなあやうさ、そして同時に若々しいさわやかさ、なんかが画面にあふれてて、嬉しいシーンになってました。

次回はまたギャグっぽい話に戻すみたいで、こういうメリハリのつけ方も良い流れになっていると思います。
今回は話、作画ともに、秀逸なエピソードでした。

テーマ:ハートキャッチプリキュア! - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 04:44:56 | Trackback(0) | Comments(0)
バトルスピリッツ少年激覇ダン 第30話 青のクライシス 囚われの鎧神機ヴァルハランス
[ヴィオレ魔ゐの行方不明、生気を失ったダン、と、うち沈むヴァイオレット号の面々。そんな折、若返った異界王から華実を追わなくてもよい、といわれたレオンと、それを聞いていた勇貴。勇貴は異界王から「コアが傷つけば傷つくほど結束が強くなる」と聞かされる。そして彼は青の世界の王となった硯の元へ現れ、力を貸してほしい、と願うが、面倒ごとを嫌う硯との間で、バトルとなってしまう。]

勇貴が敗れるとは・・・ちょっと意外だったんですが、異界王が「コアが傷つけば傷つくほど結束が強くなる」みたいなことを言ってたので、自殺的に敗北したのかとも思ってしまいましたが・・・そうでもなかったようですし。
光主の一人である硯クンですから、勝っても不思議ではないし、これからの関係を思うと白の戦士に勝った、という事実はけっこう重要になってくるのかもしれませんが、それでもこの結果には少し意外でした。

つうことで、本編はほとんどこのバトルで占められてましたので、特に感想らしい感想もないかなぁ・・・魔ゐとナミーが、姉妹とか家族とかではなくて、過去の因縁ある相手だった、ということくらいですかね。

今回のエピソードでは、今後の布石程度の位置づけしかありませんでしたけど、キレイどころが少なかったので、そこらへんだけ回顧しておきます。

囚われの魔ゐの前に現れた女、ナミー、だったんですが・・。
BS_ShonenGekihaDan30-01.jpg
BS_ShonenGekihaDan30-02.jpg

「あんたに負けたのは私の罪」とか言ってましたので、過去に印濡念のある相手、ということだたようですね。

今回総じてキャラ作画がイマイチでしたので、きれいどころの比重が軽かったのは、我慢できますかね。
ただ、せっかく華実・幼女時代が回想で出てきたのに、そのあたりは少し残念でしたが。
BS_ShonenGekihaDan30-03.jpg
ダンが復活して、次回へ。

テーマ:バトルスピリッツ 少年激覇ダン - ジャンル:アニメ・コミック

バトルスピリッツシリーズ | 00:30:00 | Trackback(1) | Comments(0)