FC2ブログ
 
■カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
薄桜鬼 第2話 動乱の火蓋
[新選組隊士の中に溶け込んでいく千鶴だったが、土方は最初これを認めず、外出も厳しく禁じていた。だが、山南が負傷して帰還して後、彼の元に膳を運び、またみんなの役に立ちたい、という姿を見て、少しずつ態度を軟化させていく。おりしも、千鶴の父・綱道の手係りが出てきたことを契機に、千鶴は沖田たちの巡察に同行するのを許されるのだが・・・。]

まだ第2話だというのに、もう池田屋騒動です。

第1話のときに「新撰組」と「新選組」がある、という説明だか暗示だかみたいなのがありまして、異世界ファンタジーなんだろうな、と思ってたら、一応史実のなぞりはけっこう細かいところまでやるみたいですね。
しかしこの池田屋騒動、史実としての新撰組において、最も重要、かなり明確に内容がわかっているため、新撰組関連の物語ではクライマックスか、中盤くらいに配置されることが多かったのに、この2話と次の3話で、というのはかなり早い印象です。
この先、異世界ファンタジーっぽい仕掛けがでてくるからなのか、それとも函館の戦いまでいくのか・・・千鶴の年齢を考えたら、函館まではいかないと思いますが。(^_^;

史実の扱いも、近年資料の掘り起こしができてくるようになってますので、イケメンそろい、というのを除けば、かなりそういったものを取り入れた痕跡は見られますね。
かつては新撰組というと、とにかく沖田の技量が人一倍図抜けていた、みたいな描写が多かったですけど、近年の資料、特に長命だった永倉新八の「新選組顛末記」が広く知られるようになってからは、そういった伝説色が少しずつはがれてきている感はありますね。
ただ、新撰組で、あんまり性的な意味でスマートだったり、土方をほとんど唯一の例外として、美形だったりしたのはいなかったようなんですが、美形かどうか、というのは、見る人の主観によるので、なんとも言えないかなぁ、早死にした人たちは写真とか残ってませんしね。

今回、千鶴を外に出していいかどうか試験する役目として、斉藤一が出てくるんですが、これがなかなか怜悧な感じのする姿に映ってまして、中嶋さんが「斉藤一」をデザインするのって、『るろうに剣心』以来、『PeaceMaker』でも中嶋さんは参加されてますので、それを含めると3回目ということになりますな。
いずれも作品の個性によってうまく描き分けられていて、決して可愛い女の子だけの人ではない、というのが、こういった剣士描写の中からもうかがえるところ。

とはえ、やはり本作は千鶴の魅力が最大ですので、そのあたりを回顧しておきます。

広間にて、食事の場。
Hakuouki02-01.jpg
むしろ山南の殺伐とした雰囲気の方が印象的でしたけど、ヤローは貼りたくないので。(^_^;
土方ちゃんは、男ツンデレなのかな?

斉藤一に剣の力を試されるところ、居合いで一瞬のうちに、喉元に白刃をつきつけられる場面。
Hakuouki02-02.jpg
何が起こったのかわからず、呆然とする千鶴、でしたけど、このあたり、剣戟を何度も描いてきたスタッフらしく、流れるような動きがなかなか良かったですな。

ともあれ、同行を許されて喜んだりしてたのですが、後頭部までしっかり映っている絵とか見てますと、なかなかに可愛いので、なでなでしたくなってしまいますのう。
Hakuouki02-03.jpg
こんな可愛いのが一人、ぽつんといると、隊の風紀が乱れそうな感じがしなくもないんですが。
そこは鬼の副長預かり、ということですから、たぶん大丈夫なんでしょうけど。

池田屋と四国屋に分散しての、襲撃計画。
四国屋に山崎とともに伝令に走る千鶴。
Hakuouki02-04.jpg
桑島ヴォイスで息を切らせていたんですが、これもまたなかなかになまめかしい。
しかし桑島さん担当なんで、千鶴ちゃんが死んじゃうんじゃないか、といらぬ心配も少しあったりしますが。(笑)

次回の千鶴ちゃんも、たいへん可愛いく凛々しいので、期待してますよん。
Hakuouki02-05.jpg

スポンサーサイト



テーマ:薄桜鬼 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 23:15:06 | Trackback(0) | Comments(0)
あにゃまる探偵キルミンずぅ 第27話 ネコの涙にご用心!?
[リコたちは、春休みの課題のレポートを書くため、古代エジプト秘宝展を開催している神浜自然博物館を訪れる。そこで一行は、顔見知りの警官・大関 と小結を目撃。大関たちが、展示品の猫の石像が夜に動くという化け猫騒ぎを調べていると聞いたリコたちは、自分たちの手で真相を解明すべく、夜の博物館に潜入する。]

御子神ハルカが今回のキーパーソン。
・冒頭、亀博士と対談。
あの亀がリコたちの祖父である、というのは明示されてないだけで、ほぼ確定だと思われますが、今回、画面を見ている限り、なにも中継器を使わずに、ハルカは亀と会話してました。
ちょっとひっかかりますね、単なるアニメ表現の一つ、ということなのかもしれませんが。

・ハルカの懸念、そしてキルミンの没収。
「危険なことはしない」という約束だったのに、その禁を破ってしまって、というか、最近調子に鞠過ぎのリコにお灸がすえられた格好になって、ハルカからキルミンの没収。
ただ予告を見ますと、これは変身ステップの次への段階、のように見えなくもないので、それほど暗雲たれこめるものでもないのかも知れませんが・・・。
リコたちの作戦に参加せず、ハルカに報告にいったケンまでもが没収され
「え・・・オレも?」というなさけなさそうなところが、少し可愛いかったです。

・ハルカと、警察署署長・ミユキとの会話。
ミユキは、どの程度まで、ミサのことを知ってるんでしょうね、あの会話だけですと、そこまで深入りはしてなさそうでしたが。

ともかくけっこう話が進みました。
いままでの「探偵団」「ごっこ」的な楽しい冒険譚が終わって、アニマリアンの秘密を巡って、少し進展していくのでしょう。
カノンの方もミサに叱責されて、活動をかなり制限されてしまいそうですから、大人たちが物語に大きく関わってくるのか、子供たちの新たな展開があるのか、そのあたりにも、少し注目。

とはいえ、ちゃんとコミカルな場面とか、ポチ姉の谷間とかがしっかり描かれてて、いつものキルミンのよさ、楽しさはしっかりと継続されてました。
KiruminZoo27-01.jpg
KiruminZoo27-02.jpg

ネコ目になってケンを脅すリコ・・・予告でもありましたけど、コミカルで可愛いですな。
対して、おっぱいがたっぷん、のポチ姉、普通の動作の中で、しっかりと谷間が。(^_^)
どう見ても中学生には見えない、このたっぷんたっぷん感が、たいへんステキです。

今回、国内スタッフ体制で臨んでいたせいか、こういう体型の個性、基本設定がしっかりと描かれていたのが嬉しかったですね。
ポチ姉がぽっちゃりボインボインで、リコやカノンは子供っぽい体型。

特に、カノン、今回出番がす少なかったんですが、それでもビューティバッドとして出撃しようとしたところをミサに見咎められて行動の制限をされてしまうところとか、全身が映ったときに、半島シフトのときの、変な胸のラインが見えず、しっかりとデッサンのラインだけで、可愛いらしい姿を見せてくれてました。
KiruminZoo27-03.jpg
KiruminZoo27-04.jpg

ポチ姉が悦痴いばいんばいんなお乳になるのはとっても嬉しいのですが、かといってリコやカノンにおっぱいラインをつけるのには断固反対したいので、このあたり、半島の猿どもにしっかりと徹底させてやってほしいものですな。

ともかく、今回のビューティバッド、クールビューティ&プリティでしたので、たいへん満足させていただきました。
タマオ君の変な変身にも笑わせていただきましたし。(^_^)

さて、次回、キルミンを取り上げられたリコたちが、あらたな変身スタイルを確立するのか、楽しみです。

テーマ:あにゃまる探偵キルミンずぅ - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 22:30:53 | Trackback(1) | Comments(0)
鋼の錬金術師FA 第52話 みんなの力
[アルがついに賢者の石を使い、プライドとキンブリーに対して反撃を開始。ハインケル、そしてロキまでもが加勢しにくる。セントラルではアームストロング姉弟が真の力を見せ始めたスロウスと、エドが不死の軍団と、そして地下ではメイがエンヴィーと闘いを続けていた。苦戦を続けるエドの元に、マスタング一行が合流する。]

きれいどころがほとんどメイちゃんだけでしたけど、同時進行するバトルの様相が、実にわかりやすく見やすくなっていて、そういうストーリィを見せる技術、という点に関しては、一級品ですね。

同時進行していたバトルが、以下の通り。
・アルvsキンブリー&プライド。
前回語られた、アルが賢者の石を手にする動機がやや弱いような気がしなくもなかったですけど、これを通じてハインケルがキンブリーの喉笛を食い破り、それをプライドが吸収する、というすごい展開になっていきました。
プライドのデモーニッシュさは、その幼い容姿とともに、かなりゾクゾクするものがありますな。

・アームストロング姉弟vsスロウス。
本気を出してとんでもない速度になるスロウス、ところがなかなかコントロールできない、ということでしたが、ここにセントラルの軍部がからんできて、交渉の材料になる、という複眼的な展開に。
どこで戦っているのか、ということをはっきりと印象づけてもくれましたし、4つの戦いの中では、一番ヒーロー色がうすかったんですが、かけひきの面白さは一番でしたかね。

・地下のメイとエンヴィ。
ここに不死の軍団がからんでくる、という流れで、こんかいほとんど唯一のきれいどころ、メイちゃんの活躍でした。
ここはメイの表情を素直に楽しむところですね。

・エドチームvs不死の軍団。
「足を狙え」ということばに、その凄惨さからか、やや躊躇するエド。
そして足を攻めて動きをとめるものの、その姿に不快感を見せたりと、心の動きを適宜いれていってて、これもまた上の3つの戦いとは違う個性を見せてくれてました。
そしてマスタングの合流。
次はここがメインになるのかな。

作画陣、石野、大貫、山内と、キャラデクラスが3人も入ってて、なるほどなぁ、と思わせる、ものすごいものになってました。
前クール後半で、やや下がったこともありましたけど、1年以上続いているシリーズ、まだこんなローテが組まれてる、っていうことには、ただ驚くばかりで、かなり良い作画だったと思います。
望むらくは、もう少しきれいどころを出してほしい、ってことかなぁ。(^_^;

テーマ:鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIS - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 21:42:51 | Trackback(1) | Comments(0)