FC2ブログ
 
■カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
B型H系 第3回
[暗室で急接近!ちょっとキケンな部活動!?:山田は小須田がカメラを持ち歩いていることに気づく。彼は写真部だったのだ。
燃える文化祭!学園の女王はこの山田!!:山田のクラスはおばけ屋敷をすることになるが、山田の元へなかなか小須田は来てくれない。三郷たちの勧めでミスコンに出た山田は、帰国子女・金城京香と大接戦を演じることになる。]

・暗室で急接近!ちょっとキケンな部活動!?
本編に入る前に、小須田・姉、香月が、まゆにカマをかけますが、まったくかみ合わず、そして語られるまゆの思い出。
さらにそれを香月から聞いて勘違いする山田、という一幕がはさまれておりました。
まゆちゃん、そこは小須田じゃなく、香月にイかなくちゃ。(笑)
BgataHkei03-02.jpg
BgataHkei03-01.jpg
BgataHkei03-03.jpg

幼女時代のまゆと香月・・・かわええのう。(^o^)

さて、本編、小須田が写真部ときいて、さっそくエロ妄想の山田・・・。(^_^;
BgataHkei03-04.jpg
BgataHkei03-05.jpg
BgataHkei03-06.jpg

もうほんとに頭の中はアレ一本ですなぁ。
ただ、アニメで写真部員というと、どうもこういうデバガメ的な連想ばっかりになってしまうのが、ちょびっと悲しい、元女子高数学教諭・写真部顧問なのでありました。
しかしまゆちゃんとか、山田とかがモデルなら、誰でも参加したいよなぁ。(^_^;

さっそく撮影についていったのに、小須田くんの興味が風景メインとあって、いささかがっくりの山田・・・やはり自分が写されることを想定していたようです。それもヌードモデルで。
BgataHkei03-07.jpg
BgataHkei03-08.jpg

暗室へついていって、押し倒し妄想・・・もう頭の中、アレだけですね。(笑)

ライトについての説明をもう少ししておいてあげた方が、とは思いましたが、まぁ、あれでわかりますか。
ともかく、先輩部員が来て大慌て、たちまち真闇の中に取り残されて、思わず小須田くん、山田のB地区を押してしまったもよう。
BgataHkei03-09.jpg
BgataHkei03-10.jpg

しかし、小須田は気づかず。
つくづく運のない男ですな。

その後自転車で送ってもらって、Aパートだけ見ている分には、さわやかに終わった感じだったんですが・・・。
BgataHkei03-11.jpg

・燃える文化祭!学園の女王はこの山田!!
いきなりこれだもんなぁ。。。
BgataHkei03-12.jpg
BgataHkei03-13.jpg
BgataHkei03-14.jpg

この手が無数に迫ってくる妄想・・・レ○プ妄想といいますか、輪○妄想といいますか・・・。
単にエロいとか、性欲が強いとかってだけでなく、おっさん的素養もかなりありますな、山田。
どうなんでしょうねぇ、こういう娘がアレを覚えたら、もう狂ったようにやりまくるのか、それとも案外しかるべきかっこうに落ち着くのか。
アニメの物語としては、やりまくりへと進化してほしいところではありますが。(笑)

さて、後半は文化祭。
山田のクラスはおばけ屋敷。
今回、竹下以外のクラスメイト、三郷と片瀬、というのがけっこう映ってました。
BgataHkei03-17.jpg
おだんごの方が三郷なんですが、メイド喫茶とか執事喫茶とかを支持、提案してましたので、かなりこっち系の人なんかな。(^_^;

あと、山田が準備しているときの背景・・・。
BgataHkei03-15.jpg
「集えコスプレイヤー」・・・なにげに気になりますな。

おばけに扮して小須田と接点を持とうとした山田のプランもカラ回り。
BgataHkei03-16.jpg
危うく竹下と姉妹の契りになってしまうところでした。
いや、それはそれでいいんですが・・・、作品的には激しくまずいわけですね。

三郷と片瀬にそそのかされて、ミスコンに出ることになった山田。
BgataHkei03-18.jpg
BgataHkei03-19.jpg

学園最強の美少女(でも胸だけはB)、という設定ですので、圧勝か、と思いきや、意外な伏兵。
帰国子女、金城京香。
今回の出番はここだけで、しかもほぼ顔出しだけでしたけど、今後の山田とのからみが楽しみですな。
コンテストそのものは、山田、僅差で逃げ切り。
BgataHkei03-20.jpg
BgataHkei03-21.jpg

この段階では、山田はまだそれほど金城が視野に入っておらず、小須田のこと、正確にいうと、小須田とのナニしか眼中になかったようでしたが。

コンテストを見に来た中に、ダイスケと竹下の姿もありまして、山田の美貌をほめながらも「でもボクは美晴ちゃんが一番」とさりげなくかましてくれる、2枚目の上級生が、山田とは全然違う意味でエロくてよろしかったですな。
BgataHkei03-22.jpg
もう、やりまくってんだろうなぁ、こっちのカップルは。(笑)

そして、後夜祭、ファイアストームとフォークダンス。
Aパートラストの自転車とか、このファイアストームとか、基調はエロ妄想一直線ですけど要所要所はしっかり青春ものとしておとしてくれてますね。
まぁ、そうしないと物語になりませんけど。
つうことで、ツンデレ気味になる山田と、学園最高の美少女になってしまった山田に気後れしてしまう小須田が、テレながらも、最後に踊るラストは、なかなか良かったです。
BgataHkei03-23.jpg
BgataHkei03-24.jpg

小須田くんの写真にも、ちょっぴり感じるところのあった山田でしたので、なかなかさやわかにしめてくれました。

しかし次回、ミニスカサンタになったり、ホテル街で目から怪光線を出したり・・・やっぱり山田は山田でした、ということなんでしょう。
今回も、エロ妄想炸裂で、たいへんおいしかったです。(^_^;

スポンサーサイト



テーマ:B型H系 - ジャンル:アニメ・コミック

B型H系 | 23:29:45 | Trackback(2) | Comments(2)
一騎当千XX 第1話
[赤壁の戦いが終結し、闘士たちはそれぞれの学園で平穏なひとときを満喫していた。そんなある日、突如、曹操の本拠地・許昌学院に、涼州高校から馬超孟起が単独で殴り込んできた。見張りをなぎ倒し、放送室を占拠した彼女は、義兄弟の敵である曹操を挑発する。]

第4期スタート。
ほとんど決着がついた第3期から、どうやって話を進めるんだろ、と思ってたら、また視点を変えての展開になるのかな、といった感じで始まりました。

出だしのメインは馬超。
IkkiTousenXX01-01.jpg
エロカワではあるんですが・・・やっぱり『恋姫無双』の馬超の方が好みかなぁ・・・。
ただし、中の人が、ここ最近のお気に入りの一人、遠藤綾さん、ということもありまして、『恋姫無双』の方を考えなければ、そこそこには良いかな、と思ってたりするところです。

ただし、前の第3期あたりから、あんまりぱんつが見えても嬉しくなくなってますね。
ぱんつ演出に関しては、アニメ界全体がこの1~2年で格段に進化しまして、こういったぱんモロでは、トキメキが薄くなってしまった感があるんですよね。
ぱんつデザインも、単なる下着から、見せパン、デザインショーツ、といろいろ発展してきてますし、こういった普通の下着が恥じらいもなくオープンになってしまうことに対して、かつてほどの感慨がなくなってきている、というのもかなりあるか、と。

今回の第1話はそこそこ良かったんですが、このシリーズ、外注になると、信じられないくらいグレードが落ちますので、外注時にどこまで下がるか、あるいはどの程度までで食い止められるか、を見てからでないと、作画についてはちょっと判断しかねるところでもあったり・・・。

お話としては、曹操の留守を襲撃してしまった馬超と、留守居役だった曹仁、許褚が迎え撃つまで。
単なる小競り合いな発端でしたので、今後どういう意味を持ってくるのかは次回以降、かな。
サブタイの「濡れた闘士」
IkkiTousenXX01-02.jpg
曹操に戦いを挑む原因となったのが、義兄・韓遂の重傷。
このあたりから話が展開するのかも。
ともかく、次回、成都陣営と接触するもよう。

アイキャッチはリキの入ったデキで、このグレードで本編が描かれてたら、かなりの名作になったろう、とは思うんですけどね。(^_^;
IkkiTousenXX01-03.jpg
IkkiTousenXX01-04.jpg


テーマ:一騎当千 XTREME XECUTOR - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 22:39:20 | Trackback(0) | Comments(0)
HEROMAN 第3話 インヴェイジョン
[センターシティ上空に現れたスクラッグの宇宙船から、多数のスクラッグ兵士が降下。地元警察では対処できないため、アーミーが投入されるも、まったく歯が立たない。市街は大混乱に陥る。リナとデントンは市民ホールへ避難、ジョーイとサイはジョーイの祖母を助けるべく、ジョーイの家へと急行する。だがそこにもスクラッグ兵士が襲来していた。]

リナの出番が少なくなって、ややシオシオ気分でしたけど、広い画面の美しさ、パースの取り方、アングルの転換等、アニメシークエンスとしては、特上の市街戦を見せていただけましたので、作品としては大いに満足です。

なんといっても、広い空、見渡せる市街とそこで展開する超兵器と軍隊との戦い、メリケン・ムーヴィを思わせるしゃれた会話、軍事展開なんかが実に心地よく決まってます。
「作画の良いアニメ」の見本みたいなところがありまして、深夜枠の諸作品では、ちょっと太刀打ちできんなぁ、といった感を強くさせてくれます。
もっとも、キャラ描画という点に関しては、先の2話の方がかなり良かったんですが、それを補ってあまりある美術演出には、感嘆の一語。

ということとは何の関係もなく、今回のリナ。(笑)
HEROMAN03-01.jpg
スクラッグの円盤の襲来に驚いていたんたですが、そこに、前回のヒーローマンを呼び出したジョーイを見ていた兄ウィルが飛び出してきて「おまえをヒーローだなんて認めない」なんて小局的なことをぬかしてくれとりました。
そんな兄の前に立ちふさがり、ジョーイを擁護するリナ。
HEROMAN03-02.jpg
しっかり自己主張してます、リナ。
第1話、2話で、父や兄に対して従属的なところを少し見せてたんですが、自分の気持ちははっきりと主張する、メリケン・ハイスクールガールっぽいところを見せてくれました。
たぶん、日本ヲタクはこういう自己主張するヒロインはかなり苦手だろうとは思いますが。(笑)

こうやってはっきりとそのキャラクターを見せてくれますと、前回までの従属的に見えていたのも、父とか兄とかが娘や妹を従属的に見る、という、あちゃらのWASP的な感覚をうまく伝えてくれてたのかな、とも思えます。
自己主張する、と言っても、気持ちは最初からジョーイの方に向いてるので、そんなにアクの強さは出ていませんし、よく動いているキャラ、という枠内で見れるようにはなってますけどね。

市街戦になるところで、米国大統領がチラっと映ったんですが・・・小泉元総理みたいでしたな。
加えて、「なに?」と言ってアクティブに対処する姿勢を見せたところとか、なんか今すぐにでも自ら戦闘機になって出撃してしまう、インデペンデンス・デイな大統領みたいな雰囲気もチラホラ。(^_^;
ともかく、あの大統領、1カットだけでしたけど、強烈な個性でしたな。

そして市街戦。
「くれぐれも地面とキスをするなよ」とか「アーミーだ!」とか、西海岸を舞台にしたSF映画を髣髴とさせるところが多々あって、遠景でバトルをとらる描き方ともども、たいへん良い場面の連続でした。

市民ホールへ避難するリナとデントン。
デントン・・・アホなことをやってしまった、という自覚は一応あるみたいですね。
そういう意味では、頭は良いんだろうけど、かなり小者くささも漂いますな。

リナの仲間たち、チアリーディングの面々と、顧問で数学のおっぱい先生も避難してました。
HEROMAN03-03.jpg
クラブ活動の途中、というのがよくわかりますな。
これでリナがチアの衣装でいても、何ら不思議はなかった、ということで。

肝心のリナは、市民ホールの前でウィルのことなんかを聞いてたんですが、そのときの堂々とした姿勢もなかなかよろしゅうございました。
HEROMAN03-04.jpg
HEROMAN03-05.jpg
HEROMAN03-06.jpg

ミニスカと太腿がきれいなだけでなく、カッコよく描かれている、というのも良かったです。

ウィルとニックは円盤へ潜入しよう、とかとんでもないことを考えていたようでしたけど、はてさて、どうなりますか。

ジョーイがサイとともにスクラッグ兵士をやりすごそうと息をとめる場面、ジョーイとヒーローマンの戦闘でヒーローマンのバトルフォームが進化し、アイコンが増える場面。
この辺も洋画っぽくて、ニヤニヤしてしまいました。

ジョーイがヒーローマンと心をさらに深く通わせて、スクラッグ兵士を撃退、そしてゴゴールにわる全世界への宣戦布告、というところまで。
これくらい場面がきれいに決まってますと、リナの出番がうすくても相当の満足感ではあるんですが、やはり望むらくは、もう少しリナをストーリィにからませてほしいです。
次回もしっかりと出番だけはあるもよう。(^_^)

テーマ:HEROMAN - ジャンル:アニメ・コミック

HEROMAN | 22:00:18 | Trackback(2) | Comments(0)