FC2ブログ
 
■カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
真・恋姫†無双 ~乙女大乱~ 第3話
[呉・孫権の親衛隊長、甘寧の元で、武芸の所行に励む隊士、呂蒙。そんな彼女に孫権護衛の任が下される。日夜学問に精を出す孫権にひかれ、そして学問にも興味を覚えるようになった呂蒙を見て、孫権は呂蒙にも学問を勧め、自ら教授する。そんなある日、孫策が街で評判の旅芸人を宮中に招き、その夜、賊が倉庫に忍び込んだ。]

予告に映ってた、紫の短髪、甘寧隊長。
OtomeTairan03-01.jpg
OtomeTairan03-02.jpg

予告の感じでは、まるで敵役みたいだったんですが、今回の主人公、呂蒙の上司、という役どころ。
史実とは少し違いますが、見せ方としては面白かったですね。

今回の主人公、呂蒙なんですが・・・この親衛隊、装備というか、隊服というかが、ふんどしです。(^_^;
OtomeTairan03-03.jpg
OtomeTairan03-04.jpg

よって、呂蒙も甘寧もふんどしだったわけですが、ラストで、これが重要な意味をもって語られてました。
ふんどし・・・重要だったんですね。
『大魔王』といい、本作といい、今期はなにげにふんどし美少女が豊作ですな。

甘寧から孫権の夜番を命じられた呂蒙、そこで孫権の人となりに接し、学問を共助されることになったんですが、このときが、今回のチビキャラ絵。
OtomeTairan03-05.jpg
チビキャラ化すると、孫権がいっそうインド化してしまいますな。(^_^;
孫権の中の人が『Angel Beats』で主役をやってる人、そして呂蒙の中の人が水橋さん。
さすがに可愛いですね、水橋さんの声。

ふんどしとともに重要だったのが、呂蒙の近眼と、メガネっ娘属性。

まず、近眼だったことを孫権に看破されて、メガネを買いに行く、という展開だったんですが、呂蒙って近眼か、それにまつわるネタ、あったっけ?・・・と、これはまったくわからなかったので、ちょいとだけ調べてみたんですが、
「蒙曰、士別三日、即當刮目相待」・・・これかな?
蒙(呂蒙)曰く、士別れて三日、即ち更に刮目して相待すべし。
修練をつんでいる士(もののふ)であれば、3日も別れていれば、変わっているものだ、刮目して見よ。
みたいな意味で、この刮目、目をカッと見開いてしかと見よ、てとこにかけたのかなぁ。。。

あともうひとつ、メガネっ娘の美質と美貌。
OtomeTairan03-06.jpg
OtomeTairan03-07.jpg

眼鏡っ娘協会が設立された頃、といってももう前世紀ですけど(笑)、
「眼鏡っ娘が眼鏡をはずすと美人になる、という描写は間違っている。近眼の少女は、はっきり見えないので目元を険しくしてしまい悪相になる。眼鏡をすることによって、目元もさわやか、涼しげになって本来の美質が生き生きとしてくる。従って、眼鏡っ娘は、裸眼のときがダメで、眼鏡をすることで美少女になる」・・・という理論だか理屈だかを思い出しました。
この呂蒙が眉根をしかめるところとか、近所の少年をおびえさせてしまうところとか、そういった眼鏡っ娘協会の魂の叫びが乗り移ったかのような描写でございました。(^_^;

ともかく、孫権さまが選んでくれた片眼鏡を装着してみると、美しい孫権さまの御尊顔がくっきりはっきりと。
OtomeTairan03-08.jpg
OtomeTairan03-09.jpg

もーちゃん、忠誠を誓ってしまいます。

今回のアイキャッチは、呉の方々。
OtomeTairan03-10.jpg
以前のシリーズでは、呉が濡舞台になったとき、孫尚香に始まり、孫策、周瑜がメインでしたけど、今回のエピソードでは、孫策なきあと、呉を束ねる孫権と呂蒙のエピソード、ということで、関羽と呉の4人とでおさまってました。
関羽も冒頭にちょっとだけ出てきましたしね。

さて、仲睦まじく接していた孫権と呂蒙だったんですが・・・。
OtomeTairan03-11.jpg
OtomeTairan03-12.jpg

うっかり居眠りこいてしまい、盗賊の一件やらがあって、甘寧隊長から厳しいお叱り。
OtomeTairan03-13.jpg
南方娘ということもあってか、皆、おっきいです。

今回の筋立ての肝は、笛を用いた暗殺者の手段を、軍師・周瑜将軍ではなく、呂蒙が見抜いた、ということにありましたが、ネタ的には近眼と、眼鏡っ娘の方がおいしかったです。
盗まれたはずなのに、倉には残っていた笛、落ちていた笛から暗殺者の工作に気づく呂蒙と、暗殺者の少女。
OtomeTairan03-14.jpg
OtomeTairan03-15.jpg

暗殺者の少女、もう少しマスクをしっかり拝ませていただきたかったですな。

呂蒙と孫権がメインでしたけど、それ以外も簡単に。
周瑜公瑾と江東の小覇王孫策伯符(こう書くと別のぱんつアニメみたいですが)、そして大喬小喬も顔出しだけでしたが、登場してました。
OtomeTairan03-16.jpg
OtomeTairan03-17.jpg

次回は魏延と厳顔・・・かな?

エンドイラストは、片眼鏡の呂蒙でした。
OtomeTairan03-18.jpg


スポンサーサイト



テーマ:真・恋姫†無双~乙女大乱~ - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 23:59:44 | Trackback(0) | Comments(0)
迷い猫オーバーラン! 第3話 迷い猫、見つけた
[台風の夜、2人ですごすことになった巧と希。それが気になって雨の中、文乃もやってくる。しかし停電になってしまい、風雨も強まってきたため、文乃もお泊りしていくことに。ところが朝になってみると、希の姿が消えていた。文乃は、自分の巧への気持ちを知られてしまった、と動転する。]

この辺、アニメが始まる前、イベントなんかで配ってたパンフレットに載ってた、第1巻のクライマックスのところでしたね。
あのパンフレットのおかげで、文乃が「好き」といったり「嫌い」と言ったりするくだりは知ってたんですが、実際にかな恵さんの声で聞くと、文乃の動転した気持ちがビンビン伝わってきて、胸を打ちます。

まじめなときほど、自分の気持ちを隠そうとしてウソを言ってしまう文乃。
でも今回は、希の失踪という事態を招いてしまい、それが自分の気持ちを悟られたからだ、と思ってしまい、そういうテレ隠しさえできなくなってしまう姿。
でも即座にいつもの自分を思い出して、否定する、けれどほんとうの気持ちがどうしてもボロボロこぼれてしまう。
いいですね、この感情。
切なさと、寂しさと、後悔と、そしてなにより好きな少年のことを思い、それらの気持ちが制御できないままにからまりあう。
そんな文乃の錯乱したかのような真逆のことを繰り返し言ってしまう姿、実によかったです。

正直、孤児、ということをあんまり強くアピールしすぎると、社会性や思想性がからんできたりするので、ちょっとやりすぎかな、と、途中まで思ってたんですが、この文乃の感情の奔流を見て、彼らの出自を語るのがポイントなのではなく、ここにいたる3人の気持ちの理由、感情の動機なんかのために必要だったんた、と思い、あまりそういった雑音っぽいのは気にならなくなりました。

そしてラスト、いつもの文乃に戻ってしめてくれてまして、あれこそが、文乃にとって、安住の関係だったんですね。
いや、良いエピソードでした。

とはいえ、台風の夜のお泊り、ということで、当然のように、悦痴いハプニングなんかもしっかりあったりして、そっち方面もぬかりがありませんでした。
MayoiNeko03-01.jpg
MayoiNeko03-02.jpg

・・・デカいな。(笑)

入浴中の停電・・・ひところ、ちょっと悦痴い少年マンガではよくあったシチュなんですが、最近は少なくなってましたので、妙になつかしい表現。
恥ずかしがって暴れまくる文乃、よろしゅうございました。

さらにダブル嫁なハーレムふとんでお泊りモード。
MayoiNeko03-03.jpg
そして翌朝。
いなくなってしまった希、その希との昨晩の会話を思い出し、あることに考えがいきつく文乃。
そしておさえきれない涙、動揺。
MayoiNeko03-04.jpg
いい展開ですなぁ。
ヒロインは希っぽかったんですが、ここにきて、文乃にグッと傾いてきた感じです。
つうか、文乃、可愛いすぎるぞ。

それにしても、巧が乙女とは血縁関係がなくて、文乃と同じ施設にいて、と、過去がいろいろと語り直されてましたけど、幼い頃から巧のことをしっかり意識し、想い続けていた文乃。
MayoiNeko03-05.jpg
教会の話、とかってのも、そのうち出てくるのかしらん。

そして案外簡単に発見した希。
「何をしても迷惑になるから」という希。
「迷惑してもいいんだ」という巧。
「家族なんだから」という巧。いい流れですね。

いつもの現実に戻る、千世のひとこと。
「わかったらお手」
希「にゃあ」
MayoiNeko03-06.jpg
MayoiNeko03-07.jpg

今回、岩佐とも子さんの作監で、さすがに女の子の表情とか可愛いく決まってました。
EDの絵も岩佐さんだったようですしね。
MayoiNeko03-09.jpg

動揺していたときのことを確認しようとする巧、「うそだよー」と笑いながら逃げる文乃。
いい〆方でした。
MayoiNeko03-08.jpg
次回、温泉。(笑)

テーマ:迷い猫オーバーラン! - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 23:58:32 | Trackback(0) | Comments(0)
デュラララ!! 第15回 愚者一得
[三流ゴシップ誌の記者贄川は、池袋最強の人物を求めて平和島静雄の元へとたどり着く。その周辺人物をいろいろと取材するうちに、サイモンに、裏社会を仕切る粟楠会幹部に、折原臨也に、そして首無しライダーにいきつく。だが、折原臨也との対談で彼から発せられたことば「娘さんは元気ですか」ということばが、贄川の頭から離れない。そして取材を続けるうちに、何者かに襲い掛かられる。]

帝人くんのエピソードでダラーズがらみが一段落して、またグランドホテル形式に戻って、いろいろ違う局面から人物の描き出しになってますが、今回は以前少しだけ登場した、ゴシップ記者・贄川。
前回出てきた贄川春奈という名前ですけど、やはりこの雑誌記者の関係者、というか、娘だったようです。

切り裂き魔の正体が徐々に絞られてきつつありますが・・・杏里の第2人格、もしくは憑依霊とかではなかったんですね、なんかいかにも杏里のまわりに妖気がたちこめてましたので。
ということは、別人格のジンガイなのか、あるいは春奈なのかな?
原作を読んでる人には「いよいよきたか」って感じみたいですけど、原作未読なんで、逆にワクワクします。
次回予告に、異様な目をした春奈と思しき人物が映ってましたので、そのあたりも含めて展開していってくれるのでしょう。

とりあえず、今回は贄川がメインで、彼の取材を通じて、レギュラー陣の現在の状況、新たなテーマ「切り裂き魔」ということが別視点で語られて感じでしたけど、波江・・・すっかり臨也の秘書なんですな。
服装がいつも一緒でしたので、ひょっとしてあれが制服なんですか?・・・かなり私服みたいなんですが。
臨也くん、もう少し彼女にもおサレな衣装を用意してあげてください。
・・・あ、ひょっとしてそういうのは波江の方で拒絶しちゃうのかな。(^_^;

贄川の家庭環境については語られたとおりですし、次回、春奈が登場するみたいですから、セクハラ先生に追い詰められて自殺してしまった、みたいな流れではないようです。
ともかく春奈の重要性がぐっとあがってきた、といったところですね。

門田、遊馬崎、狩沢絵理華、渡草のダラーズの流れにいる4人が、杏里と接点を持ってました。
絵理華の当番回はもうなさそうなんで、この4人組の、1/4として消化するんでしょうかね、ちょびっと残念です。
ともかく、この4人と切り裂き魔に憑依されたと思われる贄川、贄川に襲われる杏里、といった図式の中に、セルティ、平和島が参加するところまで。
4人組が今までかなり傍観者的でしたので、いよいよ物語の中に入ってきた感じですね、どういう役割を担っているのか・・・。

といったあたりでしたが、今回の見所は、数少ない出番でしたが、その自己主張の強い胸で、ブイブイ存在感を見せ付けてくれた、杏里ちゃん。
夢の中で、鍋に入った誕生日ケーキを、両親とともに楽しんでました。
Durarara15-01.jpg
Durarara15-02.jpg
Durarara15-03.jpg

しかし杏里の両親はいないのか・・・なんかいるみたいな描写でしたけどね、帝人君が訪ねていったとき。
切り裂き魔本人ではなさそうでしたけど、依然としてなにか関係があるのは確かなようで、両親の死もそれに関係している・・・のかしらん。

目覚めの後の、豊満なボディ。
Durarara15-04.jpg
Durarara15-05.jpg
Durarara15-06.jpg

セクハラ教師をひきつけちゃうの、仕方ないよなぁ。。。(^_^;

次回、この杏里と出会うらしい、贄川春奈。
こっちはかなり狂気の相貌でしたけど、はてさて。
罪歌、てのもなんか関係してそうですが、物語展開が巧みですので、変に予想したりせずに、展開に酔わせていただこうかと思います。

テーマ:デュラララ!! - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 23:02:45 | Trackback(1) | Comments(0)
裏切りは僕の名前を知っている 第2話 永劫の調べ
[夕月を救った銀色の瞳をした謎の青年・ゼス。夕月は、初めて会ったはずのゼスに不思議と懐かしさを感じ、戸惑う。その後、平穏な日常に戻りつつあった夕月の前に、祇王天白と名のる人物が現われ、自分は夕月の異母兄だと告げる。そして同時に夕月は自信の不思議な力を自覚し始めていた。]

放送遅行地域な上に、第1話のを見たのが金曜日で、第2話をようやくさっき視聴、ということで、激しく遅れてしまいましたので、簡単に。

原作とかはまったく知りませんし、絵柄から見て、もう完璧に守備範囲外だと思ってたんですが、例によって「第1話たけは何があっても見る」という方新に基づき、視聴。
するとけっこうお話は面白そうじゃないですか、サイキッカーバトルっぽくて。
出だしだけ見てますと、『11eyes』のBL版、て感じなのかな。

ただ第1話を見てますと、デザインはかなり趣味に合わないので、まあ一応見るけど、感想を記録するほどでもないかなぁ、と思っておりやした。
絵そのもの、デザインそのものはたいへん綺麗なんですけどね、設定と第1話の作監んが中山由美さんでしたし。

で、今回の第2話・・・取り上げた理由はもう朝陽院の風景につきます。(笑)
夕月を取り囲む、すばらしき美幼女の群れ。
UragirihaBokunoNamaewo02-01.jpg
UragirihaBokunoNamaewo02-02.jpg
UragirihaBokunoNamaewo02-03.jpg

たぶんバトルが進んでくると、完全に忘れ去られてしまうんでしようけど、作画品質が高い、という証明にはなると思います。
全貌がまだはっきりしないんですが、とりあえず、血族を主としたバトルチームが結成されたところまで、でいいのかしらん。
一応バトルチームの中には、井上麻里奈さん演ずる紅一点もいるんですが、こっちはちょっと趣味からはずれるかな、作画は良いんですけどね。(^_^;

しかし予定表を見てますと、中山さん以外にも、第4話が冷水さんみたいですし、クォリティの高さはけっこう維持してくれそうですね。

テーマ:裏切りは僕の名前を知っている - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 21:55:20 | Trackback(1) | Comments(0)