FC2ブログ
 
■カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
ジュエルペット てぃんくる☆ 第4話 ミリアの魔法でドッキ☆ドキ!
[セレブで女王様気質のミリアは、大好きなレオンがあかりをかまっているのを見て、もやもやがたまってくる。魔法学校の授業で、あかりをともす魔法で、炎を暴走させてしまい、庭を焼いてしまっても、反省せずに飛び出してしまった。ところが、その炎の一つが生き残っていて、火のオバケとなって学園に迫ってくる。]

ジュエルペットはパートナー、ということでしたけど、ミリアをほめそやし、可愛いがり、なんでも受け入れてくれて、というあたり、保護者的な役割ももっているようでしたね。
8歳設定ということですので、悪いことの区別が今ひとつわからない、甘やかされていたので、悪いとわかり始めていても、なかなか謝れない、という、子供らしさ、同時にそのかわいらしさ、なんかがうまく出てたと思います。

しかしあかりちゃん、レアレア界と魔法世界とで、まるで別人のように人格が変わりますな。
一応内気、というのは、魔法学校に来てもちゃんと継承しているようではあるんですが。
レアレア界では内気で声をかけるのもためらっていたのに、魔法学校では、堂々とミリアをかばったり、助言したりしてますし。
魔法世界では、臆する材料が少ない、というのもあるんでしょうけど。

加えて、あかりちゃんの包容力。
今回の事件をうまくまとめたのも、あかりちゃんの包容力と、細かなところに気がつく、回転の速さ、みたいなところがありましたしね。

とはいっても、今回最大のポイントは、ミリアが可愛い、ということにつきますな。
・・・こういうのが甘やかしてしまうことになるんでしょうけど、視聴者っていうのは、親ではなく、むしろ祖父母的な立ち位置で、可愛いとこだけ可愛いがる、ということでいいのではないか、と思われます。

我を張っていたのが、レオンの怪我を見て、あかりの助言を聞いて、ようやく折れだすあたり、ひときわ可愛いかったですな。
JP_Tinkle04-01.jpg
もちろん、この年齢だからこそ見守ってやれる、わがまま、可愛いらしさではあるんですが。(^_^;

変身してがんばってたところとかも、たいへんよろしゅうございました。ごっつぁんです。
JP_Tinkle04-02.jpg
JP_Tinkle04-03.jpg

変身シーンそのものはされほど色っぽくないんですが、変身時間が短いこと、アクションの構図がしっかりとツボを抑えてたりすることから、そこそこ良いデキにはなってると思います。

次回は沙羅の当番回。

スポンサーサイト



テーマ:ジュエルペット てぃんくる☆ - ジャンル:アニメ・コミック

ジュエルペット てぃんくる☆ | 23:40:32 | Trackback(0) | Comments(0)
バトルスピリッツ少年激覇ダン 第32話  激突王ダン!メテオストームの奇跡!
[魔ゐを探し紫の世界に来たダン一行は、そこで魔ゐと因縁のあったナミーの足取りを知る。ナミーが魔ゐを連れ去ってことを知って、一行はナミーが待ち受ける「藍紫の監獄」へ向かう。]

あ、なんか今回、絵が可愛い。
紫の世界にきたダン達でしたけど、ここの住人が、けっこう可愛いかったです。
BS_ShonenGekiha_Dan32-01.jpg
BS_ShonenGekiha_Dan32-02.jpg

お話自体は、魔ゐを救出するため、復活なったてダンのリハビリ第1戦として、いかにも「やられキャラ」な相貌の、どでかい用心棒ゴーダと戦い、これを倒すエピソードでしたけど、この戦いの最中、天空に向かって、ダンが異界王と勇貴に向かって呼びかけてました。このあたり、あらたな戦いの道が開かれて感じで、なかなか良かったです。
「異界王!勇貴!どこかで見てるんだろ?」

そしてその声に応え、妹・華実をダンの元から奪還せんと出動する白の戦士。
シリーズ全体を見据えて、こういう素材の挿入もうまく決まってました。

もう一つ、長期シリーズとしてうまく決まってたのが、ジュリアンの戦線離脱。
赤の戦士として、ダンを見届けて去る、顔はアレですけど、なかなか心にくい演出ですな。
BS_ShonenGekiha_Dan32-03.jpg
剣蔵くんはますます可愛いくなるし、マギサはエロいし、今回、描画が丸っこくて可愛いかった上に、うまくラインもつながってて、作画面でもかなり満足できました。

とらわれの魔ゐたんを回顧してしめておきます。(^_^)
BS_ShonenGekiha_Dan32-04.jpg
BS_ShonenGekiha_Dan32-05.jpg

なにげに余裕あるね、魔ゐたん。

次回、またまた剣蔵きゅんかな?(^▽^)

テーマ:バトルスピリッツ 少年激覇ダン - ジャンル:アニメ・コミック

バトルスピリッツシリーズ | 22:25:30 | Trackback(1) | Comments(0)
聖痕のクェイサー 第16話 断罪の不死鳥
[燈を連れ去った鳳先生が、実はナトリウム使いのクェイサーにして、サーシャの姉を殺した黄金のクェイサーの腹心・フィエーニクスだと知り、それを隠していたユーリを詰問するサーシャ。だがサーシャの手に負える相手ではないとして、ユーリは、アトスからサーシャに待機命令が出ていることを伝える。]

黒・燈、降臨!
正確には燈本人ではなく、中にいた別人、ということでしたけど、映像としては燈の黒化みたいで、なかなかゾクゾクする幕引きでした。

まず、鳳の性癖披露。(笑)
Qwaser16-01.jpg
Qwaser16-02.jpg

1. 少年かと思ったら、少女でした。
2. ソーマ供給源として使い捨てにするつもりが、成長したらひきつけられていきました。
3. 今では愛する人になってしまいました。
・・・という流れでしたけど、ちょっとひっかかるんですよね。
成長したと言っても、リジーはかなりスレンダーな方で、「女」が前面にばいんばいんに出てくるタイプじゃあないです。
じゃあ「ろ」趣味なのかと言うと、幼女時代はそれほど関心はなく、あくまで成長したことによって「愛する人」に変わってしまった、というのですから「ろ」趣味でもないですね。
善意に解釈すれば、肉体ではなく精神に引かれて、ということなんでしょうけど、精神としての成熟もあんまり感じられない、むしろピュアな幼さの方が美質にある・・・でも幼女のときにはひかれていない。
ということで、個性としての愛情、という点ではよくわかるんですが、普遍性としては、ちょっとひっかかるなぁ、と思ったり。
これが燈やまふゆみたいなばいんばいんになってしまいました、というんならわかるんですけどね。
あるいは、ふーちゃんみたいなのに、「最初から」いっちゃうとか。

ともかく、リジーの側からの一方的な敬愛というだけでなく、鳳の方からも、情愛がこんこんとわきあふれていたのでした、という冒頭でした。

燈とテレサを奪われたまふゆとサーシャが、フィエーニクスとの圧倒的な力の差を教わりながらも、あえて出向くまで、だったんですが、その中ではさまれてた、華のドM体質。(笑)
Qwaser16-03.jpg
「支配」ってことばだけで反応してました。
たまらんなぁ、いや、ちゃんとやってくれたので良かったんですけど、なんかもう最近は隠そうとしませんね。
ドMなのはたいへんよろしいのですが、もう少し、羞恥の心がほしいところです。
あとでカーチャがたっぷりおしおきしてくれることでしょう。

サーシャがまふゆに語る、「姉のように慕っていた」オーリャの思い出。
Qwaser16-04.jpg
Qwaser16-05.jpg

もったいないなぁ、こんなきれいな金髪おっぱいを躊躇なく消しちゃうなんて。
黄金のクェイサー、バカですね。(^_^;

サーシャにソーマを吸わせて出陣のまふゆだったんでずか、やりすぎて「腰が抜けて」状態。
Qwaser16-06.jpg
「いっぱい吸っていいといったのはおまえだ」
・・・サーシャ、なにげにエロいです。
そのことばに恥ずかしくなって、ゲキドるまふゆ、うんうん、こういう恥じらいがちゃんとある、というのが、まふゆの個性というか、魅力なんだよなぁ。
どうもまふゆとふーちゃん以外のキャラって、羞恥心がないのばっかりですし。
それだけに、まふゆには、羞恥プレイでいぢめてやっていただきたい、と思ったり思わなかったり。(^_^;
ふーちゃんほど強烈ではないんですが、まふゆもときどきいぢめて光線出してますからなぁ。

チタンの戦士・リジーとの戦い。
Qwaser16-07.jpg
鳳から愛のことばを受けて戦うリジーでしたけど・・・全然ためらってなかったので、「愛してる」ってことばの意味を深く理解してなかったんじゃないかなぁ、とも思えますね。
もちろん、幼いがゆえのあまりの純粋さで受け取ってしまった、ということもあるんでしょうけど。

一方、鳳は、フールのアデプト帰還命令を拒絶し、フールの呼び出した再生復活クェイサーと戦ってたんですが、このときのセリフ。
「日本にはこういうことわざがある。再生怪人では勝てない!」
鳳はん、それ、ことわざ、違う。(笑)

そしていよいよ今回のメインイベント、燈のからだを借りて、黄金の戦士の復活、というところまで。
Qwaser16-08.jpg
いつもの天然ぽわぽわの超乳娘だっただけに、このデモーニッシュな美しさ、ギャップの効果もあって、ゾクゾクしますな。
それにしても、フール。
「こちらにおわすは!」
水戸黄門というか、ダイオージャというか、なんかほんとに道化やってますなぁ、フール。
いいところで、次号、です。

エンドイラストは、『ジンキ』の人でした。(^_^)
Qwaser16-09.jpg


テーマ:聖痕のクェイサー - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 22:11:10 | Trackback(1) | Comments(0)