FC2ブログ
 
■カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
薄桜鬼 第4話 闇より来る者
[長州藩から京都御所を守るため、京都守護職の命を受け、出陣した新選組。だが、会津藩も桑名藩も、浪士あがりの彼らに対して邪険な態度を取る。しかし砲声を聞いた彼らは、三手に別れ、一隊が待機命令を破って御所に急行。そこはすでに多数の死傷者があふれる悲惨なありさまだった。一方、落ち延びた長州藩士を追って、土方とともに天王山に向かう千鶴は、そこで池田屋で沖田と剣を交えた凄腕の剣士に再びさえぎられる。]

姫様登場。
謎のおっぱいくのいちも登場。
Hakuouki04-01.jpg
Hakuouki04-02.jpg

いや、女子向け作品ですから、モブ以外、美少女キャラは千鶴一人で最後までいくんだろうなぁ、と思ってましたので、嬉しい誤算。
メインになることはないと思いますけど、目の保養になってくれると嬉しいな、ということで。(^_^;

EDでそれらしい名前を見てみますと、姫様が「千姫」、くのいちみたいなのが「君菊」・・・でいいのかしらん。
一応、OP、EDにも、千鶴以外の少女っぽいのが映ってはいるんですけど、ディーンのこの系統の作品って、実際本編に登場してくるまでは、少年か少女か判断がつかないことが多かったですからなぁ。
藤堂君なんか、顔と胸板が映ってないときは、少女剣士みたい見えたりもしますから。(^_^;

さて、今回の歴史舞台は禁門の変、一名、蛤御門の変、ですね。
新撰組の剣士に匹敵する実力を持つであろう剣士として、薩摩の天霧九寿、長州の不知火匡、現時点で正体不明の風間千景、というのが正式に名乗りを上げて登場し、今後、密接に関わってくるであろうことを暗示してくれてました。

特に、風間千景・・・土方組の前に立ちはだかり、千鶴を見てなにか反応を示したりと、いろいろと深い秘密、縁が隠されていそうな描写でした。
この風間、中の人が、ツダケンさんだったんですね。
『バカテス』のときとの話芸の違いにしびれますな、どっちかっていうと『バカテス』の先生&ナレーションのとき方が好みですけど、この風間も、なかなかよろしい、というか、たぶんこっちが表芸なんでしようけど。

その風間と目をあわしてた千鶴。
明らかに風間は知っている、という風でしたけど、はてさて、どういう過去、因縁があるのやら。
こりゃ千鶴の父を探し出さんことには、話が進みそうにないですね。
最初は、千鶴が新撰組に合流するためだけの素材かと思ってたんですが、意外と重要になってくるのかな。
Hakuouki04-03.jpg

千鶴一人でも十分男性視点ででも楽しめるつくり、お話になってますけど、さらに姫様とくのいちが出てくるみたいですので、いろいろと楽しみが増えました。
話も予想外に、といっては失礼ですが、けっこう面白いですし、正直、かなり「あたり」の感覚で見ています。

山南さんが、薬を使ってどうこうとか、不穏なことを言ってましたので、これが将来の禍根となりそうですね、そういった素材もまかれていた第4話でございました。

サブタイの「闇から来る者」って、誰のことだったんでしょ。
見た印象では、風間かなぁ、と思ったのですが、不知火、天霧、もしくは3人全員なのかな、ちょっと明示性に乏しかったので、これはシリーズを通して見るとわかるつくりなんでしょう。
次回、山南さんに暗い影がおちてくるもよう。

スポンサーサイト



テーマ:薄桜鬼 - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 22:43:00 | Trackback(0) | Comments(0)
あにゃまる探偵キルミンずぅ 第29話 花だ!だんごだ!あにゃまる探偵史!?
[桜が満開の草原にやってきたリコとリムは、のんびり花見をすることに。2人はキルミンを見つけたときのことや、楽しかった思い出、不思議な体験を語り合う。]

総集編でしたので、とばしても良かったんですが、総集編でした、ということを記録しておいてもいいかな、ということで。

総集編と言っても近頃のアニメには、どこか新作絵が少しだけ入ってたりするもので、昔みたいに、全部過去フィルムで、それを声優さんがつないでいく、というスタイルはめったに見なくなりました。
今回の総集編も、少しだけそういう部分はありましたけど、ほとんどない、といっていいくらいのつなぎあわせで、最近では逆にちょっと珍しいかな、という気がします。
いや、細かく懸賞してないので、あの着ぐるみの上の部分もバンクだったのかなぁ。。。

ともかく、声優さんが録り直している以外、実に手がかかってない、という感じの総集編でございました。
ふだんの絵が、ひどいときでもそれほど落ちてないので、許容範囲ではあったんですけどね。

あと、総集編なんですから、もっと変身が、とりわけヌグミンをふんだんに見たかったですぞ。(笑)

ここで選ばれてた場面が、今後の展開の軸になっていくでしょうから、ミサのウェイトがどんどんあがってくるんでしょうね。

テーマ:あにゃまる探偵キルミンずぅ - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 22:35:02 | Trackback(1) | Comments(0)
鋼の錬金術師FA 第54話 烈火の先に
[リザが出会ったのロイはエンヴィが化けたものだった。だがリザはそれを見破り、ロイとともにエンヴィを追い詰め、ついに本来の姿を引きずり出す。そこへスカーとともに現れたエドの手の中に落ちるエンヴィ。エドはロイにエンヴィを引き渡すことを拒絶する。その頃セントラルではついに、ブリッグズ兵が中央司令部本部を占領していた。]

前半のエンヴィのドラマ、なかなか見せてくれましたな。
ロイの焔に焼かれ、必死で取り込んだ不死の軍団の肉体を焼かれ、本体を表し、醜態をさらしながら逃げる姿。
そしてエドの手に落ちるや、スカー、ロイ、リザ、そしてエドに挑発と疑念を植えつけるべく口上をたれ、ありとあらゆる手を使って窮地を逃れようとする姿。

人間を軽蔑し、凌駕し、ことあるごとに悪態をつきながらも、その小者ぶった嘲罵を、挑発をやめない姿を見て、エドのひとこと。
「エンヴィ、おまえ人間に嫉妬してるんだ」
いいセリフですね、この一言で、今回のエピソードがうまく決まった感じです。

エンヴィという名前から、彼の怨恨の底に、嫉妬、劣等感、孤独があったのはかなり速い段階で、ラストがその本性を見せだしたあたりで既にわかる仕組みにはなってましたけど、それをこの情景、この場面、必死で自身の生きてきたその怨恨にすがろうとする姿を描いたところで出してくるその秀逸さには、関心しましたし、また感銘を受けました。
エドやリザがマスタングに対して言っていた「人としての姿」には、奇麗事とか、そういった鼻白むものも含まれていましたし、ちょっと斜に構えて発言すればそういうことにもなろうかと思いますが、その後で出てきたこのエドのセリフが、マスタングにかけた言葉が上ッ面のものでなかった、というのを示してくれてました。
いや、良い場面だったと思います。

「屈辱だよ・・・このエンヴィが人間に理解されるなんて」と言って泣き、踏みつけられた靴の下で抗う姿。
「ばいばい、エドワード・エルリック」と言って、賢者の石を自ら取り出し消えていく姿。
逆説的な意味で、あまりにも人間くさい名場面でした。
人間に嫉妬していた、というのも、うなずける末路でした。

この前半部があまりによかったので、後半の中央司令部での戦いは、どうもおまけ的な感覚でしたね。
次回は、ここにイズミが乗り込んできたあたりを受けて、かな。

テーマ:鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIS - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 21:08:06 | Trackback(1) | Comments(0)
ハートキャッチプリキュア! 第12話 ドッキドキです!プロポーズ大作戦!!
[フラワーショップ花咲で店番をするつぼみの母・みずき。彼女がえりかの母・さくらと電話で話していたところ、常連の男性客・利岡ユウトが訪れる。そして彼は、永遠に咲きつづける花を注文する。一方、さくらがデザインを手がけ、経営するデザイナーファッションショップ・フェアリードロップには女性客・柴田リサが訪れ、世界一愛される服を注文する。]

悩める男女の恋の相談・・・でしたけど、最初から相思相愛、踏み出すきっかけがなかっただけ、ということで、ストーリィとしてはかなり浅かった印象。
作画はいつもとおりでしたし、広角構図のアングルとか、バーベキューパーティでいつもと違う背景とか、それなりに目新しさはありましたので、エピソードとしてはまあまあかな。
おっきなお友達的にはややイマイチでしたけど、学齢児童向けとしては、おとなの世界をわかりやすく見せてくれた、ということなんでしょう。
次回がキュアムーンライトで、本筋に舵を切りそうですので、その前の生活描写部門、といったところですかね。
ただ、せっかく家族でバーベキュー、でしたのに、もも姉がほとんど映ってない上に、まったくしゃべってくれなかったのが、がっかりです。
しゃべらなくてもいいから、もう少し画面の中に多くでてきてほしいものですな。

今回のポイントは、そんなわけで、筋よりも、デザトリアンとの戦い。
デザトリアンにつかまってしまったマリンが、デザトリアンのからでの水の中で、窒息寸前。
そこにシフレ、コフレが竹筒で突っ込んで呼吸させるんですが、ここのシーンが、まるで竹槍でマリンを串刺しにしてしまいそうで笑わせていただきました。
マリンてば、ギャグ要員になったとき、容赦なくやられるんですが、それだけに面白いですな。(^_^;

次回、キュアムーンライト。
マーキュリーはんが成長した姿、ということですね!(違ゥ)

テーマ:ハートキャッチプリキュア! - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 00:56:44 | Trackback(0) | Comments(0)