FC2ブログ
 
■カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
ジュエルペット てぃんくる☆ 第5話 消えて縮んでドッキ☆ドキ!
[新任教師サフィーラの魔法物理の授業で、学校一の天才少女と言われる沙羅がそのすばらしい頭脳を発揮し、あかりは大絶賛。でも沙羅は勉強一筋で友達がいなかった。それを聞いてあかりは友達になろうと、沙羅の実験を手伝うことに。しかし沙羅の実験はまだ未完成だった。]

ずっと気になってるんですが、OPの紹介文・・・沙羅、3歳って。(^_^;

それはともかく、今回は沙羅の魔法で皆が振り回されるエピソードでしたけど、人体実験されているのに、ケラケラ笑ってるあかりちゃんに、ちょっと怖いものを感じてしまったり。(^_^;
某大型掲示板で、リアル側のあかりちゃんの学園生活がほとんど描かれていないこと、学園生活で口をきいている人がほとんどいないこと、なんかから、ジュエルランドは病んだあかりちゃんの妄想世界説がでてきてるんですが、リアル側とジュエルルランド側での別人のような性格の豹変とか、この人体実験されているのにケラケラ笑ってるところとか、あながちありえるんじゃないかなぁ、と思ってしまうくらい、浮いてました。
スポンサーとか対象年齢とかのことを考えたら、そんな病んだ黒い結末はまずないとは思うものの、ありえるくらいには想像素材がまかれている感じですね。
単に、あかりちゃんの「純粋で優しくて繊細な心」というのを表現しようとして、その接し方の描写がズレてしまってるだけだろう、とは思うのですが。

その魔法で、面白かったもの、2つ。
まず、逆立ち。
JP_Tinkle05-02.jpg
カメラさん、もっと上!・・・ちゃんと仕事しようよ、と思ってしまったのは・・・私だけじゃないよね?(^_^;
重さがなくなる魔法かと思ってたら、逆立ちができてしまう魔法・・・て、なんてピンポイントなんだ、とか思いましたけど、これって鼻行類とか鼻歩動物とかの人間版みたいな感じ・・・なのかな。
ぱんつは見えなくてもいいので、スカートを反重力化してでも、全身を見たかったです。
正確に言うと、逆立ちの足が見たかったんですが。(笑)

一緒に逆立ちしてしまうのが、新任教師のサルファ先生で、おつきのジュエルペットがトール君だったんですが、トール君の中の人が、竹内順子さん。
さすがにうまいです、というか、ジュエルペットの声質のヴァリエーションが広がった上に、しっかりと芯ができていい全体像になってます。

もう一つ、変態風味あふれる、分裂あかりちゃん。
JP_Tinkle05-01.jpg
JP_Tinkle05-03.jpg

大昔『うる星』で「ラムちゃんがいっぱい」をアニメ版の方で見たとき、その変態テイストに感動したものでしたが、数十年の時を経ても、この可愛い女の子がいっぱい分裂してしまう、というモティーフにはいまだに変態紳士の心が欣喜躍雀となるものを感じてしまいます。
最近の若い変態紳士は、こういう状況に果たして心ときめかせてくれているのかどうか、少し心配になったりしてしまいますが。(^_^;
あかりちゃん、2~3体、お持ち帰りしたいものですな。(^_^)

今回メインだった沙羅さんのマジカルスーツで、しめておきますが、まだまだ謎の多い少女ですね。
JP_Tinkle05-04.jpg
てぃんくるてぃんくる ろこだうーら!
ほんとに3歳なんかなぁ。。。

スポンサーサイト



テーマ:ジュエルペット てぃんくる☆ - ジャンル:アニメ・コミック

ジュエルペット てぃんくる☆ | 23:55:34 | Trackback(0) | Comments(0)
ハートキャッチプリキュア! 第13話 真実が明かされます!キュアムーンライトの正体!!
[エリカ、ももかとともにショッピングに出かけたつぼみだったが、祖母から「リュウゼツランの花が咲いた」という電話を受けて、急遽、植物園へ。するとそこに月影ゆりもやってくる。エリカから駅でスナッキーが暴れている、という連絡を受けたつぼみは急いで飛び出していくが、母が駅で働いているゆりもまた駆け出していく。そしてそこにいたダーク・プリキュアによって、ゆりこそがキュアムーンライトであることが明かされる。]

世代、ということが今まで以上に強く意識されるつくりになってきまして、祖母がかつてプリキュアだったり、先代のプリキュアといっていい月影ゆりに、深い秘密があるらしかったりと、時間軸の広がりが今まで出一番あるみたいですね。

なんといっても今回最大のポイントは、ゆりがムーンライトだとわかったことよりも、行方不明のゆり父のこと。
このあたりも、先代の謎、みたいな感じで、物語の良い肉付けをになってますな。

ひっかかった点、その他、抜き出してみますと、
・ゆり父、失踪の理由。
心の大樹を探して、ということなので、月影母娘の間では、プリキュアに対してかなりの情報を共有してる、てことかな。

・サバーク博士の不可解な命令。
ブロッサムとマリンは倒してもいいけど、ムーンライトには手を出すな、と言ってたんですが・・・これでかなり、ゆり父がサバーク博士、という可能性がでてきたかな、といったところ。
というか、それ以外ですと、あそこで止めた理由が通りませんしね。
ブロッサムとマリンにトドメをさすこともとめてますし、サバーク博士の意図がかなり謎です。

・ダークプリキュア「おまえは私だからだ」
同じプリキュアの力を共有する戦士、というレトリックで言った可能性もあるんですが、額面通りに受け取ると、ゆりと双子の関係か、あるいはゆりの人格から出てきたゆりのダークサイドか、そういったあたりも連想できますね。
ともかく、単なる好敵手、という関係を超えたなにかがある展開になってますので、この両者の関係も注目。
こうして見ますと、プリキュアの力、という点に関して、ゆりが主人公っぽく見えてきますな。

・無口なイケメンの正体。
こっちもコッペさま説が急浮上なんですが・・・今後登場する新キャラの可能性もありますが、ゆりがわざわざやってきて抱きついた演出を入れていたことを思うと、これもかなりコッペさまが有力になってきてますな。

ということで、謎、暗示が広がった今回でしたが、次回は母の日、ということで、またサイドストーリィになるのかな。

テーマ:ハートキャッチプリキュア! - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 22:58:31 | Trackback(0) | Comments(0)
バトルスピリッツ少年激覇ダン 第33話  タッグバトル!神造巨兵オリハルコン・ゴレムの恐怖
[藍紫の監獄に踏み込んだダンたちの前に、ナミーが差し向けたカードバトラーが立ちはだかる。第2の敵はブルストム。なんでもナミーとは旧知の間柄だったという。ところがそこに、ブルストムの父にして、魔族の生き残り、ヘリオストムがやってきて、ブルストムとのタッグバトルを所望、これを受けてダンはクラッキーとともにタッグバトルを決意する。]

キャラの使い回し、ちょっとやりすぎみたいな感じがしたものの、ブルストムの父上、人間族出身のかーちゃん、幼い頃美ショタだったブルストムと、ネタ的にはけっこう面白かったので、結果オーライということで。(^_^;

最近出番のうすい魔ゐなんですが、今回も牢獄の中にいずっぱり。
BS_ShonenGekihaDan33-01.jpg
ただし、ナミーの胸がかなり嬉しいことになってきているので、それはそれで、というところ。
エロボディ担当がマギサしかいなかったので、ここにナミーのような素材が加わってくれると、実に嬉しいですな。

ブルストムの幼少時代が映ってたんですが、すげー可愛いガキだったのにびっくり。
つうか、かわりすぎでしょ。(笑)
とーちゃんだけでなく、かーちゃんまででてきたので、このバトルの後、美形変身するのかぁ、とちょっと楽しみになってきてるんですが・・・敵方だから、さすがにそれはないかな。(^_^;

それにしてもブルストムの母・リョーコ、通り名が「ブーメランのおリョウ」、人間界出身で、奇怪ないでたちで現れたんですが、次回のメインなのかなぁ、ちょっとドキドキ。
中の人が、ゲルトルート・バルクホルンな園崎未恵さん、ということで、2重においしいキャラでした。
デザインは美形とはちょっといいかねますので、回顧はしませんが、なんかヘリオストム以上に面白そうな人物像でしたので、次回、楽しみです。
予告もトゥルーデ姉さんリョウコさん担当で、
「だんなと倅が迷惑かけました。しめてやってください。」
「異界家族の明日はどっちだ」
もう、良すぎです、このキャラクター。
たぶんちょい役で、このエピソードが終わったら退場なんでしょうけど、なんかもっと見たいなぁ・・・。

タッグバトルは・・・よくわからんのでどうでもいいんですが、クラッキーのステージ、ということで、美女美女なカードが出てくるのが(ちょこっとだけでしたけど)楽しかったです。
ケルビムさん。
BS_ShonenGekihaDan33-02.jpg
BS_ShonenGekihaDan33-03.jpg

無粋なダンに消されちゃいましたけどね。(笑)

マギサ、おリョウ、ヘリオストムの過去、なんかも楽しみにしています。(^_^)

テーマ:バトルスピリッツ 少年激覇ダン - ジャンル:アニメ・コミック

バトルスピリッツシリーズ | 21:58:25 | Trackback(1) | Comments(0)
聖痕のクェイサー 第17話 炎の福音
[燈の肉体を借りて復活を遂げた黄金のクェイサーが、燈の体に歓喜する。そこへ駆けつけたまふゆを拘束し、踏みつける黄金のクェイサー。その口から、今までのクェイサーがサーシャを高めるためのただの生贄にすぎなかったことを語る。テレサとリジーを屈服させたものの、殺すことまではできなかったサーシャがやってきて、鳳との戦いになる。サーシャのその戦いの中で、階梯を登っていくことになるのだが・・・。]

初登場時からアナスタシアエッグの解説が軽かったので、力の源泉としてのトリックが「ああ、そういえばそうだったか」みたいな展開ですすんでいってるのが、ややまどろっこしいですけど、黄金のクェサーが現れ、サーシャに「階梯」という課題ができたことによって、あらたなステージに進みました。
はっきりと、サーシャが目指すべき敵の姿が見えてきた、ということですね。今までも、オーリャの仇として、ナトリウム(鳳)と黄金の存在は触れられてはいましたが。

結局、燈を拉致したまま黄金のクェイサーとフールが退場し、鳳が倒れ、リジーが仲間になったことで一応の幕。
真相説明編、ということもあってか、前回ラストで見せてくれた、デモーニッシュな燈の表情はあまり発展がなくて、少し残念。
Qwaser17-01.jpg
しゃべってる内容もかなりお下品で、デモーニッシュさから連想される気品が感じられなかったですし。
「至高のおっぱいだ!」
・・・もっとも、セリフそのものは面白かったし、笑えたから良いんですけどね。(^_^;

むしろ今回は、後ろ手に縛られて、いろいろピンチになってしまったまふゆちゃんの方が、ワタクシ的には見所が多かったです。
Qwaser17-02.jpg
Qwaser17-03.jpg

発育過剰のお乳を、もっと過剰な娘の足でふみつけられたり、ミニスカのままお乳をくびりだすがごとく緊縛されたりと、なかなか嬉しい役。
しかも今回、ラスト直前にリジーに解放されるまで、ほとんど縛られっぱなし、という見事な緊縛ヒロインぶりで、たいへん堪能させていただきました。

思い出が交差する中、「命を吸」わせてサーシャを支援するその姿に、ヒロインとしての位置が確立してきつつあり、まふゆスキーとしてはお話の上でも嬉しい展開になっていきました。

一瞬意識を取り戻した燈とともにいる場面も、いろいろとからだをくねらせてくれたり、臀部を突き出してくれたり、くびりだされて胸を服越しとはいえ見せてくれたりと、大活躍でございました。
Qwaser17-05.jpg
Qwaser17-04.jpg

戦いつつも、敗北してとらわれる、そういうときのまふゆちゃんは、ゾクゾクるくらい輝いておりますね。
これからもどんどんピンチになって、つかまって恥ずかしいことをされてほしいものです。

その他の人々、テレサ、リジー、カーチャ。
Qwaser17-06.jpg
Qwaser17-07.jpg
Qwaser17-08.jpg

なんかテレサの扱いが最近悪いですね、最初からそれほど露出が多い方ではなかったですけど。
バトル作品という性質上、静かなタイプはわりと埋没してしまうのかもしれません。
ふーちゃんみたいに、完全に脇になってしまうと、出番のあるときとないときで、くっきり色分けされるんですけど、テレサの場合、レギュラーなんで、どうしても埋没してしまいますな、残念なことです。

リジーは戦闘要員、ということで、要所要所では存在感を見せてくれているので、まだましかな。
師匠の愛が、師匠に道を謝らせてしまったかもしれぬ・・・というのは、なかなかショッキングな展開、ブラフでもあったわけですが、ここについてはあんまり深入りせず。

カーチャは最後にいいとこで参戦してましたけど、あの超電磁砲スタイルは・・・。(^_^;
遠距離からの電撃攻撃でしたら、ビリビリ娘の方が良いなぁ。
カーチャはどっちかっていうと、もう少し近接戦闘になってほしいです。
遠距離攻撃は、キャラクター的に、むしろテレサの役ではないか、と。

燈が連れ去られたところまで。
Qwaser17-09.jpg
次回は以前の温泉回で、ちょっとだけ出てきた六実再登場で、まふゆの恋のライバル・・・になるんかなぁ。(笑)
中の人が、関羽さんなんで、これまた楽しみにしておきます。
しかし燈はしばらく回想でしか出番がないのかしらん、それはそれでちょっと残念。

テーマ:聖痕のクェイサー - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 00:17:21 | Trackback(1) | Comments(0)