FC2ブログ
 
■カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
いちばんうしろの大魔王 第5話 
[謎の地図に従い、宝を目指す阿九斗一行。途中温泉に出くわすハプニングを経て、ついに到達したそのお宝とは、魔王がかつて所有していたドラゴンと、その所在の場所であった。阿九斗が照屋栄子という女と一緒にいると聞き、服部絢子が、そして不二子までもが追撃しする。そしてその場所には、リリィ白石と生徒会一行が待っており、阿九斗はある決断を迫られる。]

一応筋はしっかり進行してますし、不二子の兄の死の真相、照屋と服部のライバル関係、生徒会が関与していた理由、なんかも明かされて面白いモティーフもさらにいろいろとまかれてたんですが、一番良かったのは、なんといっても照屋が阿九斗に「その女を選んだ」と言っているのを聞いたときの服部絢子の表情ですね。
IchibanUshirono05-01.jpg
燃え上がる恋情。
このときの「選んでくれた」というのを後でもう一度繰り返してましたし、もう完全におちてます。

あとは、照屋と服部絢子の裸三昧。
局部はもちろんあの例のアイコンで隠れてるんですが、背中と、背後から見え隠れするお乳、ぱんつ、なんかはかなり明瞭に構図の中に溶け込んでいたりして、逆にエロティカでございますな。
衛星の方では、花園以外はかなり見せてくれてたようなんですが、地上波のこういう隠し方、嫌いじゃいです。
むしろ、アイコンが可愛い上に、それぞれの個性を反映してて、むしろこっちの方がいいんじゃね?・・・と思う場面もいくつか。
IchibanUshirono05-02.jpg
IchibanUshirono05-03.jpg
IchibanUshirono05-04.jpg

照屋栄子の自身の女体さえ武器としてしまう、徹底したくのいちっぷりが、前回同様乱舞してたんですが、やはり羞恥心がある服部絢子の方が、個人的にはひきつけられますね。
けーなの部屋から出て行くとき、ふんどし尻も今回復活してて、嬉しいことになってましたし。

とはいえ、やはり照屋さんの身を張った肉弾攻撃は大変ありがたかったので、しっかりと網膜の裏に焼きつけておく必要がございますな。
IchibanUshirono05-05.jpg
IchibanUshirono05-06.jpg
IchibanUshirono05-07.jpg

開脚してだきついているので、ほとんど対面座位に見えるんですが、これって、もうモロにあたってるよね。(^_^;
少なくとも、胸は押しつけてまして、むにゅむにゅしている動画がしっかりとはさみこまれてました。
さすがに岐阜動画で回顧すると、ちょっとヤバいことになるかもしれんので、自粛しますが・・・。

一応、豊かな表情も見せるんですけどね、演技ですけど。(笑)
IchibanUshirono05-08.jpg
しかしそれにしても、照屋と服部絢子の戦いというか、ケンカ。
照屋「処女の分際で」
絢子「処女で何が悪い!」
えーと・・・照屋さん、ひょっとしてもう御開通なんですか?
公儀隠密らしいので、それくらいとっくにやっちゃってそうですけどね。(^_^;

続いてわれらがヒロイン、ショートットも凛々しい、戦う巨乳デカ尻ふんどし娘、服部絢子。
IchibanUshirono05-09.jpg
IchibanUshirono05-10.jpg
IchibanUshirono05-11.jpg

こっちも開脚でとびこんできましたので、阿九斗くんにたぶんモロ見え。
動態視力がよければ、具まで見えたんじゃないか、というアクション、うーむ、うらやましいぞ!
しかし戦略として見せている照屋と、アクシデントで見えてしまった絢子とでは、羞恥の心、という点でも意味合いが大きいですし、こういうところも服部絢子の魅力が勝っているところですな、この後しっかり隠してましたし。

そんな服部絢子の戦士の表情とか、「私を選んでくれたから」と、今度は自分で言って赤面してしまう場面とか、こっちは素で表情が豊かなので、魅力倍増です。
IchibanUshirono05-12.jpg
IchibanUshirono05-13.jpg

これであともう少し、ふんどしシーンがあれば、いうことありません。(^_^)

江藤不二子・・・の兄の謎がかなり解明してきましたけど、なにやら国家的な陰謀があるらしい、というところまで。
凛々しいマスクと、食い込むぱんつがとっても嬉しい、不二子さんでした。
IchibanUshirono05-14.jpg
IchibanUshirono05-15.jpg

途中、トラップを仕掛けていたリリィ白石配下の3人娘。
能力が披露されてたんですが、こうして見ると、リリィとこの3人娘、『怪物くん』の設定を踏襲してるんですね。
「はいざます」が大竹美智恵、フンガーフンガーがアルヌール、ウォーが神山カンナ。
IchibanUshirono05-16.jpg
IchibanUshirono05-17.jpg
IchibanUshirono05-18.jpg

竜巻が解消されたときに、女子の悲鳴が入っていたのは、この大竹美智恵の悲鳴だったわけですな。
そして、薬剤で突破したため、カンナが酔っ払い状態になってしまってまして、妙に色っぽかってです。(^_^)

しかしリリィ白石の帽子は、怪物くんの帽子というより、『ドロロンえん魔くん』のシャッポじい、みたいですな。

そんなリリィのご褒美のキス。
IchibanUshirono05-19.jpg
IchibanUshirono05-20.jpg

ちょっと恥ずかしそうに頬を染めているのが好感もてます。

遺産の正体がアーカード声というか、ギロロ伍長声というか、ともかくピーター・ハウゼンという名のドラゴンで、これにも承認されてしまい、阿九斗くん、堂々の魔王就任式。
IchibanUshirono05-21.jpg
IchibanUshirono05-22.jpg

ああ、正妻が一番遠い位置にいる!(^_^;

カメラを構えたのが、フンガー娘でしたので、これはなんとなく『まじかるぽか~ん』の鉄子を連想させてくれました。

今回もたいへん悦痴な場面がテンコ森で、とってもうれしゅうございました。

スポンサーサイト



テーマ:いちばんうしろの大魔王 - ジャンル:アニメ・コミック

いちばんうしろの大魔王 | 23:58:48 | Trackback(0) | Comments(0)
怪談レストラン 第19回 
[あの世の旅のご案内:アンコ、ショウ、レイコの3人は、不思議な見世物小屋の前で足を止める。その見世物小屋は「冥土ツアー」と言い、死後の世界を体験させるものだった。
悪魔の窓:司祭がこっそり隠していた、禁じられた悪魔を呼び出す呪文を、2人の弟子が見つけて唱えてしまう。
泣くつり鐘:子を亡くした母に聞こえる子の泣き声。]

あの世の旅のご案内。
ラストの落とし方とか、お話としてはかなり杜撰な感じのするしまらないものでしたけど、語られているモティーフは、お葬式入門、みたいで、なかなか含蓄があったんではないでしょうか。
三途の川での脱衣シーンを省略してたのが、ちょっといただけませんでしたが。(笑)
七日ごとの決まりごとが、かなり詳細にわたってたので、どこぞの宗派と関係してんですかね。

今回は3話とも、しっかりレイコが登場してまして、レイコ・ファンとしては良い回でした。
この最初の地獄解説のエピソードでは、天秤ばかりで生前の罪の重さが計られてたんですが・・・。
KwaidanRestaurant19-01.jpg
すみません、レイコが競りにかけられているみたいでした。
思わず「いくらくらいまでなら出せるもんかなぁ」と妄想してしまったのは内緒です。(笑)

悪魔の窓。
最初のエピソートが長い割りにイマイチしまらなかったので、後の2作は比較的まとまっていました。
ここでのレイコの役割は、ショウ君扮する司祭様のお弟子さん。
まぁ、男装している、という風にも見えますね。
KwaidanRestaurant19-02.jpg
KwaidanRestaurant19-03.jpg
KwaidanRestaurant19-04.jpg

アンコが弟子というより、下働きの下女みたいに見えるんですが(笑)、ローアングルあり、抱きつきあり、ひざまづきありと、なかなかおいしい場面が提供されてました。

「悪いことを命じなければ退出しない」というのは、教会訓話っぽくて、良い味付けでしたね。

悪魔のつり鐘。
レイコの語りによる百物語形式だったんですが、ここでのレイコは完全に男役。
KwaidanRestaurant19-05.jpg
子を亡くした母、というのが、アンコの役柄で、これはわりとよくにあってたかな。
アンコって、庶民的な役だと似合うんですが、僧侶とか資産家とか、そういうのはまったく似合いませんからね。(^_^;

次回もレイコが出てくれるみたいで、かなり安心、なんですが、あのおびえたような表情、思わず前かがみ級ですな。
KwaidanRestaurant19-06.jpg
黒髪の美少女がおびえる姿をローアングルのアオリで見せてくれる、良いカメラワークです。
次回もコカンを熱くして待機しておきます。

テーマ:怪談レストラン - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 23:01:44 | Trackback(0) | Comments(0)
WORKING 第5話 ある風邪の日に…、いつもと違うワグナリア
[その日のワグナリアはいつになく男性客が多く、伊波は男性恐怖症を治そうとするものの、なかなかうまくいかなかった。次の日、妹・なずなが発熱して寝込んでしまい、小鳥遊君は妹を病院に連れて行くため、ワグナリアを休むことに。急な彼の休みで、ワグナリアは大忙しとなってしまう。]

殴られまくっている小鳥遊くんの悲惨さが目につくんですが、なにげに佐藤君もけっこう悲惨ですな。
好意を寄せる轟さんがちっとも気づいてくれないのはまだしも、自分に対して次々と違うことを考えている、というあたり。

今回も騒ぎというか、事件の元は伊波さんで共通してましたけど、小鳥遊くんのいる(前半)、いない(後半)で混乱が加速していくのが楽しかったところ。
まず、前半、なんつっても、ちっこいことを佐藤にからかわれて巨大妄想にふけるぽぷらちゃんが一番良かった。(笑)
WORKING05-01.jpg
WORKING05-02.jpg

でたー、ぽぷらどん、て感じだったんですが、見た瞬間
「さくら、怪獣じゃないもん!」というセリフが丹下ヴォイスで再生されてしまったことは内緒です。(^_^;

小鳥遊くんの変人度グラフ・・・なんですが、
WORKING05-03.jpg
この話の時点では、店長より八千代さんの方が変人度が高かったような気がするんですが・・・。
しかし3人とも可愛い変人さんですね。
・・・25過ぎは、小鳥遊くんじゃないけど、アウト・オブ・眼中なもんで。

後半はなずなを病院につれていくため、小鳥遊くん、欠勤、だったんですが、ステルスモモ声のなずなが、かなり脳天直撃級ですね、でっかいけど。
WORKING05-04.jpg
かわええなぁ、なずなちゃん。でっかいけど。(笑)
凶悪な姉3匹に比べたら、まだ好意をもってくれている分、ましだと思うんですけどね。

伊波さんが、だんだん小鳥遊くんに心が近づいていきつつある、というのも、かなりのニヤニヤ度なんですが、そんな小鳥遊くんの、ときどき見せる苛立ちに対して、伊波さんの方でも「ムカつく」といて壁を殴っている、っていう描写もいいですね。
暴力的ツンデレという、属性だけで語り終えられてしまうのではなく、たとえひかれつつあっても、気に入らないところ、気になるところが目に付いてしまう、そして表現してしまう、というのは、ちゃんと血の通った女の子として描写されているんじゃないでしょうか、まぁ、変人の一人ではありますが。(^_^;
WORKING05-05.jpg
感情が高ぶると、頬に血が通ってしまう、というのも、伊波の描写としてはよろしいですし。

相馬くんは、携帯で対応、ということで、なんで今までやってなかったんだ。(笑)

あと、佐藤くんが、接客が大嫌い、というのも、らしくてたいへんよろしかったですな。

てんてこまいで、終わってからさすがにしゃがみこんでしまったぽぷらちゃんの、太腿がたいへんおいしそうでしたので、太腿美少女スキーとしては、義務を遂行しておくところです。(^_^)
WORKING05-06.jpg
ぽぷらちゃんも良いですねぇ、ちっこいところだけじゃなくて、トランジスタグラマーなところとか、この足とか。
もちろん、元気いっぱいぴょんぴょんはねてるところも、たいへんすてきですし。

次回、小鳥遊家の姉、再び。(笑)

テーマ:WORKING!! - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 00:02:30 | Trackback(0) | Comments(0)