FC2ブログ
 
■カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
Angel Beats! 第6話 Family Affair
[天使・かなでの後任として生徒会長代理となった直井の策略により、反省室へ一晩監禁されてしまった戦線メンバー。翌日無事に開放されたものの、これからの活動をどうしていくか悩むゆりは、まずは直井の出方を探るべく、好き勝手に授業を受ける様に戦線メンバーへ指示を出す。そんな中、音無はかなでを食事に誘い、そのことが原因で、2人で独房に幽閉されてしまう。その外では、直井が本性を店はじめ、戦線メンバーを次々と屠っていった。]

テンポが速いですね。
直井くんのネタはラストまでひっぱる、と思ってたのに、なんかあっさり生前の情報やら本性やらがでてきてしまいました。

神になる、というテーマというかモティーフみたいなのが、見え隠れしてるんですが、これが主題になるんですかね。
1回のエピソードごとに、万華鏡のように視点が変わってるので、次にどうなってるのかわかりませんし、そういう意外性も魅力の一つにはなってますが、神になる、あるいは神の存在、みたいな、抽象的な理屈の方をあんまり主題にしてほしくないなぁ、というのが少しでてきました。
神そのものはいくら語ってくれても良いんですが、映像なり場面なりで、しっかりと見せてほしい、と思います。

天使の役割が今ひとつ・・・というか、能力描写がまだ十分じゃないので、なんかアラスジを延々聞かされてる感じになりますな。
天使に限らず、各人物すべてにいえるのかもしれませんが。

この急展開、1話ごとに変わる人物風景なんかを見てますと、1話ごとにテーマがあるというより、シリーズ全体で語られる作品なのかな、という気が少々。

つうわけで、気に入った場面だけ簡単に回顧。
独房の天使ちゃん。
AngelBeats06-01.jpg
霊の世界みたいなんで、ここで音無くんがムラムラしなかったのは仕方ないとしても、視聴している側では、ちょっとムラムラ。(笑)
独房の中で、絶世の美少女が無防備に眠りこけたら、いろんなことをしてみたい・・・とか思っちゃいけないんでしょうね、この世界観では。

直井くんの、催眠術とか、カコバナとか。
物語としては、くどいくらいに強いラインを感じるんですが、どうも全体とつながってこないんですよね。
ただ、ゆりっぺをいたぶってる場面は、たいへんおいしかったです。
AngelBeats06-03.jpg
・・・まぁ、死なない、ってわかってるから、というのもありますが。

以前の回想では明確に映ってなかった妹達が、ちゃんとアップで見れたので、その辺はよし、ということで。
AngelBeats06-02.jpg

あとは雀卓当たりが好みでした。
筋と全然関係なかったですが。

スポンサーサイト



テーマ:Angel Beats! - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 23:49:57 | Trackback(1) | Comments(0)
再放送三題
地域の関係で、本放映が遅れてしまった作品の感想を、少し遅れて記録する、ということはあっても、基本的に有料作品と、再放送はどんなに熱を入れて見ていても、感想はほとんど書かないできました。
劇場版は例外で、有料であっても、ときたま書いてますが、別にポリシーがあったわけではなく、なんとなく、です。(笑)

そんなわけで、個別に取り上げる予定ではないのですが、ちょっと気になっている再放送作品が、現在放映されてますので、それについて少し。
・ゼーガペイン(土曜深夜・BS11)全26話。現在第5話まで。
・こばと(月曜夜・NHK教育)全24話。現在第7話まで。
・PEACE MAKER鐵(土曜深夜・BS11)全24話。現在第7話まで。

・ゼーガペイン。
2006年度の作品で、全話見てたんですが、今記録を見てますと、全然感想を残してませんね。(^_^;
見ていたとき、とにかく最初の数話がとんでもなく退屈で、しかもデザインの趣味が大きくはずれてて、CGAによるロボットバトルもなんだかチープな感じがして、川澄さんが出てるから、というだけの理由で、視聴をかなり消極的に続けていた記憶があります。
ところが、後半になってからの世界設定のゆらぎ、物語の面白さ、に関しては、ご存知の通り。
CV目当てで録画してたので、画質はかなり最低の部類での保存でしたので、今回、中程度の画質で録画しなおしていたりします。(^_^;

この年、もう1本『シムーン』という、同様に後半にとんでもなく面白くなる作品がありました。
ところが『シムーン』も、前半がなんか生煮えの印象でイマイチだったのですが、作画に関しては『ゼーガペイン』とは比較にならんくらい良かったので、あんまり趣味じゃないけど・・・と思いつつも視聴を続けていると、これは今でも明瞭に覚えている、第7話、第8話の自爆巫女の話から、スーと物語が通ってきて、格段に面白くなっていきました。
『ゼーガペイン』の場合、それほど劇的な地点というのはなかったにせよ、後半の面白さは突出してて、「作品を全体で見る」ことの大切さをあらためて思い出させてくれたものでした。
ということで、この前の第5話で、少しそういう前兆が見えてきましたけど、最後まで見ていると、すばらしいご褒美にありついた感覚になれます。

・『こばと』
上の3作以外にも、再放送を楽しんでいる作品はありますが、この3作を取り上げたのは、もちろん現在とのつながりで、という点です。
『こばと』は昨年9月期スタート、今年3月終了作品ですので、ほとんど現行作品と言っていいかと思いますが、個人的な理由、つまり、最初の3話くらいの録画を失敗してしまった(衛星受信のアンテナにちょっと異常が出て)、という理由で感想は書いてなかったのですが、これは最初から最後まで、ムラなく楽しめる、絵もきれいな作品でした。
『NEEDLESS』の次の、加藤裕美さんの仕事、という点でも注目していました。書かなかったのが、今でもちょっと残念です。(^_^;

『こばと』と『ゼーガペイン』を並べてみたのは、もちろん、花澤さんの成長が手に取るようにわかるからです。
『ゼーガペイン』第1話での花澤さんのしゃべりは典型的な棒読みで、ゼーガの最初が、視聴意欲をはげしくそいでくれた一因になったものでしたが、その3年後に、こばとちゃんみたいになっているとは、この段階で予想はしづらかったと思います。
『ソウルイーター』第1話のマカ・アルバーンよりひどかったと思います。でも『屍姫』第1話よりはましだったと思いますが。(笑)

視聴者は全員が声優ファンというわけではありませんので、将来成長するにしても、その作品単体での完成度を求めますし、またクリエーターもそうであるべきだ、と考えますので、たとえ後にどんなに成長したとしても、その作品単体でダメだったら、やはりそれにみあった評価になってしまうのは仕方ない、と思います。
しかし、そういう前提はしっかりあるにしても、この花澤さんのように、劇的に向上している人、というのは、見ている分には楽しいものです。
CVに限らず、絵描き、文芸であっても。
最近ですと、『BLOOD』時代の喜多村さんとか、『デ・ジ・キャラット』のときの沢城さんなんかも、こんな感じでした。
ただ、年月が経ったから自然にうまくなったんじゃなくて、影で相当な努力をしていたであろうことは想像に難くないでしょうから、単純に「うまくなった」としか書きませんけど、そこにはある種の尊敬があるのも、事実です。

花澤さんに関しては、本作の前半と後半でも相当に変化がありますし、この翌年の『ぽてまよ』で、既にかなり聞ける水準になってましたから、単に経験量の不足だった、というのもあったのかも知れませんが。
ともかく、棒読みだった頃の花澤さんと、少女キャラを実にうまく表現してくれる現在の花澤さんの、対比という意味でもこの両作品は、面白いと思います。

・『PEACE MAKER鐵』
2003年度の作品で、所謂新撰組もの。
感想記録はしっかりつけてたんですが、まだレンタル日記時代でしたので、ここでは記録してません。
かなり視聴層が女子よりの作品で、まだこの頃は、新撰組の情報、たとえば沖田総司が骨太の大男だったり、隊士の中に美形はほとんど土方一人しかいなかったり、みたいな情報は巷間広まってなかったため、伝説の方が事実のように取り上げられている、という側面がかなりあったりしました。
そんなわけで、もっぱらキャラ絵鑑賞作品だったんですが、この中に、ほとんど紅一点、と言って良い口のきけない少女、沙夜が、あまりに可憐でしたので、毎回毎回、ちょこっと映るかどうか、という程度の沙夜だけを目当てに見ていた記憶があったりします。
なお、女性キャラは他にも数人いるんですが、沙夜の神々しいまでのかわいらしさの前では、単なる書割に等しいとさえ思えてきます。
今週の第8話「恋」では、けっこう出てくるはずなので、ひさしぶりにワクワクしようかな、と思っていたりしています。

さて、この作品にも、斉藤一が登場します。
『るろうに剣心』『EACE MAKER鐵』そして現行の『薄桜鬼』そのいづれにも斉藤一が登場し、そのいづれにも中嶋敦子さんが関わっています。
原作が違うから当然なんですが、3作とも見事に描き分けられてるんですね。
そんな、中嶋さんデザインの、あるいは原画の斉藤一、というのを見比べてみるのも一驚かな、と思っている次第。
ただし、本作のデザインは林明美さんで、もちろん林さんの美麗な描画を楽しめる、というメリットもあります。

というわけで、本作は、今でも十分にキャラ作画鑑賞できる作品、ということで、見てない人は見ておいたほうが良いと思います。
もっとも、男キャラ、おっさんキャラは、かなり感性の違いで、視聴がつらい場面も多かった、というのはあったんですけどね。(^_^;

TVアニメ2010(上期) | 23:00:08 | Trackback(0) | Comments(0)
真・恋姫†無双 ~乙女大乱~ 第5話 孫尚香、務めを果たさんとするのこと
[江東に向かう関羽が途中袁術の治める街に立ち寄ると、孫尚香と出会う。孫尚香は重大な任務を帯びて、この街にやってきたのだと言う。それは孫家と、袁家との国境策定最終段階の確認作業だったのだが、袁術はなかなか会おうとしない。そこでお付きの軍師・陸遜と、護衛の周泰とともに、袁術のところへ強引に押しかけていくと、袁術は孫尚香たち一行が、自分の芝居に出ることを条件に、面会を認めるというのだった。]

領土確定問題とか、孫策の離反とか、なにげに細かい史実を基にしてましたので、ちょっとつっこむ気はおきません。
そんなわけで、いつものように、かわゆいかわゆいキャラ絵とその活躍を中心に感想を残しておきます。(笑)

孫尚香のお付きとして軍師陸遜とともについてきていた、くのいち仕様の護衛役、美しい黒髪の周泰。
Otometairan05-01.jpg
勘違いをして、いきなり関羽と切り結んだりしてましたので、史実同様、勇猛果敢なところを見せてくれました。
本作では、一応、関羽と渡り合えるかどうか、というのが強さの一つの基準としてとれそうですからね。

さてこの周泰、猫に目がないらしく、陸遜と関羽が話しあっているときも、猫をチラチラ見てたんですが・・・。
Otometairan05-02.jpg
Otometairan05-03.jpg

か、かわええぇぇぇぇぇぇ。
史実通りだとすると、孫権に裸にひんむかれて、からだのあちこちを吟味されたりするんですが・・・えーと、期待していいんですかね?
現時点では孫尚香のおつきですけど、そのうち、孫権のおつきに、というような展開になれば、楽しみにしていますよん。(笑)

今回の、呉の使者のご一行。
Otometairan05-04.jpg
孫尚香が元祖高町なのはなぺー姉さん、陸遜が『ef』で千尋な やなせなつみさん、そして黒髪の周泰が大久保藍子さん。良い布陣ぢゃっ。

今回の進行役は関羽さんでしたけど、軍師勝負として裏で戦いあっていたのが、おマヌケな袁術の苦労する軍師・張勲@意外とおっぱいデカい+歌がうまい、と、エロチビ孫尚香のおつきで鼻眼鏡な、おっぱい勝ち組軍師・陸遜の、知略の戦い。
Otometairan05-06.jpg
Otometairan05-05.jpg

ルックスでは張勲の勝ちなんだけどなぁ、っていう、単にワタクシの好みですが。(笑)
中の人は智秋さんでした。
最終的に、陸遜にいっぱいくわされてしまった張勲でしたけど、芝居のついでに、曹操だけでなく、袁紹の評判もおとしてしまおう、と画策する、可愛い顔して毒を吐く、なかなか良い性格をしておりました。
そんなこととはつゆ知らず、ぺたんこ曹操をハメるために、自身もペタンコさらしになるべく苦闘していた、裸担当、袁紹さん。
Otometairan05-07.jpg
この従姉妹、どっちもアホじゃのう、可愛いけど。(^_^)

さて、お芝居は途中からミュージカルになって、いろいとでてきたんですが・・・。
Otometairan05-08.jpg
Otometairan05-09.jpg
Otometairan05-10.jpg

最後に、張3姉妹役の、陸遜、孫尚香、関羽が、どげざえもんしちゃうところが、微エロでよかったです。
Otometairan05-11.jpg
なにがいいって、関羽の背後からでもわかる、こぼれ乳・・・。(^_^;
関羽さんにこそ、はさんでいたたきたいものですな。ぱふぱふ。

書付を巡ってのひっかけあいがあって、結局うまく騙した陸遜の勝ち、というところまででした。
次回、なんかばいんばいん系未開娘が躍動していたので、これまた楽しみでゲスな。
Otometairan05-12.jpg
南蛮編に入るのかな。
こういう南方未開娘の描写は、もう一つの少女三国志よりもエロくて見栄えがします。

エンドイラストは、胸を気にする孫尚香[小蓮]ちゃんでございました。
Otometairan05-13.jpg
ぺー姉さんの声と、周泰の黒髪、ショートカットでちあきんぐ声の張勲が、今回はたいへんよろしゅうございました。ごっつぁんです。

テーマ:真・恋姫†無双~乙女大乱~ - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 17:22:05 | Trackback(0) | Comments(0)