FC2ブログ
 
■カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
怪談レストラン 第20回 予言テレビの怪/悪夢の続き
[予言テレビの怪:アコが福引であてた大型テレビ。さっそく家に帰ると、もう届けられていた。ところが、そのテレビには少しだけ先の出来事が映るのだった。
悪夢の続き:ある夜とても恐ろしい夢を見たアコ。それをショウ、レイコに話すと、その悪夢の続きをショウも見ることになった。次はレイコかもしれない、とおびえるレイコは、一晩眠らずに学校に来る。だがついに昏睡してしまう。]

今回から最終回まで、2話構成でいくみたいですが、ホラー度がグッと上がってました。
ラストに来て、とっておきのエピソードを出してきた、ということなんでしょうか、ともかく今回の2話構成、以前一度だけやった2話構成のときの「人面疽」もけっこうなホラーになってましたから、やっぱりある程度尺を取るといいものができるのかな。

・予言テレビの怪。
オチがなんだか『トワイライトゾーン』みたいな、乾いたSF的オチになってたのは、本作としては珍しかったですね。
自分の身に起こる予言、怪異が、回避できるのか否か、という不安を適度に煽った後、予言テレビの管理人みたいなのがきて、一件落着、でもその背後には、我々の世界とは違う世界がぽっかり口をあけて覗いている、というオチ。
あの管理人達がいったいどういう素性のものか、ということを明示せず、ただ、外側の世界を暗示さとているだけ、というのも、尺の都合ではあったんでしょうけど、効果としてはうまく効いてました。

ちょっと珍しい、アンコのローアングル。
KwaidanRestaurant20-01.jpg
ショートパンツの変形みたいに子供着ですから、絶対領域とはいいかねるんでしょうけど、ローアングルのおかげで、足が脂ギッシュで太く見える、という良い効果になってまして、絶対領域チックなエロティシズムが漂ってますね。

レイコも一応出番があったんですが、看板が落ちてきて、アンコがとびついて助けるところとかで、あんまり嬉しいポーズではなかったので、後半を主力と見ておきます。

・悪夢の続き。
モティーフとしては、前半の予言テレビの、SFっぽいものの方が面白かったんですが、なんといってもレイコ・オンステージでしたので、もうそこで目が釘付けです。
KwaidanRestaurant20-02.jpg
アンコ→ショウ、と悪夢が連鎖してきて、次は自分かも知れない、ということにびびるレイコ。
一応、事件の前後で、相変わらずの強がりを見せてくれてたんですが、今までいろんな窮地を救ってくれたショウ君の発言、暗示、ということもあって、内心、ビビリまくり。
そしてついに翌日、「一睡もしなかった」、と目の下にクマを作って登校してきたんですが・・・。
ヤンデレ風味、炸裂です。(笑)
KwaidanRestaurant20-03.jpg
KwaidanRestaurant20-04.jpg
KwaidanRestaurant20-05.jpg

めちゃくちゃいいですね、このレイプ目・ヤンデレ風味の、睡眠不足描写。

とうとうブッ倒れて保健室で寝ることになったのですが、そこに悪夢、襲来。
アンコやショウ同様、悪夢に追い回されるのですが、その追い回される夢と、夢を見ながら悶絶する場面とが交錯して、実に色っぺーです。
KwaidanRestaurant20-06.jpg
KwaidanRestaurant20-07.jpg
KwaidanRestaurant20-08.jpg

やっぱりレイコがメインの話ですと、視聴してて、萌えあがりますね。

悪夢を見た2人が、悪夢の場所に気がついて、その場所、死神病院に急行、そこでショウ君のドリームキャッチャーで助けられるんですが、そこへ追い詰められていくレイコの表情が、一級品でした。
KwaidanRestaurant20-09.jpg
KwaidanRestaurant20-10.jpg

今回、このレイコのピンチが拝めただけで、かなりの観賞価値があったと思われます。
前半のホラー仕立ても、筋の方が良かったですしね。

ドリームキャッチャーで、なんとか解放されたものの、原因となった悪夢を消し去ったわけでもなく、使用したドリームキャッチャーも壊れてしまった、ということに、少なからず恐怖を覚えるところで、幕。
KwaidanRestaurant20-11.jpg
KwaidanRestaurant20-12.jpg

うん、今回、すげー良かったです。
お話、作画、キャラ絵、各場面、どれをとっても、たぶんこれが本来本作の見ていた指向性だったんだな、と思わせてくれました。

あと数回で終わりのようですが、今回のような好篇がいくつかありましたし、次回から2話構成ラッシュのようですから、有終の美を期待してやみません。

スポンサーサイト



テーマ:怪談レストラン - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 23:58:40 | Trackback(1) | Comments(0)
爆丸バトルブローラーズ ニューヴェストロイア 第10話 ラビリンス
[ディメンションコントローラー・アルファを破壊したダンたちが次の目的地であるベータシティへと向かっている頃、地球では、ルノとジュリがワンダーレボリューションに行ったきり、何の音沙汰もないダン達のことを心配していた。いてもたってもいられなくなったルノは、次元転送システムを開発しているモスクワのミハイル博士の元へと向かう。]

全体的に遅れているので、簡単に。

いよいよ、というか、予想外に、というか、ルノがワンダーレヴォリューションにやってくる展開になって、これできれいどころが増えそうな感じで、ちょっとワクワク。
ただ、まだ完全に移動したわけではなくて、精神だけ来た状態で、カラダが次元のはざまみたいなところにとどまっている、ということでしたので、こっち側に来るという解決ではなく、無事地球に戻れて、という解決になる可能性もあるので、というかそっちの方が可能性が強いので、単なる旧世界を素材にした1エピソードになる可能性も強いのですが、単に敵方をバタバタ倒していって、という展開にはならないようですから、しばらくの間、ちょっと注目かも。

つり眼のミラも十分に可愛い、特にお尻が良いので不満はないのですが、1人だけ、というのがいかにもさびしいので、できれば古女房でもいいから、ルノに参戦していただけたらなぁ、と思ってました。
そんなわけで、ルノとミラの並立が次回から楽しめるのかな、と。

ルノがミハエル博士のまだ未完成の次元転送システムをこっそり動かしてワンダーレヴォリューションにやってきたものの、装置が不完全だったため、精神だけが到来し、からだが次元のはざまに取り残される。
それを知ったダンが、次元のはざまにルノのカラダを取り返しに行こうとするも、ミラ、スペクトラム、ガス、リンク、バロンたちもそれを追ってゲートの中にとびこんでいく、というところまで。

次回からしばらく舞台を地球に移すようですので、時間的余裕があったら、いろいろと回顧していこうかな、と思ってます。

TVアニメ2010(上期) | 22:42:59 | Trackback(1) | Comments(0)
WORKING 第6話 宗太の憂鬱、小鳥遊家の女達
[WhiteDayがやってきて、佐藤が八千代に、そして小鳥遊が伊波にお返しをする。プレゼントのヘアピンに興奮して、伊波は動転。その頃小鳥遊は、3人の破天荒な姉に振り回されていた。]

どんどん伊波が可愛いくなってまいりました。
そう、これが伊波なんだよなぁ、最初の頃の、ボコボコ殴ってたのが、かなりリアリティがあったので、ちょっと伊波の可愛いらしさがかすんでしまいましたが、これが本来の伊波です。

次回から山田が出てくるらしいのですが、山田も可愛いことは可愛いのですが、性格がアレだし、最初の頃は「困ったちゃん」の方が前面に出てくるんでしょうなぁ。。。

小鳥遊家の3人の姉・・・なんですが、泉も梢も、基本的に、長姉・一枝に甘えすぎて、ああなったんでしょうね、一枝、しっかりしすぎですから。

父の形見の、いにしえのビデオ。
WORKING06-01.jpg
WORKING06-02.jpg
WORKING06-03.jpg

女子大生一枝と、女子高生泉。
でかい図体を除けば、そこそこ可愛いかった十代の頃。
そして宗太、衝撃の4歳時の記録。(笑)
WORKING06-04.jpg
5人の中で一番かわいいかったんですな。そりゃあ、遊ばれもしますか。(^_^;

それにしても、三姉、飲んだくれの梢さん、中の人が伊藤静さんだということを考えると、なんかもうイメージあいすぎというか、なんというか。(^_^;
WORKING06-05.jpg
年齢的なこともあって、エロさでは一番なんですけどね。
だいたい、巨乳とかなんとかっていうのは、体格の良い場合が多いので、おっぱいは大きいのが良いけど、本体は可愛いのがいい、というのは矛盾してるんですけどね。
本作にも、ぽぷらちゃん、という、矛盾の塊みたいな可愛いのがいますが。(^_^;

ともかく、自堕落な次姉・泉を、制裁する長姉・一枝の図、というのが2度出てきましたが、この姉妹の関係をうまく表してますな。
で、今回、けっこうその自堕落なところがクローズアップされていた泉なんですが、なんか妙に魅力的です。
WORKING06-07.jpg
WORKING06-08.jpg

私も知り合いに2人ほど、ラノベ系の女流恋愛小説家がいますけど・・・なんか真逆の性格です。
誰かモデルがあるのかなぁ、泉さん、気になるところです。
ペンより重いものが持てない、とかぬかしてましたが、あんたはウメ星殿下の母君か。(笑)
しかも、このIT時代に、ワープロ、PCではなく、手描きで原稿用紙に書いてるって・・・。
この家族、徹底して文系っぽいですな。
文系の女子、かなり好きです。・・・理系女子が嫌い、ってわけではないので、念のため。(^_^;

昔、赤ずきんをやってた伊波のママ。
WORKING06-09.jpg
可愛いのは遺伝ですな。
ついでに、貧乳も。(笑)

秘密兵器、マジックハンドのおかげで、なんとか対人関係を築けつつある小鳥遊と伊波、ですが、なんとなくモノ扱いされてる感じが、エロくてたいへんよろしい。
WORKING06-10.jpg
つうことで、伊波の可愛いらしさが、しっかりと定着してきたのは嬉しい限りです。
その余韻さめやらぬ中、次回、いよいよ問題児、山田登場。
あ、決して「H友100人できるかな?」のビッチなほうではございませんので。(^_^;

テーマ:WORKING!! - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 00:50:58 | Trackback(0) | Comments(0)