FC2ブログ
 
■カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
HEROMAN 第7話 レジスタンス
[核使用の決断を迫られる大統領の前に、国家兵器開発担当という科学者ドクターミナミが現われ、タマの優れた兵器性に着目し、核の使用中止を要請、そして核を使わずにタマを止めてみせるという。一方、スクラッグの本拠地へ侵入したジョーイたちは、陽動作戦を取るため二手に分かれる。ジョーイとリナの前に現れたウィルとニック。リナの決死の呼びかけでウィルは意識を取り戻すが、ニックは獲得した力に酔いしれていた。]

冒頭の再洗脳シーンで、ウィルがいろいろと思い出してたんですが・・・。
サイの足をつぶしたのは、こいつやったんかー。
それを思うと、ウィルに対して冷静な態度をとっているサイって、ある意味、本作で一番人間がでてきる感じかなぁ。。。
そもそも、容貌とか体格、それにふだんのエアプレートを使っているところから、とても米蹴をやってるようには見えませんでしたし。
・・・まぁ、ウィルはどこから見ても米蹴の花形っぽく見えましたし、ニックがいかにもとりまき風、ジョーイは内向的なインドア派、というのが類型化されてたんですが、サイは最初から怪我をして現れてたんで、見た目のわかりやすさが少しうすかったですからね。

さて、あることに気づいて、ファクトリーに潜入するジョーイ一行だったんですが、目的と優先順位が語られてました。
「タマのコントロールの破壊を第一の目標とする」と聞かされて、うなだれるリナ。
HEROMAN07-01.jpg
目標の中に、ウィルとニックの救出がはっきりと語られていたにも関わらず、それを第一目標とはしない、というデントンのことば。
当然デントンもリナに与えるであろう衝撃はわかっていたろうし、リナも時間が切迫している、というデントンのことばをしっかりと理解できているわけです。
この辺、多くは語らず、このリナの表情だけで、突入が持つ重み、それぞれがおかれている状況、そして認識能力の高さ、にもかかわらず深い情愛、なんかが示されていて、なかなかの名場面。

地下水路を通ってファクトリーに潜入するときのいろいろは、これとは逆に適度なギャグになってて、良いメリハリでした。
「大きな音を立ててはいけない」、でも、ヒーローマンの怪力が必要、となったところが、ジョーイが小さな声で命令するところ。
「ひーろーまーん、あたーっく」
すげー可愛い声になってましたな。(^_^;

筋道をしっかり認識している、強い女の子、リナ。
陽動のためにヒーローマンとともに行くジョーイについていきました。
HEROMAN07-02.jpg
このあたりも、単なるわがまま娘、とかではなく、はっきりと意思をもった行動力、という形で描かれていたのが好感もてるところ。

反面、徹底して悪者扱いになってしまっているので、海外では逆に人気が低下、なんて話もでていたウィルでしたけど、通信装置をかねていたヘルメットがはずれ、リナの決死の語りかけで、自我を取り戻しまして、これでよい流れに、と思った矢先、ニックの方は徹底して悪者扱い。
ただ、なにかにおびえていつもビクビクしていた頃の思いと、現在の力を得た自分とを対比して回想する場面を交えたりして、このあたり、日本風味に仕上がってましたね。

ニック、死んだのかなぁ・・・。
メリケンコミック仕様なんで、地球側の人間は誰一人死なずに解決にもっていく・・・と漠然と思っていたのでもちょっと驚きました。
まだ死んだかどうかは確定してませんし、案外次回、再洗脳されて送り込まれてきているかもしれませんが、それにしても、「既におれたちは人間じゃない」とウィルに言ってましたので、一番ハッピーエンドの方向で終わっても、100%元通りにはならないでしょうね。

ともかく、必死でウィルをとめるリナ。
「おにーちゃーん」
HEROMAN07-03.jpg
HEROMAN07-04.jpg
HEROMAN07-05.jpg

リナの「おにーちゃーん」は萌えますね。
向こうでは、年下が年上を呼ぶときでも、基本的に名前か愛称なんで、日本風味でよい感じです。
外装はかなりメリケン風味ですけど、情緒は適度に日本風が入ってて良いですね。

今回は作画が崩れることもなく、かなり安心して見れました。
次回、なんかもうゴゴールとの戦い・・・になるみたいですが、アニメ誌の予定を見てますと、スクラッグとの戦いはかなり早く終わって、次のステージに行くもようですな。

スポンサーサイト



テーマ:HEROMAN - ジャンル:アニメ・コミック

HEROMAN | 23:37:14 | Trackback(1) | Comments(0)
いちばんうしろの大魔王 第6話 臨海学校へ行こう
[最初、参加を見合わせてほしい、と言われていた阿九斗が、ころねの尽力で臨海学校に行けるようになった。ところが彼女は裏である組織から、阿九斗を色仕掛けでたらしこむよう密命をおびていた。海で遊ぶうち、ある事件がきっかけで、絢子との距離も縮まってくる阿九斗。その後、彼はひろしから、この島に伝わる伝説を聞くことになる。]

ジャノメナマコ、よくやった!(笑)
IchibanUshirono06-01.jpg
IchibanUshirono06-02.jpg
IchibanUshirono06-03.jpg

いや、けーながよくやった!・・・というべきですかね?
しごきすぎて、嫌がる絢子の顔面に、ガンシャ状態。
水着の可愛い女の子の顔面に、白濁液を強制射出!
漢の浪漫ですなぁ。(・・・ナンデヤネン)
IchibanUshirono06-04.jpg
IchibanUshirono06-05.jpg
IchibanUshirono06-06.jpg

ところで、ジャノメナマコというのは、こんな生態らしいんですが、あの噴出してたのって、体液じゃなくて、キュビエ器官という内臓の一部だそうな。
噴出しても別に死ぬとかっていうことではないようですが、ともかく威嚇効果が相当ある、ということらしいですね。まぁ、人間でも相当びっくりしますから。
体液でないとはいっても、粘着力がたいへん強いので、なかなかとれないそうです。
それで、動転してしまった絢子の顔面に付着した白いものを取ってやってたんですが、このときのアングルとか表情もまた、たいへん悦痴で、すばらしかったですね!
IchibanUshirono06-07.jpg
IchibanUshirono06-08.jpg
IchibanUshirono06-09.jpg

個人的には、ぶっかけられたときよりも、この後のこの表情の方がよっぽど好みでした。
絢子・・・ふんどしを装着してなくても、たいへんかわゆいですのう。(^_^)

「服部さん」と言っていた阿九斗に、ぽつりと、
「君はけーなのことは名前で呼ぶよな・・・」と言ってました。
一応「友達の私」と言ってましたけど・・・もっと深いニュアンスをこめていたようで、ここらへんのつながり、というかなだれこみは、けっこう胸にキュンキュンきたところです。
服部絢子、いろんな意味で良すぎです。(^_^)
IchibanUshirono06-10.jpg
前半にころねのファッションショー、後半にけーなの酔っ払い風景、なんかもあったんですが、中盤のこの絢子の素晴らしいデレ状態という、痴態というか、恋情というかの場面が良かったので、他がかなりかすんでしまいました。(^_^;
ころねの不可解な行動を見て「もしや阿九斗のことを・・・」と感づくあたりも、単なる肉体要員ではなく、しっかりと乙女心も持っている、というのが垣間見えますし、ある意味、けーなよりも立派に女の子してるところがありますよね。
もちろん、その悦痴な肢体によって魅力が倍増している、という側面は、決して看過できないものではあるんですが。(^_^;

前半の、ころねの暴走。
IchibanUshirono06-12.jpg
IchibanUshirono06-13.jpg
IchibanUshirono06-11.jpg

作画も激しく暴走してたんですが、それ以上にセリフ・・・。
「いんけーがこーかしませんか?」(一応一般枠で借りてるので、用心のために、漢字にはしません)
中の人・・・たしかまだ18歳になったばかり、なんですが、そのことを思うと、いろいろ違う妄想にもひたれますな。
ともかく、けーなの頓珍漢な色仕掛け、なかなか良かったです。
IchibanUshirono06-14.jpg
IchibanUshirono06-15.jpg
IchibanUshirono06-16.jpg

中盤で、絢子の顔面シャワーがあったので、ちょっと失念してしまいますが、これはこれでなかなかおいしかったですな。
ただ、ころねの場合、、絢子とや不二子みたいに胸のヴォリュームに恵まれませんから、やや戦略を誤ったのではないでしょうか。
もっと妹路線、「ろ」路線をつきつめていくべきだったのではないか、と。

ナマコ事件が起こる前の、、絢子と阿九斗。
ここでもきっかけはころねでしたが。
IchibanUshirono06-17.jpg
IchibanUshirono06-18.jpg
IchibanUshirono06-19.jpg

それにしても、頬を紅潮させているときの絢子。怒り、デレ、関係なく可愛いというか、そそられるというか。

ころね「私はあなたのそばにいたいと考えています」
冒頭の「失敗すると解任」・・・ということばとリンクしてきて、いろいろ深みを感じさせてくれるんですが、、絢子とは絢子で、そこに女の直感が働いてしまった、ということになってました。
この辺もなかなか良い感じ、というか、好ましいストーリィ展開。

あと、いくつか落穂拾い。
公式ではメインヒロインらしい、けーな。
IchibanUshirono06-20.jpg
IchibanUshirono06-21.jpg

幼馴染属性っぽいのはあるものの、どうも恥じらいが薄いので、、絢子と比べると、やや見劣りしますね。

そして、なにやら学園の背後に暗躍する陰を巡って、いろいろと交渉していた、不二子とリリィ。
IchibanUshirono06-22.jpg
IchibanUshirono06-23.jpg

「頭で戦うタイプ」と、奇策師とがめさんみたいなことを言ってた不二子さん。
リリィの言う穏健派がどういうことを言っているのかややまだ不明ですけど、相当な戦闘力を持つようですな。
果たして2人は共闘でもするのでしょうか。

そして最後に、お米のジュースで酔っ払う、けーなでしめておきます。
IchibanUshirono06-24.jpg
お米のジュースって・・・、アルコホル入りって・・・、ええんか、おい。(^_^;

ころねが危機をむかえたところで、次回。

テーマ:いちばんうしろの大魔王 - ジャンル:アニメ・コミック

いちばんうしろの大魔王 | 22:49:25 | Trackback(0) | Comments(0)
裏切りは僕の名前を知っている 第5話 新たな出逢い
[ルカやツヴァイルトと共に東京へ向かうことを決意した夕月は、道中隣で眠るルカに言葉に出来ない気持ちがこみ上げてくる。その頃、夕月を待つ東京の天白のもとに、悪魔絡みと思われる事件が持ち込まれる。警視庁では新しいツヴァイルトが夕月を待ち受けていた。]

BL臭たちこめる新キャラがまた増えたので、そろそろ感想は書かけなくなるなぁと、思っていたら、予告にあった幼女がしっかり登場。
ええい、夕月君には幼女センサーでもついているのかッ!(笑)
Uraboku05-01.jpg
中の人がかな恵さんで、個人的に大歓喜。
かすれっぽい声で、ポツリポツリしゃべる姿が、なかなか個性的な幼女像で、いたく感激。
役名も無く、ただ単に「少女」でしたので、限りなくモブに近いんでしょうけど、第一線にいる人が声をあててたりしますので、ひょっとしたら後に役名つきででてくるのかなぁ、という気に少しだけさせてくれます。たぶんないとは思いますが。

腋の下に手を回して立ち上げさせたり、足の手当てをしたりと、幼女にさわりまくる夕月くん。ちょっとうらやましい。
Uraboku05-02.jpg
一応、こういう美幼女がでてくるかぎり、その場面限定で、今後感想を残していきます。
それ以外はちょっとカンベンですが。(^_^;

それにしたも、新キャラがああいう立ち位置で出てくる、というのは、対象層のことを考えると当然なんでしょうけど、バトルものとしてみた場合、味方チームの陣営が少し多すぎる感じはしますね。
バトルよりも、かっこいいイケメン君がメインでしょうから、仕方ない、とは思うものの。

正面から見たあむちゃん入り美幼女を回顧しつつ、しめ。
Uraboku05-03.jpg
しかし、幼女のグレードはほんとに高い作品ですね、本作。
このあたり、中山由美さんの本領がグイグイ出ているように感じます。

テーマ:裏切りは僕の名前を知っている - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 00:07:29 | Trackback(0) | Comments(0)