FC2ブログ
 
■カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ブログ内検索

■このブログについて

☆基本的にリンクフリーですので、ご自由に。特に連絡等も不要です。してくれた方が嬉しいですが。

☆TB、コメントにつきましても、フリーとしますが、記事と関係ないものや、アフィリエイトだけのものは消させていただきます。特に該当話とは関係のないエピソードのTBはご遠慮ください。ネタばれはいやなので。TB拒絶ブログからのTBも削除させてもらいます。

☆TBはできるだけ返すようにしていますが、相性等の理由で、反映しないものがあります。そのときはご容赦のほどを。

☆エロコメ、エロTB、無関係TBが増えてきたので、コメント、TBを承認制にしました。

☆もし気に入った記事がありましたら押して下さい。

こっそり連絡したいときにもどうぞ。

■プロフィール

白石みかげ

  • Author:白石みかげ
  • ☆近畿某市の山奥でアニメ視聴。ケーブルテレビがなければやっていけません。

    ☆参加イベント
    コミコミ(大阪)
    コミトレ(大阪)
    サンクリ(東京)
    コミケ(東京)
    このあたりは落選しない限りデフォ。

    あと、都産貿のオンリー系等ときどき参加するもの。
    みみけっと(東京)
    コスチュームカフェ(東京)
    袴神宮(東京)

    フィギア関連で、ときどき参加。
    △ワンフェス

    ☆現時点で好きなものベスト5。但し現行作品・シリーズは除く。
    ◆TVアニメ
    ◇1.吸血姫美夕
    ◇2.Noir
    ◇3.真夜中の探偵Night Walker
    ◇4.神無月の巫女
    ◇5.カードキャプターさくら

    ◆OVA・劇場版
    ◇1.シャーマニックプリンセス
    ◇2.吸血姫美夕OVA
    ◇3.アデュー・レジェンド
    ◇4.ダーティペア・劇場版
    ◇5.グッドモーニングアルテア

    ◆アニメOP曲
    ◇1.コッペリアの棺(Noir)
    ◇2.悲しみよこんにちは(めぞん一刻)
    ◇3.1/2(るろうに剣心)
    ◇4.禁断のパンセ(サイレントメビウス)
    ◇5.A Night comes !(夜が来る!)

    ◆アニメED曲
    ◇1.風のファンタジア(ロードス島戦記OVA)
    ◇2.いろは詩(奇鋼仙女ロウラン)
    ◇3.WINNERS FOREVER~勝利者よ~(機動戦士Vガンダム)
    ◇4.あと、一秒(ぶっちぎりバトルハッカーズ)
    ◇5.心細いな(うる星やつら)

    ◆ラノベ
    ◇1.カラミティナイト(高瀬彼方)
    ◇2.SHI-NO(上月雨音)
    ◇3.ミミズクと夜の王(紅玉いつき)
    ◇4.強救戦艦メデューシン(小川一水)
    ◇5.とある飛空士への追憶(犬村小六)
    2010年3月5日、書き換え。
    以前のマイベスト

    ◆海外メルヘン
    ◇1.星のひとみ(トペリウス)
    ◇2.氷姫(アンデルセン)
    ◇3.黄金宝壷(ホフマン)
    ◇4.金髪のエックベルト(ティーク)
    ◇5.モモ(エンデ)
    関連記事

    ◆まんが・長編
    ◇1.伊賀の影丸・由比正雪編[横山光輝]
    ◇2.悪魔くん・貸本版[水木しげる]
    ◇3.ポーの一族[萩尾望都]
    ◇4.火の鳥・鳳凰編[手塚治虫]
    ◇5.ガクエン退屈男[永井豪]

    ◆まんが・短編
    ◇1.バックネットの青い彼[手塚治虫]
    ◇2.龍神沼[石森章太郎]
    ◇3.野生のリディア[忠津陽子]
    ◇4.ガラス玉[岡田史子]
    ◇5.鬼無里伝説[松本るい]
    なんか古典というか、古いのばっかりになっちゃった。現代編もそのうち書かなくては。

    ◆洋画
    ◇1.カリガリ博士
    ◇2.プラークの大学生
    ◇3.朝から夜中まで
    ◇4.ブリキの太鼓
    ◇5.ノスフェラトゥ

    ◆邦画
    ◇1.恐怖奇形人間
    ◇2.黒蜥蜴(京マチコ版)
    ◇3.雨月物語
    ◇4.マタンゴ
    ◇5.空の大怪獣ラドン

    現時点での好みなんで、気が向いたら書換えます。

■よれよれニュース

【12/27】
美琴「チ○コ生えた」ひっくり返った。

■最近の記事
■カテゴリー

■マイ・フェイバリット

上のプロフィールで挙げた好きな過去作品。

吸血姫美夕integral

テレビ版に未放映の第2話を加えたもの。全集版。

Noir

百合アニメの最高傑作。

真夜中の探偵Night Walker

使い魔グニが好きでした。

神無月の巫女


カードキャプターさくら

吸血姫美夕(1988~89年のOVA版)


シャーマニックプリンセス・1


シャーマニックプリンセス・2

アデューレジェンド
覇王体系リューナイトのOVAメモリアルボックス。


ダーティペア・劇場版


■萌えるアイテム


超変身コス∞プレイヤー・DVD1


超変身!コス∞プレイヤー・DVD2


超変身!コス∞プレイヤー・DVD3


超変身!コス∞プレイヤー・DVD4


冥王計画 ゼオライマー コンプリート

めい☆おー!

戦え!!イクサー1 コンプリート・コレクション〈初回限定版〉


■リンク
■分布


ジオターゲティング

■月別アーカイブ
■RSSフィード
一騎当千XX 第5話 魂の絆
[大闘士大会に向かう船を襲撃したきた南蛮高校との間で、関羽たちは戦いとなる。視界の聞かぬ霧の中、馬超が捕まってしまうが、自力で脱出するも、多勢に無勢、関羽と張飛は海に落ち、馬超、曹仁、呂蒙たちは囚われてしまう。海に落ちた関羽と張飛派ある開眼に打ち上げられるが、席羽の目からは光が失われていた。]

闘士たちを襲撃する一群、それを指揮するは、典韋!
IkkitousenXX05-01.jpg
ということで、この霧の中での戦い、神秘的でカッコ良かったですな、典韋。
典韋が背後でからんでいる、というあたりに、先の3シリーズとのつながりが濃厚に出てまして、どうも馬超のキャラだけが突出してる感じだったこのシリーズ、うまくリンケージできているようになりました。
旧キャラでは、成都組より、呂蒙を活躍させてほしいんだけどなぁ・・・。

関羽、張飛課と海に落とされ、弓矢の攻撃と、圧倒的多勢によって捕囚の身となる馬超、曹仁、許褚、呂蒙、周瑜ら。
途中、拠点へと折るいて移動させられてたんですが・・・縛り方がぬるくて、少しガッカリ。
IkkitousenXX05-02.jpg
移動させてたから、というのもあるんでしょうけど、あれじゃ抜けちゃいます。
一応、武芸武術の達人達、なんですから。

ここで、おしっこ!な状態になって、馬超が抜け出し、それを追って同様に抜けてくる許褚、だったんですが、この捕囚されたあたりも、馬超だけが群を抜いて豊かな表情で、今回の中心人物、というのが、こんなところでも色濃く出ています。
IkkitousenXX05-03.jpg
IkkitousenXX05-04.jpg

キリッとした顔で戦うと、どうしても表情が固定されてしまいますから、バトルものとしては仕方ないとは思いますが・・・。
曹仁なんか、中にそういった芸が一級品の千和さんがいるんですから、もう少し動かしてくれてもいいのになぁ、と、少し思ってしまった次第。

おしっこの場に蛇がやってきたんですが・・・あれって、男性の暗喩?・・・とかゲスなことを連想してしまいました。すみません。(^_^;

一方流された関羽、張飛らの元には、南蛮の手が世ッ待ってきたものの、張飛が負傷、関羽が失明状態で大ピンチ、というところまで。

美麗なアイキャッチ、今回は関羽でした。
IkkitousenXX05-05.jpg
IkkitousenXX05-06.jpg


スポンサーサイト



テーマ:一騎当千 XTREME XECUTOR - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 23:00:41 | Trackback(0) | Comments(0)
迷い猫オーバーラン! 第6話 迷い猫、困った
[発足したばかりの迷い猫同好会。ところが、活動内容が依然として決まらない。そこで千世は広くワールドワイドにその名を知らしめるため、ビデオを作って広めようとする。監督は菊池家康。世界各地へと取材撮影にでかけるが、巧はどんどん衰弱して意気、赤点の恐怖が迫っていた。]

今回は『大正野球娘。』の池端隆史・監督回。

どうも4話以降作画がイマイチ、でも監督の強烈な個性でいろいろとひっぱって見せていく、というスタンスみたいですね。
全体を統括する監督がクレジットされてなくて、最初はあんまり気にしてなかったんですが、どうも制作会社の内部でいろいろあるみたいで、この先、不安が増大しますな。

さて、同好会のスタンスとして自主映画を作ろう!・・・というノリになるんですが、大げさな撮影風景と、できあがったもののギャップ、というオチ。
この手のルーツって、やはり『うる星』になるんでしょうかね。
途中までは神出鬼没の乙女姉さんを場面ごとのオチに使って、最後は赤点ネタはたぶんあるだろうけど、映画の方の落とし方はどこに落とすのかな、と思ってたら、パンチラオチで、家康らしいしめになってました。
まぁ、こういうのもいいいんでないかい。(^_^)

各地でこの決めポーズをやってたんですが・・・。
Mayoineko06-01.jpg
これって、何でしたっけ?・・・サンバルカン?
あんまり決めポーズで記憶してないから、ちょっとわかりません。(^_^;

ともかく、世界各地で撮ったこのきめポーズが、家康くんによって、ぱんつフラシュになってしまいました、というオチでした。(笑)
Mayoineko06-02.jpg
Mayoineko06-03.jpg
Mayoineko06-04.jpg

えーと、文乃が縞ぱんで、千世が赤地の水玉、希が白ですか。
おかしいなぁ、途中のハイキックを見てると、文乃ははいてないはずなのに。(笑)
Mayoineko06-05.jpg
どうでもいいことですが、ニーソックスの位置が、ちょっと高すぎです、文乃さん。

世界各地へ行ってたんですが、途中アマゾンの半魚人やにヒマラヤのイェティとかに出くわしてましたが、それぞれのデザインがいろいろと出典を持ってました。
で、未確認飛行物体なんですが・・・デザイン的にはX星人だと思われますが、個人的には『センチンタル』でえみりゅんの後ろでとんでたヤツを連想してしまったり。・・・ダメじゃん。(^_^;

ところで、アニメの中で、二次元、三次元、と言われると、変な気分になりますな。
見ている我々は、基本的に二次元としてみていますので、「三次元に興味はなかったんじゃないのかー」といわれても、
「いえ、それ二次元ですから、メシがたいへんうまいです」ということになりますしね。
ですから家康の嗜好性に関しては、あんまりつっこまない方が良い、と思われます。まぁ、お約束の部分がだいぶあったとはいえ。

アマゾンの半漁人や、ドバイの高層ビル、「天はあいつらを見放したか」等、いろいろパロネタも凝ったところからとってきてて、それなりに面白かったんですが、うちは検証サイトではないので、気に入ったところだけをつまみぐいして終えておきます。

テーマ:迷い猫オーバーラン! - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 21:33:01 | Trackback(0) | Comments(0)
デュラララ!! 第18話 死生有命
[紀田正臣がある一人の少女の見舞いにやってくる。その少女、三ヶ島沙樹との出逢い、そして贖罪。かつてあったブルースクエアとの抗争、その中で恐怖から見捨ててしまった過去。そして、かつて臨也から告げられた「過去からは逃げられない」ということば。ひとたび離れたその場へ戻ってきた彼は、切り裂き魔とダラーズに疑いの目を向け、憎悪をたぎらせる。]

帝人くんに続いて、今回は紀田くんの過去、そして紀田くんの組織。
しかし、帝人くんに比べて現実感がやや希薄ですね。
成立状況とかが曖昧だから、かな。

ともかく、直感的に臨也が裏で暗躍していることをかぎとり、憎悪をたぎらせ、そして一度捨てた世界に戻ってきてしまったことへの苛立ちから、ダラーズに怒りの矛先を向ける、ということでしたが、この中で門田一派の素性というか過去も少しずつでてきて、こちらは物語ラインとしてはわりと明確ですね。

つうことで、暗雲が立ち込めてきました、といったくらいで、どうも感想の形にまとめにくいですが、罪歌の最初の時と同様、仕込みっぽいので、もう少し進んでから、ですかね、筋については。
ダラーズと抗争することになるとすると、紀田くん、帝人くんとも戦うことになるんでしょうか。
帝人くん、杏里との関係を守りたい、触れられたくない、と思っていたのに、対決しなくてはならなくなる、としたら、けっこうな矛盾、悲劇なんですが、ラストで忍び込んできた杏里が、回避させるなんらかの手段になるんでしょうかね。

物語ラインはけっこう骨太なんで、進行を楽しもうかな、と思ってます。

さて、紀田くんにとって、かなり重要になってきた三ヶ島沙樹、現在の姿。
Durarara18-01.jpg
足がまだ癒えてない、ということなんでしょうか。この辺の時間軸の進行って、どうなってんでしょうね。
骨折なら直ってそうなんですが、もっとひどいことされてたようでもありましたし。

三ヶ島沙樹、目つきもラインも鋭角的なんで、妖怪っぽいというか、キツネっぽい印象ですね。

そんな三ヶ島沙樹と知り合ったときの頃。
Durarara18-02.jpg
Durarara18-03.jpg

微妙に少しだけ今より幼さがありますね。
このあたり、絵の魅力、アニメ化の効果、なんでしょう。

しかし、ボスの女になる、ということの危険性をまざまざと見せ付けられて、対抗勢力に拉致されて、足をぐちゃぐちゃにされてしまいました。
Durarara18-04.jpg
Durarara18-05.jpg

けっこう痛々しい描写だったんですが、この後の遊馬崎のガソリンをぶっかけての救出騒ぎも、相当痛々しいものでしたな。
ここで、門田たち4人の立ち位置が紀田君に伝われるんですが・・・おとなとガキの差、みたいなものもあって、なかか好対照。
この直前に、現在の紀田君が、自身を「ガキ」だといい、ややこしいおとなの侵入を警戒するような発現をしてましたが・・・くるんですかね、そういうややこしいおとなの方々が。
既に、贄川の話のところで、ややこしそうな、なんちゃら組、とかっていうのがでてきてましたので、少し不安かなぁ、あんまりそういう893の暴力抗争みたいな展開にはなってほしくないだけに。(^_^;

遊馬崎もキレたら渡草同様かなりあぶないことをやっちゃう人みたい、というのがわかったので、これでいよいよあと本格的に自分を露出してないのは狩沢絵理華だけになったんですが・・・。
個別エピソードはなさそうですが、今回の遊馬崎程度の活躍なら、あるのかも、と少しだけ期待。
Durarara18-06.jpg
さて、杏里が黄色い人たちの中にまぎれこんできたところまで。
杏里の、体内のジャック・ゼ・リッパーはまだ健在なんでしょうかね。。。

テーマ:デュラララ!! - ジャンル:アニメ・コミック

TVアニメ2010(上期) | 06:25:16 | Trackback(1) | Comments(0)
B型H系 第7回
[スク水で大決闘!アンタにだけは絶対負けない!:水泳の授業で、進展しない小須田との関係を改善しようともくろむ山田だったが、いつのまにか、金城との解決になってしまう。
夏の日の思いで…山田、野生に帰る!:夏休み。小須田が宮野家とともに家族旅行に出かけたと聞いて、矢も盾もたまらずおいかけていった山田は、ヒッチハイクの途中で、サバゲーにまきこまれてしまう。]

キャラ絵はいつも通り、エロくてきれいだったんですが、表現方法としては、たいへんベタですが、小須田のファインダーがグイーンとのびてくるところとか、まゆの着替えを見ていた山田が富士山を連想したりするところとかが、おっさんくさくてたいへん良かったです。
いや、おっさん視点ネタ、けっこう好きなもんで。(^_^;

あと、さりげなくでてきた、妹のパタリロ顔とか。(笑)
BgataHkei07-01.jpg
舞台が高校のわりに、妙に素材からセンスからテイストからおっさんくさいです。
そういうのもまた魅力なんですけどね、本作の場合。
山田自身が、外見美少女女子高生、内面エロオヤヂですので、こういう方向性は全然間違っていないと思われます。はい。

さて、来るべき水泳授業に備えて、ムダ毛の処理とシェイプアップの途中で、妄想するFカップ組。
BgataHkei07-06.jpg
BgataHkei07-02.jpg

高校生くらいですと、顔とか性格とかより、とにかく乳!・・・ていう男子はけっこういますので、ある意味、金城以上のライバルですな、F下と、F野。(笑)
でもねぇ、女子の価値は乳のサイズではないんだよなぁ。
竹下や宮野の胸にムラムラきている男子達も、世に出て行くとわかることでしょう。

そして現実の水泳授業。
百花繚乱のあで姿。
でも、自信満々の人がいるかと思えば、性的な視線が嫌な女子もいたり、幼時体型でまったく気にしない人がいたり。
BgataHkei07-03.jpg
BgataHkei07-04.jpg
BgataHkei07-05.jpg

さんりようこさんのウェブ日記を読んでますと、4話まで見て、三郷が可愛い、という感想が書かれてました。
たしかに、三郷の存在感、かなり上がってますよね、このアニメ版。
まだあのノーパンの話のとき以外、それほど積極的に全体の筋には関わってないんですが、生活風景というか、日常の背景として、実に魅力的に描かれています。

赤井先生もタイヘンですなぁ。。。
BgataHkei07-07.jpg
もっとも、赤井先生も、なんかルージュ塗ってるみたいな唇の色だったんですが・・・。

競泳勝負で敗れた山田、♀度(おんなど)を上げるべく、妹・千夏を使って金城を観察させようとしたら、なんか意気投合しちゃって、ガガーン、の図。
BgataHkei07-08.jpg
BgataHkei07-09.jpg

千夏ちゃん・・・まだ立ち位置がそれほど明確ではないですな、山田視点、ということもありまして。

アイキャッチは、前半のスク水、後半のサバゲーをミックスしたものでした。
BgataHkei07-10.jpg
つうか、あれ、サバゲーでいいんですよね?

気になる男子が、幼馴染の女の子と家族旅行に出てしまい、それが気になっておいかけていく・・・と、かなり純愛ドラマみたいな展開が可能なのにも関わらず、発端の山田のエロ妄想から、おさまるべきところにおさまりません。
山田・・・アレしか考えてないからなぁ。。。

ともかく、前半で、可愛いまゆちゃんを妄想していたのに、後半では家族旅行と聞いて、エロ度、急上昇。
BgataHkei07-11.jpg
BgataHkei07-12.jpg
BgataHkei07-13.jpg

どうやら山田の頭の中では、巨乳=すぐさかってしまう、みたいなイメージがあるみたいですな。
家族がいるのに、そんな展開はまず無理でしょうにねぇ。(^_^;

サバゲーの方で勝ち残ってしまった山田でしたけど、中の人のことを思うと、どうしても「管理局の白い冥王」に連想がいってしまいます。(笑)
BgataHkei07-14.jpg
途中で落ちていたエロ本に興奮したりして、今回もきれいで可愛い絵と、おバカなエピソードが楽しかったです。

次回・・・もう2年次修学旅行ですか。(^_^;
提供絵にもなっていた、スク水・山田を回顧してしめておきます。
BgataHkei07-15.jpg


テーマ:B型H系 - ジャンル:アニメ・コミック

B型H系 | 00:21:25 | Trackback(0) | Comments(0)